Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(201)
(99)
(84)
(83)
(83)
(83)
(79)
(77)
(75)
(75)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
師走の寒さと紅葉“第ニ章”
at 2017-11-16 16:55
霜月のビジュウ
at 2017-11-07 23:31
十三夜と紅葉“第一章”
at 2017-11-01 23:11
秋、すこしずつ
at 2017-10-28 22:55
土、鉄、ガラス、そしてラタン
at 2017-10-22 12:58
記事ランキング
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

カテゴリ:花 park( 84 )
チャイナローズを追って
a0147281_1295997.jpg

この時期は、次々と盛りを迎える花を、(誇張なく)必死で追いかけなければなりません。にもかかわらず、多くの花の見ごろを逃すのがつね。
a0147281_12101933.jpg

時間ができたいま、なんとか写真に収めることができても、そのほとんどは(旬な話題が身上の)ブログにのせきれず、パソコンで眠ったままに。
a0147281_121039100.jpg

というほど花を追うのが忙しすぎるこの時期ですが、先週の日曜日、おとなりの公園の「難波茨」の見ごろに、どうにか間に合うことができました。
a0147281_12111133.jpg

和名が大阪に由来するこの「金櫻子」は、野茨をジャンボにしたような、おしべが豪華な純白の一重の花で、椿科の茶の木の花によく似てます。
a0147281_12113570.jpg

少数の例外を除くランブラーのご多分にもれず、この難波茨も一季咲きなので、去年のように開花時期を逃すと、一年待たなければなりません。
a0147281_12115135.jpg

花は、満開になる一歩手前が一番美しいとき。ところが時すでに遅く、雨上りの朝のパーゴラにたどりつくと、その下には無数の白い花びらが。
a0147281_12121579.jpg

この中国薔薇を輸入した米国では、「cherokee rose」と名づけられ、潔く落ちる花びらが「チェロキー族の女たちの涙」のシンボルに。
a0147281_12123420.jpg

なるほどと思いませんか? この強健な薔薇には、どこか悲しげな風情があります。ヒップを見ても棘におおわれていて、決して弱みを見せないし?
a0147281_12125397.jpg

さて、愛でていただけの薔薇について、少し知りたいと思うきっかけになった本が、謎の中国薔薇について書かれた『chasing the rose』でした。
a0147281_12132250.jpg

それを(わたくしごときが)翻訳した『ヴェネツィアのチャイナローズ:失われた薔薇のルーツを巡る冒険』が、今月の25日に原書房から出版されます。
a0147281_1214427.jpg

本を広げて薔薇の謎を夢中で追い、最後のページを読み終わったら夜。一気に読みたくなる本です(翻訳作業はそんなわけにはいきませんけど)。
a0147281_1213557.jpg

いま、ご近所のほうぼうの庭先でも薔薇が咲いています。母の家と自宅を往復する道中、最近は、薔薇のルーツが気になって仕方ありません。

そうそう、今日は母の日。お料理のほうは低迷期ながら、久しぶりにお菓子を焼きました。咲きはじめたグリーンアイスと一緒に、母に届けます。

happy mother’s day!

p.s.
たったいま、娘からjean-paul hérvin のチョコが届きました~!

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-05-10 12:34 | 花 park | Comments(2)
may blues
a0147281_20391417.jpg

五月病とは無縁のわたしです。そのかわり、風邪をひいてしまいました。今日は、五月の青い空の下を、歩く元気すらありませんでした。
a0147281_20394726.jpg

昨日の子どもの日は、非の打ちどころのない五月晴れでしたが、先週の土曜日も、眩しいほどの青空が広がる、素晴らしいお天気でした。
a0147281_2040553.jpg

この季節の青は、なんという清々しさでしょう。とりわけ、矢車草(矢車菊)の青が好き。そういえばlady grey に入っているので、食用花。
a0147281_20402474.jpg

夕方の青空に、真ん丸で大きな白い月もでていました。五月の満月には特別なパワーがあるらしく、鞍馬寺では五月満月祭が行われるそう。
a0147281_20463488.jpg

毎年、「青い魔法」を楽しみにしているブルーベルは、季節が完全に終わってしまい、いまでは、花の亡霊が何十本も立っているような状態です。
a0147281_2041692.jpg

