Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(195)
(96)
(83)
(82)
(82)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
今年も、エルダーフラワーの季節
at 2017-05-16 23:30
若葉のころ
at 2017-05-10 22:35
春紫 in full bloom
at 2017-04-29 14:03
春風とワンダーラスト
at 2017-04-20 14:02
まだまだ桜(goodbye ..
at 2017-04-15 14:32
記事ランキング
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

カテゴリ:花 park( 79 )
雨の合間の太陽色
a0147281_21464338.jpg

今朝、母と朝食をとりながら観た国際ニュースで、オーランドであった乱射事件の犯人が、じつはゲイだったことが判明したようで、かなり驚きでした。
a0147281_2147287.jpg

午後には都知事辞任。やっと、でしたね。そして今、live score で錦織vs マイヤー戦をチェック…と思ったら、なんと、初戦で痛めた脇腹のケガで棄権
a0147281_21471652.jpg

米国の乱射事件は、銃が簡単に買えることが問題なのに、事件後に銃を買う人が増えたという話や、大統領選の共和党候補者の単細胞ぶりは絶望的です。
a0147281_21473168.jpg

そう、あの「フェイクタン」の厚顔で話す「自分だけよけりゃいい」的な言葉を、支持者は面白がってるのではなく、本心で賛同してるんでしょうか~?
a0147281_21474584.jpg

それにしても、リオで旗をもらいたいからまだ辞めない!ってダダをこねる大人にもびっくりしましたが、そもそも政治家は、大なり小なり嘘つきですよ。
a0147281_2148135.jpg

そんな人たちに動かされているこんな世界が、いやになります。それで最近のわたしは、スポーツや、花や野鳥ばかり、見ていたいのかもしれません(笑)。
a0147281_21481524.jpg

すでに暑さ疲れの感があるお隣の公園の花壇では、紫陽花やクチナシやザクロなど、水無月につきものの花のほかにも、太陽色の花々が目立っています。
a0147281_21483175.jpg

苦手な季節がスタートしたせいか、身体も心もすぐにくたびれて、激動する世の中についてゆけてないみたい…。今日は錦織選手棄権で、よかったのかも?


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-15 22:08 | 花 park | Comments(0)
桜、満開の散歩道
a0147281_1233983.jpg

どこを見渡しても花盛りです。桜の見ごろを逃すまいとソワソワしたあと、ふだんどおりの生活ではあるものの、ウキウキ気分で桜色に染まった週末。
a0147281_12333012.jpg

a0147281_12334898.jpg

a0147281_1234683.jpg

a0147281_12342914.jpg

土曜日、お花見でにぎわう公園を歩いていると、幼い男の子が桜を見ながら、「満開ですね」。そのどこか大人びた口調に、思わずにっこりしました。
a0147281_12345919.jpg

a0147281_12351676.jpg

お隣の公園では、染井吉野のほか、大島桜、紅枝垂れ、山桜などがピークを迎え、あとは花吹雪となって散るだけ。でも、それもまた風情があります。
a0147281_12353693.jpg

a0147281_12355374.jpg

a0147281_12361419.jpg

染井吉野よりもさらに優しい印象の山桜は、淡いピンクの花びらと褐色がかった若い葉の、色のコントラストが絶妙です。友禅染に、ありそうな色と柄?
a0147281_12363352.jpg

a0147281_1237063.jpg

町内会では、桜祭りが開かれていました。「南京玉簾」のパフォーマンスに足を止め、久々に見るジャパネスクな着物に見とれて(演技より?)…カシャ。


お、花曇りながら陽がさしてきました。よい週を!


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-04-04 12:41 | 花 park | Comments(0)
カメリア・ジャポニカ
a0147281_15153328.jpg

