Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(204)
(99)
(84)
(83)
(83)
(83)
(79)
(77)
(76)
(76)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
冬将軍の到来で紅葉は“最終章”
at 2017-12-06 22:14
霜月のセレンディピティ
at 2017-11-30 22:39
終盤に近づく紅葉“第三章”
at 2017-11-26 12:35
味覚の秋(寒さは冬のようだけ..
at 2017-11-22 21:01
師走の寒さと紅葉“第ニ章”
at 2017-11-16 16:55
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

梅雨の合間の空色

a0147281_09213520.jpg

侍ブルーの敗退がわかった日、空を見上げるとスカイブルー。1勝もできずに負けてしまったけど、いいじゃないの、という気になりました。

a0147281_09213514.jpg
たしかに、スポーツ競技に期待する「ドラマ」もなく、勝利への「意地」も感じられず、なによりも「良いニュース」がなかったことに落胆。

a0147281_09235609.jpg
ちょっと心が沈んでいるときに、公園を歩いて、緑に触れて、美しい花を見て、しかも済んだ青空と白い雲を見ると、気分が変わるものです。

a0147281_09213658.jpg
今回、調子があがらなかったからだとか、戦略が間違っていたとか、誤審が敗退のせいだとか、なんだかんだ言ってもゴールが決まらないことには…。

a0147281_09213652.jpg
どこか、歯車が狂ってしまっていたんでしょうね。選手自身が、いちばんとまどっていたはず。チームと関係者の悲痛な表情に胸が痛みました。

a0147281_09213691.jpg
それで、奥さんと子どもを道連れに自殺をすると宣言した本田選手を、思い止まるよう必死で説得する、なあんて夢までみてしまいました(笑)。

a0147281_09213655.jpg
サポーターは選手に厳しさが足りないとかっていうことには、不賛成。そこは、外国の真似をしなくていいんじゃないの~という気がします。

a0147281_09213616.jpg
ロンドンでもベルリンでもブエノスアイレスでも、たまたま外出した場所で、観戦帰りのサポーターの大波に、呑みこまれたことがありました。

a0147281_09213635.jpg
ひいきのチームが負けたときの波は、それこそ大荒れです。あの「空色の袋」で世界に知られた日本人サポーターのお行儀の良さを、貫けばいい。

a0147281_09213602.jpg
わたしたちのw杯(サイトデザインがなかなか!)は終わってしまいましたが、同様に敗退組のイングランドでは、ウィンブルドン の戦いが始まってます。

a0147281_09260670.jpg
その英国のユニークな面について、ルーシー・レスブリッジが書いた『servants』を訳しました。『使用人が見た英国の20世紀』は来月発売予定です。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-06-28 09:33 | 花 park | Comments(2)
Commented by paprica at 2014-06-29 00:47 x
serendipityさま、こんにちわ!
いつものお庭のグリーンが夏の色をしてきましたね♪ 群青色のサルビアがきれいです。うちにはHot Lipsっていうサルビアがあって、ミツバチたちがたかってますよ♪
World Cup、私はみっちりフォローするタイプではないので、あ、負けちゃったんだな、っていう程度でしたが、その後のメディアの反応に驚きました。serendipityさんの夢も妙にリアリティを感じますね。イタリアも負けてしまった一方、なんで?っていうアメリカが残っていて、先の読めないワールドカップですよね。

あ、やっと公開ですね!!「Servants」、早速アマゾンでチェックしました!今、日本でもダウントンのブームだから、タイムリーなテーマの一冊ですね♪ 翻訳されるときは出版社の方で本が選択されるのですか?それともserendipityさまの方から「これはどうでしょう?」と提案されるのですか?どんな風に訳されたのか、日本語でも読んでみたいと思います。
Commented by serendipity_j at 2014-07-02 21:34
papricaさま

お隣の公園のお庭でも、ホットリップスはけっこうたくさん植えられます。
それを見るたび、わたしはpapricaさんを思い出しちゃうんだなあ(笑)。

こう見えても、わたしはハラハラドキドキしてしまうほうで、
とてもスポーツの試合を直視できないません。
気になる試合は、ウェブサイトの「live score」の数字をながめて、
ヤッタ~とか、ガンバレ!とか、ひとりごといってます。
それさえも、怖くて見られないときがある(昨夜の錦織選手のように)。

servantsは、原書のおもしろさ(とくに引用部分)を
なるべく伝えたいと、頑張りました(けど疲れた、400ページあまり!)。
でも、papricaさんは英語で読んでくださいね、
そのほうが絶対おもしろい。
(間違い探しもできますよ! 原書にも単語のスペルミスだとかある)

本が決まってて出版社から依頼されることもありますが、
この本は、わたしから出版社にプロポーザルを送りました。
こういう分厚い本は、なかなか出してもらえないもんなんですけど、
編集者の方はすでに評判をご存じだったので、ラッキーでした。


<< 季節の杏、フランジパンのタルト | ページトップ | 桑の実コンフィチュールでタルティーヌ >>