先月下旬、見ごろは見逃さなかったものの、ちょうど忙しいときで、それをお見せすべき機会を逃しておりました。せっかくですから、ここで。
a0147281_20412151.jpg

この時期は、スペイン原産のブルーベルが英国原産を追いやっているという話が、かならず英国の新聞に登場。花の世界も、弱肉強食なんです。

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-05-06 20:46 | 花 park | Comments(2)
sakura week の終わりに
a0147281_14585318.jpg

どこの天気予報を見ても、翌日から傘マークが並んだ木曜日。お花見も今日が最後!とばかりに、あわてて繰りだされた方も多かったのでは?
a0147281_14592070.jpg

母が「はとこ」に「夜桜を見たい」と、珍しくわがままを言っていたので、木曜日の夜、地元にある夜桜の名所へ連れていっていただきました。
a0147281_14593967.jpg

今晩が最後のチャンス、との思いはみなさんおなじだったようで、パノラマの夜景と桜が楽しめる目的地付近は、ちょっとした交通渋滞でした。
a0147281_1501331.jpg

夜桜も見たし、桜は見納め、と昨日、お隣の公園で今年最後の桜を撮りながら、菜種梅雨への心構えをしたものの、今日はまだまだお花見日和。
a0147281_1503776.jpg

というわけで、見納めをして桜に別れを告げた手前、ちょっと拍子抜けしております。雨の予報がはずれたのは、嬉しいことではありますけど。
a0147281_1505671.jpg

今日は町内会恒例の「桜祭り」が開催されているので、雨でなくて、ほんとよかったんです。桜は葉が出はじめていても、まだ咲いていますし…。
a0147281_1512658.jpg

そしてわたしも例年どおりに、桜の写真を撮りました。桜の花を求めて公園をぐるりと歩き、カメラを向けるのは、結局、毎年おなじ桜の木です。
a0147281_1514930.jpg

今週はずっとカメラを持ち歩き、晴れた日、曇った日、朝、夕方と、さまざまな桜の表情をとらえてみましたが、う~ん、ど~も(夜桜は全滅)。
a0147281_152935.jpg

目には美しく映っているのになんで~?と思いつつ、アップしております。ブログは日記がわりでもありますからね。今年の桜の記憶として…。
a0147281_1522685.jpg

素敵なsakura weekend を!


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-04-04 15:06 | 花 park | Comments(2)
…までの時間

a0147281_22520807.jpg
なんというお天気! 雪が降るまえは、青い空に白い雲が浮かぶお散歩日和で、お隣の公園はウォーキングをする人で賑わっていました。

a0147281_22520856.jpg
雨の日も、風の日も、毎朝公園を抜けて、母のhome から自分のhome に到着するまでの20分ほどが、なにより貴重な時間になっています。

a0147281_22520867.jpg
なにもかもを忘れさせてくれる公園の道は、まさしく自分の世界に帰ってゆく道。そこへ帰ってゆけることに、ほっとしながら歩いています。

a0147281_22520814.jpg
そして、季節のうつろいを感じ…時間と気持ちに余裕のあるときは回り道し…梅園で芳しい香りを嗅いだり、咲きはじめた桜を見つけたり。

a0147281_22520838.jpg
気ままに歩く時間が貴重になると、平凡だから~と、これまでよくながめたこともなかった花が、突如、美しく見えてくるので不思議…。

a0147281_22520816.jpg
母にいらいらをぶつけたことなどを反省し(&夕飯の献立なども考え)、木々を見て、空を見て、野鳥を見て、歩きながらしばし瞑想します。

a0147281_22520865.jpg
さて、母のhome に戻り、久々にブログを再開。真冬並みに寒い夜です。4年前も寒い日がつづいていました。忘れません。明日で4年ですね。

a0147281_22520847.jpg


なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!

