Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(194)
(96)
(82)
(82)
(82)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
春紫 in full bloom
at 2017-04-29 14:03
春風とワンダーラスト
at 2017-04-20 14:02
まだまだ桜(goodbye ..
at 2017-04-15 14:32
春雨と桜
at 2017-04-09 11:23
桜の春
at 2017-04-06 20:08
記事ランキング
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

カテゴリ:book( 10 )
『ヴェネツィアのチャイナローズ』 on sale
a0147281_22172519.jpg

今月25日の発売予定だった本『ヴェネツィアのチャイナローズ』が、すでに週末、書店に並びました(薔薇の季節に間にあってよかった~)。

送られてきた本を手にし、原書房と担当していただいた編集者さまに感謝。なにしろ一冊の本を出すためには、さまざまな苦労があるのです。
a0147281_2217525.jpg

が、本の出版は、自分のためではなく多くの方々に読んでいただくのが目的。拙い翻訳ですが、日本語版で楽しんでいただきたいと思います。

この本には、薔薇を育てるヒントのみならず、歴史、文学、美術、科学などの、五感を刺激してくれる面白いお話がたくさん盛りこまれています。
a0147281_2218184.jpg

本を読み終わったあと、薔薇を見る目が少なからず変わりますよ~。実際わたしは、開眼したというのか、まだまだ無知なりにも変わりました。

本に登場するヘルガ・ブリシェさんの言葉のように、いまでは「眺める人のペースで美しさを発見させてくれるような」、奥ゆかしい薔薇が好き。
a0147281_22185888.jpg

たとえば、難波茨みたいな? イタリア在住のブリシェさんが集めたチャイナローズの咲く薔薇園が、なんと千葉にありました(いつか訪れたい)。

ナポレオン時代の薔薇の話では、著者の先祖(貴族!)ルチアが主人公ですが、薔薇の現在の話の主人公は、エレオノーラ・ガルラントさんです。
a0147281_22194378.jpg

じつは、本とは関係なく、妻の薔薇園造りを黙々と手伝うご主人との愛情物語は、dvd でも発売されています(youtubeでも短い動画あり)。

200年ほどまえ、パリからヴェネツィアに運ばれたチャイナローズが、時をへて野生化し、いまも咲き乱れているなんて、興味深いと思いませんか?
a0147281_2220158.jpg

とくに薔薇好きではなかった著者のアンドレア・ディ・ロビラントさんが、薔薇の謎解きにすっかり熱中してしまったのも、無理からぬこと。

そんな冒険譚を、ぜひ読んでいただきたい一心で訳しました(あいにくカラーで刷れなかったnina fugaによる挿画に、ルドゥーテの絵はこちらで)。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

先週、アンドレアさんから届いたのは…
[PR]
by serendipity_j | 2015-05-24 22:57 | book | Comments(2)
『使用人が見た英国の20世紀』on sale

a0147281_13453493.jpg

拙訳の本が刊行されました。すでに先週末には、書店に並んだようです。443ページの分厚本なので、一気には読めませんが、面白いエピソード満載です。

a0147281_13453455.jpg
英国と英国人の神秘性(変人ぶり?)の理解に役立ちます。華麗なる貴族の世界を垣間見ることができ、その時代の使用人の嘆きも知ることができます。

a0147281_13453471.jpg
ただし、執事やメイドや貴族を研究する専門家によって書かれた本ではありません。社会階級、労働搾取、女性解放、家事自体の問題が提起されています。

a0147281_13453465.jpg
だからこそ、興味をもった本でした。が、使用人をテーマに翻訳/執筆を専門とされる方もいらっしゃるのに、大それたチャレンジだったかもしれません。

a0147281_13453400.jpg
このブログも仕事とは無関係で、専門分野をもたない(興味の対象が多すぎてもてない)ことが、わたしが一生、一流を目指せないゆえんかもしれませんね。

a0147281_13453454.jpg

版元は、その昔『伊豆の踊子』を出した原書房 。出版業界の厳しさがますこの時代に、分厚い翻訳書を次々に出してくれている、貴重な出版社なのです。


p.s.

