Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(198)
(98)
(84)
(83)
(83)
(82)
(79)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
秋はここ
at 2017-09-22 20:46
この夏を、ふり返ると
at 2017-09-12 15:16
長月の黄金いろ
at 2017-09-06 20:54
秋がはじまる日の花と味覚
at 2017-08-31 21:06
晩夏の西瓜、グラニータとカク..
at 2017-08-23 22:05
記事ランキング
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

カテゴリ:花 park( 81 )
…までの時間

a0147281_22520807.jpg
なんというお天気! 雪が降るまえは、青い空に白い雲が浮かぶお散歩日和で、お隣の公園はウォーキングをする人で賑わっていました。

a0147281_22520856.jpg
雨の日も、風の日も、毎朝公園を抜けて、母のhome から自分のhome に到着するまでの20分ほどが、なにより貴重な時間になっています。

a0147281_22520867.jpg
なにもかもを忘れさせてくれる公園の道は、まさしく自分の世界に帰ってゆく道。そこへ帰ってゆけることに、ほっとしながら歩いています。

a0147281_22520814.jpg
そして、季節のうつろいを感じ…時間と気持ちに余裕のあるときは回り道し…梅園で芳しい香りを嗅いだり、咲きはじめた桜を見つけたり。

a0147281_22520838.jpg
気ままに歩く時間が貴重になると、平凡だから~と、これまでよくながめたこともなかった花が、突如、美しく見えてくるので不思議…。

a0147281_22520816.jpg
母にいらいらをぶつけたことなどを反省し(&夕飯の献立なども考え)、木々を見て、空を見て、野鳥を見て、歩きながらしばし瞑想します。

a0147281_22520865.jpg
さて、母のhome に戻り、久々にブログを再開。真冬並みに寒い夜です。4年前も寒い日がつづいていました。忘れません。明日で4年ですね。

a0147281_22520847.jpg


なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!

あぶそる~とロンドンよろしく!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2015-03-10 23:02 | 花 park | Comments(0)
…までの時間

a0147281_22520807.jpg
なんというお天気! 雪が降るまえは、青い空に白い雲が浮かぶお散歩日和で、お隣の公園はウォーキングをする人で賑わっていました。

a0147281_22520856.jpg
雨の日も、風の日も、毎朝公園を抜けて、母のhome から自分のhome に到着するまでの20分ほどが、なにより貴重な時間になっています。

a0147281_22520867.jpg
なにもかもを忘れさせてくれる公園の道は、まさしく自分の世界に帰ってゆく道。そこへ帰ってゆけることに、ほっとしながら歩いています。

a0147281_22520814.jpg
そして、季節のうつろいを感じ…時間と気持ちに余裕のあるときは回り道し…梅園で芳しい香りを嗅いだり、咲きはじめた桜を見つけたり。

a0147281_22520838.jpg
気ままに歩く時間が貴重になると、平凡だから~と、これまでよくながめたこともなかった花が、突如、美しく見えてくるので不思議…。

a0147281_22520816.jpg
母にいらいらをぶつけたことなどを反省し(&夕飯の献立なども考え)、木々を見て、空を見て、野鳥を見て、歩きながらしばし瞑想します。

a0147281_22520865.jpg
さて、母のhome に戻り、久々にブログを再開。真冬並みに寒い夜です。4年前も寒い日がつづいていました。忘れません。明日で4年ですね。

a0147281_22520847.jpg


なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!

あぶそる~とロンドンよろしく!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2015-03-10 23:01 | 花 park | Comments(0)
秋紫
a0147281_21455057.jpg

台風vongfongが接近していた昨日、早めにお隣の公園へ歩きに行くと、なんと、「台風により本日は公園を利用できません」の貼り紙が。
a0147281_214675.jpg

こんなことは初めて!――でも、ジョガーの姿がちらりほらりと見えたので、いけないとは知りつつ、小回りに歩いてきてしまいました。
a0147281_21455010.jpg

すっかりスーパー台風の通り道になってしまった日本列島。今週は、穏やかな秋の日々を、わたしたちに戻してくれるのでしょうか?
a0147281_21455170.jpg

公園では、夏の終わりにコムラサキの実が色づき始め、そのころヤブランも花を咲かせて、秋はとりわけ紫が目につくようになります。
a0147281_21455117.jpg

