Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(198)
(98)
(84)
(83)
(83)
(82)
(79)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
秋はここ
at 2017-09-22 20:46
この夏を、ふり返ると
at 2017-09-12 15:16
長月の黄金いろ
at 2017-09-06 20:54
秋がはじまる日の花と味覚
at 2017-08-31 21:06
晩夏の西瓜、グラニータとカク..
at 2017-08-23 22:05
記事ランキング
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

カテゴリ:花 park( 81 )
お陽さま色に染まる晩夏
a0147281_20515098.jpg

雲の広がった今朝、自宅への道を遠回りし、公園の南側を歩きました。猛烈な暑さにめげ、長いあいだ足が向かなかったので、ほんと久しぶり。
a0147281_2052758.jpg

ガーデニング・クラブの副会長をしていらっしゃるn 氏(n 夫人のご主人)に、お会いしました。いつもきれいにしていただき、申しわけなさと感謝…。
a0147281_20525163.jpg

お陽さまは見えないとはいえ、汗が噴き出す蒸し暑さの中での作業です。花壇の手入れをしに、ボランティアのお仲間と久々に集まられたそう。
a0147281_2053969.jpg

いつもの花壇ではすでにオミナエシが咲き、赤トンボも飛んでいて、秋の気配も感じます。そういえば、お盆のまえの週から秋の虫も鳴き始めました。
a0147281_20532937.jpg

見ごろのすぎた「ヒマワリ畑」の写真を撮っているとき、昨夜、母と観たホラー映画の『the awakening』が、どういうわけか頭から離れませんでした。
a0147281_20534671.jpg

あの『the shining』や『the others』に似た怖さです。それで昨夜は、怖い夢まで見ました。でも、遺体で見つかった少女の事件が気になってるからかも。
a0147281_20542946.jpg

最近は簡単に人が殺される事件がひんぱんに起き、とりわけ、10代のまだ幼さの残る少年や少女たちが命を奪われたというニュースには胸が痛みます。
a0147281_20544717.jpg

実のなる花でいえば、まだほんのつぼみなのに…。そんなことを、公園の中の野菜畑に咲くカボチャやゴーヤやキュウリの花を見て、ふと思いました。
a0147281_20551293.jpg

他方、公園ではこの夏も、枯れたコナラや松の大木が目立ちました。人でいえば「中堅」といった立派な木々が、恐ろしいほど着実に枯れてゆきます。
a0147281_20553062.jpg

桃の木もスモモの木も梅の木も、暑さや病気のせいで葉の色が悪く、この夏は草木が充分な栄養をたくわえることができているのかどうか、心配です。
a0147281_20555192.jpg

強い陽に照らされ、雨が降るたびに勢いを増すのは、雑草たち。駐車場脇の空き地のマツヨイグサも次々とお陽さま色の花を咲かせ、なんとたくましい!
a0147281_2056543.jpg

英語名の「evening primrose」で呼ぶと、ちょっと違った印象。元々は外来の園芸種だったと、初めて知りましたが、こんなに強いから、雑草になったわけか。


p.s.
やり切れない気持ちになる10代の殺人事件が多発する一方で、最近の10代のスポーツ選手の活躍に目を見張ります。わたしがいつも応援している錦織選手も、注目したのは10代のとき。というわけで、先週の日曜日も、ロジャーズ・カップの準決勝戦を、atp サイトのlive score でチェックしながらブログを書いておりました。刻々と変化するスコアとデータをながめ、マリーと戦う姿を想像し、一喜一憂しながら。

ところが、2セット目はベーグル(0点)で敗退。錦織選手のこんな戦い方はありえないので、身体的な異変だと確信したら、やっぱりそうでしたね。見てなくても、ファン歴の長いわたしには、わかるんです(笑)。もし母の家のtv であの試合を見ていたら、「戦意喪失」みたいな見当ちがいの実況に、きっと憤慨してたはず。だからtv は嫌い(笑)。「錦織圭の状態が見えてない解説するなら放送もやめてくれ」って、まったく同感!


