Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(195)
(96)
(83)
(82)
(82)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
告別式の朝の柏葉紫陽花
at 2017-06-08 17:51
mitsouko
at 2017-05-30 22:32
今年も、エルダーフラワーの季節
at 2017-05-16 23:30
若葉のころ
at 2017-05-10 22:35
春紫 in full bloom
at 2017-04-29 14:03
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

お菓子の缶
a0147281_17262267.jpg

要らないものをいとも簡単に見極め、ポンポン捨てるのが得意なわたしが、あっさり捨てられないもの――紙、紐とリボン、箱、そして缶。子どものときから、そうでした。ふだんは、何から何まで(お薬の袋からヨーグルトの容器まで)とっておこうとする戦中派の母に、駄目出しばかりしているのに、自分なりの、かなり勝手な美意識に叶うものだと、捨てられないんです。

というわけで、母が、いただきもののお菓子を「おすそわけ」といい出すまえに、わたしの目は、そのお菓子の入った缶や箱をすでに吟味。そんな調子で奪いとってきた(笑)、ミニマルなデザインが大好きな末富の缶はふたつ。そして今回、大きさの異なる缶が加わりました。万歳! でも、白状すると、ほかの缶はさまざまな用途で使っていますが、末富の缶だけは空のまま。
a0147281_172767.jpg

何を入れるかは、そのうちに閃くでしょう。そうそう、中身もご紹介しなくては…。この缶には、京都を代表する堀川ゴボウ、巨椋池のレンコン、鞍馬の木の芽の、野菜煎餅が入っていました。食べてなくなるまえに記念撮影を。と思ったら、あら、懐紙がありません。そのままですけど、上品さは出てます? わたしはここの「両判」が好き。末富は、包装紙も雅で素敵です。
a0147281_17274527.jpg

p.s.
ショック。香川選手の怪我は、一昨日のnew york timesでもトップ扱いの記事でした。けど、逆境に強いところを見せてくれている青いサムライたちです、アジアカップの決勝戦でも、きっと、やってくれるでしょう。ほんとにお馬鹿な政治家ばっかりで、どんどん暗くなる日本ですから、明るくしてくれるニュース(ほとんどがスポーツ関連)に、どうしてもすがりたくなりません?

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2011-01-28 17:42 | foodie | Comments(10)
Commented by fatto-a-mano-h at 2011-01-28 20:48
いや~ん。私も紙、紐、リボン、箱、缶が捨てられません。
物置に山積み。夫には「いつの日か物置を開けたら「雪崩」に飲み込まれて死んでしまう」何てつまらない冗談を言われ続けていますが甘んじて受け入れております(笑)
Commented by y_chanchan at 2011-01-28 22:40
私も同類です(笑)。
チーズや紅茶など増える一方で、本当にもう大変です、、、
でも、そういう箱や缶に入れるものをピタリと思い付いた時の喜びって嬉しいですよね。わかって頂けますか?!
Commented at 2011-01-29 20:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by lunaya at 2011-01-29 21:13 x
seren さま

『お菓子の缶』のタイトルから、末富の銀の缶、は
爽やかな裏切り(?)でしたよ!
serenさんならきっと…、とヨーロッパ調の
クッキーの缶などを予想していましたから。

私も末富の野菜煎餅は好きです。あと京都では
麩焼き煎餅も!

捨てられない、と言うか捨てにくいものは、
北海道の“山親爺”と言うおいしい卵煎餅(?)
に入っている黒熊のフィギュア。
「もういらないよ!」と悲鳴をあげつつ、必ず
入っている熊さんと根比べになります…。


Commented by paprica at 2011-01-30 04:34 x
同感!私も「容器捨てられない症」です。
特に、日本の包装は、包装技術も素材もデザインも質も、天下一品(←っていうの?)です!うちの相方なんかは、日本のお菓子やらなんやらが包装されているのを見て、心底感心し「日本は国を上げて包装を専門にするべきだヨ」って、本気で言います。

おせんべいも… 繊細な味で美味しそう…
Commented by serendipity_j at 2011-01-30 20:45
fatto-a-mano-hさま

ああん、やっぱり? ハハハ。
ブログを拝見していて、そんな気はしておりました。
いっそ、雪崩、ご主人が納戸のドアを開けた時に起これば、
面白くないですか? フフフ。 
(あ、冗談ですから、くれぐれも本気になさらずに!)
Commented by serendipity_j at 2011-01-30 20:48
chanchanさま

わかりますとも!
ブログからのイメージで、
お好みも、だいたいわかるような…。

きっと、chanchanさんのお気に入りの缶や箱には、
なにか特別な、素敵なものが、
きれいにしまわれているんでしょうねえ…。
Commented by serendipity_j at 2011-01-30 20:52
lunayaさま

「山親爺」? 可愛いネーミングの卵煎餅!
で、その中には、黒熊のフィギュアが入ってるんです?
なんだか、想像するだけで、可愛くて、見てみたくなる…。
ん、さっそく、検索してみますわ~(笑)。

Commented by serendipity_j at 2011-01-30 20:57
papricaさま

も、やっぱり、です?
や、相方さまのご意見も、ごもっとも。
わたしも、日本の包装は、資源の無駄、包装過剰だ、
って、いつも思うんですけどね、
趣のある包装だと許しちゃう、勝手なもんです(苦笑)。
Commented by serendipity_j at 2011-01-30 20:58
鍵つきcommentさま

ありがとうございます。
ご返事、近いうち、かならずいたします!
<< リンゴリンゴ | ページトップ | 赤い1品3種 >>