Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(201)
(99)
(84)
(83)
(83)
(83)
(79)
(77)
(75)
(75)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
師走の寒さと紅葉“第ニ章”
at 2017-11-16 16:55
霜月のビジュウ
at 2017-11-07 23:31
十三夜と紅葉“第一章”
at 2017-11-01 23:11
秋、すこしずつ
at 2017-10-28 22:55
土、鉄、ガラス、そしてラタン
at 2017-10-22 12:58
記事ランキング
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

カテゴリ:四季( 83 )
師走の寒さと紅葉“第ニ章”

a0147281_16391766.jpg

今朝はスニーカーではなくドクターマーティンのブーツをはき、ベレーをかぶって外に出ました。手袋まではめたのでちょっとやり過ぎかな?と思ったものの、そんなことはない、お仲間があちらにもこちらにも…。寒気が南下していて、明日の朝の気温は3℃台という予報。年末を思わせる寒さになるのは、ちょっと早すぎますよね。

a0147281_16392220.jpg
a0147281_16392742.jpg
a0147281_16393228.jpg

さて、今秋の紅葉は、公園にかぎっていえばベストではありません。モミジの葉などは、夏のような青々とした木もあれば、色づきもまだそこそこのまま枯れてチリチリした木も。1本の木が2トーンのように色づいていたり、色づいた葉もなぜかどす黒い感じだったりで、思わず息を呑むほどの美しい紅葉には、お目にかかっていません。

a0147281_16393695.jpg
a0147281_16394280.jpg

毎秋、近くの川べりを赤く染める桜は、わざわざ足を止めてみとれることが多かったのに、この秋は(この秋も、というべきかも)、葉が赤くなるまえに落ちるか赤うならずに茶色く枯れるかで、例年のような美しさは見られませんでした。夏の暑さ、そしてここ23か月間に降った雨の量や高めの気温が、影響をしているのでしょう。

a0147281_16394697.jpg
a0147281_16394940.jpg
a0147281_16395482.jpg

一方、柿は今年、豊作のようです。公園にはいたるところに柿の木があり、どの木を見ても、裸木に鮮やかな柿色の実が文字どおり鈴なり…。先月、大型台風の去ったあとには、ずいぶんたくさん柿が落ちていました。拾わずにはいられない性質なのでたくさん拾いましたが、ちょっと飾って、捨てました(ほとんどが渋柿です)。

a0147281_16395927.jpg
a0147281_16400362.jpg
a0147281_16400761.jpg

今年は、モミジ同様、沼杉もおかしな色づき方をしています。1本の木が、明るい茶のトーンとグリーンを帯びた暗いトーンの2トーンのグラデーションに。全体を見ると綺麗な色づき方ではないとはいえ、なんとも魔訶不思議な彩…。たしかにこの秋は、少々ガッカリな紅葉狩りにはなっていても、そんな色彩の妙に感激します。

a0147281_16401109.jpg
a0147281_16401694.jpg
a0147281_16402097.jpg

ああ、陽がまた落ちる…。今度は『gossip girl』のビンジウォッチャーになってしまっていて、毎晩夜ふかししているせいで、日中ガンバっててもこの時間になるとつられてまぶたが落ちてきます。

a0147281_16402523.jpg


あぶそる~とロンドンもよろしく。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2017-11-16 16:55 | 四季 | Comments(0)
十三夜と紅葉“第一章”

a0147281_23045555.jpg

霜月のはじまりに美しい十三夜が見られるとは、なんという幸運。十五夜のお月さまは、台風シーズンのせいで見られないことが多いのです。月見に紅葉狩りと、秋ほど風流な季節はありません。子どものころ小倉に住んでいたときに、町内の子ども会の遠足で、母親たちもみなそろって大分の耶馬渓へいったことを、ふと思い出しました。空気が澄んで散策にもってこいのこの季節が、いちばん好きです。夏が去ってもシジミ蝶はまだ居残り、わたしの「ゴドー」(モズ)も帰ってきました。

a0147281_23050242.jpg
a0147281_23050543.jpg
a0147281_23050893.jpg
昨夜は気温が5℃台まで下がり、一時的に忘れていた冬の寒さを思い出しましたが、夜の気温が下がるにつれて、紅葉が進みます。

a0147281_23051283.jpg
a0147281_23051475.jpg
a0147281_23051895.jpg
それでもまだ、夏と入り交じったような秋の色彩。ただ、空の青さのトーンがちがいます。空気と光が、ちがううせいでしょうか?