あぶそる~とロンドンもよろしく! トピックは、今、大騒ぎの「パクリ」。英国の有名アーティストの作品そっくりの彫刻が、中国に登場。偶然似ただけ? それともパクられた? 

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-08-19 21:37 | 花 park | Comments(0)
梅雨に見たもの…
a0147281_2295317.jpg

昨日は土砂降りの公園を抜け、母の家へ戻りました。雨の止んだ朝、長靴をはいて自宅に戻りました(この二重生活、どっちの家にも「戻る」って感じ)。
a0147281_22101397.jpg

ふたつの家の往復で、朝夕公園を抜けるとき、ヤブミョウガの花が咲いているそばを歩きます。真夏の花だと思っていたら、梅雨入りした6月に開花。
a0147281_22103378.jpg

群生している姿が、なかなか美しいんです。雨に似合います。一方、雨に似合わないのがタチアオイ。クレープ紙でつくったような花、だからか…?
a0147281_22105295.jpg

そして梅雨だからか、アゲハなどの華やかな蝶の姿は、めっきり目にしなくなりました。それでも雨の降らない日は、地味な蝶が忙しく舞っています。
a0147281_22111838.jpg

野鳥も多くが姿を消し、あるいは葉が茂って見えなくなり、公園の人気者だったカルガモのヒナも、充分に成長したらしく、ついにいなくなりました。
a0147281_22113627.jpg

でも、公園が少々寂しくなったからといって、「おお、わしを待っとったんカァ」とカラスに餌付けをしている年配男子には、毎朝見掛けるたびに絶句。
a0147281_22115868.jpg

繁殖しすぎのカラスなら毎日、夕方になるとヒチコック映画さながらに電線に現れます。おなじ黒い姿でも、ハグロトンボは優雅で神秘的(とくに雄↑↓)。
a0147281_2212171.jpg

最後に、梅雨といえばこの花、クチナシ。季節はとっくに終わりましたが、花びらに触れた指には、まだあの甘い香が残っているような気がします。
a0147281_22124371.jpg

夕方には青空が広がった土曜日。外から聞こえるご近所の子どもたちの声も、弾んでいました。夏休みに入ったのかな。きっと、梅雨明けも近い?

p.s.
安倍さんの「新国立競技場の建設計画をゼロベースで見直し」発表のタイミング。あっぱれでしたね。安保法案の衆院強行採決で国民からすごい反発が出そうなところを、みごと、国民とメディアの両方の関心をほかに向けさせるために、サプライズを用意していたなんて…。いやはや、なかなか賢い(でも、どの言葉も白々しい)。

母の家にいるときは、人生で初めてのテレビ漬けですので(ほかにすることがないから…でもwowowは好き)、チャンネルを換えてニュースばかりを観ていますが、どこかの局の番組に出ていた森さんの、「2000億円も出せない国だと思うと情けない」みたいなコメントには、結局、人心との乖離がはっきり出てしまってる…。

東京オリンピック招致で頑張ってくれた太田雄貴選手が、世界フェンシング大会で金メダルを取ったさいの試合の模様、tvニュースでは短いのばかりでがっかりしていました、ら、出し惜しみしない動画があった! やっぱりわたしはネットっ子だわ(笑)。あの堅物のイメージのジョコヴィッチ選手だって、テレビでは観られないひょうきんな姿をネットで観て、見方が180度変りましたもん。テレビの視野がどれほど狭いかわかります。

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-07-18 22:35 | 花 park | Comments(0)
7月の庭の色彩
a0147281_2155295.jpg

毎朝、母の家から自宅に戻るときに抜ける公園で、咲きはじめたブッドレアを気にしつつ、すでに数日。ほんの2、3日で茶色くなる花なのです。
a0147281_21552348.jpg

週末を自宅ですごしている今日、小雨が降ったり薄日が射したりの昼下がりに、カメラをもって急いで駆けつけてみると、ときすでに遅し…。
a0147281_21553972.jpg

いちばん美しい姿を捉えたかったものの、花房の根元がもう茶色に変わっていて、間に合いませんでした。まあそれでも、花の色はまだ鮮やか。
a0147281_21555752.jpg

