Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(196)
(98)
(83)
(83)
(83)
(82)
(79)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
fleur d'été(夏の花)
at 2017-08-13 23:04
nagasaki day 2..
at 2017-08-09 21:14
hiroshima day ..
at 2017-08-06 09:19
爽やかグリーンの紫陽花と焼き菓子
at 2017-07-30 15:07
夏ハーブ
at 2017-07-18 22:42
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

お正月の京都、おうどん、そしてdavid bowie
a0147281_2315121.jpg

先週の土曜日、東京へ戻る娘を送りがてら、2人で京都へ。京都のお正月風景を見ずして、新年は明けません(!?)。早歩き散策は、まず先斗町から。

獅子柚子同様に、お店のお正月飾りでよく見かけるのが仏手柑です。「みたて」のしつらいでしょうか? 紋の入った門幕も、京都らしいお正月の顔。お正月飾りではない祇園祭のちまきや杉玉も、新しいものになるまでそのまま飾られているようです。ちょうどこの日、歌舞練場で舞芸妓さんたちの始業式があったらしく、黒紋付の着物姿のおねえさん方を祇園のあちこちで見かけました。三条から四条河原町、そして裏道から祇園へ出て、八坂神社でお詣りも。作法がきちんと身についている参拝者に心から憧れていて、真似をしたいと思いつつも、時間がなくて大急ぎの柏手でした(最近、手を打つ人は少数派)。写真を撮る時間もなく、そこからまた急いで飲み屋街に入り、細い裏通りを歩いて白川を越え、三条へ戻りました。目的地は、仁王門通りにあるおうどん屋さんです。
a0147281_23153129.jpg

a0147281_23155520.jpg

a0147281_23161174.jpg

a0147281_23162454.jpg

a0147281_23164063.jpg

かなり小ぢんまりした「うね乃」に到着したのは、ちょうど夜の帳が下りようとするころ。夕飯には少々早い時間ながら、わたしたちが入るとほぼ満席。ずいぶん人気です。おうどん以外にお寿司や炊き込みご飯などもあるようでしたが、時間を気にしつつ注文したのは、娘がお正月限定の白味噌のおうどん(京都のお雑煮うどん版)で、わたしが鍋焼き(生麩、湯葉、ささがきごぼう、サクラ海老のかき揚げ、豪快な量の九条ネギ)。ミモダンかつミニマルなつくりの店内の、窓側のカウンターに座れば妙雲寺の屋根と空を眺めながらいただけます。白い薬味入れは、一味と山椒、そして、なんだったのだろ?見なかった(笑)。おだし屋さんの経営とは知りませんでした。白味噌のおだしの味はさすがに絶品。ただ、わたしが食べた鍋焼きのほうは、もちょっと塩味が利いててもよいかと…。
a0147281_23171543.jpg

a0147281_23173052.jpg

a0147281_2317475.jpg

a0147281_23193962.jpg

a0147281_2318575.jpg

a0147281_23182081.jpg

なんとか松の内に京都を歩けて、遅まきながら初詣もできてなんとなくほっとしました。翌日の日曜日、今日は鏡開きか?と思いながらどっと疲れが出て(というより慣れないブーツのせいで足にできたマメが半ダース!)ダラダラと過ごし、夜はwowow でデイヴィッド・ボーウィについてのドキュメンタリーを観ました。これがまた映像も演出も内容もすごくいい出来で(日本人スタイリスト第1号のヤッコさんも登場)、ロンドン、ニューヨーク、ベルリン、そして京都と、わたしが好きな都市ばかりが舞台。彼がいかに日本の文化に傾倒し、どれほど京都を愛していたか、10日の命日直前に初めて知ることができたのです。というわけで、ますます京都に❤を感じるわたしでした(笑)。

あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ





母が注文する毎年おなじお節。今年はお重をやめてこんな盛りつけに↓
a0147281_2321235.jpg

a0147281_2321216.jpg

a0147281_23214158.jpg

a0147281_23215873.jpg

[PR]
by serendipity_j | 2017-01-12 23:30 | 京都 | Comments(5)
Commented by papricagigi at 2017-01-16 14:17
素敵な京都散策の様子、見せていただけて嬉しいです。serendipityさんの切り取られる京都のシーン、大好きです(前回も前々回も、うっとりしてましたよ〜)。このおうどん屋さん情報、メモしました!今度帰国したときに行ってみたいと思います♪

↓のコメントへのお返事もありがとうございます☆ カナダの映画(ケベックのものが多いのですね)、日本でも放映されるのですか?私の知らないものばかりだったので、これもメモメモ。見てみたいと思います!
翡翠とかいて「カワセミ」かぁ。本当に宝石のようですもんね。こんな可愛らしい小鳥が近くで見ることができるなんて、きっと手入れの行き届いた公園あってのことですよね!この辺りで見える青い鳥というと「ブルージェイ」だけですが、ホント、青い鳥を見るとなんだか良いことがありそうな気がしますよね♪
Commented by s_helga at 2017-01-17 16:52
デヴィッドボウイのその番組、私も見たかったですーっ!来月にもまたしますよね?もー、BOだけにでも反応してしまう私です❤️
Commented by s_helga at 2017-01-17 16:56
それにしても素敵なおせち!朱塗りの器がなんとも華やかですね♪最近は漆器は材料が取れないがためにどんどん高価になって、高価すぎて人気がないのだとか。お正月に着物を着てたまたま寄った骨董品屋さんのご主人が嘆いておられました。「あなたのようなお若い方が漆塗りや着物が好きだと言ってくれると嬉しい」と。ご主人からしたら私なんてちゃんちゃら若いのですけれど、世の中的には“オバサン”な事はあえて触れずにおきました。笑
Commented by serendipity_j at 2017-01-20 17:01
paprica さま

ホメ殺し!いつもありがとうございます!!
ブルージェイ? なつか~い、
ロンドンではよく見かけましたから…。
atom egoyan の映画も、ぜひぜひ、
ご覧くださいね!
Commented by serendipity_j at 2017-01-20 17:10
helga さま

たしか最初にそちらのブログをお訪ねしたときの記事が、骨董店で買われたお正月の漆器だったような記憶があります…。ちがった?

漆器、なかなか使う機会がないのですが、大好き。で、じつはこの器は、娘の初(桃)節句のときに元義理の母におねだりしたものなんです(うちの親にはおひなさまをお願いしたので)。

というわけでこれはもう娘のものなのですが、娘は嫁いだもののまだまだ使いそうもないので、かあちゃんが使ってしまってます(笑)。

そうそう、例のドキュメンタリーを観て、京都を訪れたdavid bowie にいろいろ教えた人物、david kidd について、すごく興味をもちました! ぜひ、ご覧になってくださいね。
<< 鳥と月と雪と | ページトップ | 「和のかし」で新年のお茶時間 >>