Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(204)
(99)
(84)
(83)
(83)
(83)
(80)
(77)
(76)
(76)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
"hygge" ティータイム
at 2017-12-12 23:23
冬将軍の到来で紅葉は“最終章”
at 2017-12-06 22:14
霜月のセレンディピティ
at 2017-11-30 22:39
終盤に近づく紅葉“第三章”
at 2017-11-26 12:35
味覚の秋(寒さは冬のようだけ..
at 2017-11-22 21:01
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

カテゴリ:花 park( 84 )
春竹梅、そしてまた雪?
a0147281_21514973.jpg

如月は一年でいちばん寒い月。立春をすぎても凍るような寒さです。一方、お隣の公園ではこの季節にすませておくべき仕事が、着々と進んでいます。
a0147281_21521255.jpg

立ち入り禁止になっている場所から張り出した危険な枝や枯れた木の伐採とともに、竹藪の竹のまびきと、竹藪を取り囲んだ竹垣の組み換えが進行中。
a0147281_2152161.jpg

庭師さんたちの手際よさと、竹垣に整然と並んだ青い竹が美しく、梅園に梅を見にいくまえに見とれてしまいました。肝心の梅は、とうの昔に満開です。
a0147281_21522078.jpg

梅園の裏手も、竹藪になってます。それにしてもこのあたり(京都と接する大阪)は竹の宝庫…。竹林面積を調べてみると、京都は全国で8位でした。
a0147281_21522391.jpg

あ、話を梅に戻しましょう。公園の梅園でマジョリティーを占めるのは、例年、お正月に開く八重寒紅です。白梅の月影も今年は早く咲き始めました。
a0147281_21522738.jpg

一首詠めたら詠みたい春(暦で)の竹と梅。この季節の「風流」を味わねば。今日はきれいな夕焼けが見られましたが、明日は雪が降るかもしれません。
a0147281_21523062.jpg


p.s.
いいがかりを連発するクレーマー大統領が、今度は理不尽な要求をするモンスター・ペアレントに!! ところが最近、大統領を支持する人びとの境遇や心情をもっと理解して大統領令を判断すべき、という大統領擁護ともとれる文化人や知識人の意見が聞かれます。ごもっとも。あの方々の不満も怒りも理解できます。いくら理解はできても、やっぱりあのやり方は「フェアじゃない」んじゃないでしょうか? 視野も心も狭い指導者が国を思うがままに操れば、いずれ何が起こるかなど、歴史を学んでれば「高校生でもわかる」?

大人げないつぶやきや発言の連日の報道には辟易する!などといいながら、ついつい観てしまうのがこれこれ。「easy d!」も格好のネタに(爆笑)


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2017-02-10 22:54 | 花 park | Comments(0)
夏の花、秋の花、晩夏の風景
a0147281_16252314.jpg

お隣の公園ではいま、秋の訪れを知らせる花、スウィートオータムクレマティス(仙人草)が花盛りです。歌にもあるように、「小さな秋」を探して長歩きを再開しようと、心身ともにギアを秋モードに変えたというのに、しぶとく居残る夏の蒸し暑さに、毎朝ちょっと腹が立ちます。でも、今朝はかなりいい気分…。
a0147281_16254984.jpg

a0147281_16261047.jpg

そのわけは、錦織圭選手の、全米オープン4回戦の突破でございます。珍しい早起きに(午前2、3時の未明は早起きにならないみたい)老母は驚いておりましたが、朝はたいてい機嫌の悪いわたしが、いつになく優しかったようです(笑)。いつもは目を覆ってる場面が多いのに、今日の試合は安心して観られました。
a0147281_162627100.jpg

a0147281_16264914.jpg

「世界のニシコ~リ」の魅力が堪能できるこんな動画に元気づけられ(細身のショーツのスウェット素材とカッティング、そして色のセンスなど、uniqlo の安っぽさにはやっぱりガッカリしつつも?)、フォアよりもバックハンドで点を稼ぐ世界でも稀有な選手である、という記事を読んで挑んだ試合(tv観戦)でした。
a0147281_16271316.jpg