ハーブ園では今、ミントとオレガノの花が咲き乱れていますが、こちらは先月の下旬に撮ったもの。毎年かならず同じ種類の蝶がやってきます。
a0147281_21561676.jpg

ところで、これはスペアミント?ペパーミント? キャットニップは簡単にわかるんですが、1時間も調べて、余計にわからなくなりました。
a0147281_21563384.jpg

特徴の記述や写真による比較が、まったく真逆のものがあったりし、そもそもウェブに写真をアップしている時点で混同が起きているもよう。
a0147281_2156569.jpg

そこで、植物学的なサイトをいくつか読み比べてみました。尖った花と葉のギザギザから、わたし的にはこれをスペアミントに認定します(笑)。
a0147281_21571513.jpg

そしてオレガノも、マジョラムとの見分けがじつに難解…近縁種なので。でも、公園の花壇にマジョラムはないはずですから、すべてオレガノ。
a0147281_21584261.jpg

この時期は、公園のあちらこちらで、エキナセアとアガパンサスが目を愉しませてくれます。というわけで、去年とほぼ同じようなイメージに。
a0147281_21574116.jpg

エキナセアは多年草です。アガパンサスも、おそらく、新たに植えられることなく、花壇で育った球根が、毎年、花を咲かせているのでしょう。
a0147281_21585980.jpg

一方、公園のラヴェンダー畑は、造られたころの勢いはありません。暑さに弱いので当然ですが、なんとか育っている場所で「南仏」気分を…。
a0147281_21591738.jpg

とはいえ、ブッダリアを見てもラヴェンダーを見ても、友人の家の庭や公園の花壇でその花が咲いていた、ロンドンの短い夏を想い出しますけども。
a0147281_21593891.jpg

今日、公園でせみの声を聞きました。数日前に聞こえた鳴き声は、気のせいではなかったようです。嗚呼、日本の夏が、もうじきはじまるのですね。

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-07-05 22:04 | 花 park | Comments(0)
紫陽花月
a0147281_12571645.jpg

これまでのところは、やや雨の少ない今年の梅雨。住んでいる地方にかぎってのことですが、たいてい夜中に雨が降り朝にはあがります。
a0147281_12573643.jpg

a0147281_1257585.jpg

そして今年は、紫陽花の当たり年。わが家の白い紫陽花もたくさん花をつけました(残念ながら緑に変わるまでに、無数の茶色い染みが…)
a0147281_12581659.jpg

a0147281_12583734.jpg

お隣の公園の紫陽花は、ここ数年でいちばんの美しさ。雨と日光の量がちょうどいいのか、今年は、色の鮮やかさがきわだっているようです。
a0147281_12585951.jpg

a0147281_12591785.jpg

モップヘッドやレースキャップのピンクに紫にブルー。どれも花が大きく、どれもはっきりと色の変化を見せて、長い見ごろを保っています。
a0147281_12593489.jpg

a0147281_12595287.jpg

色の変わらないオークリーフだけは、すでに瑞々しさを失っていますが…(白がきれいだったときに、写すチャンスを逃してしまいました)。
a0147281_130375.jpg

a0147281_1301964.jpg

公園ではほうぼうで紫陽花が見られるものの、数種類の紫陽花を集めて植えた場所では、今年はとりわけ目の覚めるようなブルーがみごとです。
a0147281_1305839.jpg

a0147281_1311970.jpg

どちらかというとわたしは、整然と並んだ紫陽花よりも、木立のあいだや水辺でたくましく咲く、野性味を感じさせる紫陽花を見るのが好き。
a0147281_1313823.jpg

a0147281_1315483.jpg

そしてなかでも「ヤマアジサイ」が好き、と最近わかったわたしですが、それにしても紫陽花は、品種改良によって無数の品種が生まれています。
a0147281_1321336.jpg

a0147281_1323499.jpg

紫陽花月の水無月も、あと5日。あの(酷な)夏がやってくるまで、気持ちと体の調子を整えるいい時期です(ちょっとのんびりしすぎたか?)。


なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-06-25 13:06 | 花 park | Comments(0)
6月の(理想の)庭
a0147281_23255097.jpg

