Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(204)
(99)
(84)
(83)
(83)
(83)
(80)
(77)
(76)
(76)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
"hygge" ティータイム
at 2017-12-12 23:23
冬将軍の到来で紅葉は“最終章”
at 2017-12-06 22:14
霜月のセレンディピティ
at 2017-11-30 22:39
終盤に近づく紅葉“第三章”
at 2017-11-26 12:35
味覚の秋(寒さは冬のようだけ..
at 2017-11-22 21:01
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

花鳥風月
a0147281_15402623.jpg

今月5個目の台風は西に進んでいるものの、中秋の名月にあたる日曜日のお天気、かなり気になります。花鳥風月を愛でる秋は、台風の季節ですしね。

自然の美しさを堪能する視覚と、秋の味覚を愉しみ、そして昨日あたりから風に漂う金木犀の香りに、嗅覚もまた、そこはかとない幸福感に満たされています。
a0147281_15405130.jpg

で、残るは聴覚。ツクツクホーシは一昨日に聞いたのが最後かも。かたや、秋の虫は宴もたけなわ。もっとも、どこか物悲しい音色を暗闇に響かせています。

一年をとおし、野鳥のさえずりを耳にする毎日に満足。とはいうものの、かつては、なきゃ生きてゆけない!と思っていた音楽からは、遠ざかっている感じです。
a0147281_15411277.jpg

先日、wowow で映画『the devil’s violinist 』を観て、久々にヴァイオリンを聴きたくなりました。なにしろ、主演俳優が自分で弾いていてる映画なので、素晴らしい!

david garrett は、パガニーニに弾きこなす、イケメンヴァイオリニストなんです。そんなヴァイオリンのコンサートにも足を運んでいた昔を、懐かしく思いました。
a0147281_15414544.jpg

とはいえ、わたしはクラシック音楽「通」ではなく、まったくの聴き流し派。数字を覚えられないので、「交響楽第〇番第〇楽章」とサッと言える人が羨ましい。

まずはクラシック音楽専門のラジオを聴き、そして図書館でcd を借りてきたり、コンサートも無料かお手頃だったりで、身近になったのは、ロンドンに住んでから。
a0147281_15421046.jpg

あのころは、友人がカセットテープに落として送ってくれたラヴェルのピアノとジャクリーヌ・デュ・プレのチェロを、飽きもせず、毎日のように聴いてましたっけ…。

いまは、わざわざ生の演奏を聴きに出かける機会も、情熱も、ほとんどありませんが、youtube という便利なメディアで、プチ疑似体験をすることができます!
a0147281_15423144.jpg

たとえば、コンサートに行ったことのある五嶋みどりと、弟の五嶋龍による、ラヴェルの『ツィガーヌ』の聴き比べなども(さらにパッショネイトなのはこの演奏)。

パッショネイトな演奏と言えば、アンネ・ゾフィー・ムター(天才少女も、もう50代です!)による、ヴィヴァルディの『四季』のレッスン風景が、ものすごく感動的。
a0147281_15425897.jpg

わたしがクラシック音楽を聴くのは、たいてい朝。曇り空を見ながらコーヒーを飲んでいるとき、ラジオからマーラー(『ベニスに死す』)が流れて、涙することも。

毎日、何かしら音楽は聞いてはいますが、クラシック音楽にかぎらず、音楽が生活になくてはならないものにはなっていないこのごろなので、少々淋しい気がします。

その一方、(これもまたwowowで観た)『jersey boys 』の最後の曲は、観終わったあとも翌日も、旋律が頭から離れなくなる、困った映画音楽の典型(笑)。

この「can’t take my eyes off you」を、じつに気の利いたフラッシュ・モブで恋人に捧げる動画を、youtube で見つけました。2人はいま、どうしているのでしょ?

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-09-25 16:30 | ワイルドライフ | Comments(0)
<< スーパームーン special | ページトップ | 青空ステーション(京都) >>