Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(204)
(99)
(84)
(83)
(83)
(83)
(79)
(77)
(76)
(76)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
冬将軍の到来で紅葉は“最終章”
at 2017-12-06 22:14
霜月のセレンディピティ
at 2017-11-30 22:39
終盤に近づく紅葉“第三章”
at 2017-11-26 12:35
味覚の秋(寒さは冬のようだけ..
at 2017-11-22 21:01
師走の寒さと紅葉“第ニ章”
at 2017-11-16 16:55
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

京都でごはん
a0147281_10514980.jpg

時折、車が水しぶきをあげて走り去る音、水の流れる音――雨の音を聴きながら、例のおまじないを唱えています。梅雨では台風一過の快晴は期待できず、来週の天気予報を埋め尽くすのは、曇りマークのみ。

こういうときは美味しい想像がいちばん。というわけで、先日、京都で食べたごはんの写真を眺めてみました。自然光の乏しい席では、どうしてもお料理が黄色っぽく写ってしまうのですけど、ご馳走の記録にはなります。

a0147281_1436332.jpg

京都は東京の次に、世界でミシュラン星が多い都市。西洋料理は3コースが基本のところ、あの el bulli では50コース以上のお料理が出るそうで、すごいことなのだと思いましたが、日本人にはさして驚きではありません。
a0147281_10532747.jpg

分子美食学で有名な el bulli は、7月一杯で店を閉め、美食学研究所に生まれ変わるそうです。わたしは今、それとは対極にあるような料理を作るシェフの自伝を読んでいて、惹かれるのは、やっぱり後者。かな。
a0147281_10534675.jpg

この週末、雨の京都に旅する人あり。亡き兄の親友、梅さんの、兄のお墓参りを兼ねた家族旅行です。台風なのに、はるばる遠方からありがとうございます。このお店、一緒に兄に連れていってもらいました。ね、梅さん?

雨でも素敵な日曜日を!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2011-05-29 11:07 | 京都 | Comments(2)
Commented by lunaya at 2011-05-29 18:21 x
seren さま

どうしてもお出掛けしなければならないのでなければ、
雨の日もそう悪くはありません…。
記憶や感覚の連鎖が新たな想像や決心を
呼び起こし、しっとりじっくり自分に
浸ることもできます…。

おいしい記憶、楽しい思い出を明日からの
エネルギーに! また1週間頑張りましょう♪
Commented by serendipity_j at 2011-05-31 21:50
lunayaさま

雨の日に家に閉じこもるのも、結構好きです!
雨の日に出かけるのは大嫌いな理由のひとつは、
湿気を吸収した天然パーマの髪がふくれあがるから(笑)。
悩み多き、雨の日でございます。

でも、美味しい記憶こそ、活力の素!
はい、雨にも負けず、頑張りましょう!
<< 雨のあとの水色 | ページトップ | マイ・フェイヴァリットthings >>