a0147281_16273565.jpg

a0147281_16275740.jpg

公式サイトの予想では錦織選手勝利とはなっていたものの、なにしろ相手は初戦で61本のエースを打った211センチのカルロヴィッチ選手。ところが下調べをすると、フロリダに住み、twitter での面白いやりとりが人気だそう。あの苦虫をかみつぶしたような顔から想像しにくいけど、ユーモアのセンスが評判なのです。
a0147281_16282547.jpg

a0147281_16284889.jpg

で、カルロヴィッチ選手の顔、どこかで見たことある…と長いこと考えていたのですが、ヒマワリを見てわかりました! そう、ヒマワリで有名なゴッホです(ほら、ね?)。 ただ、素顔はわりとイケメン(ほら?)。37歳でも最近またランキング上昇中ということで、対戦相手が錦織選手でなければ、応援したかった~。

次はマリー選手です。最後まで強気でいくべきではないでしょうか。会場の、もんのすごい雰囲気に呑まれないこと(あそこで「ニッポン、チャチャチャ」はあわないんでない?)。ボールが入らなくても失望を見せないこと。押され気味でも眉を八の字にしないこと。それが鍵? 今度こそアンディに勝つ!と信じましょう。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-09-06 16:40 | 花 park | Comments(0)
真夏のパレット
a0147281_14471614.jpg

先週の金曜日以来、老若男女のpokémon-goers(ポケモンgoプレイヤー?)があちらこちらで彷徨っているお隣の公園。正直、ちょっと奇妙な光景です。

全然ゲームをしないわたしは、いま、どんな花が咲いているのかをひたすらチェックしながら、あちらの花壇からこちらの花壇へと、歩き回っています。
a0147281_14473390.jpg

a0147281_14475421.jpg

a0147281_1448865.jpg

まだ咲いているオレガノを圧倒する勢いで、すくすくと育ったミントが花盛り! 白いキョウチクトウも満開で、花に重なったのは白い蝶でした。

そして、エキナセアに代わってルドベッキアの出番です。暑さに強く、日本の夏の花壇には欠かせません(特別出演のナスタチウム↓は先月の撮影)。
a0147281_14482555.jpg

a0147281_14484170.jpg

a0147281_1449161.jpg

a0147281_14492066.jpg

パレットの色は、黄色とピンクが主流。とはいえ、うららかな春のそれとはまったく異なり、どれも、盛夏の強い陽射しを吸収したような色彩ばかり。

お天気予報が外れて、きょうは雨にはならないもよう。散水用ホースの届かない所で痛ましい光景を目撃し、草木のためにはひと雨欲しいところです。
a0147281_14494423.jpg

a0147281_145017.jpg

a0147281_1450148.jpg

a0147281_14502715.jpg

よい週を!


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-07-25 14:55 | 花 park | Comments(2)
夏の庭 2016
a0147281_13141064.jpg

真夏のお天気が一転。今週末は梅雨らしくなりそうですが、先週の日曜日に歩いた公園では、すでにオミナエシが咲き、赤トンボが飛んでいました。
a0147281_13142773.jpg

a0147281_13144726.jpg

a0147281_1315265.jpg

いったいどうなってくのこの惑星は!と、温暖化の加速に不安を抱きつつも、花壇で咲く夏の花に心癒される一方、見つけずにおれないのが「変化」。
a0147281_13152357.jpg

a0147281_1315453.jpg

a0147281_1316015.jpg

去年よりもずっと早く咲いた花もあれば、今年は咲かなかった花もあり、また、病気で弱っている樹々や、すでに枯れてしまった樹々に目がゆきます。
a0147281_13161580.jpg

a0147281_13163087.jpg

a0147281_13164973.jpg

いずれにしても、梅雨があけてからの暑さは、人間だけでなく植物にも夏バテをもたらすので、夏の花を愛でるのは、いまのほうがベターかもしれません。
a0147281_1317497.jpg