オオサブという日がつづいています。それでも今朝、公園を通りながら裸の枝の先に新芽が膨らんでいるのを見て、春は近い!と改めて思いました。

公園にはたくさんの椿が植えられているので、寒い時期に花を長く愉しめます。ただ、ともすると見ごろを逃してしまうのが、この薄紅色の八重の椿。
a0147281_15155572.jpg

a0147281_15163478.jpg

a0147281_15165162.jpg

中旬ごろに咲き始めたのを見て、数日後に写真を撮りにいくと、すでに多くの花に茶色のシミが…。一方、獅子咲きの椿はかなりもちがよいようです。
a0147281_1517753.jpg

a0147281_1517239.jpg

a0147281_15174149.jpg

椿には思い出があります。小倉に住んでいたときの通学路には、毎冬、絞りの椿が重なるように落ち、通るたびに茶の部分が増えて朽ちていきました。

椿を見るたびにその記憶がよみがえり、通学路をgoogle で調べてみたら、だいぶ変わっていたものの、通っていた「三郎丸小学校」は、まだあります!
a0147281_1518662.jpg

a0147281_151826100.jpg

a0147281_15184585.jpg

ところで、わたしの好みは白の一重。フォトジェニックな乙女椿もそろそろ咲きますが、一輪挿しの一重の藪椿ほど、和の美を感じるものはありません。

よい週末を!


あぶそる~とロンドンも、どうぞよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-02-26 15:31 | 花 park | Comments(2)
如月の白梅、蠟梅、紅梅
a0147281_20103158.jpg

白梅が咲いた、と思ったら今日は節分。そして明日は立春。今年もあっといまに夏がきそうです。気が早すぎ? でも、そんな感じで季節は巡ります。
a0147281_20105875.jpg

昨日も今日も、日中は春の気配さえして、お隣の公園の梅苑は、そこはかとなくいい香りが漂い、カメラを手にした方も日に日に増えているようです。
a0147281_20114235.jpg

a0147281_2012873.jpg

蠟でつくった花びらのような、可愛らしい黄色の蠟梅も咲いています。wintersweet と呼ばれている英米などでも、香りのいい庭木として人気があるそう。
a0147281_20125156.jpg

これがソシンロウバイ(素芯蠟梅chimonanthus praecox 'luteus)と、知ったのは今日。芯が紫にならない種類もあると、ぼんやりとは気づいてましたが。
a0147281_20131578.jpg

a0147281_2013392.jpg

昨日撮った写真に加えて、先月いちばん寒かった日に撮った写真をお見せしていますが、一輪だけ開いたこの濃い紅の梅は、いかにも寒そうにしてました。
a0147281_2014763.jpg

一方、こちらは梅苑の多数派で、毎年、いのいちばんに咲く紅梅。暖かい日がつづいた年末から咲いているので、見ごろはとっくに終わっています。
a0147281_20142877.jpg

昨日は、梅の枝にジョウビタキがやってきました。警戒心の強い雄と違い、雌は平気で姿を現します。カメラをもっていなかった今日は、メジロの姿も…。
a0147281_20145759.jpg

梅といえば、今日の節分の日にとっておいたのが梅ヶ枝餅。解凍してトースターで焼くとふっくらします。1つのつもりが2つに…。梅ヶ枝餅はウマイ!
a0147281_20153052.jpg

いや、節分といえば恵方巻きですよね。召しあがりましたか? わたしはそんなの興味な~い、と思いつつ、やっぱり母がたのしみにしている感じなので、じゃ、一応形だけでも、と南南東を向いて巻きずしをかじりました。でも、それが意外と美味しかったんですよ~、柿の葉ずしをつくっているところの茶飯のまきずし。来年も、これならありか(笑)。


p.s.
わたしが最近感動した梅の写真がこれ。周囲が凍る寒さのなかで咲いてるの、いいでしょう~? あ、でもこれ、梅の花ではなかったり?

なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-02-03 20:40 | 花 park | Comments(0)
冬のふたつの赤いジャポニカ(権萃と実葛)
a0147281_23401726.jpg

晩秋から冬にかけて目をひく、ちょっと珍しい赤い実がふたつ。どちらも気づいてから数年になるというのに、名前がわかりませんでした。ひとつは、公園を出て母のうちへ行く坂の途中にある、雑木林の横の道に落ちていたので、冬になると、また落ちてないかな、と目を皿にして歩くクセがついています(笑)。

先週、この小さな赤い房を拾ったとき、しばし足を止めて背の高い樹木が生い茂る雑木林の高いところを見あげ、この愛らしい実をつけていた枝をようやく発見しました。葉の形をよく頭に入れ、自宅に到着して忘れないうちにグーグルすると、「権萃(ゴンズイ)」という名前でした(どうも可愛くない名前だなあ)。

