Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(197)
(98)
(84)
(83)
(83)
(82)
(79)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
この夏を、ふり返ると
at 2017-09-12 15:16
長月の黄金いろ
at 2017-09-06 20:54
秋がはじまる日の花と味覚
at 2017-08-31 21:06
晩夏の西瓜、グラニータとカク..
at 2017-08-23 22:05
fleur d'été(夏の花)
at 2017-08-13 23:04
記事ランキング
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

カテゴリ:インテリア( 29 )
クリスマス、部屋のしつらい
a0147281_14225091.jpg

公園を経由して母の家と自宅を往復するのが楽しい、冬らしい快晴の日がしばらくつづいたあと、今日は気分まで沈むような灰色の空が広がっています。
a0147281_14231277.jpg

a0147281_14232876.jpg

アマリリス(英国ではクリスマスによく飾るので)と同様、12月にかならず思い浮かべる花、ダイヤモンドリリーは曇り空のほうが似合うかもしれません。
a0147281_14234688.jpg

a0147281_1424160.jpg

着替えを取りに来るくらいで、自宅に長居はできないけれど、この季節らしく、一応、しつらい(というほど大げさなものではありませんが)を施しました。
a0147281_14241955.jpg

a0147281_1424372.jpg

とはいえ、今年は新たに加わったものはほとんどなく、葡萄のつるのリースも、サンキライも、すべてがリユースとリサイクル。ただしbrand new なアイデアで。
a0147281_14245473.jpg



あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-12-20 14:29 | インテリア | Comments(2)
ラストクリマス #2(the same old stuff)
a0147281_16592325.jpg

クリスマスまであと1週間。だというのに、このワクワク感のなさにどこか淋しさを覚えます。ただ、去年のクリスマスもこんなだったような気が…。
a0147281_16594133.jpg

でも去年は、クリスマスの日にわがままおひとりさまクリスマスランチを食べたあと、思い立って梅田のクリスマスマーケットに出かけたのでした!
a0147281_170765.jpg

今週末は、出張で大阪にやってきている息子が、あるじのいない家(わたしは老母の世話)に滞在しているので、ほんの少しクリスマスムードを演出。
a0147281_1702637.jpg

たとえささやかでも、クリスマスは毎年飾りつけを工夫するのが楽しいという気持ちが消えて、面倒になってきたら終わりだ、などと思いながら(笑)。
a0147281_1704667.jpg

昨年加わったのはled ライト。一方、毎年登場する飾りももちろんあります。子どものころから変わらないのは、この天使のお人形ぐらいですが…。

みなさまは、クリスマスの飾りつけはもうとっくにお済ですか?


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-12-17 17:04 | インテリア | Comments(0)
お正月の椿と杉
a0147281_16591658.jpg

お正月もまだ松の内なのに、4日が月曜日だったためか、暖冬のせいで空気がピリッとしないせいか、今年は早く終わってしまった感じです。
a0147281_16593941.jpg

もっとも、わが家はクリスマスの飾りがまだそのまま。ここ数年は鏡餅すらお供えしなくなり、磁器の和柄ゴブレットを出してお玄関に置いただけ。
a0147281_16595961.jpg

で、最初からお正月らしさはありません。そこで元日、自宅に戻る途中の公園にたくさん落ちていた紅白の椿を拾い、お茶托にのせて飾りました。
a0147281_1702329.jpg

そして、例年どおり大晦日に雑木林へ行って採ってきたお節のあしらいに使う常緑の葉の残りで、ふと思いついて作ったのが、このミニ飾りです。
a0147281_1704462.jpg

数年前の京都で見たお正月飾り(top)がお手本。暮れに雑誌を立ち読みしたときにも、杉の葉を器に盛って水引をかけただけの飾りを見ました。
a0147281_17115.jpg

シンプルで野趣あふれる飾りこそ、わたしが理想とする究極のお正月のしつらいです。ただ、あいにく赤い水引は使い切ってしまっていたため金と白。
a0147281_1721196.jpg

