Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(195)
(96)
(83)
(82)
(82)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
告別式の朝の柏葉紫陽花
at 2017-06-08 17:51
mitsouko
at 2017-05-30 22:32
今年も、エルダーフラワーの季節
at 2017-05-16 23:30
若葉のころ
at 2017-05-10 22:35
春紫 in full bloom
at 2017-04-29 14:03
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

お茶の時間
a0147281_12302648.jpg

昨夜は気温が25℃を下回り、久しぶりの涼しい夜に。そして今日は、北西から冷たい風が吹き、なかなか快適な「残暑」です(今のところは)。こんな、からっとした陽気なら、仕事もはかどること、まちがいありません。といいながら、こうしてブログを書いていますが、春からつづいていた紅茶の雑誌の翻訳プロジェクトも、いよいよ、最終号の最後のテキストになりました。

英国サイドのvallerfish編集長によると、来年、新しい形で刊行される可能性もあるそうで、実現に期待大。今回のお仕事のおかげで、紅茶について学びましたが、ともかく英国では、カッパcuppa(一杯の紅茶)なしには何事も始まらないのは事実です。同様に緑茶は、わたしたちの生活に不可欠。ちょっとうやうやしく玉露を楽しんでいた両親の姿が、目に浮かびます。

お茶といえば羊羹です。この夏は、母が仏さまへのお供え物をほうぼうからいただき、わたしのところにもお裾分けがたくさんきました(冷蔵庫にはまだ数個)。子どものころは苦手な食べ物がともかく多すぎて母泣かせでしたが、じつは小豆が食べられるようになったのも、10代になってから。今では大ウェルカム。この夏は、上等な羊羹を堪能しました。
a0147281_12305577.jpg

こちらは、季節限定の細工羊羹。青い紅葉が涼しげです。
a0147281_12313611.jpg

青柚子の水羊羹の食べ比べ…。左が虎屋で右が俵屋吉富。虎屋のものは寒天がかためで、歯ざわりよし。俵屋吉富はなめらかさと大きさで勝負?
a0147281_12315539.jpg

お茶との食べ(飲み?)合わせにはこだわるものの、正直、わたしはほとんど緑茶オンチなので、お茶の淹れ方にうるさい、お茶通の方に憧れます。いっぽう、お茶、紅茶、コーヒーともに、お菓子には、暑い夏でも熱い飲み物党のわたしですが(年寄りなので)、さすがに今年は、水羊羹に冷やしたお煎茶。冷茶をこれほど美味しく感じたのは、初めて!

この先は、地中海地方にいるような、からりとした残暑になるのでしょうか?

p.s.
こんなお気楽な話題を書いていますが、じつは火曜の夜から、あることが頭から離れません。先週につづき、またまた辛い知らせが入りました。今度は、兄を何度も見舞ってくれた兄の親友が、医師から癌の宣告。あまりに短い期間に、周りの人たちが次つぎと…。ショックです。治療は過酷ですが、本人が病魔に打ち勝つ、それしかありません。そしてわたしにできるのは、励ますこと。ある程度予防はできるといっても、癌になるのは本人のせいではなく、運命。でもほんとうに、その運命に対する怒りで、叫びたい心境です。

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2010-09-09 12:50 | foodie | Comments(5)
Commented by netherbury at 2010-09-10 04:03
わ〜、きれい、、、とただただ見とれていたい、、、、。
実は羊羹だけは駄目なんです、、、。^^;
何年もしたら私も食べられるようになるのかな、、、、、。
日本はまだまだ暑いようですね。そんな日々に目にも涼しげな食べ物、いいですね。日本の食べ物って季節感をたっぷり味わえるけど、イギリスにそういう食べ物少ない気がするなあ。特に、夏といえば、、、みたいな食べ物ありましたっけ? まあ、夏らしい夏も来ないのが現実ですが、、、。笑

お兄様のお友達、心配ですね。
なんとか、病気に打ち勝ってくれることをお祈りします。
Commented by みずえ at 2010-09-10 04:50 x
涼しげなお茶菓子とお茶、流石に素敵だなぁ〜、と読み続けて . . .最後、なんということなのでしょうか。どうしてこんな運命になるのかしら。
私にできることなんて何もないですね。ただ、serendipity_jさんが少しでも楽しく素敵な日々を送って頂ければいいかな。辛い時はブログで叫んで下さい。ちょっとはすっきりするかもしれません。
Commented by serendipity_j at 2010-09-11 20:34
netherburyさま

羊羹、ダメ?
結構、いますよね、アンコ、駄目な方。
英国の夏、といえばpimm's。
ほかにはサマープディング…ぐらいかな、
すぐに浮かぶのは(笑)。
季節感がだんだんなくなってきてるので、
季節感ののある食べ物も、少なくなってきたような…。

個人的な心配のご心配、ありがとうございます!
兄の親友は、入院の日程が即決まり、一応ほっとしました。
なにしろ、長く待たされるのが常なので、よかったです。
Commented by serendipity_j at 2010-09-11 20:36
みずえさま

またしても、励ましのお言葉、ありがとうございます!
なんか、言葉にすると、少し気が楽になるようです。
お言葉に甘えて、次回は、叫んじゃうかもしれません!
そのときはどうぞ、お見逃しくださいね。
Commented by paprica at 2010-09-13 01:18 x
ご無沙汰してました。serendipity_jさんのブログは、お写真もお話も充実していて、いつも目と心が「はっ」とします。忙しかった一週間のあとに覗かしてもらうと、楽しい雑誌の記事を読んでいる様です。
私は甘ったるい羊羹は好きではありませんが、水ようかんは昔から好きでした。でも、こんな風に涼しげなみどり色をしたゆず羊羹は、まだ口にしたことはありません。紅葉のデザイン(?)の羊羹も素敵だなぁ。和の美を感じます。

みずえさんと同様、最後のところを読んですとーんと悲しくなりました。serendipity_jさんが元気に、楽しいお話を届けてあげたら、お友達にもその元気が伝わるんじゃないかなと思いました。叫んで下さいね。
<< 昨日のこと | ページトップ | マリアーネの部屋 >>