Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(197)
(98)
(84)
(83)
(83)
(82)
(79)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
この夏を、ふり返ると
at 2017-09-12 15:16
長月の黄金いろ
at 2017-09-06 20:54
秋がはじまる日の花と味覚
at 2017-08-31 21:06
晩夏の西瓜、グラニータとカク..
at 2017-08-23 22:05
fleur d'été(夏の花)
at 2017-08-13 23:04
記事ランキング
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

幻に終わる夏の京都
a0147281_11272720.jpg

葉月最後の日曜日。猛暑は衰える兆しを見せません。いったい、いつまでなの! と嘆くのは、人と草花だけ? セミは猛暑を謳歌中。鈴虫にしても、元気に鳴いてもらうには、熱帯夜のほうがいいのだそうです。はっきりいって、わたしは暑さに負けました。日々を非生産的にすごし、図らずも「ステイケーションstay-cation」となった葉月です。

結局、公園と、近くでの買い物と、母のところ以外はどこへも出かけられず、「行く」と決めていた夏の京都も幻に…。たとえ、電車に乗ってしまえば四条まで20分あまりの距離でも、そして、お寺や神社の涼しい境内を思い浮かべても、そこに辿りつくまでの電車やバスを乗り継いでの道のりを想像すると、どうしても足を一歩踏み出すことできなくて。

話は変わり、今日は父の命日です。16年まえ、東京での仕事が多忙だったわたしは、短い夏休みを利用して、親には内緒で息抜きのためにロンドンへ、長く患っていた父が急に悪くなって入院したときは連絡もつかず、早朝、成田に到着した足で仕事場に向かうと、訃報が待っていました。父が息を引きとったのは、帰路のシベリア上空を飛んでいたころ…。

父親の死に目に会えなかった、じつに親不孝な娘でした。その罪滅ぼしに、最近、母にはいい娘になるように務めています。最愛の息子に先立たれたばかりですから、とりわけ母想いの娘であらねば、と。次回の京都行きは、ちっとも衰えない暑さを考えると、どうやらお彼岸あたりに、父と兄のお墓参りで母を連れて、ということになりそうです。
a0147281_11275850.jpg

では、これからお花(お供えの)を買って、母のところへいってまいります。

p.s.
暑い日の熱いニュース:
妹島(せじま)和世さんが今回ディレクターを務めるベネツィア・ビエンナーレ国際建築展で、石上純也(お名前すら、全然キャッチアップできてなかった若手建築家)が金獅子賞を受賞。そして、西織圭は全米オープン本戦出場決定! 嬉しいです。

そういえば、ロンドンではnotting hill carnivalが開催されます。只今の気温は19℃。おさっしのとおり、ロンドンはまったくカーニヴァル向きのお天気ではないことが多いのですけど、ノッティングヒルからカリビアン音楽を聴かせてくれるthe jolly boysは、ハートが熱い!

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2010-08-29 11:50 | 京都 | Comments(2)
Commented by netherbury at 2010-08-30 19:51
おはようございます。ロンドンではノッティングヒルカーニバル、そうなんや、、、ってここで情報を知りました。^^; あの爆音が苦手でもう行く事はなさそうですが、すっかり秋のような気候(本当に寒いのですよ!)を吹き飛ばす活気がそこにはあるのでしょうか。
10月に帰国するので、京都ではいろいろお寺巡りしたいと思ってるんですが、お写真のお庭、東福寺ですか? 格子の苔にどこかで見覚えが、、、。
お母様の側におられるだけで十分親孝行ですね。私の母はまだ若いので心配してませんが、いつかそんな心配をする日がくるのかとふと思いました、、、。私の父はとうの昔に他界していますが、次回の帰国ではお墓参りしなくては、、、。
Commented by serendipity_j at 2010-08-31 12:54
netherburryさま

毎年雨に降られるカーニヴァルなのに、
今年は珍しく、お天気に恵まれていたようですね。
bank holiday mondayは、いかがおすごしでしたか?

わたしも、爆音も人ごみも苦手なのですが、
せっかくロンドンに住んでいるのだから、と、
一度だけ、たった一度だけ、いったことがあります。

あ、そして、bingo!
お庭は、重森三玲の東福寺です。

こちらは、来週もずっと猛暑の予報――。
暑さは歳に堪えますので(myself, too)、
ともかく、早く涼しくなって欲しいです。

関西の(京都?)のご出身ですか?
10月のニッポンは、最高の気候ですよ。
一時帰国、楽しみですね!
<< 無花果 | ページトップ | ギョームとマリーの巴里 >>