あぶそる~とロンドンよろしく!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2015-03-10 23:02 | 花 park | Comments(0)
…までの時間

a0147281_22520807.jpg
なんというお天気! 雪が降るまえは、青い空に白い雲が浮かぶお散歩日和で、お隣の公園はウォーキングをする人で賑わっていました。

a0147281_22520856.jpg
雨の日も、風の日も、毎朝公園を抜けて、母のhome から自分のhome に到着するまでの20分ほどが、なにより貴重な時間になっています。

a0147281_22520867.jpg
なにもかもを忘れさせてくれる公園の道は、まさしく自分の世界に帰ってゆく道。そこへ帰ってゆけることに、ほっとしながら歩いています。

a0147281_22520814.jpg
そして、季節のうつろいを感じ…時間と気持ちに余裕のあるときは回り道し…梅園で芳しい香りを嗅いだり、咲きはじめた桜を見つけたり。

a0147281_22520838.jpg
気ままに歩く時間が貴重になると、平凡だから~と、これまでよくながめたこともなかった花が、突如、美しく見えてくるので不思議…。

a0147281_22520816.jpg
母にいらいらをぶつけたことなどを反省し(&夕飯の献立なども考え)、木々を見て、空を見て、野鳥を見て、歩きながらしばし瞑想します。

a0147281_22520865.jpg
さて、母のhome に戻り、久々にブログを再開。真冬並みに寒い夜です。4年前も寒い日がつづいていました。忘れません。明日で4年ですね。

a0147281_22520847.jpg


なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!

あぶそる~とロンドンよろしく!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2015-03-10 23:01 | 花 park | Comments(0)
秋紫
a0147281_21455057.jpg

台風vongfongが接近していた昨日、早めにお隣の公園へ歩きに行くと、なんと、「台風により本日は公園を利用できません」の貼り紙が。
a0147281_214675.jpg

こんなことは初めて!――でも、ジョガーの姿がちらりほらりと見えたので、いけないとは知りつつ、小回りに歩いてきてしまいました。
a0147281_21455010.jpg

すっかりスーパー台風の通り道になってしまった日本列島。今週は、穏やかな秋の日々を、わたしたちに戻してくれるのでしょうか?
a0147281_21455170.jpg

公園では、夏の終わりにコムラサキの実が色づき始め、そのころヤブランも花を咲かせて、秋はとりわけ紫が目につくようになります。
a0147281_21455117.jpg

シオンは終わってしまいましたが、サルビアやジニアの仲間など、まだまだ紫色の花はあちこちで見られ、そばを通るのが楽しみです。
a0147281_21455218.jpg

メキシカンセージやラベンダーセージは、秋の公園の定番。加えて今年は、ダンギクが登場しました。花壇に優しい紫を添えています。


click↓ あぶそる~とロンドンもよろしく


d0159066_21085863.jpg




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



[PR]
by serendipity_j | 2014-10-14 21:52 | 花 park | Comments(0)
お彼岸の花と…

a0147281_12570711.jpg

台風が近づいてはいるものの、幸い今日は晴れて、ほぼ完璧な秋分の日。まさに夏と秋が、半分ずつ気候を分け合っているような日になりました。

a0147281_12570759.jpg
お彼岸といえば曼珠沙華。お隣の公園に造られた小さな田んばやコットン畑の周囲で、緋色(ほんのたまに白)の花が燃えるように咲いています。

a0147281_08195944.jpg
今年はかかしに見守られながら、黄金色に色づきつつある稲穂は頭を垂れ、稲刈りを待つのみ(ここの収穫は、いつもほかよりちょっと遅いんです)。

a0147281_12570783.jpg
畑や花壇、芝生に進出する迷惑な雑草も、秋はなんとなく風情を感じさせます。ススキに代わって勢力を増すジョンソングラスさえ、憎めないかも。

a0147281_12570739.jpg
平和な日本の初秋の風景を味わっていると、ものすごくいい匂いが…。あちこちから煙が立っているバーベキュー広場は、年に一、二を争う大賑わい。

a0147281_12570756.jpg
最近はテントも椅子も楽ちんそうで、ぐっとスタイリッシュになりましたね。友人同士や若い家族同士が集まりは、見ているほうも楽しくなります。

a0147281_12570777.jpg
いいなあ…。あ、でも先週、お嫁ちゃんのご実家から新米が早々と届きましたので、美味しいご飯が今年もいただけるんです。それだけでも幸せ。


けれど、地球温暖化を考えると「収穫の秋」の将来には悲観的。今、日本は、相次ぐ自然災害の復旧に大忙しで、関心を寄せる余裕がないみたい?


