Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(193)
(96)
(82)
(82)
(81)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
春風とワンダーラスト
at 2017-04-20 14:02
まだまだ桜(goodbye ..
at 2017-04-15 14:32
春雨と桜
at 2017-04-09 11:23
桜の春
at 2017-04-06 20:08
杏の春
at 2017-03-28 15:36
記事ランキング
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

カテゴリ:花 park( 78 )
秋色の庭
a0147281_1411853.jpg

まるで刻一刻と変化しているかのごとく、季節が移ろいゆくお隣の公園では、花壇も急速に秋色に染まりつつあります。まだ暑くても、夏の光ではないからでしょうか?
a0147281_1412828.jpg

向日葵の仲間の天神菊とその脇で咲くクロコスミアは、夕陽色そのもの。ブルーセージには橙色の黄花コスモスが映え、深紫のコリウスの葉との色合いも素敵です。
a0147281_1451561.jpg

ファリナセアにスプレンデンス――今年、南側の花壇には、変化に富んだセージが植えられました。白やピーチ色のダリアとともに、色彩の妙を愉しんでいます。
a0147281_1414738.jpg

背が高くなるようにと願って(笑)娘に名づけた秋の花、紫苑は、すでに咲き切った状態です。いっぽう、鮮やかさで目をひくのがメキシコ原産のアンゲロニアとセージ。
a0147281_1451849.jpg

青い空、橙色の夕陽、スミレ色の夕闇、紫黒の夜空と、神無月に咲く花の色にすべてを見出だすことができます。残念ながら、花は永遠にそのままではありませんが。
a0147281_142628.jpg

今週は「花の都」のファッションウィークもヴァーチャルに愉しみました。マーク・ジェイコブスのlouis vuitton がmy ベスト。ゴルチエに通じる遊び心が気に入ってます。

このショーはライヴストリームで発表されました(ビデオはこちら)。ジェイコブスが手掛ける最後のlv コレクションに、彼が選んだのは黒。着る服の好みなら、やっぱり黒かなあ…。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-10-03 14:24 | 花 park | Comments(4)
雨と雨のあいだに
a0147281_14553076.jpg

夜のあいだに、台風man-yi(マンニー)が通過した近畿地方。大勢の方々が避難を余儀なくされ、各地で被害も出ていますが、いまは青空がのぞいています。
a0147281_14554184.jpg

昨日、雨がお昼まえに止んだため、買い物に出るついでにお隣の公園に寄り道しました。少し歩くとポツポツと雨が落ち始め、傘をとりにうちへユーターン…。
a0147281_14554866.jpg

ついでにカメラも手にし、今度は公園へユーターン。そぼ降る雨に濡れた公園の、静けさが好きです。それに小雨のなかでは、草木の緑がもっとも鮮やかに見えます。
a0147281_14555521.jpg

水生花園では睡蓮がふたたび咲き始め、花の終わったウォーターカンナの葉に降る雨は、こみあげる涙が頬をつたうように、何本も線を描いて落ちていきました。
a0147281_1456687.jpg

小雨の公園が好きなのはわたしだけではないようです。傘をさしながら歩く人、そしてカメラ女子や男子の姿も(わたしのとは大違いの本格的なカメラを抱えて!)。
a0147281_14562185.jpg

野葡萄や小紫の実が色づき、曼珠沙華も咲いていました。青々とした夏の野原や湿地の風景も、じきに秋らしい色に染まります。露草も川芹も、そろそろ見納めです。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-09-16 15:00 | 花 park | Comments(2)
雨あがりの晩夏
a0147281_1320351.jpg

昨日ついていた傘マークの予報一転、今日は久しぶりの晴れマークが並ぶお天気。雲のあいだにのぞく水色の空の、なんとまぶしくなんと清々しかったことか…。
a0147281_13201223.jpg

今朝、蒼空を見て、やっぱり地球は蒼い!などと思い、地球の緑にしてくれる雨にも感謝したのも束の間、灰色の雲に、空のほとんどを覆われてしまいました。
a0147281_13331313.jpg

地球規模で大気が不安定な日々がつづくこの夏は、異常気象が世界各地に被害をもたらしています。でも今後は、だんだんこういった気候がノーマルになる恐れも…。
a0147281_13203291.jpg

昨日、お昼まえに一度雨があがってように見え、いてもたってもいられず、傘をもってお隣の公園へ行きました。人影がほとんどない公園の緑を、ひとりじめするためです。
a0147281_13204164.jpg

雨の降ったあとの花や木ほど、色が冴えわたるときはほかにありません。というわけで、雨あがりの晩夏のガーデンへ足を運ぶと、蝶が忙しく蜜を集めていました。
a0147281_13341113.jpg