a0147281_23052136.jpg
a0147281_23052466.jpg
a0147281_23052760.jpg
ほぼおなじ時間に公園のいちばん高い場所に行って、360度見渡し、西の空に傾いた夕陽を眺めるのが、日課になってしまってます。

a0147281_23053062.jpg
a0147281_23053351.jpg
a0147281_23053626.jpg
おなじルートで、毎回どうしても足を止めてしまうのが、白い秋明菊です。でもきのうは、目立たない茶の木の花を見に、寄り道を。

a0147281_23053973.jpg
a0147281_23054226.jpg
a0147281_23054554.jpg
待ちわびた秋! ところが勘違いして秋に咲く桜やスモモを見るのは、最近は珍しいことでもなく…地球の温暖化は止まりません。

a0147281_23054837.jpg
a0147281_23055028.jpg
a0147281_23055485.jpg

あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2017-11-01 23:11 | 四季 | Comments(2)
春紫 in full bloom

a0147281_13573453.jpg

どこの藤も満開。次々と春の花が開き、季節は移ろっています。なのに、いつになったら花粉のピークは終わるのでしょ? いまもって症状に変化なし…。

a0147281_13573978.jpg
a0147281_13574583.jpg
今月の初旬、スミレやムスカリがあちこちで咲いたころには、終わりはもうじきだ、と信じていたのに、今年は月末になっても終わりを告げてくれません。

a0147281_13574936.jpg
a0147281_13575374.jpg
a0147281_13575807.jpg
公園のチューリップはもう終わりです。クシャミと鼻水に悩まされながら紫の花を追いかけ、春は写真がたまるいっぽうですが、きょう、ようやくアップ。

a0147281_13580107.jpg
a0147281_13580615.jpg
米国ではスーパーブルームが話題になっています。最近の自然現象は、いいのか悪いのか、「スーパー」の大安売りになってます? 素敵な連休を!



あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



[PR]
by serendipity_j | 2017-04-29 14:03 | 四季 | Comments(0)
レンガ色の木立、そして冬到来
a0147281_13502053.jpg

レンガ色のセーターを見て、すぐに連想したのが落羽松とメタセコイア。師走に入ると、お隣の公園でもこのよく似た針葉樹が燃え始めました。
a0147281_13503621.jpg

アイリッシュセッター(犬)の毛の色というのか、burnt orange というのか、この赤レンガ色と円錐形の姿の美しさには、毎年、ため息が出ます。
a0147281_13505391.jpg

そして毎年、落羽松とメタセコイアを見分ける「目利き」に挑戦。わかった!と思っても結局わからないまま、どちらも裸になってしまうのです。
a0147281_13511036.jpg

でも今年は、数年目にしてようやく違いを見極めることができました。よく見ると、落羽松の葉はやや細長く、メタセコイアは羽根に似ています。
a0147281_1351265.jpg

落羽松は、全体的にこんもりと丸く茂り、一方のメタセコイアは、すっと伸びた円錐形。でもね、これが一概にはあてはまらず、姿形もいろいろ。
a0147281_1351509.jpg

沼杉の別名があるように、本来は水辺で育つ落羽松。でもお隣の公園では落羽松とメタセコイアが混在し、遠目では、ウ~ンやっぱりわからない…。
a0147281_1352960.jpg

レンガ色のそっくりさんは、対生か互生かを見るのが一番確実な見分け方です。近寄ってじっくり葉を観察すれば、この違いは一目瞭然ですから。
a0147281_13522737.jpg

今日は朝から冷たい北風が吹き、冬の到来を感じさせます。多くの樹々の葉が風にさらわれ、裸になることでしょう。まもなく、公園は冬景色です。
a0147281_13524951.jpg


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-12-14 13:56 | 四季 | Comments(0)
なごり紅葉
a0147281_1620267.jpg

連日よく晴れて息を呑む美しさです。母の家と自宅を往復中、目に入った色鮮やかな紅葉に、そのまま素通りできるでしょうか? 写真も撮らずに?
a0147281_16201727.jpg

a0147281_16203799.jpg

a0147281_16205681.jpg

お隣の公園は、日に日に冬景色へと移ろってはいるものの、まだまだ「なごり紅葉」が見られます。紅というより、わたしの好きな「burnt orange」色。
a0147281_16211550.jpg

a0147281_16213224.jpg

a0147281_16214736.jpg

季節の変化は、木によっても場所によっても差があり、いままさに見ごろを迎えたモミジとドウダンツツジも。老母の介護疲れさえ、しばし忘れます。
a0147281_1622112.jpg

a0147281_16223890.jpg



あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-12-08 16:25 | 四季 | Comments(0)
晩秋の黄葉紅葉づくし
a0147281_21361258.jpg