白状すると、kindleを利用して(洋書がすぐ読める!)ずいぶんになります。でも、やっぱりe-book何かちがうんだなあ。結局、p-bookを買いなおすことに。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-07-30 13:55 | book | Comments(8)
日曜日の赤 #2
a0147281_1212892.jpg

真冬に咲く薔薇があります。ご近所で、また母の家のそばで、毎冬見かける薔薇の花。いずれも、なぜかクリーム色だと気づきました。

そう思いながら、いつものように母を訪ねる途中、赤く色づいた野茨の実に引き止められました。この冬は色づくのが、だいぶ遅めです。

3年前は、クリスマスにはすでにその姿はなく、一昨年はクリスマスに飾り、去年は年末になっても見かけることがなかった野茨の実。
a0147281_1231580.jpg

6月に花が咲く野茨の赤い実は、シロップを作ったり、rosehip tea になったりしますが、英語で、japanese rose とも呼ばれているそう。

日本をはじめ極東の原産だからです。シャクヤクに似たenglish rose の華麗さと比べて、「日本の薔薇」の印象の、なんて清楚なこと!

(それにしても、坂道の脇に広がるこの藪は、スイカズラの花を摘んだり、ヘクソカズラの蔓をとったり、わたしにとっては宝の山…)

いっぽう、野茨ののった赤い表紙の本は、昨年、ニューヨーク市・ベストシェフ賞に輝いたウーマンシェフの回想記。面白い本でした。
a0147281_1215490.jpg

出てくる食べ物の話に引き込まれますが、ほかに、母親との確執や店をもつ苦労、イタリア人の夫との擦れ違いなど内容は盛りだくさん。

食でいうと、フランス人の母親と若いころの放浪の旅から大きく影響を受けていて、アメリカの冷蔵庫至上主義に疑問を呈しています。
a0147281_1225297.jpg

というわけで、う~ん、お昼はなににしましょう…。美味しい日曜日を!

london docomo で、英国の新聞から話題を拾ったコラムを連載中。
本日のトピックは待った!がかかったジャーナリストのツイッター。おヒマつぶしにどうぞ。 ↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-02-19 12:22 | book | Comments(2)
メモワール狂
a0147281_1059252.jpg

日曜日は父の日でした。忘れていたわけではありません。でも、母の日に比べて、ずっと印象の薄いのが父の日です。昔買った『父の帽子』を読み返していたところなので、今年はむしろ、いつもより亡父を想い出しました。

じつは、あまり大きな声で言えないのですけど、わたしは新聞の追悼記事を読むのが大好きで、いつもどの文にも感動します。故人を偲ぶときは大いに美化してしまうもので、森茉莉のこの本は、その極致といえるでしょう。
a0147281_1145335.jpg

はっきりと覚えていることでも、ほんとうはそれがすべてではなく、けれど優しさや哀しさの真実が見える、そんな故人との想い出。先日、これを電車の中で読んでいたとき、父親との愛を語る美しい表現に涙が出そうでした。

そのあたりが、自伝とメモワールの違い? 森茉莉は小説も好きですが、最近はとんと小説を読まなくなり、買うのも借りるのもノンフィクションばかりです。読後に、どこか切なさを残す本を、求めているのかもしれません。
a0147281_1101390.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2011-06-23 11:01 | book | Comments(0)
レノン忌
a0147281_1334868.jpg

あれから、30年。世界でもっとも名が知れ、愛された音楽家、ジョン・レノンが他界してから、今日で30年にもなるんですね。わたしはビートルズ世代ではありませんが、ビートルズには好きな曲も多かったし、アートと平和運動に深く結びついていたジョン・レノンは、わたしのヒーローでした。

昨晩、ふと本棚を見ると、長いあいだその存在を忘れていた、こんな本がありました。ジョン・レノンが初めて出版した『in his own write』のフランス語版で、詩と、散文と、シュールでユーモラスな線画で構成。夢見た美大生になれて、憧れのフランス語を学び始めたころ、購入した本でした。
a0147281_1341669.jpg

フランス語の題は『en flagrant délire』。いつか読めるはず、とたかをくくっていたものの、恋人(のち夫)とのデートに明け暮れていたわたしは、フランス語は追試でなんとか単位をとったような次第。その後いく度か勉強をやり直してはみましたが、これを読める日は、いまだ訪れていません(涙)。