シオンは終わってしまいましたが、サルビアやジニアの仲間など、まだまだ紫色の花はあちこちで見られ、そばを通るのが楽しみです。
a0147281_21455218.jpg

メキシカンセージやラベンダーセージは、秋の公園の定番。加えて今年は、ダンギクが登場しました。花壇に優しい紫を添えています。


click↓ あぶそる~とロンドンもよろしく


d0159066_21085863.jpg




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



[PR]
by serendipity_j | 2014-10-14 21:52 | 花 park | Comments(0)
お彼岸の花と…

a0147281_12570711.jpg

台風が近づいてはいるものの、幸い今日は晴れて、ほぼ完璧な秋分の日。まさに夏と秋が、半分ずつ気候を分け合っているような日になりました。

a0147281_12570759.jpg
お彼岸といえば曼珠沙華。お隣の公園に造られた小さな田んばやコットン畑の周囲で、緋色(ほんのたまに白)の花が燃えるように咲いています。

a0147281_08195944.jpg
今年はかかしに見守られながら、黄金色に色づきつつある稲穂は頭を垂れ、稲刈りを待つのみ(ここの収穫は、いつもほかよりちょっと遅いんです)。

a0147281_12570783.jpg
畑や花壇、芝生に進出する迷惑な雑草も、秋はなんとなく風情を感じさせます。ススキに代わって勢力を増すジョンソングラスさえ、憎めないかも。

a0147281_12570739.jpg
平和な日本の初秋の風景を味わっていると、ものすごくいい匂いが…。あちこちから煙が立っているバーベキュー広場は、年に一、二を争う大賑わい。

a0147281_12570756.jpg
最近はテントも椅子も楽ちんそうで、ぐっとスタイリッシュになりましたね。友人同士や若い家族同士が集まりは、見ているほうも楽しくなります。

a0147281_12570777.jpg
いいなあ…。あ、でも先週、お嫁ちゃんのご実家から新米が早々と届きましたので、美味しいご飯が今年もいただけるんです。それだけでも幸せ。


けれど、地球温暖化を考えると「収穫の秋」の将来には悲観的。今、日本は、相次ぐ自然災害の復旧に大忙しで、関心を寄せる余裕がないみたい?


とりあえず今日のところは、よい秋分の日を!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ




[PR]
by serendipity_j | 2014-09-23 13:03 | 花 park | Comments(0)
晩夏から初秋かけてのエメラルド色

a0147281_17292795.jpg

大気が不安定だった週のあとの、申し分ない地中海晴れ(勝手に呼んでる)の週末。

a0147281_17292792.jpg
災害のために今どこかで辛い思いをしていらっしゃる方には、申しわけない気持ち。

a0147281_17292789.jpg
この季節はあちこちの木々で実が色づき始めるので、公園を歩くのが楽しみです。

a0147281_17292780.jpg
初めて見つけた栗の木のはじけたイガを見ると、どれも見事に「モヌケのイガ」。

a0147281_17292731.jpg
どこのどなたか存じませんが、どんな技をお使いかとり出すところを見てみたい。

a0147281_17292711.jpg
エメラルド色をしている柿や花梨の実も、月は日に日に色づいていきます。

a0147281_17292743.jpg
どういった風の吹き回しか、オリーヴの木がほんの数個だけ実をつけていました。

a0147281_17292716.jpg
手入れのされないパーゴラの葡萄は、毎年この時期になるとほとんどが無残な状態。


病気といえば、今年は梅とスモモの葉が病気ですっかり黄色に変色してしまいました。「ナラ枯れ」はお隣の公園でも深刻です。直径が80センチはありそうなナラの老木も、とうとう枯れてしまいました。晩夏から初秋にかけては、うれしくなったり哀しくなったり、とりわけ発見の多いウォーキングです。