そのチェリーピンクのハート形から、米国でつけられた名前が「korean sweetheart tree」。日本原産なので「korean」は気に入りませんけどね。
a0147281_23404021.jpg

あ、日本では「狐の茶袋」という別名もあるそうです(これなら呼んでもいいかも?)。2年前に初めて出会った(拾った)ときの写真がこちら。
a0147281_2341374.jpg

そしてもうひとつ、毎年、晩秋になるとお隣の公園で赤く色づくのが、少々変わったこの実です。この冬は、からまった蔓に文字どおり鈴なり。
a0147281_23412360.jpg

「実葛(サネカズラ)」だとわかったのはつい最近ですが、カロライナジャスミンと複雑にからまっているため、最初はその実かと思いました。
a0147281_23414179.jpg

暖かい日が続いたこの冬は、例年より早く咲いた梅どころか、春と勘違いしたカロライナジャスミンや桜さえあり、いまは寒さに震えていることでしょう。
a0147281_2342582.jpg

話はふたつの赤い実、「euscaphis japonica」と「kadsura japonica」に戻りますが、奇遇にも、どちらも日本が原産。つまりジャポニカでした。素敵!



土曜日、閉めたドアの向こうで、「オコリンボ~!」(半ば笑いながら)と母がわたしに文句を言うこえが聞こえ、母のいうとおり、最近怒ってばかりいる自分に嫌気がさしていたこの週末、オンラインの新聞経由で見た動画に大笑い。こんな笑いが必要でした! 詳しくは、あぶそる~とロンドンのコラムを、ぜひ…。adele が目を白黒するところと、one direction がノリノリで歌っている姿を、お見逃しなく! 


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-01-17 23:50 | 花 park | Comments(0)
皇帝ダリアと、「例」の花
a0147281_2346294.jpg

雨、雨、雨。ときおり雨が激しく降ります。雨の少ない霜月のはずなのに、せっかく紅葉狩りに京都へいらした方には、ほんとうにお気の毒。
a0147281_23462317.jpg

でも、モミジにハゼにナンキンハゼに、お隣の公園の紅葉は日毎に広がっていて、先週末、今年も池に戻ってきたオシドリの群を確認しました。
a0147281_23464781.jpg

いま花壇で花盛りを迎えているのは皇帝ダリアです。その名にふさわしく、高くそびえる姿をはじめて見たときは、ちょっとした驚きでした。
a0147281_2347526.jpg

想像できないほど背が高くなるので、いったいどんな花が咲くのかと、毎日通ってながめていたものです。すると、意外と優しい色の花が開花。
a0147281_23473096.jpg

それから名前(dahlia imperialis)を知って、なるほど~と。一方、ご近所のあちこちの庭先では「例」のネリネが咲き乱れています。株分けかしら?
a0147281_23475627.jpg

東京五輪のヴィクトリーブーケに使おうと、わざわざ夏に咲かせるための予算1.2億円を農水省が計上。世界の人に日本の花を見てもらいたいって?
a0147281_23484646.jpg

ダイヤモンドリリーと呼ばれるように、ダイヤモンド同様、アフリカ原産の花なのに…。こんなことを思いついたお役人と賛同したお役人たちの顔が見たい! 

マジで。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-11-18 23:55 | 花 park | Comments(0)
秋のコンプリメンタリーカラー
a0147281_16131566.jpg

秋の花壇でよく見られる彩は、紫と黄色。コンプリメンタリーカラー、つまり色相環の反対にくる2色のうちで、わたしが好きな色の組み合わせがこれ。
a0147281_14515748.jpg

いま咲いている紫の花では、サルビアにしてはかなり大柄な(?)メキシカンブッシュセージが目立っています。ご多分にもれず、お隣の公園でもそう。
a0147281_14521549.jpg

紫色のベルベットのような花が緑色の葉によく映えて、ひんやりした秋風にそよぐ姿は、わたしの頭に焼きついています。けれど、幾度見ても飽きません!
a0147281_14531942.jpg

一方、黄色い花で目をひくのが、シロタエヒマワリ。銀色っぽい葉をしたこの小ぶりのヒマワリは、ほかのヒマワリよりも咲く時期が遅い種類のようです。
a0147281_14523511.jpg

