Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(201)
(99)
(84)
(83)
(83)
(83)
(79)
(77)
(75)
(75)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
師走の寒さと紅葉“第ニ章”
at 2017-11-16 16:55
霜月のビジュウ
at 2017-11-07 23:31
十三夜と紅葉“第一章”
at 2017-11-01 23:11
秋、すこしずつ
at 2017-10-28 22:55
土、鉄、ガラス、そしてラタン
at 2017-10-22 12:58
記事ランキング
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

睦月の魔法
a0147281_11461532.jpg

赤い山茱萸(サンシュユ)の実。茱萸(グミ)に似ています。食べられるそうです。
a0147281_11464512.jpg

晩秋から冬に咲く四季桜。長いあいだ、狂い咲きだと思っていました。ごめんなさい。
a0147281_1147131.jpg

先月満開になったヒマラヤ桜。色の抜けた花びらも、なかなか物寂びていて、いいですね。
a0147281_11474330.jpg

栴檀草(センダングサ)。枯れた姿により惹かれます。
a0147281_1148447.jpg

葦(アシ)。関東ではアシ、関西ではヨシと呼ばれるそう。葦簀(ヨシズ)のヨシは、これでしたか!
a0147281_11482646.jpg

名前を知らない低木の実。可愛いでしょう?
a0147281_11484564.jpg

蝋梅(ロウバイ)は、まさに蝋細工の花のよう。ちなみに、梅の仲間ではありません。
a0147281_1149283.jpg

陽あたりのいい公園の梅苑で、いつも、いちばんに咲く紅梅。すでに八部咲きの樹も。
a0147281_11492876.jpg

冬の雪柳には、紅葉する葉や花を咲かせる枝がたまにあります。
a0147281_1149497.jpg

たしか山茱萸ではなく、葉があったころには名前がすぐにわかった木の、この実なんの実?

*******************************************************************

わたしは淋しがり屋ではなく、自分でも感心するほど気丈なほうですが、救いようのない泣き虫です。とても辛い出来事が心から離れないとき、公園を歩きながら、空に向かって「コンチクショウ」と怒り、こっそり泣き、そして「助けて」と祈ります。人には、どんなに強い人でも、あらがえない運命というものがあり、受け入れるしかない無常を知りつつも。

いま、闘病生活をつづけている兄を思うたび、可哀相で、涙がこみあげてしまうので、カメラをもって公園へゆきました。魔法のように再生し、すでに春の息吹すら感じさせてくれる自然の営み――悲しい気持ちには、大きななぐさめです。けれど、今年にかぎっては、春がこないでほしいと、願わずにはいられません。だれか時間を止めて、と。

みなさん、連休の穏やかな日曜日を!

p.s.
クリックひとつ、ふたつ、みっつで今日のハピネスが100, 200倍に!!
you can make my day ;) thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
by serendipity_j | 2010-01-10 11:55 | 花 park | Comments(2)
Commented by mizue_uk at 2010-01-13 20:22
辛くて悲しいですけれど、お兄さん、こんなに思ってもらえる家族が居て幸せだと思います . . .

私も多分気丈、でも涙腺ヨワイヨワイ。新聞の記事読んでは、人知れず毎日泣いているような気がします。
Commented by serendipity_j at 2010-01-14 00:28 x
mizueさま kind wordsを、どうもありがとう。

とても個人的なことなのに、共感してくれる、そんな心優しいblogger仲間がロンドンにいる…と知るだけで、大いに元気づけられます。けど、年とると、さらに涙もろくなるので、要注意ですよ! 

今日、入院中の兄に会ってきました。(少なくとも、気は)元気です。このわたしの兄ですからあ~。ははは。
<< あれから… | ページトップ | 一草粥 >>