あ、でも、水引の色には意味があるので、もしかするとマズイかもしれません? 結び方もこればっかりではね~。次回はも少し工夫がなくては…。
a0147281_171266.jpg

それにしても暖かい日がつづき、梅も椿も咲いてしまいました。寒い時期に開花を心待ちにする、あの感覚を味わえないのも、どこか淋しいものです。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-01-06 17:23 | インテリア | Comments(0)
年の瀬の、バカラとクラブアップル
a0147281_13273818.jpg

まだクリスマスなの?という声が聞こえてきそうですが、時間的にも気持ち的にも余裕がなく、部屋の片づけやお掃除は、明日、大晦日にすることにしました。

というわけで、欧米並みに(笑)雰囲気はまだクリスマスです。なんといっても、今年のクリスマスの主役、バカラのキャンドル立ての輝きが気に入っています。
a0147281_13274817.jpg

これは、2月に横浜の友人を訪れたさい、百年分のプレゼントをいただいてきたなかのひとつ。彼女はこの高級なバカラを数本、なんとおトイレに飾っていました。

わが家にある安物のガラス製品とは色も艶も異なるため、一緒に並べることができません。ふだんは寝室に飾ってますけど、せめてこの時期ぐらいは、表舞台に…。
a0147281_13275668.jpg

テーブル飾りは一部「生もの」ですので、すでに片づけました。松と松かさで、お正月用に作り変えてもいいかも、と思ったものの、たぶん、実現は来年の大晦日?

アイヴィーは残すとしても、こつこつ集めたハナカイドウの果実は、クリスマスが終わったら、潔く捨てるつもりでいました。ところが、これ、食べられるそうなんです。
a0147281_13281069.jpg

で、捨てるのが惜しくて、ジャムにしてしまいました。もちろん自然のままですので、皮ごと。たとえお砂糖の無駄になったとしても、食べたいというより、作りたいだけ。

余裕がないといいながら、こんなことをしている年の瀬です。今年一年、serendipity blog をお訪ねいただき、ありがとうございました。心よりお礼もうしあげます。
a0147281_13281985.jpg

(ついに切り落としたわが家の紫陽花。白い花がこんなに赤くなりました↑)

どうぞ、よいお年を!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-12-30 13:43 | インテリア | Comments(2)
リースでクリスマスのしつらえ
a0147281_2046024.jpg

数日ぶりの青空。陽の光で目覚め、嬉しくなって早く起きだしました。気分がよいので、山葡萄のつるで作った裸のままのリースを、少し飾りつけることに。
a0147281_20493226.jpg

とりあえず手元に集まったのは、空き地の茂みからとってきたノイバラのヒップ、お隣の公園で拾ったナンキンハゼの実、繁殖力旺盛で雑草化したアイヴィー。
a0147281_2046161.jpg

寝室のドアにかけたリースにアイヴィーのつるをからませてみると、なかなか素敵です。これだけでも好きだけれど、ナンキンハゼの実を加えてみても、いい感じ?
a0147281_20462587.jpg

でも、アイヴィーの葉は、クリスマスまでこのまま青々としてくれているわけではありません。きれいなのはせいぜい一日。しおれてしまったら、模様替えです。
a0147281_2046342.jpg

居間にかけた小さめのリースには、ノイバラのヒップで飾りつけをしました。ヒップは枯れてもそれなりに味が出るので、クリスマスが終わっても飾っていられます。
a0147281_20465182.jpg

これにも、ナンキンハゼの実を加えてみましょうか?と試してみました。可愛いのですが、赤と白のバランスがどうも…。やっぱり、赤一色のほうがしっくりきます。
a0147281_20465950.jpg

来年は、白い実だけで飾れるように、カラスに食べられるまえにナンキンハゼの実をたくさん集めておきましょう、と思いながら、リースの飾りつけが一応終了。
a0147281_20471344.jpg