夏のイメージに欠かせないヒマワリですが、最近の夏の暑さには負けている姿をよく見かけます。いまごろのほうが、ヒマワリにとっても快適なはず。
a0147281_14533935.jpg

レモンからオレンジまでの黄色系の花をつけるマリゴールドは、夏をはさんだ開花時期も長く、どちらかといえば、花壇の隙間の「詰め物」的存在。
a0147281_14535982.jpg

そしてもうひとつ、珍しい花ではないものの、調べても和名がわからなかったのが、秋に咲くヒマワリ「swamp sunflower」。どなたかご存知ですか?
a0147281_14543084.jpg

公園が紅く染まるまえに、秋を彩る紫と黄。そんな鮮やかな彩りの花壇の隅に造られた「ホワイトガーデン」では、いま、白いシュウメイギクが満開。
a0147281_14544891.jpg

これまではひっそりと咲いていた印象でした。株が増えたのか、この秋はいつになく勢いがよく、地味に見えるその一角で、上品な「華」を添えています。
a0147281_1455911.jpg

今日も公園のbbq 広場は、若いグループで大賑わい。でも、風呂敷に包んだお重を提げた初老のご夫婦を見て、いいわ~と思いました。よい週末を!

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-10-17 15:15 | 花 park | Comments(0)
夏でもなく、秋でもなく
a0147281_1572861.jpg

また雨。いまのところ、お天気は週末には回復する予報が出てますが、台風「クロヴァン」の動きが気になります。今週末はこないで!と祈りましょう。
a0147281_1574840.jpg

「プレ銀色週間」の日曜日はバーベキュー日和でした。お隣の公園では、夏と秋が共存する空の下、じつに美味しそうな、楽しそうな光景が見られました。
a0147281_158497.jpg

この時期、ようやく生気をとり戻した花壇は、空に浮かぶ雲と同様に夏と秋が共存。青空色が鮮やかなプランバーゴに、凛とした姿のジンジャーリリーが満開。
a0147281_1582012.jpg

少々混沌とした花園を見わたすと、すでに終わった花、ふたたび咲きだした花、そして紫苑も咲きはじめています。夏を乗り越え、秋の花盛りはこれから…。
a0147281_1583595.jpg

公園の花壇に限らず、雑草にも、よそのお宅の庭先に咲く花にも癒され、歩くのがさらに楽しくなる季節です。枯れた花にも、それなりに風情を感じます。
a0147281_1585161.jpg

じつはこの日この翌日、散歩に出るまえに、全米オープンの決勝戦を観ていました。善戦の末、負けてしまったフェデラー選手の悲しそうな顔が映り、思わず涙。
a0147281_159822.jpg

けれど、強すぎるためにほとんどの観客を味方につけられなかったジョコヴィッチ選手が、その逆境を乗り越えて感謝を表す、勝利スピーチにまた感動。
a0147281_1592224.jpg

いいなあ、こういうの。決勝戦はこの感動を味わうためにあるのかも? 錦織選手は、彼らのような強靭な精神になるために、負けてよかったのだ(笑)。
a0147281_159401.jpg

技術は互角かそれ以上でも、精神的な成熟度はまだまだだなあ、と偉そうに思いました。冷静さが勝負のテニスは、ほんと、メンタルの戦いなのです。
a0147281_1595991.jpg

で、もうひとつ、わたしがいつも気にするウェアにつきましては、わたし的にですけど、どう見てもフェデラー選手の勝利でした(つまり、勝ったのはnike)。
a0147281_15101514.jpg

ジョコヴィッチ選手、あの全米用はデザインも色も似合ってな~い気が。安さが売りのuniqlo でも、安っぽさを感じさせないようにするのはセンス次第?
a0147281_1510315.jpg

とりわけ、選手の体形をデレ~と見せるショーツのカッティングが、nike とは大きな差があるような気もがします(といいながら、わたしはuniqlo 愛用者)。
a0147281_15104958.jpg

吸湿性に優れているというハイテク素材のせいかもしれませんけど、どうもあの不格好なシルエットが、毎回気になってしうまうのです(笑)。
a0147281_1511467.jpg

あ、おなじuniqlo を着ている国枝選手の無敵さは、ほんとうにたのもしいかぎり! さあ、スポーツの秋です。敬老の日も間もなくですが、公園では、お洒落なシニアジョガーも増えています。お手頃価格で身近になったスポーツウエアのおかげで、昔のお年寄り(ご想像ください)とはすっかりファッションが変わりましたよ。戸外で汗をかいて、秋を楽しみましょう! 