a0147281_13464149.jpg

たとえば、元気のいいのはエキナセア。ブッデリアも先月中旬から咲き始めました。ヨーロッパの夏を思い起こさせるラベンダーやオレガノも咲いています。


わたしのwinbledon は終わった、といいながら観ていた準々決勝。接戦の末、cilic 選手は負けてしまいました。federer 選手が嫌いなわけではないけれど、試合では観衆のほとんどが応援するので、対戦相手が、つい気の毒になってしまう…。このwimbledon にしても、テニスはゴルフ同様オリンピック以外に重要な(かつ注目度の高い)試合がいくつもある競技なので、怪我の問題を抱える錦織選手は、自分の立てた今年の目標に近づくために、無理をせず、オリンピック出場を見送ってもいいと思う。選手生命を危険にさらして(ほかの試合を棒に振って?)「日の丸のために」、なあんてゆうのはナンセンス。負担も代償も大きすぎて、気の毒ですもん。

よい週末を!



あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-07-08 13:46 | 花 park | Comments(0)
霖雨、でもないけれど…
a0147281_16305654.jpg

月曜日の夏至の日に満月が重なり、「ストロベリームーン」が見られる!と期待したものの、あいにくの曇り空でした。日本は梅雨ですから、仕方ない…。

苺が旬の6月の満月につけられた名前だそうですが、夏至の夜の「苺月」ならさらにロマンティック。が、いずれにしても、日本では苺の季節も終わってます。

というわけで、ないものねだりをせず、日本ならではの梅雨らしい景色に目を向けましょう(笑)。たとえば、雨に濡れながらも甘い香りを放つクチナシなど。
a0147281_16313161.jpg

a0147281_1631556.jpg

a0147281_16321145.jpg

梅雨の合間の晴れた日のみ、咲く昼顔。梅雨明けとともに繁茂する雑草の勢力争いが始まり、昼顔は目立たなくなります。そう思うと、この平凡さが愛おしい?
a0147281_16322956.jpg

ほとんど花の咲き切った花菖蒲園は、あと数日で閉園です。いつでも行ける距離にあるという油断から、また、ライトアップの期間に行き損ねました。来年こそ!
a0147281_1632516.jpg

a0147281_1633155.jpg

a0147281_16333562.jpg

a0147281_16335182.jpg

紫陽花とならび、梅雨につきものの露草。この園芸品種は「紫御殿」という名前がつけられています。英名の「purple heart」とは、印象がだいぶ異なりますね。
a0147281_16341112.jpg

happy rainy day!


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-22 16:46 | 花 park | Comments(0)
雨の合間の太陽色
a0147281_21464338.jpg

今朝、母と朝食をとりながら観た国際ニュースで、オーランドであった乱射事件の犯人が、じつはゲイだったことが判明したようで、かなり驚きでした。
a0147281_2147287.jpg

午後には都知事辞任。やっと、でしたね。そして今、live score で錦織vs マイヤー戦をチェック…と思ったら、なんと、初戦で痛めた脇腹のケガで棄権
a0147281_21471652.jpg

米国の乱射事件は、銃が簡単に買えることが問題なのに、事件後に銃を買う人が増えたという話や、大統領選の共和党候補者の単細胞ぶりは絶望的です。
a0147281_21473168.jpg

そう、あの「フェイクタン」の厚顔で話す「自分だけよけりゃいい」的な言葉を、支持者は面白がってるのではなく、本心で賛同してるんでしょうか~?
a0147281_21474584.jpg

それにしても、リオで旗をもらいたいからまだ辞めない!ってダダをこねる大人にもびっくりしましたが、そもそも政治家は、大なり小なり嘘つきですよ。
a0147281_2148135.jpg

そんな人たちに動かされているこんな世界が、いやになります。それで最近のわたしは、スポーツや、花や野鳥ばかり、見ていたいのかもしれません(笑)。
a0147281_21481524.jpg

すでに暑さ疲れの感があるお隣の公園の花壇では、紫陽花やクチナシやザクロなど、水無月につきものの花のほかにも、太陽色の花々が目立っています。
a0147281_21483175.jpg

苦手な季節がスタートしたせいか、身体も心もすぐにくたびれて、激動する世の中についてゆけてないみたい…。今日は錦織選手棄権で、よかったのかも?