明日から三連休ですね。わたしは明日、母のところで兄嫁や甥が参加してのクリスマス会。ティラミスーとパエージャをつくります。have a great long weekend!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-12-20 20:58 | インテリア | Comments(2)
山葡萄のつるのリースと松かさのドア飾り
a0147281_14381160.jpg

今週は、my クリスマス飾りつけ週間。ひとりで静かに愉しむクリスマスのための、環境づくりです。どんなに質素でも、日々の暮らしにメリハリをつけます(笑)。
a0147281_14382197.jpg

そこでまず、ほとんど葉の落ちた一才山葡萄のつるを切り落としました。それをくるっと輪にして裸のリースを作ったら、リボンをつけてとりあえずドアにかけます。
a0147281_14383273.jpg

お隣の公園でウォーキング中に拾った松かさにも、おなじリボンをつけて飾りを作ってみました。松かさが小さく、ドアに飾るには迫力がないので、ドアのノブに…。
a0147281_14383935.jpg

4つまとめてみたものの、やっぱりアピール不足。可愛らしくなっちゃいました。ウェブでよく見る大きな松かさの飾りを作るのは、日本の松ではちょっと無理のようです。
a0147281_14385693.jpg

こちらは、2年まえにつくった一才山葡萄のつるのリース。1年近く押し入れのなかで眠っていました。茶色のリボンをつけて、とりあえず寝室のドアにかけてみましょう…。
a0147281_1439553.jpg

こんなふうに、裸のままの野趣なリースが好み。でも、クリスマスの時期だけは少し飾りつけます。どんなリースになるのかは、お隣の公園で何を拾うか次第。楽しみ!
a0147281_14391892.jpg

よい週を!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-12-16 14:46 | インテリア | Comments(2)
october country
a0147281_1602551.jpg

今日から神無月。着ているのはまだ半袖のTシャツで、日中は夏の蒸し暑さがちょっと戻ってきているとはいえ、日ごと木の葉が色づいて、秋が深まる季節です。
a0147281_1603646.jpg

農作物は収穫のときを迎え、自然の変化が目に美しく、気候がいい時期。一年でいちばん好きな月、という方が、わたし以外にも大勢いらっしゃるかもしれません。
a0147281_1604568.jpg

柿やリンゴはとっくの昔に出揃っています。秋の味覚に舌鼓を打つのも、神無月が待ち遠しかった理由のひとつ(松茸?う~ん、まだというか本物には縁ないかも)。
a0147281_1605790.jpg

なにもかもが素敵な秋の訪れにわくわくする半面、今年もあと3か月しかないという事実に対し、寂しさを感じるよりもショックを受けている自分に気づきました。
a0147281_161835.jpg

でもせっかくの秋ですから、(米国人の37%が「作り話」だと思っている)地球温暖化や消費税値上げ後の不安には目をつぶり、目白押しのスポーツ行事に注目します。

p.s.
「誰が内村を負かすか?」という今回の体操世界選手権のpr動画、凄いです。けど、連覇を狙う内村選手も、あの柿谷選手も、細すぎたり薄すぎたりの眉毛が残念。どなたか美容のプロが、(白井選手みたいなのは無理でも?)男前眉に整えていただけないものでしょうか? 

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-10-01 16:22 | インテリア | Comments(2)
わたし流お正月
a0147281_14303498.jpg

新しい年も4日すぎた昨日、世の中では仕事初め。でも今年は、きりのいい7日の月曜日からお仕事に復帰、という方も多いかもしれません。

「松の内」の解釈が昔と変わってきていて、ふだんの生活に戻るのが早くなったとはいえ、7日までは、雰囲気はまだお正月でかまわないようです。

今年は、お隣の公園で拾った松の枝に、クリスマスのときのノイバラとナンキンハゼの実をリサイクルして、お玄関の下駄箱のうえに飾りました。

なにか花を買って添えるつもりでいましたが、似合う花が見つからず、結局、枝だけです。一銭もかかってないところが、いかにも、わたし流お正月(笑)。

ミニ三方にはミニ鏡餅。こちらも、買ってきたミニミニ蜜柑がどうも似合わず、紅白の水引でノイバラとナンキンハゼの実の飾りをのせました。
a0147281_1431852.jpg