ジンジャーリリーはいまが見ごろです。そしてblack eyed susan (ルドベキア)の乱れ咲きにも魅せられて――心洗われるってこのこと、と感激したひとときでした!
a0147281_1321977.jpg



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-09-05 13:35 | 花 park | Comments(0)
夏の庭
a0147281_21225741.jpg

あんまり暑いので、日課のウォーキングもついさぼりがち。早朝に行くべきとはわかっちゃいても、朝をのんびりすごす生活は、そう簡単に変えることができません。
a0147281_2123567.jpg

それでも頑張って、午前中にお隣の公園を歩きました。暑さで身も心も疲れている夕方では、いつも花を愛でる余裕もないので、今日は花壇を見るのが目的です。
a0147281_2123116.jpg

いま、どんな花が咲いているのかと目を凝らして見ると、公園の花壇は、夏に相応しい豊かな色彩であふれていました。でも、ほっとするのは、こんな初雪草の白…。
a0147281_21231730.jpg

今年は入梅まえにトンボが飛んでいるのを見て驚きましたが、こういう日蔭の静かな場所には、トンボのなかで最も優美な羽黒トンボが、そっと羽根を休めています。
a0147281_21232513.jpg

春に「white garden」がお目見えし、花が咲きそろったら写真にと思いつつ、好機を逃したようです。いっぽう、ジンジャーリリーが白い花をつけるのは、まだ少し先。
a0147281_21233572.jpg

レパード柄の蝶、褄黒豹紋は、なぜか雌のほうを多く見かけます。そして生物界では珍しく、雌の羽根のほうが派手。毎年、夏が終わっても見かけるのがこの蝶です。
a0147281_2123422.jpg

今年デビューしたマンデビラ。熱帯の花、かと思いきや、中南米の原産。どこか懐かしい気がします。アルゼンチンに住んでいたとき、目にしていたのかもしれません。
a0147281_21235010.jpg

このルビー色のマンデビラの花を見て、すぐに頭に浮かんだのが、フリーダ・カーロの姿でした。この色、このテクスチュア、この艶やかさは、まさにフリーダのメキシコ。
a0147281_21251538.jpg

そして、たしかにアルゼンチンでも見たパンパスグラスの若い花穂が、白銀に輝いています。地獄の暑さは続いてもかならず秋がやってくる、と信じさせてくた瞬間でした。
a0147281_2125273.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-08-22 22:14 | 花 park | Comments(0)
文月の花、アガパンサス
a0147281_20275271.jpg

6月末から7月にかけて開花するアガパンサスは、かな~り、わたし好みの花。彼岸花の仲間なので、葉や花の作りを見ると、とてもよく似ています。

園芸用は種類も多いようですが、見かけるのはたいてい薄紫か白。そして薄紫のアガパンサスは、たいてい写真に撮ると、実際より青く写ります。
a0147281_20282771.jpg

ネリネと同じく南アフリカの原産。英語圏の国々では、「ナイルの百合」という呼び名が、一般的のようです(英国には「アフリカの百合」という名前も)。
a0147281_20281921.jpg

この季節、世界中どこへいっても見られるアガパンサス(ただし南半球では冬)。モネがジヴェルニーに庭園を造った時代には、まだ珍しかったようです。
a0147281_2028189.jpg

パリ16区のマルモッタン美術館には、モネアの描いたアガパンサスの絵があります。ニューヨークのmoma にも1枚(どうか、盗んだり燃やしたりしないで!)。
a0147281_20284838.jpg

お隣の公園にも、アガパンサスが植えられています。花壇によって開花時期が異なるので、場所を変えて長く楽しんでいます(写真のアガパンサスは半月まえ)。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-07-18 21:03 | 花 park | Comments(2)
梅雨明けの紫陽花
a0147281_1256896.jpg

やっぱり昨日、梅雨明けしました。それを告げるための過酷な暑さに、身も心も、ほぼ停止状態でした。今日の暑さはまし?(でもないか)と、希望的観測…。
a0147281_12563234.jpg

苦手な梅雨の唯一の愉しみでもある紫陽花を、今年もうっとり眺めていましたが、わけても好きなのは、咲きはじめとピークのあとの、紫陽花の微妙な色です。
a0147281_12562373.jpg

お隣の公園の紫陽花は、まだまだ見頃。とはいえ、早くも色が褪めてきた花(↑↓)も目につき、淡い水彩画のような彩を見せはじめています。
a0147281_1373930.jpg

日ごとに変化する色彩は、紫陽花だけがもつ美しさ。まだこれから、という若い緑も見られるものの(↓)、だんだんと褪めた緑に近づいてゆきます。
a0147281_12564345.jpg