とりあえず今日のところは、よい秋分の日を!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ




[PR]
by serendipity_j | 2014-09-23 13:03 | 花 park | Comments(0)
晩夏から初秋かけてのエメラルド色

a0147281_17292795.jpg

大気が不安定だった週のあとの、申し分ない地中海晴れ(勝手に呼んでる)の週末。

a0147281_17292792.jpg
災害のために今どこかで辛い思いをしていらっしゃる方には、申しわけない気持ち。

a0147281_17292789.jpg
この季節はあちこちの木々で実が色づき始めるので、公園を歩くのが楽しみです。

a0147281_17292780.jpg
初めて見つけた栗の木のはじけたイガを見ると、どれも見事に「モヌケのイガ」。

a0147281_17292731.jpg
どこのどなたか存じませんが、どんな技をお使いかとり出すところを見てみたい。

a0147281_17292711.jpg
エメラルド色をしている柿や花梨の実も、月は日に日に色づいていきます。

a0147281_17292743.jpg
どういった風の吹き回しか、オリーヴの木がほんの数個だけ実をつけていました。

a0147281_17292716.jpg
手入れのされないパーゴラの葡萄は、毎年この時期になるとほとんどが無残な状態。


病気といえば、今年は梅とスモモの葉が病気ですっかり黄色に変色してしまいました。「ナラ枯れ」はお隣の公園でも深刻です。直径が80センチはありそうなナラの老木も、とうとう枯れてしまいました。晩夏から初秋にかけては、うれしくなったり哀しくなったり、とりわけ発見の多いウォーキングです。


よい連休を!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-09-13 18:02 | 花 park | Comments(2)
さよなら、フリーダの夏色

a0147281_21321403.jpg

葉月最後の日曜日。そして葉月最後の今日。まあまあのお天気でした。いよいよ夏が去ってゆくので、嬉しいような惜しいような気持ちです。

a0147281_21321432.jpg
今日でないと、一生お見せできない気がし、わたしにしては珍しく鮮やかな、花らしい色のジニアで、葉月最後のページを飾ることにしました。

a0147281_21321446.jpg
原色の花は、子どものころから苦手です。小さかったとき、母が庭に植えていたダリアを、好きになれませんでした。ところが、どうでしょう。

a0147281_21321435.jpg
好みって、変わるもんですね。母もわたしも庭をもたない今、クレヨン色のカラフルなダリアやジニアを、部屋に飾ってみたいとさえ思います。

a0147281_21321434.jpg
フリーダ・カーロが頭に飾った花を連想し、大昔のメキシコ旅行を想い出す花。ただし、訪れたのは雨季に入った8月で、肌寒かった記憶が…。


スポーツの秋がひと足先にきていて、結果のチェックに、なかなか忙しい毎日です。来月の8日は早くも十五夜なんですけど、長月のお天気、予報をみるかぎりはちょっと期待薄ですかね~。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-08-31 21:38 | 花 park | Comments(0)
夏が去るまでに

a0147281_11024394.jpg

朝からセミの合唱を聞く、あいかわらずの日々。でも、葉月も3分の2 がすぎ、そろそろ秋のことを考えてもいいころ? 夜はコオロギも鳴いています。

a0147281_11024335.jpg
それでもヒマワリを咲いているのを見ると、おそらくだれもが、子ども時代にすごした夏を、懐かしく思い出さずにはいられないかもしれません。

a0147281_11024321.jpg
夏休みも、じきに終わりますね。大人には夏休みの宿題がないのでほっとしますが、夏にするつもりでいた計画は、いまだ手つかずのまま…。

a0147281_11024324.jpg
今日も氷水でもかぶりたいような蒸し暑さです。一方、どんどん広がる ice bucket challenge の輪。あんな方やこんな 方々がかぶるのを見て、納涼!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


p.s.

本の宣伝は、このブログではくどくどとしたくないなあと思いつつ、『使用人が見た英国の二〇世紀』を出していただいた出版社のためには、訳者だってどんどん宣伝しなくては、という気も。それに、多くの方に読んでいただきたいのが、心からの願い。オンライン書店のランキングも、やっぱり気になります。じつは、日曜日の日本経済新聞の書評で、本を紹介していただきました。それでランキングがあがってたのかあ(日曜日はamazon:イギリス・アイルランド史で1位! 紀伊国屋書店:イギリス史で昨日は2位)と納得。ありがたいことです。オンライン日経の書評にはアクセスできないので(有料?)、いつも気の利く編集者さまが、きれいにスキャンして送ってくれました。



よろしければ、こちらを…
[PR]
by serendipity_j | 2014-08-20 11:20 | 花 park | Comments(2)
| ページトップ |