Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(199)
(99)
(84)
(83)
(83)
(82)
(79)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
(雨が降るまでの)素敵な神無月
at 2017-10-16 22:59
去りゆく夏を惜しむときの食卓
at 2017-10-10 22:37
家庭の味とプロの味
at 2017-10-01 23:06
曼殊沙華、またの名をスパイダ..
at 2017-09-26 16:29
秋はここ
at 2017-09-22 20:46
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

お正月のジャポネズリー
a0147281_12305640.jpg

お正月も3日目。そろそろ、モードの切り替えどきです。「純和風」の食生活も、わたしには二日ぐらいがちょうどいいようで、今朝からいつものトーストとコーヒーに戻りました。でも、お正月はとりわけ、日本のよさを再発見するとき。たとえば、お炬燵で食べるおミカン。お正月を〝贅沢〟にだらだらと過ごすには、なくてはならないものですね(笑)。

にわかに日本趣味になるお正月は、ふだんしまいっぱなしの和食器を使ってみたくなります。まずはおミカンを、古伊万里の鉢に。この温州タイプのミカンは、英国ではサツマと呼ばれていて、新聞のコラムに、「サツマの香りがクリスマスを思い出させる」と書いてあるのを読んだとき、その過ごし方からして、まさに日本のお正月が英国のクリスマスに相当するのだと納得。
a0147281_12312099.jpg

古い磁器が気になり出したのは、20代になって「日本の美」を再発見してから。古道具店や骨董市にかよい、染付けの食器を少しずつ集めはじめました。早いうちに出会ったこの桐の絵のお皿は、それほど古いものではありません。絵と余白たっぷりの藍と白のコントラストが粋。いただきものの酒粕+白味噌漬のイカを盛ってみましたが、イカがでしょう?(笑)
a0147281_1231415.jpg

藍と白の磁器は世界中で愛されていますが、決定版はジャポネズリー。明治時代の廉価な印判手は、柄のデザインが豊富で、プリントがずれているところなども味のうち。大皿は全部失くしてしまいましたが、手元に残った中皿に、赤キャベツのウォルドーフサラダを。お節(喪中につき、お節を食べたことは内緒)のあとには、わたしはどうしても生野菜が恋しくなります。
a0147281_1232343.jpg

a0147281_12322412.jpgマヨネーズであえずに、市販品のシーザーサラダ用のドレッシングで。いけました。














ひきつづき、楽しい冬休みを!

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2011-01-03 12:44 | クッキング savoury | Comments(6)
Commented by junbon33 at 2011-01-03 14:01
serendipity_jさま

あけましておめでとうございます。
今年も楽しませて頂きたく思います(笑)

洋のイメージがお得意なserendipityさん
和食器の見せ方も素敵ですね。
さすが、、、
それにしてもいかの酒粕、白みそ漬けですって!?
なんて美味しそうなアテ!!
白みそ漬けって大阪の人はあまり食べない?のでしょうか。
あまり見かけませんが、
京都ではそういったものがたくさんありますので
とても好きです。
藍と白の磁器は私もとっても好き。

今年は私にとって変化の年になるかもしれません。
今年もよろしくお願いいたします。
Commented by netherbury at 2011-01-04 03:19
新年、明けましたね。ご無沙汰している間の素敵な記事を読ませていただきました。
サツマ、うちもクリスマス前にたくさん買い込んだのですが、もう無くなろうとしています。
年によって、当たり外れがあるのですが、今年のはとても美味しいです。こたつでみかんとはいきませんが、、、。
この間、偶然スーパーでおいしい柿を見つけました。
イスラエル産でしたが日本の柿のようでさっそく、カブと一緒に酢に漬けて、なますとしてお正月に食べました。^^
イカ、とてもおいしそうです、、、、。
古い器もいいですね。
2011年、お母様初め、ご家族の健康をお祈りしています。
今年もどうぞよろしくお願いします。
Commented by lunaya at 2011-01-04 20:36 x
serendipity_j  さま

“ジャポネズリー”と言う言葉、初めて知りました。

私も和食器がだ~い好き!
どちらかと言うと飾る食器は苦手で、「このお皿に
何を盛ろうかしら~?」から入って選ぶ方です。
「お気に入りの食器に美しくお料理がおさまり、
しかもおいしい!」これってこの上ない幸せな
瞬間ですよね!

今夜の古伊万里のお皿も、おみかんもイカも
赤キャベツも、バッチリです♪
Commented by serendipity_j at 2011-01-05 12:09
おじゅんさま

え、なになに?
変化って、なんでしょう?
気になる…ご報告が、楽しみです!!

ところで、酒粕・白味噌漬けは、京都の味ですよね!
これは東京の親類から母の元に毎年届くお歳暮なのですが、
京都が本店のお店のもののようです。
母は、白身やサーモンなどのほかのお魚はオッケーでも、
さすがに、噛み切れないイカはイカんと(笑)、
毎年わたしが丸ごと食べます!
Commented by serendipity_j at 2011-01-05 12:11
netherburyさま

はい、明けました。

で、柿、ありましたか!
そう、イスラエル産かあ、なるほど…。
おみかんになますなんて、日本のお正月のようで、素敵。

こちらこそ、今年もどうぞ、よろしくお願いいたします!
Commented by serendipity_j at 2011-01-05 12:17
lunayaさま

音楽をやってらっしゃるからか、
わたしがもってるlunayaさんの印象も、
「洋」なのですが、
それでもお互い、趣味は「洋」ばかりとは限りませんよね?

いっぽう、正確さを要求される音楽家の方々とちがい、
いい加減なわたしは、ほんとうにお皿を割る天才です。
観賞用の骨董品には興味がなく、
ばんばん使うほうなので、
高価な骨董品などは、絶対にもてません。
骨董価値はなくとも、気に入っている器がかけてしまうと、
ほんとうに哀しくなります。
ああ、このがさつさ、なんとかならないでしょうか…。
<< お正月の甘味 | ページトップ | 新年 2011 >>