でも、奇遇です。調べてみると、(おそらく)ジョン・レノンの生誕70年、そして没後30年を記念し、この秋、フランスの出版社が復刻版を刊行。久しぶりに本を手にとり、ページをめくってみました。生きていたら、彼は今の世の中に、どんなメッセージを伝えたかしら、と思いながら。
a0147281_1344351.jpg

毎日のようにバスでとおったアビーロードで、取材で訪れたジョン・レノン空港で、ニューヨークのストロベリーフィールズで、わたしの耳には「想像してごらんよ」と唄う、ジョン・レノンの声が聴こえていました。ほんとうに、歌のもつ力は絶大。人の心を変えうる力さえもっていて。けれど、ますます複雑になるこの社会。世界平和の実現が、どんどん遠のいているような気がします。

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2010-12-08 13:06 | book | Comments(2)
マリーのピンク
a0147281_12201849.jpg

穏やかな秋の日がつづきます。昨日、さわやかさに誘われて、珍しくお昼の公園へ散歩にゆくと、夕方とはかなりちがうことに気づきました。わき目も振らずにウォーキングに集中する人たちが目立つ遅い午後の光景に対し、あちこちで、のんびり読書を愉しむご老人の姿が…。視力の衰えた者にも便利なkindleが普及しそうでも、やっぱりこういうときは、p-bookでしょうね。

子どものころからずっと、美術、文学、音楽の3つが、暮らしにはなくてはならない要素でした。でも、その3大要素のうち、環境的に遠のいてしまっている美術だけでなく、どうも最近、音楽の占める割合までも小さくなってきました。では、文学により傾倒? いえ、そうとはいえないかもしれません。結局、影響を強くうけた本はというと、10代で読んだ本がほとんどです。

わけでも、言葉に関する美意識という意味で、今でもその意識の源となっているのが、この詩集、マリー・ローランサンの『夜の手帖』。子ども時代から絵を描いていたため、エコール・ド・パリの芸術家には早くから惹かれていたものの、ローランサンの絵はあまり好きではなく、初めて読んだ堀口大學の訳詩で開眼し、詩にも絵にも作家自身にも、すっかり虜になりました。
a0147281_12223377.jpg

じつは、ローランサン人気は、本国フランスはもとより欧米ではそれほどでもありません。ところが日本には熱狂的なファン(黒柳徹子さん!)がいて、このわたしもアポリネールがローランサンとの恋の破局を詠ったミラボー橋へ足を運んだひとりですが、ローランサンには縁もゆかりもない遥か彼方の極東の国に、ローランサン美術館まで造られているのですから、驚きです。
a0147281_1223950.jpg

本のカヴァーは滲みだらけ。でも嬉しいことに、表紙の美しさはそのまま。
a0147281_1221221.jpg

展覧会の図録も、度重なる引越しにかかわらず、奇跡的に残ってます。
a0147281_12215812.jpg

メランコリックな淡いピンク。この色こそが、ローランサン・カラーでしょう。
a0147281_12233544.jpg

先月、道端でピンクのツルボの花を見つけたとき、ローランサンが浮かびました。125年まえ、パリで生まれたマリー・ローランサン。10月31日が誕生日でした(その日のトピックにするつもりが、ハロウィーンにちなんだカボチャのニョッキに)。今でもときどき思い出したように、本棚から『夜の手帖』を抜き出し、開きます。本を手にとる喜びは、e-bookでは味わえません。

p.s.
時間の問題、と思ってましたが、you tubeに、尖閣ヴィデオがとうとう流れましたね。wikileaksをはじめ、国際テロに関する機密文書のネット流出など、リークがますます激しくなってきました。このインターネット時代に、各国の政府は、どう対処できるのでしょうか?

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2010-11-05 12:42 | book | Comments(2)
サヴァイヴィング p-books
a0147281_2258321.jpg

昨日、ブッカー賞候補作品の発表がありました。販促の意味でタイムリーです。日本では「読書の秋」でも、欧米では圧倒的に読書の夏。長い夏休みに長いお話を読みましょう、というわけです。(宿題の読書感想文を書かなくてはいけない)子どもならいざ知らず、大人は、短いお休みは行事が立てこみ、しかも蒸し暑さにぐったりの日本の夏。日本人とは発想もことなります。