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-15 22:08 | 花 park | Comments(0)
桜、満開の散歩道
a0147281_1233983.jpg

どこを見渡しても花盛りです。桜の見ごろを逃すまいとソワソワしたあと、ふだんどおりの生活ではあるものの、ウキウキ気分で桜色に染まった週末。
a0147281_12333012.jpg

a0147281_12334898.jpg

a0147281_1234683.jpg

a0147281_12342914.jpg

土曜日、お花見でにぎわう公園を歩いていると、幼い男の子が桜を見ながら、「満開ですね」。そのどこか大人びた口調に、思わずにっこりしました。
a0147281_12345919.jpg

a0147281_12351676.jpg

お隣の公園では、染井吉野のほか、大島桜、紅枝垂れ、山桜などがピークを迎え、あとは花吹雪となって散るだけ。でも、それもまた風情があります。
a0147281_12353693.jpg

a0147281_12355374.jpg

a0147281_12361419.jpg

染井吉野よりもさらに優しい印象の山桜は、淡いピンクの花びらと褐色がかった若い葉の、色のコントラストが絶妙です。友禅染に、ありそうな色と柄?
a0147281_12363352.jpg

a0147281_1237063.jpg

町内会では、桜祭りが開かれていました。「南京玉簾」のパフォーマンスに足を止め、久々に見るジャパネスクな着物に見とれて(演技より?)…カシャ。


お、花曇りながら陽がさしてきました。よい週を!


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-04-04 12:41 | 花 park | Comments(0)
カメリア・ジャポニカ
a0147281_15153328.jpg

オオサブという日がつづいています。それでも今朝、公園を通りながら裸の枝の先に新芽が膨らんでいるのを見て、春は近い!と改めて思いました。

公園にはたくさんの椿が植えられているので、寒い時期に花を長く愉しめます。ただ、ともすると見ごろを逃してしまうのが、この薄紅色の八重の椿。
a0147281_15155572.jpg

a0147281_15163478.jpg

a0147281_15165162.jpg

中旬ごろに咲き始めたのを見て、数日後に写真を撮りにいくと、すでに多くの花に茶色のシミが…。一方、獅子咲きの椿はかなりもちがよいようです。
a0147281_1517753.jpg

a0147281_1517239.jpg

a0147281_15174149.jpg

椿には思い出があります。小倉に住んでいたときの通学路には、毎冬、絞りの椿が重なるように落ち、通るたびに茶の部分が増えて朽ちていきました。

椿を見るたびにその記憶がよみがえり、通学路をgoogle で調べてみたら、だいぶ変わっていたものの、通っていた「三郎丸小学校」は、まだあります!
a0147281_1518662.jpg

a0147281_151826100.jpg

a0147281_15184585.jpg

ところで、わたしの好みは白の一重。フォトジェニックな乙女椿もそろそろ咲きますが、一輪挿しの一重の藪椿ほど、和の美を感じるものはありません。

よい週末を!


あぶそる~とロンドンも、どうぞよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-02-26 15:31 | 花 park | Comments(2)
如月の白梅、蠟梅、紅梅
a0147281_20103158.jpg

白梅が咲いた、と思ったら今日は節分。そして明日は立春。今年もあっといまに夏がきそうです。気が早すぎ? でも、そんな感じで季節は巡ります。
a0147281_20105875.jpg

昨日も今日も、日中は春の気配さえして、お隣の公園の梅苑は、そこはかとなくいい香りが漂い、カメラを手にした方も日に日に増えているようです。
a0147281_20114235.jpg

a0147281_2012873.jpg

蠟でつくった花びらのような、可愛らしい黄色の蠟梅も咲いています。wintersweet と呼ばれている英米などでも、香りのいい庭木として人気があるそう。
a0147281_20125156.jpg

これがソシンロウバイ(素芯蠟梅chimonanthus praecox 'luteus)と、知ったのは今日。芯が紫にならない種類もあると、ぼんやりとは気づいてましたが。
a0147281_20131578.jpg

a0147281_2013392.jpg

昨日撮った写真に加えて、先月いちばん寒かった日に撮った写真をお見せしていますが、一輪だけ開いたこの濃い紅の梅は、いかにも寒そうにしてました。
a0147281_2014763.jpg