昨日の夕方、爽やかな風が吹くお隣の公園を歩きながら、幸せ~という言葉以外思いつきませんでした。というか、なんだかもうけた気が…。
a0147281_23261431.jpg

a0147281_23263351.jpg

a0147281_2326562.jpg

a0147281_23271699.jpg

a0147281_23273591.jpg

梅雨のはずがカラリと晴れあがり、公園の花壇はどこを見てもすでに夏の花が満開。それでいて、夏の暑さに疲れるまえなので瑞々しいまま。
a0147281_2329254.jpg

a0147281_23292287.jpg

a0147281_23294167.jpg

a0147281_2330148.jpg

a0147281_23302072.jpg

木々の緑は、若葉色からもっとも濃くなる真夏の緑の中間、といったところで、ほんとうに目に心地好く、青い空にとてもよく映えています。
a0147281_23304364.jpg

a0147281_2331616.jpg

a0147281_2331492.jpg

a0147281_23321244.jpg

a0147281_23323440.jpg

朝まで強い雨が降ったせいで空気が澄み、空を見ているとまるで秋のようでした。そして帰宅したころには、思ったとおりのきれいな夕焼け…。
a0147281_23325479.jpg

今日はロンドンから一時帰国中のあぶそる~とロンドン編集長と1年ぶりで会い、梅田でランチ(ロンドン土産は後日、見せびらかさせてくださいね)。

昨日に引き続き湿度がそれほどなく、まあまあのお天気でした。明日からはまた梅雨空が戻るようです。梅雨にあの猛暑に…覚悟しなくては。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-06-07 23:36 | 花 park | Comments(2)
五月の雨
a0147281_2331350.jpg

一年のうちで、もっとも快適にすごせる月のひとつが五月。ところが今年は、すでに真夏がやってきていました。今日はややマシでしたが…。
a0147281_23312255.jpg

雨の季節に入るまえの五月最後の日曜日は、どうやら雨になりそうです。紫陽花ももう色づいていますから、草木のためには必要ではあります。
a0147281_2331414.jpg

梅雨の雨を思うと、五月の雨はずっと優しく感じられます。小雨が降るなか、傘をさしての公園の散歩は、最近、とみにお仲間が増えました。
a0147281_23315611.jpg

五月も半ばをすぎると、咲いている花の顔ぶれがぐっと地味になります。わたしは、好きなんですけどね、白や黄の、味わいのある色の花が。
a0147281_23321183.jpg

雄花と雌花が異なるキウイ。小型タイサンボクのようなオガタマの木の花。ウツギ。ハーブでは、フェンネルと、人気上昇中のエルダーフラワー。
a0147281_23323282.jpg

華やかさを添えているのが薔薇。ピンクのアンジェラは、食用になるそうです。ドイツで作られたので、ほんとうは「アンゲラ」とよぶべき?
a0147281_2333053.jpg

もや~っとした大木があったら、センダンの木です。淡い紫の地味な花でおおわれ、遠目には、もやに包まれているようにしか見えません。
a0147281_23341182.jpg

欧米では、chineseberry tree ほか、さまざまな名前がつけられているようですが、ライラックに似ているので、persian lilac がしっくりきます。
a0147281_23335076.jpg

公園の池の一部入りこんだところの、柵がはりめぐらされた向こうで、滝のごとく咲いている白い花。なんの花なのかと気になっていました。
a0147281_23344986.jpg

近づくことができず、遠くてよくわからなかったので、ズームを使って写真を撮り、家に戻ってパソコンで見ると、ああ、やっぱりノイバラ。
a0147281_2335774.jpg

こちらもかなり地味な花ではあるものの、水面すれすれまで花綱のように下がっていて、なかなかロマンティックな光景だと思いませんか?
a0147281_23353050.jpg

このあたりは、水鳥たちのサンクチュアリになっています。連休前後に北に渡ってしまったオシドリ。おお、居残り組が、まだ二羽いた!!
a0147281_23354827.jpg