毎年どんな作家が出てきているのか、名前が気になります(わたしの予想受賞者は日本を舞台にしたdavid mitchell)。そのブッカー賞の最終候補に3度残って、1度もまだ受賞していないジュリアン・バーンズjulian barnes の『文士厨房に入る』(拙訳です、はい)の書評を、日曜の読売新聞で書いてくださったのは、ノンフィクション作家の黒岩比佐子さんでした。

厨房の滑稽な文士を面白がっていただけたようで、ほっとしています。とても好意的な書評と、なにより本を取りあげてくださったことに、ほんとうに感謝しています。でも、blogを拝見し、ご闘病中のごようすに動揺しました。抗がん剤治療を受けながらの執筆がどんなにきついか(わたし自身cancer survivorなので)よくわかるのです。負けないで闘ってください!

話題はまた本ですが、最近増えているのがe-book。いい面と悪い面があるのはとうぜんのことでしょう。けれど「もっていたい本」はp-book(紙の本)以外考えらなくないでしょうか? とりわけ、たまにしか開かなくても、いつも見えるところに置いておきたいような挿絵の美しい本は…。引越しばかりの人生で消えたものが多いなか(とくに食器)、不思議と本は残っています。

たとえば、昔々、ロンドンのneal streetという通りにあった紅茶専門の小さなお店、the tea houseで買った紅茶の本『a proper tea』(初版なのでコレクティブル?)。紅茶好きの英国人イラストレーターが書いた本は、絵が素敵なだけでなく、正しい(proper)紅茶の入れ方も、英国独特のお菓子のレシピもちゃんと載っていて、実用的でもあります(写真topも)。
a0147281_22544250.jpg

こちらは10代のころにプレゼントでいただいた、ケイト・グリーナウェイkate greenawayが挿絵を描いた本、2冊。韻を踏む英語を、初めて面白いと感じたのがこの『mother goose』。あのころから自分で訳して遊んでいましたが、絵描きさんになりたたかったので、選んだ動機はまちがいなく絵。
a0147281_2256848.jpg

夏休みの終わり近く、子どもたちを自然博物館へ連れていった帰りにsouth kensingtonで買った本『a floral calendar』。秋風のような、涼しい風が吹く日でした。いつどこで、どんなふうに買ったか、本に付随する記憶がまた、オンライン注文ではなく、本屋さんで買うよさだと思いませんか?
a0147281_22563916.jpg

p.s.
日本では「対岸の火事」ですみますが(もっともなことでしょう)、兵士を派遣している国々では、月曜からアフガン戦争の機密書類リーク大騒ぎです。

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2010-07-28 23:23 | book | Comments(4)
モッキンバード記念日
a0147281_2137019.jpg

『to kill a mockingbird』が出版されたのは、50年前の今日。本のタイトルではわからなくても、アカデミー賞を受賞した映画『アラバマ物語』の原作といえば、少し知っている小説かもしれません? アメリカ南部の人種差別を描き、ピュリッツァー賞を獲得したこの本、これまでに訳された言語は40とも50ともいわれ、3千万、あるいは4千万人が読んだといわれています。

出版から50周年を記念して、記念エディションの発行だけでなく、さまざまな行事が催されています。それよりも各国の新聞メディアを賑わしたのは、その後は作品を発表せず、ほとんど姿も表わさず、今年の初めに他界したサリンジャーと並んでマスコミ嫌いと人嫌いで有名な著者のハーパー・りーに、英国の日曜版メール紙がインタヴューを受諾させたことでした。

ジャーナリストなら、誰でもそんな快挙を夢みるはず。けれどその顛末が、じつに面白いのです。英国からわざわざやってきた記者が緊張しながら差し出したチョコの箱を受けとると、84歳のハーパー・リーはいいます。「ご親切に。アヒルに餌をやりにゆくところなのよ。でも、次回またここにきたときにいらっしゃい。ここは見るところがたくさんあるから、楽しめるわ」と。

わたしがこの本を知ったのは、もっとも好きな作家、トルーマン・カポーティの本を原書で読んでからのことで、じっさいに買ったのは20年ほどまえ、(ごたぶんにもれず)ペーパーバック版の表紙のデザインに惹かれてでした。とくべつ気に入っている本ではありませんが、カポーティの本とオーヴァーラップさせると、頭の中のアメリカ南部の印象が、ぐっと深みを増します。
a0147281_21381130.jpg