今年もまた、黄葉を探し紅葉を追う季節が巡ってきました。まだかと思っていたら、あっという間に燃えあがったモミジの葉。すでに大半の葉が散った木も。
a0147281_21363665.jpg

a0147281_21365627.jpg

a0147281_2272447.jpg

a0147281_21373157.jpg

お隣の公園でもここ数日、紅葉狩りに興じる方々の姿が目立っています。というか、カメラでカシャカシャ。写真を撮らずに帰るなんて考えられませんよね。
a0147281_21375781.jpg

a0147281_21381323.jpg

a0147281_21383515.jpg

a0147281_21385944.jpg

a0147281_2139166.jpg

とりわけ紅葉の時期は、観光客がどっと押し寄せる京都では、あまりの混雑に撮影禁止となったお寺もあるそう。遠方からいらした方には、なんて殺生な…。
a0147281_21394118.jpg

a0147281_2140222.jpg

a0147281_21401872.jpg

わたし自身、写真に残すことを優先しすぎて、風流を味わうのが二の次に。目のまえの景色に、ついついどこかで見たイメージを重ねているような気もします。

golden-yellow, orange, scarlet, crimson... autumn japanese maple leaves. gorgeus!




あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-11-26 21:43 | 四季 | Comments(0)
葉月は収穫のとき:うちの山葡萄2016
a0147281_1311453.jpg

猛烈な暑さで、表に出ると頭がクラクラした金曜日。予想どおりに、お盆あたりから色づいてきていた(↓)うちの一才山葡萄を、思い切って収穫しました。
a0147281_1312886.jpg

十年ほどまえに小さな苗木を買って以来、なんとかつづいている、恒例の「わが家で葡萄狩り」です。今年は花をたくさんつけたので、まあまあの豊作。
a0147281_1314146.jpg

八月に入ってから毎日が暑さとの戦い。ジャムづくりの気分ではないものの、早く収穫しなくては、せっかくついた実も木も傷めることになりそうでした。
a0147281_131559.jpg

花のつきがよかったわりには、結実が少なかった気も。でもかえって、例年よりも粒が大きい気がします(とはいえ巨峰と比べればまるで赤ちゃんですが)。
a0147281_132105.jpg

海外では、鑑賞用として植えられていることが多いこの「crimson glory vine ヤマブドウ」。もしかすると、実のならない株が海を越えたのかもしれません?
a0147281_1322754.jpg

夏になるとかならず悩まされる葉の病気も、どうにか治療できました。涼しくなれば元気をとり戻し、秋には美しい色彩で愉しませてくれることでしょう。
a0147281_1324130.jpg

これでもか!というほど続いた猛暑は、とりあえず一服? 昨日は思いかけずさわやかな日となり、曇天の今日は、ときどき雨の降る日曜日となりました。

よい日曜日を!


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-08-28 13:13 | 四季 | Comments(0)
水無月のフォレジャー
a0147281_22344411.jpg

本格的な雨は木曜日のみ…。今日は気温が30℃を超えたものの、なかなかさわやかな真夏日。最近の梅雨は、毎日シトシト降るパターンではありません。

おかげで花や草は、病気にもならずによく育っています。そして果実が熟すころ。母のところから帰宅する途中の公園で、今年も熟した梅を拾いました。
a0147281_22354394.jpg

毎朝歩く道に落ちている梅は、1つだったり2つだったり、小粒で4、5個だったり…。とりあえず持ち帰って皮をむき、お砂糖をかけて、冷凍しています。
a0147281_2236436.jpg

わが家のバルコニーでも、病気を克服したミントとタイムが元気をとりもどしていて、越冬したフェンネルやパセリは種をつけ、苺も色づき始めました。
a0147281_22362467.jpg

早く花が咲いた山葡萄は、やっぱり早く実を結び、すでに膨らみ始めています。年々早くなっているので、この分だと、収穫はお盆のあたりでしょうか。
a0147281_2236456.jpg

母が育てている葉っぱ(先日サラダにした)は、ラディッシュと判明。細長いfrench breakfast という種類なのか、単なる発育不全なのかは、依然不明。
a0147281_2237520.jpg

こうして、自然の恵みをforaging(フォレジング)する季節の到来を歓迎したいと思いますが、今月は山菜採りで相次いで熊に襲われ、犠牲者まで出ていて…。
a0147281_22372481.jpg

山林どころか市街地にまで熊が出没するようです。これは人間が、昔から山にいたforager(フォレジャー) の分まで、横取りした結果なのかもしれませんね。

最近、どこの国を見ても、(政治家を筆頭に)心の狭い人間が増えている感じがします。それがエスカレートした殺人事件まで起こり、ますます暗い世の中です。


p.s.
日本のオンライン新聞の中では「朝日新聞デジタル」が、いちばん写真がよくてデザインもよいと思いますけど、なんといっても、時事以外の記事がいつも充実してます。イチローさんの特集ページなんか、すんごくシャレてた!