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

あぶそる~とロンドンもよろしく!
[PR]
by serendipity_j | 2015-05-28 23:41 | 花 park | Comments(0)
季節が移ろう五月の緑
a0147281_11435724.jpg

昨夜の雷と雨は、わたしの住んでいる近畿地方のみのことでなく、東京でもそうだったようです。今朝、出版社からの連絡で知りました。
a0147281_11441456.jpg

そしてこちら同様に東京でも、朝から青空が広がっているそう。蒸し暑い夏になるまえに上天気をたのしめるのは、いましかありません。
a0147281_11443091.jpg

競うように次々と咲く花を追いかける忙しさは、すでにピークを越しました。日に日に濃くなってゆく緑が、目の疲れを和らげてくれます。
a0147281_11445592.jpg

心が湧き立つような、春の華やかさは消えました。山も野辺もだいぶ色合いが変化し、少しずつ夏色に模様替え、といったところでしょうか。
a0147281_11451414.jpg

自然は(そして世のなかも)猛スピードで移ろっているというのに、プロジェクトを終えてホッとし、ボケッとしていると、ひと月などすぐ…。
a0147281_11453329.jpg

ニセアカシヤやヒトツバタゴの白い花は姿を消し、あちこちで目に触れる雑草にしても、五月の初旬とは明らかに主役が入れ替わっています。
a0147281_11455663.jpg

なによりちがいを感じるのが、陽射しです。早春の光よりも、ピリッとした五月の光が好き(とはいうものの、もう夏の光。強すぎますね)。
a0147281_11461332.jpg

五月は「春」だと思っていたのに、日本の夏はやってくるのが年々早くなっていて、五月は「初夏」だと、いってもいいのかもしれません?
a0147281_11463177.jpg

夏にお願いします、そんなに急がないで(笑)。一時はすでに真夏日がつづいていましたが、もうちょっとだけ、五月の優しさを味わえそうです。
a0147281_1147258.jpg


なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-05-21 11:52 | 花 park | Comments(0)
チャイナローズを追って
a0147281_1295997.jpg

この時期は、次々と盛りを迎える花を、(誇張なく)必死で追いかけなければなりません。にもかかわらず、多くの花の見ごろを逃すのがつね。
a0147281_12101933.jpg

時間ができたいま、なんとか写真に収めることができても、そのほとんどは(旬な話題が身上の)ブログにのせきれず、パソコンで眠ったままに。
a0147281_121039100.jpg

というほど花を追うのが忙しすぎるこの時期ですが、先週の日曜日、おとなりの公園の「難波茨」の見ごろに、どうにか間に合うことができました。
a0147281_12111133.jpg

和名が大阪に由来するこの「金櫻子」は、野茨をジャンボにしたような、おしべが豪華な純白の一重の花で、椿科の茶の木の花によく似てます。
a0147281_12113570.jpg

少数の例外を除くランブラーのご多分にもれず、この難波茨も一季咲きなので、去年のように開花時期を逃すと、一年待たなければなりません。
a0147281_12115135.jpg

花は、満開になる一歩手前が一番美しいとき。ところが時すでに遅く、雨上りの朝のパーゴラにたどりつくと、その下には無数の白い花びらが。
a0147281_12121579.jpg

この中国薔薇を輸入した米国では、「cherokee rose」と名づけられ、潔く落ちる花びらが「チェロキー族の女たちの涙」のシンボルに。
a0147281_12123420.jpg

なるほどと思いませんか? この強健な薔薇には、どこか悲しげな風情があります。ヒップを見ても棘におおわれていて、決して弱みを見せないし?
a0147281_12125397.jpg

さて、愛でていただけの薔薇について、少し知りたいと思うきっかけになった本が、謎の中国薔薇について書かれた『chasing the rose』でした。
a0147281_12132250.jpg

それを(わたくしごときが)翻訳した『ヴェネツィアのチャイナローズ:失われた薔薇のルーツを巡る冒険』が、今月の25日に原書房から出版されます。
a0147281_1214427.jpg