よい連休を!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-09-13 18:02 | 花 park | Comments(2)
さよなら、フリーダの夏色

a0147281_21321403.jpg

葉月最後の日曜日。そして葉月最後の今日。まあまあのお天気でした。いよいよ夏が去ってゆくので、嬉しいような惜しいような気持ちです。

a0147281_21321432.jpg
今日でないと、一生お見せできない気がし、わたしにしては珍しく鮮やかな、花らしい色のジニアで、葉月最後のページを飾ることにしました。

a0147281_21321446.jpg
原色の花は、子どものころから苦手です。小さかったとき、母が庭に植えていたダリアを、好きになれませんでした。ところが、どうでしょう。

a0147281_21321435.jpg
好みって、変わるもんですね。母もわたしも庭をもたない今、クレヨン色のカラフルなダリアやジニアを、部屋に飾ってみたいとさえ思います。

a0147281_21321434.jpg
フリーダ・カーロが頭に飾った花を連想し、大昔のメキシコ旅行を想い出す花。ただし、訪れたのは雨季に入った8月で、肌寒かった記憶が…。


スポーツの秋がひと足先にきていて、結果のチェックに、なかなか忙しい毎日です。来月の8日は早くも十五夜なんですけど、長月のお天気、予報をみるかぎりはちょっと期待薄ですかね~。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-08-31 21:38 | 花 park | Comments(0)
夏が去るまでに

a0147281_11024394.jpg

朝からセミの合唱を聞く、あいかわらずの日々。でも、葉月も3分の2 がすぎ、そろそろ秋のことを考えてもいいころ? 夜はコオロギも鳴いています。

a0147281_11024335.jpg
それでもヒマワリを咲いているのを見ると、おそらくだれもが、子ども時代にすごした夏を、懐かしく思い出さずにはいられないかもしれません。

a0147281_11024321.jpg
夏休みも、じきに終わりますね。大人には夏休みの宿題がないのでほっとしますが、夏にするつもりでいた計画は、いまだ手つかずのまま…。

a0147281_11024324.jpg
今日も氷水でもかぶりたいような蒸し暑さです。一方、どんどん広がる ice bucket challenge の輪。あんな方やこんな 方々がかぶるのを見て、納涼!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


p.s.

本の宣伝は、このブログではくどくどとしたくないなあと思いつつ、『使用人が見た英国の二〇世紀』を出していただいた出版社のためには、訳者だってどんどん宣伝しなくては、という気も。それに、多くの方に読んでいただきたいのが、心からの願い。オンライン書店のランキングも、やっぱり気になります。じつは、日曜日の日本経済新聞の書評で、本を紹介していただきました。それでランキングがあがってたのかあ(日曜日はamazon:イギリス・アイルランド史で1位! 紀伊国屋書店:イギリス史で昨日は2位)と納得。ありがたいことです。オンライン日経の書評にはアクセスできないので(有料?)、いつも気の利く編集者さまが、きれいにスキャンして送ってくれました。



よろしければ、こちらを…
[PR]
by serendipity_j | 2014-08-20 11:20 | 花 park | Comments(2)
真夏のはじまり

a0147281_21573263.jpg

近畿地方の梅雨明けが発表されたのは昨日。でも、おなじような晴れの日がずっとつづいていて、だいぶまえに明けていたように思えました。

ぐすぐずいってもいわなくても、ともかく梅雨が明けてしまったので、いやでも真夏到来です。ああ、今年も厳しい暑さを乗り切らねば…。

a0147281_21573364.jpg
そんな心構えをしながら、灼熱の太陽の恵みを利用して、ラグだとかキルトだとか、ふだん洗わないもののお洗濯に、精を出しています。

a0147281_21573332.jpg
先週末から、マレーシア機撃墜事件のlive レポートを追うのが忙しかったけれど(the guardian の情報はほんと凄い!)、今日、ようやく一段落。

a0147281_21573375.jpg
涼しくすごすためのお掃除にも、着手しました。が、それにしても、大国のリーダー(露も中も、米も?)の嘘は常軌を逸しています。

a0147281_21573390.jpg
国益のためなら許されるとばかりにつく嘘には、むしずが走る! mh17 の犠牲者の方々とペット(犬や小鳥もいたそう)たちがうかばれません。


p.s.

