Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(193)
(96)
(82)
(82)
(81)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
春風とワンダーラスト
at 2017-04-20 14:02
まだまだ桜(goodbye ..
at 2017-04-15 14:32
春雨と桜
at 2017-04-09 11:23
桜の春
at 2017-04-06 20:08
杏の春
at 2017-03-28 15:36
記事ランキング
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

<   2011年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
new year's eve
a0147281_1157940.jpg

2011年が去ってゆきます。今年は、東日本大震災が起こった年。あの辛い光景を、生きているあいだじゅう、忘れることはないでしょう。

自然災害の恐怖に、ただ、言葉を失うだけでしたが、それを契機に、なにが大切なことなのか、じっくり考えなおせたような気もします。

とはいえ、世の中は立ち止まっていたわけではありません。放射線問題と円高問題を抱え、必死でもがく日本の姿が見えるようです。

日本だけでなく、今年は世界のあらゆる場所で、この地球を動かしている力によって、人間の叡智と愚かさが試されているような年でした。

アラブの春に始まったイスラム世界の変化。タイの洪水。そして長引くヨーロッパ経済の危機。どれをとっても生活に影響しています。

自然の恩恵と経済活動なしに生きられないのが人間。その両方から受ける試練は、ますます厳しさがますような気がしてなりません。

だからこそ、陽の降り注ぐ部屋で朝食を食べながら、平凡でも穏やかな朝を迎えられたことに感謝せずにいられない大晦日となりました。
a0147281_11581390.jpg

縁のあった方たち、ファンだった人たちに、今年もまた永遠のお別れをしまし。結局、誰も運命には抗えない…。諸行無常の境地です。

そして今朝、月光下騎士団(moon riders)の、最後のギグの記事を読みました。わたしの青春とともにあった彼らの演奏も、最後なのです。

なにはともあれ、明日はやってきます。まえに進みましょう。この拙いブログにご訪問くださったみなみなさま、今年も、ありがとうございました。

2012年が、よい年でありますように!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2011-12-31 12:12 | miscellany | Comments(0)
とくべつな週
a0147281_22313226.jpg

あと3日1時間ほどで、今年もお終い。半分信じられないままカレンダーを見ています。ところがもう半分の気持ちは、早く早くと急かします。

自分で作った「やるべきこと」のリストの半分も、まだ片づいていないのです。焦るのは気持ちばかりで、なかなかエンジンがかかりません。

でも、少しずつ、進んではいます。今日は生まれて初めての障子貼り。子どものころは障子を破るのが専門。見てると、作業は簡単そうなのですけど。

糊のつけ加減や紙の貼り加減が、これほど難しいとは…。親元を離れてからは、障子のある家に住んだのが初めてで、まさに、挑戦でした。

さて、今日が仕事納めという方が多かったかもしれませんが、今週はとくべつな週。世の中は一斉に、新年を迎える準備におおわらわのようです。

長いあいだ世の中の動きに逆らって暮らしてきたので、年末もお正月も、未だにピンときません。去年のお正月も、ついこないだのことのよう。

新年にはコラムのネタ探しが始まり、気持ち的には、日曜日からの今週が、もっともリラックスしています。そう、日曜日はクリスマスでしたし。

おもてなしするのも大好きですが、とくべつな日にしたいとき、自分だけのために料理するのも好きです。もちろん作るのは、自分の好物だけ。

その「a merry little christmas」は、こんなふうにすごしました。

*************************************************

英国暮らしで苦手ではなくなったのが、グリーンピース。クリームとミントの葉を加えたグリーンピースのマッシュと帆立貝の組み合わせ、いけます。
a0147281_22323551.jpg

これは前菜のつもりだったんですけれど、なにしろ、シェフ、ウェイター、食事客と、ひとり3役。前菜も主菜も、一度に並べるしかありません。
a0147281_22325557.jpg

甘栗とパンチェッタのパスタ用にパセリとチャイヴを刻み、レシピをのぞくと「マルサラ酒」の文字。とうぜん家にないので、飲んでいたカバを少々。
a0147281_22331464.jpg

パスタは、熱いうちに食べなければなりません。ビージーエムは、数年前にアメリカ人の友人が送ってくれた、jackson 5 のクリスマスメロディー。
a0147281_22335086.jpg

軽快な音楽のためか、空腹のためか、すぐに平らげてしまいました。このへんでjackson 5 からcorinne bailey rae に。そしてalicia keys…。
a0147281_22341154.jpg