一方、久しぶりの友人と京都で再会したり、初秋を満喫する予定の連休のまえに、気になるのはやっぱり安保法案。昨日の公聴会では、一語一語に重みのある意見陳述がありました。政府が一方的に決定するという国民不在の事態に、戦争に突き進んだ時代が重なって見えるというご意見に、わたしも同感です。また、議員の居眠りを指摘したseals の方、お偉い先生のみなさまに向かって、よくぞ言ってくれました(笑)! 国会で居眠りする議員の姿は、日常茶飯事。英国でもそれは変わりなく、bbc が批判のtweet。ところが、椅子に備えられたスピーカーに目を閉じて聴き入っていた議員の姿を、「お昼寝」と勘違いしてつぶやいたという、あってはならない話だったようです。(籾井体制下では公然と偏りが見られる)nhk しかり、メディアのtweet はあとで謝罪や取り消すことになったりで、かえって面倒を起こすもとにも? ともかく安倍さん、国民の声に耳を塞いで、強行採決するおつもりですか?


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

p.s.
投稿後に気づきました! 全米オープンの決勝を観たのは、写真を撮った日曜日ではなく月曜日。おなじような時間帯に公園へ行ったので、勘違い。訂正いたします。
[PR]
by serendipity_j | 2015-09-16 16:10 | 花 park | Comments(0)
お陽さま色に染まる晩夏
a0147281_20515098.jpg

雲の広がった今朝、自宅への道を遠回りし、公園の南側を歩きました。猛烈な暑さにめげ、長いあいだ足が向かなかったので、ほんと久しぶり。
a0147281_2052758.jpg

ガーデニング・クラブの副会長をしていらっしゃるn 氏(n 夫人のご主人)に、お会いしました。いつもきれいにしていただき、申しわけなさと感謝…。
a0147281_20525163.jpg

お陽さまは見えないとはいえ、汗が噴き出す蒸し暑さの中での作業です。花壇の手入れをしに、ボランティアのお仲間と久々に集まられたそう。
a0147281_2053969.jpg

いつもの花壇ではすでにオミナエシが咲き、赤トンボも飛んでいて、秋の気配も感じます。そういえば、お盆のまえの週から秋の虫も鳴き始めました。
a0147281_20532937.jpg

見ごろのすぎた「ヒマワリ畑」の写真を撮っているとき、昨夜、母と観たホラー映画の『the awakening』が、どういうわけか頭から離れませんでした。
a0147281_20534671.jpg

あの『the shining』や『the others』に似た怖さです。それで昨夜は、怖い夢まで見ました。でも、遺体で見つかった少女の事件が気になってるからかも。
a0147281_20542946.jpg

最近は簡単に人が殺される事件がひんぱんに起き、とりわけ、10代のまだ幼さの残る少年や少女たちが命を奪われたというニュースには胸が痛みます。
a0147281_20544717.jpg

実のなる花でいえば、まだほんのつぼみなのに…。そんなことを、公園の中の野菜畑に咲くカボチャやゴーヤやキュウリの花を見て、ふと思いました。
a0147281_20551293.jpg

他方、公園ではこの夏も、枯れたコナラや松の大木が目立ちました。人でいえば「中堅」といった立派な木々が、恐ろしいほど着実に枯れてゆきます。
a0147281_20553062.jpg

桃の木もスモモの木も梅の木も、暑さや病気のせいで葉の色が悪く、この夏は草木が充分な栄養をたくわえることができているのかどうか、心配です。
a0147281_20555192.jpg

強い陽に照らされ、雨が降るたびに勢いを増すのは、雑草たち。駐車場脇の空き地のマツヨイグサも次々とお陽さま色の花を咲かせ、なんとたくましい!
a0147281_2056543.jpg

英語名の「evening primrose」で呼ぶと、ちょっと違った印象。元々は外来の園芸種だったと、初めて知りましたが、こんなに強いから、雑草になったわけか。


p.s.
やり切れない気持ちになる10代の殺人事件が多発する一方で、最近の10代のスポーツ選手の活躍に目を見張ります。わたしがいつも応援している錦織選手も、注目したのは10代のとき。というわけで、先週の日曜日も、ロジャーズ・カップの準決勝戦を、atp サイトのlive score でチェックしながらブログを書いておりました。刻々と変化するスコアとデータをながめ、マリーと戦う姿を想像し、一喜一憂しながら。