本を広げて薔薇の謎を夢中で追い、最後のページを読み終わったら夜。一気に読みたくなる本です(翻訳作業はそんなわけにはいきませんけど)。
a0147281_1213557.jpg

いま、ご近所のほうぼうの庭先でも薔薇が咲いています。母の家と自宅を往復する道中、最近は、薔薇のルーツが気になって仕方ありません。

そうそう、今日は母の日。お料理のほうは低迷期ながら、久しぶりにお菓子を焼きました。咲きはじめたグリーンアイスと一緒に、母に届けます。

happy mother’s day!

p.s.
たったいま、娘からjean-paul hérvin のチョコが届きました~!

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-05-10 12:34 | 花 park | Comments(2)
may blues
a0147281_20391417.jpg

五月病とは無縁のわたしです。そのかわり、風邪をひいてしまいました。今日は、五月の青い空の下を、歩く元気すらありませんでした。
a0147281_20394726.jpg

昨日の子どもの日は、非の打ちどころのない五月晴れでしたが、先週の土曜日も、眩しいほどの青空が広がる、素晴らしいお天気でした。
a0147281_2040553.jpg

この季節の青は、なんという清々しさでしょう。とりわけ、矢車草(矢車菊)の青が好き。そういえばlady grey に入っているので、食用花。
a0147281_20402474.jpg

夕方の青空に、真ん丸で大きな白い月もでていました。五月の満月には特別なパワーがあるらしく、鞍馬寺では五月満月祭が行われるそう。
a0147281_20463488.jpg

毎年、「青い魔法」を楽しみにしているブルーベルは、季節が完全に終わってしまい、いまでは、花の亡霊が何十本も立っているような状態です。
a0147281_2041692.jpg

先月下旬、見ごろは見逃さなかったものの、ちょうど忙しいときで、それをお見せすべき機会を逃しておりました。せっかくですから、ここで。
a0147281_20412151.jpg

この時期は、スペイン原産のブルーベルが英国原産を追いやっているという話が、かならず英国の新聞に登場。花の世界も、弱肉強食なんです。

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-05-06 20:46 | 花 park | Comments(2)
sakura week の終わりに
a0147281_14585318.jpg

どこの天気予報を見ても、翌日から傘マークが並んだ木曜日。お花見も今日が最後!とばかりに、あわてて繰りだされた方も多かったのでは?
a0147281_14592070.jpg

母が「はとこ」に「夜桜を見たい」と、珍しくわがままを言っていたので、木曜日の夜、地元にある夜桜の名所へ連れていっていただきました。
a0147281_14593967.jpg

今晩が最後のチャンス、との思いはみなさんおなじだったようで、パノラマの夜景と桜が楽しめる目的地付近は、ちょっとした交通渋滞でした。
a0147281_1501331.jpg

夜桜も見たし、桜は見納め、と昨日、お隣の公園で今年最後の桜を撮りながら、菜種梅雨への心構えをしたものの、今日はまだまだお花見日和。
a0147281_1503776.jpg

というわけで、見納めをして桜に別れを告げた手前、ちょっと拍子抜けしております。雨の予報がはずれたのは、嬉しいことではありますけど。
a0147281_1505671.jpg

今日は町内会恒例の「桜祭り」が開催されているので、雨でなくて、ほんとよかったんです。桜は葉が出はじめていても、まだ咲いていますし…。
a0147281_1512658.jpg

そしてわたしも例年どおりに、桜の写真を撮りました。桜の花を求めて公園をぐるりと歩き、カメラを向けるのは、結局、毎年おなじ桜の木です。
a0147281_1514930.jpg

今週はずっとカメラを持ち歩き、晴れた日、曇った日、朝、夕方と、さまざまな桜の表情をとらえてみましたが、う~ん、ど~も(夜桜は全滅)。
a0147281_152935.jpg

目には美しく映っているのになんで~?と思いつつ、アップしております。ブログは日記がわりでもありますからね。今年の桜の記憶として…。
a0147281_1522685.jpg

素敵なsakura weekend を!


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-04-04 15:06 | 花 park | Comments(2)
| ページトップ |