4日目の昨日になっても、まだお節がほんの少し残っていて、お餅と一緒にお昼にいただくことにしました。せっかくですからね、塗りの半月盆を出して。
a0147281_14312614.jpg

あえて、この日まで食べずにいたのは鴨のロースト。昨年は挑戦してみたものの、あまりじょうずに焼けなかったので、今年は出来合いです。
a0147281_1431444.jpg

これだけでは華やかさに欠けます? で、冬には貴重なハーブ、ミントの葉とザクロと蜜柑を入れ、クスクスでモロッコ風サラダを作りました。
a0147281_1432082.jpg

甘味は甘納豆。子どものころは大嫌いだった甘納豆。これを味わえるほど歳をとった、というわけです。でも、やっぱりチョコレートのほうが好きだわあ。

よい週末を!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-01-05 14:53 | インテリア | Comments(2)
イヴの愉しみは…
a0147281_17592512.jpg

町にやってきたのは、サンタクロースではなく、クリスマス寒波。でも、ピリッとした空気がクリスマスらしくて、いいかもしれません? 

クリスマスイヴは、思い切り自分に甘く、ふだんしないことをして、愉しむことにしています。たとえば、お昼からワインをのむこと。
a0147281_17594090.jpg

しかも、いつもは飲まない赤です。わたしの好みはシラーズ。チーズとチャツネをのせた、ロンドン土産のビスケットに合いました。
a0147281_175959100.jpg

それから、お昼に映画(dvd)を観ること。封切り時にちゃんと映画館で観たのに、結末を忘れていたchocolat――今日の気分にぴったりです。
a0147281_1802637.jpg

飾っているだけでめったに使わないキャンドルにも、火を灯しましょう。明日は恒例の、ひとり静かに、100% 愉しむクリスマス!


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
クリスマスといえば、チャリティ。インチキチャリティには、くれぐれも気をつけてくださいね。
↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-12-24 18:07 | インテリア | Comments(2)
クリスマスの小枝
a0147281_1305421.jpg

今年もあと10日あまり。とくに行事のないわたしですら、なんとなく慌ただしい日々に突入します。でも、そのまえにピースフルなクリスマスをすごさねば…。

植木屋さんが潔く落としたヒマラヤスギの枝をいただいてきて、花壜に突っこんだままだったので、ノイバラの枝と一緒にして、ようやく体裁を整えました。
a0147281_1311978.jpg

昨年、「この松いただいていいですか?」と植木屋さんにきくと、「これ杉だけど、いいよもってって」と言われ、ああ、杉だったのか、と認識を新たにした枝です。

今年はいただくとき、植木屋さんに木の名前をたずねたので、ヒマラヤスギであることがわかりました。ところが調べると、杉ではなく松の仲間であることが判明。
a0147281_132529.jpg

いっぽう、小さな赤い実をいっぱいつけたノイバラの枝は、お隣の公園やご近所ではほうぼうで自生しているので、恐れずに藪のなかに入れば、簡単に見つかります。

英語の名前がjapanese rose のノイバラの実は、晩秋に赤く色づき、クリスマス時期にもまだ残っているので、わが家のクリスマスの飾りの定番となりました。

a0147281_1314684.jpg

枝は昨年のようには飾らず、ミニチュアのジンジャーブレッドマンをかごに入れて、ポプリがわりに。スパイシーな香りが、クリスマス気分にしてくれます。

*おまけ*
リュクスな、夢のクリスマス気分になりたいときの動画はこれ
ノリノリな、メリークリスマス気分になりたいときの動画ならこちら

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

なんと控えめな、うちのクリスマス……
[PR]
by serendipity_j | 2012-12-19 13:26 | インテリア | Comments(2)
| ページトップ |