ところが、2セット目はベーグル(0点)で敗退。錦織選手のこんな戦い方はありえないので、身体的な異変だと確信したら、やっぱりそうでしたね。見てなくても、ファン歴の長いわたしには、わかるんです(笑)。もし母の家のtv であの試合を見ていたら、「戦意喪失」みたいな見当ちがいの実況に、きっと憤慨してたはず。だからtv は嫌い(笑)。「錦織圭の状態が見えてない解説するなら放送もやめてくれ」って、まったく同感!


あぶそる~とロンドンもよろしく! トピックは、今、大騒ぎの「パクリ」。英国の有名アーティストの作品そっくりの彫刻が、中国に登場。偶然似ただけ? それともパクられた? 

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-08-19 21:37 | 花 park | Comments(0)
梅雨に見たもの…
a0147281_2295317.jpg

昨日は土砂降りの公園を抜け、母の家へ戻りました。雨の止んだ朝、長靴をはいて自宅に戻りました(この二重生活、どっちの家にも「戻る」って感じ)。
a0147281_22101397.jpg

ふたつの家の往復で、朝夕公園を抜けるとき、ヤブミョウガの花が咲いているそばを歩きます。真夏の花だと思っていたら、梅雨入りした6月に開花。
a0147281_22103378.jpg

群生している姿が、なかなか美しいんです。雨に似合います。一方、雨に似合わないのがタチアオイ。クレープ紙でつくったような花、だからか…?
a0147281_22105295.jpg

そして梅雨だからか、アゲハなどの華やかな蝶の姿は、めっきり目にしなくなりました。それでも雨の降らない日は、地味な蝶が忙しく舞っています。
a0147281_22111838.jpg

野鳥も多くが姿を消し、あるいは葉が茂って見えなくなり、公園の人気者だったカルガモのヒナも、充分に成長したらしく、ついにいなくなりました。
a0147281_22113627.jpg

でも、公園が少々寂しくなったからといって、「おお、わしを待っとったんカァ」とカラスに餌付けをしている年配男子には、毎朝見掛けるたびに絶句。
a0147281_22115868.jpg

繁殖しすぎのカラスなら毎日、夕方になるとヒチコック映画さながらに電線に現れます。おなじ黒い姿でも、ハグロトンボは優雅で神秘的(とくに雄↑↓)。
a0147281_2212171.jpg

最後に、梅雨といえばこの花、クチナシ。季節はとっくに終わりましたが、花びらに触れた指には、まだあの甘い香が残っているような気がします。
a0147281_22124371.jpg

夕方には青空が広がった土曜日。外から聞こえるご近所の子どもたちの声も、弾んでいました。夏休みに入ったのかな。きっと、梅雨明けも近い?

p.s.
安倍さんの「新国立競技場の建設計画をゼロベースで見直し」発表のタイミング。あっぱれでしたね。安保法案の衆院強行採決で国民からすごい反発が出そうなところを、みごと、国民とメディアの両方の関心をほかに向けさせるために、サプライズを用意していたなんて…。いやはや、なかなか賢い(でも、どの言葉も白々しい)。

母の家にいるときは、人生で初めてのテレビ漬けですので(ほかにすることがないから…でもwowowは好き)、チャンネルを換えてニュースばかりを観ていますが、どこかの局の番組に出ていた森さんの、「2000億円も出せない国だと思うと情けない」みたいなコメントには、結局、人心との乖離がはっきり出てしまってる…。

東京オリンピック招致で頑張ってくれた太田雄貴選手が、世界フェンシング大会で金メダルを取ったさいの試合の模様、tvニュースでは短いのばかりでがっかりしていました、ら、出し惜しみしない動画があった! やっぱりわたしはネットっ子だわ(笑)。あの堅物のイメージのジョコヴィッチ選手だって、テレビでは観られないひょうきんな姿をネットで観て、見方が180度変りましたもん。テレビの視野がどれほど狭いかわかります。

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-07-18 22:35 | 花 park | Comments(0)
| ページトップ |