この世のなかに、紫陽花が好きじゃない人っているのかしらん?と思ったら、いました。マドンナは紫陽花が「死ぬほど嫌い」なんだそうですよ(笑)。
a0147281_12565218.jpg

こちらは半月まえの紫陽花(↓)。文字どおり、紫のお陽さまのような花。いっぽう、海外ではここ数年、サッカーボール大の「incrediball」が話題です。
a0147281_12571053.jpg

こちらも半月まえ。雨に濡れる紫陽花なら、青の紫陽花? わたしはやっぱり白が好き。一昨年突然枯れてしまった、白の額紫陽花が忘れられません。
a0147281_12573692.jpg

そして昨年、新しく仲間入りした白い紫陽花の挿し木が、どうやら2本ついています。来年は、家で鑑賞できる紫陽花が増えているでしょうか…。


最終章londondocomoのポータルサイトのコラムです。今回の話題は料理研究家のナイジェラ・ローソン。英国アート界のドンとの2度めの結婚も、どうやら最終章のようです(昨日、離婚宣言が大富豪のダンナさん側からあったもよう。記事を書いた時点ではまだ単なる噂でした)。

click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-07-09 13:18 | 花 park | Comments(0)
七夕飾り、のような
a0147281_13451136.jpg

今日は七夕。朝から、梅雨明けを思わせる夏空が広がっています。晴れていた七夕の記憶は、ほぼゼロ…。それほど珍しい七夕です。

子どものときのように、短冊をつけた笹を飾るわけでもありませんが、今晩もし天の川が見えたら、即席でお願いごとをしてみようと思います。
a0147281_1345185.jpg

ところで1週間まえ、お隣の公園で花壇を見ていたとき、花を見に来られた「グリーンボランティアさん」とみられるおふたりの会話を、耳にしました。

丹精こめて育てたタチアオイが枯れてしまっているのを見ながら、哀しそうに、悔しそうに、「きれいだったのはたったの1週間だけやったわ」と…。
a0147281_13452943.jpg

たしかに、その見頃は短いものでした。先月の中旬、花のきれいさに目を見張り、2、3日後にカメラをもって戻ると、すでに枯れ始めていましたから。

公園に四季折々の花を植えてくださる方々は、見て愉しむだけのわたしとは違い、育てることを喜びとされています。それで、花に対する愛情も別格。
a0147281_13453835.jpg

盗み聞きのつもりはなくても、どうしても聞こえてしまうおふたりの会話…「短かったけど、誰かがきれいね~って見てくれてはったら、それでええねんね?」。

そうですとも、ここに、その誰かがいます!とは言えませんでしたが、その代わりに、みごとなタチアオイの証拠写真を、お見せすることにいたします。
a0147281_13454751.jpg

じつはこの花を見ていたとき、ちり紙(ご存知ない?)の花がたくさんついた、七夕飾りの吹き流しが懐かしくなりました。七夕はどうせ雨だわ、と思いながら。

というわけで、このタチアオイを見ながら思いを馳せた七夕の今日、晴れました。蝉の第一声も聞こえています。天の川、見られるでしょうか?
a0147281_1346075.jpg


とても残念なことにlondondocomoのポータルサイトは、今週の12日をもち、終了することになりました。ここからわざわざコラムまで飛んでくださったみなさま、ありがとうございました! わたし自身も楽しませていただいたdocomoプロジェクトでした。

ロンドコ最後の週、コラムは月・科・水とつづけて更新されます。新聞ネタのコラムはともかくとして、これまでのロンドン食べ歩き情報が消えてしまうのは、ひじょうに惜しい話だと思うのですが、今後はmadam vallerfish のブログで情報を入手してくださいね。

あ、このserendipity blog はあくまでわたしの趣味。好奇心が消えないかぎりつづきます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

click here for londoco


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-07-07 14:14 | 花 park | Comments(0)
ジギタリスの庭
a0147281_10495195.jpg

ロンドンでは、ガーデニングの祭典、チェルシー・フラワーショーが開かれています。一度も行ったことはないけれど、毎回チェックだけは、欠かしたことがありません。
a0147281_1050199.jpg

今年は、変チクリンな彫刻のオンパレードで、わたし好みのお庭は、あなりない感じです。ところで花の美しさなら、お隣の公園のガーデンだって、決してひけをとりませんよ。
a0147281_10503141.jpg

チューリップの終わったあとに咲き始めた、ジギタリスが見ごろです。ついつい地味な色ばかりにカメラを向けてしまいがちですが、ほら、こんなに色とりどりのジギタリスが…。
a0147281_10504297.jpg