ガザでもひどいことになっているときに、日本をふくめ、平和を享受している国々では、こんな馬鹿騒ぎも。でも、ちょっとやりすぎですよ~。あとでヴィクトリアが抗議したかも? それでもなお、白い歯を見せて笑みをつくるデイヴィッドには、頭が下がる重いです…この人に、嘘はつけそうもありませんね(笑)。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



[PR]
by serendipity_j | 2014-07-22 22:12 | 花 park | Comments(0)
梅雨の合間の空色

a0147281_09213520.jpg

侍ブルーの敗退がわかった日、空を見上げるとスカイブルー。1勝もできずに負けてしまったけど、いいじゃないの、という気になりました。

a0147281_09213514.jpg
たしかに、スポーツ競技に期待する「ドラマ」もなく、勝利への「意地」も感じられず、なによりも「良いニュース」がなかったことに落胆。

a0147281_09235609.jpg
ちょっと心が沈んでいるときに、公園を歩いて、緑に触れて、美しい花を見て、しかも済んだ青空と白い雲を見ると、気分が変わるものです。

a0147281_09213658.jpg
今回、調子があがらなかったからだとか、戦略が間違っていたとか、誤審が敗退のせいだとか、なんだかんだ言ってもゴールが決まらないことには…。

a0147281_09213652.jpg
どこか、歯車が狂ってしまっていたんでしょうね。選手自身が、いちばんとまどっていたはず。チームと関係者の悲痛な表情に胸が痛みました。

a0147281_09213691.jpg
それで、奥さんと子どもを道連れに自殺をすると宣言した本田選手を、思い止まるよう必死で説得する、なあんて夢までみてしまいました(笑)。

a0147281_09213655.jpg
サポーターは選手に厳しさが足りないとかっていうことには、不賛成。そこは、外国の真似をしなくていいんじゃないの~という気がします。

a0147281_09213616.jpg
ロンドンでもベルリンでもブエノスアイレスでも、たまたま外出した場所で、観戦帰りのサポーターの大波に、呑みこまれたことがありました。

a0147281_09213635.jpg
ひいきのチームが負けたときの波は、それこそ大荒れです。あの「空色の袋」で世界に知られた日本人サポーターのお行儀の良さを、貫けばいい。

a0147281_09213602.jpg
わたしたちのw杯(サイトデザインがなかなか!)は終わってしまいましたが、同様に敗退組のイングランドでは、ウィンブルドン の戦いが始まってます。

a0147281_09260670.jpg
その英国のユニークな面について、ルーシー・レスブリッジが書いた『servants』を訳しました。『使用人が見た英国の20世紀』は来月発売予定です。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-06-28 09:33 | 花 park | Comments(2)
水無月、雨月の花

a0147281_15442572.jpg

そんなに急がなくてもいいのに、もう梅雨に入ってしまった関西地方。まあ、ひっそりした小雨の中の公園を、花を見ながら歩くのもいいもんですが。


というわけで、梅雨入り翌日の木曜日、かなり遅い夕方に出掛けたお隣の公園でしたが、ざくろ、紫陽花、睡蓮、そして花菖蒲と、花盛りでした。


わがやの白い紫陽花も花盛りを迎えています。今年はたくさん花をつけました、挿し木でついた枝も花をつけました(どちらも葉に元気がなくなり心配)。


ついに、いえ、ようやく昨日、翻訳プロジェクトの第1段階が終了し、最終原稿が編集者さんの手にわたりました。スタートから5か月あまり…長かった~。


原書は300ページ足らず。翻訳は本文だけでも327,721字です。達成感はあるものの、哀しいことに、この5カ月ですっかり目が悪くなってしまいました。


お酢とみりんを間違えたり、胡椒とお塩を間違えたり(同じミル付きの壜入り)、漫画のような間違えを繰り返し、眼科へ行くと、加齢による症状だそうで。


それでも歩いているときは、どこのお家のお庭にどんなお花が咲いてるかちゃんと目に入るので、よしとしましょうか。この季節、ほんとに歩くのが愉しみ。


出版日はまだ決定してないものの、プロジェクトは次の段階を迎え、気持ちが楽になりました。ただ、来週にはもう校正が出るらしく、そんな休めないかも。


p.s.

今日のnew york times で、開催間近のworld cup 注目の3選手 (ファッション)に本田選手が紹介されてました。samurai blue のスーツ姿、なかなか恰好いいです。誰がいちばん似合ってると思います?(ちなみにわたしは川島選手、ですかね)



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2014-06-07 15:55 | 花 park | Comments(4)
| ページトップ |