Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(193)
(96)
(82)
(82)
(81)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
春風とワンダーラスト
at 2017-04-20 14:02
まだまだ桜(goodbye ..
at 2017-04-15 14:32
春雨と桜
at 2017-04-09 11:23
桜の春
at 2017-04-06 20:08
杏の春
at 2017-03-28 15:36
記事ランキング
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

春色 powder-pink
a0147281_1225990.jpg

月曜日の夜、母の家から自宅に帰る途中、川沿いの桜の並木道でのこと。今年もまたソメイヨシノの季節到来だわ、と暗闇に咲く桜を見あげながら歩いていると、花びらがはらはらと舞い降りてきました。満開にはほど遠いのに、もう花吹雪――。意外に思ってよく見ると、雪でした。薄紅の桜、漆黒の夜、そして白雪。なんて乙な眺めなのでしょう。でも、このところの花冷えには失望です。

桜にさまざまな種類があるように、さまざまな名前をもつピンク。子どものころ、わたしはピンクが大好きだったのに(子どものころから色にうるさかった?)、サクラクレパスの〝桃色〟だけは、なぜか好きになれなかったのをふと思い出しました。おなじピンクでも、桜色は水彩絵の具の色。染井吉野の色でしょう。わが家の周辺では、この週末に満開を迎えるのはまちがいありません。
a0147281_1231983.jpg

褐色の葉に趣のある山桜。華やかながらも、清楚な印象です。花びらの色は、染井吉野よりもさらに淡いピンク。
a0147281_11545442.jpg

冬に花を咲かせたばかりの四季桜。お雛さまの季節に、またもや花を咲かせました。まだ散らずに咲く花も。
a0147281_11552072.jpg

こちらは数週間まえの公園。紅葉スモモの花は桜にとてもよく似ていて、葉が紅いのが特徴。紅い実をつけます。
a0147281_11563693.jpg

a0147281_1156593.jpg

a0147281_11572647.jpg

スモモ園に咲くアーモンドの花。鮮やかなピンクをぼかした花弁。でも、実がなっているのを見たことはありません。
a0147281_11575069.jpg

蕾はほんのりピンクがかっていても、開いてしまうとほとんど白いに近い大島桜。染井吉野よりも早く開花します。
a0147281_11583647.jpg

番外――名前のわからなかった、桜に似たこの白い花、その後調べて、ようやくわかったところ、なあんだ、スモモでした。
a0147281_11585868.jpg

踊るように咲く、なんとも美しい枝垂桜(top)。公園のなかではこの一本だけのよう。ひときわ目を惹いています。

年に一度の、桜色の週末を。

p.s.
きてくださって、ありがとうございます。
クリック、クリックも、どうもありがとうございます!
you can make my day ;) thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[PR]
by serendipity_j | 2010-04-02 12:09 | 花 park | Comments(0)
<< お花見日和 | ページトップ | 春の旅、アンダルシア >>