一方、こちらは梅苑の多数派で、毎年、いのいちばんに咲く紅梅。暖かい日がつづいた年末から咲いているので、見ごろはとっくに終わっています。
a0147281_20142877.jpg

昨日は、梅の枝にジョウビタキがやってきました。警戒心の強い雄と違い、雌は平気で姿を現します。カメラをもっていなかった今日は、メジロの姿も…。
a0147281_20145759.jpg

梅といえば、今日の節分の日にとっておいたのが梅ヶ枝餅。解凍してトースターで焼くとふっくらします。1つのつもりが2つに…。梅ヶ枝餅はウマイ!
a0147281_20153052.jpg

いや、節分といえば恵方巻きですよね。召しあがりましたか? わたしはそんなの興味な~い、と思いつつ、やっぱり母がたのしみにしている感じなので、じゃ、一応形だけでも、と南南東を向いて巻きずしをかじりました。でも、それが意外と美味しかったんですよ~、柿の葉ずしをつくっているところの茶飯のまきずし。来年も、これならありか(笑)。


p.s.
わたしが最近感動した梅の写真がこれ。周囲が凍る寒さのなかで咲いてるの、いいでしょう~? あ、でもこれ、梅の花ではなかったり?

なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-02-03 20:40 | 花 park | Comments(0)
冬のふたつの赤いジャポニカ(権萃と実葛)
a0147281_23401726.jpg

晩秋から冬にかけて目をひく、ちょっと珍しい赤い実がふたつ。どちらも気づいてから数年になるというのに、名前がわかりませんでした。ひとつは、公園を出て母のうちへ行く坂の途中にある、雑木林の横の道に落ちていたので、冬になると、また落ちてないかな、と目を皿にして歩くクセがついています(笑)。

先週、この小さな赤い房を拾ったとき、しばし足を止めて背の高い樹木が生い茂る雑木林の高いところを見あげ、この愛らしい実をつけていた枝をようやく発見しました。葉の形をよく頭に入れ、自宅に到着して忘れないうちにグーグルすると、「権萃(ゴンズイ)」という名前でした(どうも可愛くない名前だなあ)。

そのチェリーピンクのハート形から、米国でつけられた名前が「korean sweetheart tree」。日本原産なので「korean」は気に入りませんけどね。
a0147281_23404021.jpg

あ、日本では「狐の茶袋」という別名もあるそうです(これなら呼んでもいいかも?)。2年前に初めて出会った(拾った)ときの写真がこちら。
a0147281_2341374.jpg

そしてもうひとつ、毎年、晩秋になるとお隣の公園で赤く色づくのが、少々変わったこの実です。この冬は、からまった蔓に文字どおり鈴なり。
a0147281_23412360.jpg

「実葛(サネカズラ)」だとわかったのはつい最近ですが、カロライナジャスミンと複雑にからまっているため、最初はその実かと思いました。
a0147281_23414179.jpg

暖かい日が続いたこの冬は、例年より早く咲いた梅どころか、春と勘違いしたカロライナジャスミンや桜さえあり、いまは寒さに震えていることでしょう。
a0147281_2342582.jpg

話はふたつの赤い実、「euscaphis japonica」と「kadsura japonica」に戻りますが、奇遇にも、どちらも日本が原産。つまりジャポニカでした。素敵!



土曜日、閉めたドアの向こうで、「オコリンボ~!」(半ば笑いながら)と母がわたしに文句を言うこえが聞こえ、母のいうとおり、最近怒ってばかりいる自分に嫌気がさしていたこの週末、オンラインの新聞経由で見た動画に大笑い。こんな笑いが必要でした! 詳しくは、あぶそる~とロンドンのコラムを、ぜひ…。adele が目を白黒するところと、one direction がノリノリで歌っている姿を、お見逃しなく! 


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-01-17 23:50 | 花 park | Comments(0)
| ページトップ |