50年前を想像すると、アフリカ系アメリカ人の大統領が誕生したことは革命的なことです。政治的な話題をあまりブログには出さないつもりで、よその国のことをとやかくいうのは控えたいものの、学園テロで「みんな銃をもっていれば撃たれて死なずにすんだ」とする考えや、先日の、全米ライフル協会の訴えを認めたシカゴでの連邦最高裁の判決は正しいとは思えません。

ともかく、今日はモンッキンバード記念日です。窓の外でさえずる小鳥のいることが、改めて幸福に感じられます。

a0147281_2146396.jpgp.s.
その小鳥の正体は、カワラヒワでした。














↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2010-07-11 22:00 | book | Comments(0)
文士厨房に入る
a0147281_15104474.jpg

哀しいできごとのあとには、嬉しいできごとあり。それが人生…。事実、とても喜ばしいことに、去年の暮れから翻訳に入り、先月やっと校了したわたしの翻訳本『文士厨房に入る』がようやく出ました。面倒な作業に手を抜くことなく仕上げてくださった、みすず書房のO氏には、ほんとうに感謝してます。最後まで熱意が冷めなかったのは、おそらくO氏も大の料理好きだから?

著者のジュリアン・バーンズjulian barnesは、お料理が趣味という英国の作家。お会いしたことはありませんが、今では古い友人のような親しみを感じます。融通が利かないうえにうじうじした典型的なイギリス人紳士(『ブリジット・ジョーンズの日記』のダーシーと『ノッティングヒル』のヒュー・グラントをご想像ください)が、料理本のレシピにどう悪戦苦闘したかのエッセイです。
a0147281_15112352.jpg

原書『the pedant in the kitchen』で味のあるイラストを描いているジョー・バージャー joe bergerに、ジャケットの絵を(O氏が)依頼。オリーヴグーンとティール(青緑色)のこの色使い、どっかで見たぞ、と思ったら、母の日のプレゼントに息子のお嫁ちゃんからもらったマーガレット・ハウエルmargaret howell布巾tea towelと、偶然同じでした。気になる表紙の色は、原書同様、黄に赤の文字(写真top)。
a0147281_15115647.jpg

世の中に、お料理を愉しむ男性が、ひとりでも増えることを願っています。

なにはともあれ、life goes on。

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2010-05-21 15:24 | book | Comments(0)
コーヒーテーブル・ブック
a0147281_1372229.jpg

お花見シーズンのころ、久しぶりに京都へお花見にいくつもりが、ikeaにいってしまいました。きっかけは、気に入っていたbodumの皮むきを生ごみと一緒に捨ててしまい、新しい皮むきを買うためでしたが、どうせいくならとコーヒーテーブルを購入。オットーマンをテーブル代わりに使うグローバルな流行も廃れてきて、やっぱり便利なテーブルに戻ったという感じですし…。
a0147281_1392931.jpg

昨日、東京から出張でやってきた息子に聞き、昔みたいに(撤退まえ)ikeaが通販で買えるようになったのを初めて知りました。なあんだ、計画どおり、お花見にいけたじゃないの…。でも、パイになったヤンソンさんの誘惑も一年ぶりで食べられたし、鶴浜まではちょっとした遠出。いい気分転換にはなりました(皮むきは、やっぱりというか、bodumの切れ味にはおよばず)。
a0147281_1384494.jpg

アート本、料理本、写真集など、気分転換用に、コーヒーテーブルのうえに置いておく本を、英語で〝coffee table book〟といいます。そんな本を、ようやく置いておけるようになったので(べつに、床に置いてもいいのですけど)、さっそく本棚から選んだのは、数年まえに友人がプレゼントしてくれたエリザベス・デイヴィッドの『イタリアン・フード』。
a0147281_13142130.jpg

じつは偶然にも、わたしの訳した『文士厨房に入る』(14日にみすず書房から発売! と宣伝)のなかに、そのエリザベス・デイヴィッドがひんぱんに出てきます。お料理の本は、わたしにとっては気分転換の素。同様に、ご近所の方からいただいた、このクリスマスローズと木香薔薇(↓↑)のように、お花も気分を変えてくれます。コーヒーテーブル、買って正解。
a0147281_13104164.jpg

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2010-05-07 13:30 | book | Comments(0)
| ページトップ |