ジギタリスという言葉に出会ったのは、中学か高校の国語の教科書。たしか志賀直哉の『城崎にて』、と思っていたのはどうも勘違いらしく、どの小説だったかはいまだ不明(笑)。
a0147281_1050543.jpg

花学を勉強していたとき、不思議な響きの名前のその花が、フォックスグローヴのことたとわかり、ああ、これが!と、意外なことを発見したような妙な気持ちになりました。
a0147281_1051465.jpg

しかもこのジギタリス、「デジタル digital」の語源と同じだそうです。ガーデナーのあいだでは、ジギタリスとフォックスグローヴの、どちらの名前で呼ばれているのでしょう?
a0147281_10514015.jpg

お隣の公園の花壇はここ数年、趣のあるデザインに変わりました。(日本のオンライン新聞のレイアウト同様に)日本式のスカスカではなく幕の内弁当的な充実。好きです。

p.s.
今日の午後、階下にお住まいのガーデナー、n夫人を初めてお茶にお招きしています。いただいたバラが挿し木でつき、花を咲かせている姿を、まずお見せしなくては…。


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
うって変って、ちょっと暗い話になってしまい、申し訳ありません。本日のテーマは3Dプリンターです。ご存知ですか? パソコンとこの印刷機があれば、何でも立体で出てくるんです。そう、人を殺すためのピストルまで!
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-05-23 11:25 | 花 park | Comments(2)
ブルーベルリポート2013
a0147281_232242.jpg

お隣の公園のブルーベルが見ごろになりました。英国では、本格的な春を告げる花。今日のようなひんやりとした日はとくに、英国の春を思い出します。

ブルーベルが一面に咲く林を散歩するときほど、魔法を身近に感じることはありません。あたりが青い魔法にかかっている姿を、目のあたりにできるのです。
a0147281_2325357.jpg

毎年、しつこくおなじことをお話ししてしまいますが、英国では、自生している在来種のブルーベルが消えつつあり、保護を訴える声が年々高まっています。
a0147281_233788.jpg

スペイン生まれのブルーベルが垣根を越え、自然のなかで繁殖するだけでなく、在来種と交雑し、ハイブリッドがどんどん増えているそうなので、厄介です。
a0147281_2332939.jpg

スパニッシュ・ブルーベルもほんとうに可愛いのですが、イングリッシュの可憐さを知ってしまうと、やっぱりどうも、しとやかなほうをひいきしがち…。

お隣の公園に咲いているのはとうぜんスパニッシュ。花壇を抜け出したスペイン生まれのお転婆さんが、思わぬところで咲いているのを、よく見かけます。
a0147281_2335219.jpg

英国の春を思い出しつつも、皐月は大好き。日本にいてよかったと思うこのごろです。大型連休後半、お天気にも恵まれそうです。よいlong weekend を!


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
こちらも、ブルーベルの話題です。日本の「フジバカマ」はだいぶ回復してきたようですが、お花が悪いわけではないけれど、このイングリッシュ・ブルーベルが絶滅してしまう恐れもあるんです。ぜひ、読んでみてくださいね。 
click here!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-05-02 23:18 | 花 park | Comments(0)
藤棚の影で
a0147281_21414686.jpg

桜吹雪が去ったあとは、藤の雨です。先週、母を訪ねる途中、脇に藪のある坂道をのぼっていると、文字どおり藤色の大粒の雨にあいました。
a0147281_2142334.jpg

驚いて見上げると、かなり高いところの電線から藤色の房が垂れ下がっていました。すっかり大きくなった藤の蔓が、そこまで伸びていたんですね。
a0147281_22143521.jpg

そんな、自生している(もしかすると、昔、誰かが植えたもの?)藤もそうですが、ご近所にあるほうぼうの藤棚でも、藤の花が咲き誇るように咲いています。
a0147281_23164629.jpg

晴れた日には、藤棚に浮かぶ藤色の雲が影を作り、その下に置かれたベンチでかならず見かけるのは、気持ちよさそうにまどろむ野良猫たちの姿。
a0147281_2143149.jpg

薄紫の花がすっかり落ちると、あの蒸し暑さがじわじわと忍び寄るのだわ…といまから夏に向けて、気の早い心構えをしつつあるわたしです(笑)。
a0147281_21441690.jpg

連休前半、さわやかな季節をお楽しみください!


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
白いスタッコの壁や赤いレンガの壁に、薄紫の藤が似合うロンドンですが、今回は、優雅な気分になれるアフタヌーンティーの、とっておき「ロンドンお茶何処」をご紹介します!
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-04-26 21:56 | 花 park | Comments(2)
| ページトップ |