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-18 23:07 | 四季 | Comments(0)
thundering うるう年
a0147281_13342734.jpg

朝から春を告げる雷が轟いた、如月の29日。今年は1日お得な(損な?)うるう年。それにしても、猫の目のごとくクルクルと変わるお天気です。
a0147281_1334535.jpg

昨日はお散歩日和の日曜日でした。この時期、ご近所の庭先でたわわに実る金柑の美しさに、しばらくみとれました(↑は一昨年/↓は昨日の撮影)。
a0147281_13353463.jpg

こちらの(ほぼ)純和風のお宅では枝垂れ梅も見ごろを迎えています。表情が豊かな枝ぶりで、風流でありながら侘び寂びの美をあわせもつ梅の木。
a0147281_13355264.jpg

梅は花だけのソメイヨシノと違い、花よし香りよし実よしの三拍子揃った優れもの。中国的な趣も感じますが、和風の家屋にこそよく映えるのでは?
a0147281_13361855.jpg

アカデミー賞授賞式(現在、ライヴ配信を鑑賞中)の、派手派手のキラキラした華やかさとは、まったく別の華やかさ。日本らしい美にほっとします。
a0147281_13364285.jpg

ここ1年は母の家で週に3本ぐらい映画を観る(wowow)ので、記憶力のほうが追いつかず、どの映画も印象が薄くなる「観すぎ」の弊害も(苦笑)。
a0147281_133710100.jpg

米英ではない外国映画にはいいものが多くあります。最近のハリウッドもので面白いと思うのは、米英の俳優が出身国と逆のアクセントで喋るところ。

アカデミー賞に代表されるように、お祭り騒ぎが世界一得意な米国の大統領候補に、トランプ氏が選ばれるかもしれないという、冗談みたいな話が現実になりそうな米国に、開いた口がふさがりません。共和党は何考えてんのかしらん。けど、銃による悲しい事件が相次いで起こっていても、「銃を持っていたら命を守れた」という論理の国ですからね~、何が起こっても驚くにはあたらないのかも。その米国では政治にも影響力を持つ映画界。さてさて、作品賞のオスカーの行方は?

p.s.
夕食後に録画した映画を観ているとき、母はたいていソファで居眠りしています。たまに、お気に召した映画もあり、ウッディ・アレンの「annie hall」などがそれ。今年のrazzie賞に輝いた「fifity shades of grey」は、母には刺激が強すぎるけどどうせ居眠りするから、と思って観始めたところ、最初から最後までおメメぱっちり(笑)。母にとってはまったく未知の世界でしたので、好奇心が眠気に勝ったようでした(笑)。



あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-02-29 13:44 | 四季 | Comments(0)
サイレントナイト@the park
a0147281_2235247.jpg

クリスマスは金曜日。まさに目前です。「年に1度だけ会うお馴染みさん」たちをようやく押入れから引っぱり出して、今日、飾りました。今年は剪定で落とされた枝を拾う機会も茂みに入って野茨を手折る余裕もなかったため、1年中飾ってあるリース以外は自然の素材がなく、はからずもいつものカントリー色は皆無です。そのかわり、イルミネーションのライトを大急ぎでネットショッピング。

さっそく、暗くした部屋をチカチカ照らし、ちょっと悦に入ってます。クリスマスが好きだと思うのも、このイルミネーションの華やぎがあるからでしょうね。じつはお隣の公園でも、大掛かりなイルミネーションが見られることがわかりました。暗くなった公園を歩くことなどほとんどありませんが、クリスマス時期だけの趣向です、母の家に戻る途中、夜の帳が下りるころに思い切って行ってみると…。
a0147281_22362155.jpg

公園に入ったときはまだ薄暮で、犬を散歩させている人の姿も。影絵のような木立のあいだをとおり、人気のない奥へ歩くと、おおお!
a0147281_22364816.jpg

クリスマスツリーらしからぬクリスマスイルミネーション(笑)。でも、サ~イレントナ~イトのメロディーが、頭のなかで流れました。
a0147281_2237452.jpg

このあたりを歩くたびに形のいい木々を眺めて、クリスマスの飾りをつけたらどんなにきれいかしらと1年中考えているので、それが現実になっていることにちょっと感動。そして、静寂に包みこまれたクリスマスツリーの神秘性に、しばし陶酔。「きよしこの夜」がほんとうにピッタリな背景ではありませんか! 星降る夜のクリスマスツリー、素敵です。でも、ツリーのトップには星がほしい、かも…。



あぶそる~とロンドン
もよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

舞台裏、お見せしましょうか?
[PR]
by serendipity_j | 2015-12-20 22:55 | 四季 | Comments(0)
| ページトップ |