Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(199)
(99)
(84)
(83)
(83)
(82)
(79)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
(雨が降るまでの)素敵な神無月
at 2017-10-16 22:59
去りゆく夏を惜しむときの食卓
at 2017-10-10 22:37
家庭の味とプロの味
at 2017-10-01 23:06
曼殊沙華、またの名をスパイダ..
at 2017-09-26 16:29
秋はここ
at 2017-09-22 20:46
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

うちの、山葡萄狩り
a0147281_23222229.jpg

うちの一才山葡萄、去年はぽろぽろと色づき、そのたびに粒を採って冷凍していたのに、この夏は1、2週間まえに、一度に色づき始めました。

いったいいつが「狩りどき」なのかと、毎日観察していたのですが、今朝、すでにしわの寄った実を発見し、あわてて、収穫することにしました。
a0147281_23232136.jpg

房にはまだ青い粒もいくつかついているものの、これでも、まんべんなく色づいたほうなのでしょう。今年の量は、去年と比べると倍もありそうです。

収穫するまで、今年は何を作ろうかと思いめぐらせていたのが、心の準備もなく「葡萄狩り」となり、結局今年も、ジャムにしかなりませんでしたが…。
a0147281_23234018.jpg

涼風の吹くころには、この一才山葡萄の葉が、クリムゾンに燃えあがります。そうそう、「エビ色」って、「海老」ではなく、この葡萄の色だそうです。

子どものころの、クレパスの箱に書かれた色には、なかったかもしれませんが、「エビ」が葡萄だったなんて…。一才山葡萄を調べているときに知りました。
a0147281_2324463.jpg

うちの一才山葡萄、茎やツルが紅く、若葉のころもひじょうに美しいので、観賞用にもなりますし、夏は夏で葉を茂らせて、緑のカーテンを作ってくれます。

そして秋には、家にいながらにして、ほんとうにきれいな紅葉が見られます。しかも実がなって、それもちゃんと食べられるんですからね、いうことなし!
a0147281_23242323.jpg

本日のプリザーブ: confiture de raisins maison


*londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中*
↓click! ネス湖のネッシー、ご存知ですか? やっぱり、いるらしいですよ。

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-08-28 23:39 | クッキング preserve | Comments(2)
Commented by paprica at 2012-09-03 02:21 x
バルコニーでぶどうが育つなんて素敵だなぁ。
食べることも出来て、日よけにもなって、紅葉も楽しめる♪うちの父に勧めてみます!
Serendipityさんは、こういうプリザーブを作るとき、お砂糖だけを加えてくつくつ煮込みますか?ペクチンなども入ってるのかな。とろ〜っとして美味しそうなので、どうやったらそんな風にとろみがつくのかなと思いました。私のブラックベリーのジャムは、とろみが付くまでに結構時間もかかります。いつも、ジャムというよりもソース状態です。
Commented by serendipity_j at 2012-09-04 17:35
papricaさま

(いつもコメントを、ありがといございます!)
お庭があれば、いろいろチャンレンジもできると思うのですが、植木鉢で育つものだけを、育てるつもりです…と心に決めているのに、つい、欲に負けて、とんでもないものを買ってしまう。この山葡萄がいい例です。
でも、一応いまのところは育ってるみたい(笑)。ペクチン、使ったことありません。「種」にペクチンが含まれているとよくきくので、いつも種と一緒に煮詰めます。この山葡萄は、結構、固いジャムになりました。
<< ラタトゥイユとトルティリオーニ | ページトップ | おうちへ帰ろう… >>