2003年、クリスマス時期のlondonで、topshopで買い物をしていたときに流れていたのが『you don’t know my name』。時間が逆戻りします。

チョコレートケーキの素人ぽさ、堂々としてますでしょう?(苦笑) コーヒーは、この日のためにとっておいた、お嫁ちゃんのハワイ土産、コナ製。
a0147281_22345217.jpg

時計が4時を回る、ちょっとまえから始めたクリスマス・ランチ。なぜこの時間かというと、晴れの日には、すべてがもっとも美しく映る時間だから。

…以上が、とくべつな週の始まりの日。おつき合いありがとうございました!

london docomo のサイトで、海外の新聞ネタ・コラムを書いてます。
本日の話題は男女同権主義になった英国の玩具屋さん、ハムリーズ。おヒマつぶしにどうぞ。 ↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

食べ終わったあとに外を見ると…
[PR]
by serendipity_j | 2011-12-28 23:00 | クッキング mixed | Comments(3)
月曜日の白 #25
a0147281_13434197.jpg

クリスマスも終わり、また、新しい日がやってきました。お祝い気分からふだんに戻って、朝、聴く曲も、いつものサティ、gymnopédies 1番

真っ白な気持ちになりたいとき、ぴったりな音楽です。でもじつは今日、わたしはひとつ歳をとってしまうので、人生を振り返らずにはいられません。

今は夢を見にくい世の中になってしましたが、わたしは欲張りに夢をたくさんもっていた子どもで、幸運なことに、そのいくつかは実現しました。

あらためて思うと、とても幸福です。健康で、健康な息子と娘がいて、息子にはお嫁ちゃんが、娘には彼氏くんがいてくれることも、そう思う理由。

そして老いた母も元気でいてくれること。これ以上、なにを望むでしょう?(いや、もろもろありますけど)。母にも子どもたちにも、心より感謝です。
a0147281_13443086.jpg

歳はとりたくないものの、歳をとったからこそわかることも多くなってきました。これはプラス面。若いときの自分が、恥ずかしくなりますが。

いちばんのマイナス面は、老化以外、衣食住の「衣」に関心が薄れたこと。ファッションのニュースは楽しみにしているのに、それでおしまい。

でも、デパートの中年用フロアに近づいたりしませんよ(笑)。最近はスニーカー派ながら、中年好みのnew balance ではなくpuma が好き。

先立つものがないので衝動買いもせず、この冬はオンラインで黒いコート(+j は3着め)を購入。どうせ憧れのcarine roitfeld にはなれません。

と、こんなふうに、大晦日には除夜の鐘でまだまだ煩悩をとりのぞく必要がありそうですが、真っ白な気持ちで、いち日いち日を迎えましょう。
a0147281_13463355.jpg

今年最後の、よい週を!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

昨日までは…
[PR]
by serendipity_j | 2011-12-26 14:01 | 月曜日の白 | Comments(4)
そう、クリスマス(2011)
a0147281_1141010.jpg

素敵なイヴをおすごしでしたでしょうか? 今朝は寒さで目覚めました。おかげで珍しく早起き。でも、今日もまあまあのお天気です。

お洗濯をして、陽のあたるバルコニーに干して、(ささやかな)ご馳走用のハーブを摘みとって…。こういう時間が、幸せを感じるとき。

今日ぐらいはパソコンのまえに座っているのをやめよう、と思いながら、こうしてまた書いておりますが、このあと、仕度にとりかかります。

ところで、わたしは昨日も今日も、朝から浴びるように音楽をかけています。ほんとうに久々に。年に一度しか聴かないcdがほとんどです。

クリスマスソングというと、今年もやっぱり、john lennonの歌が頭から消えません。数日まえから、このyou tubeを観ては、涙、涙。また涙。

気分転換にとjustin とmariahを観ると、ちょっと凄すぎです。でも、彼女はpreciousの地味なケースワーカー役がとてもよかったのでok。

benton! jesus christ! は裏話を知る者に大ウケ。鹿を追って消えてしまう犬の飼い主の叫ぶ声がyou tubeで大ヒットし、さっそくそのミックス。

そういえば、今年は近くのスーパーで毎年かかっている山下達郎さんの、あの歌、一度も聞きませんでした(偶然か? 嫌われたか?)。

こうしてみると、クリスマスに音楽は、切り離せませんね。ともかく今日はクリスマスです。好きな音楽で、楽しいいちにちを!
a0147281_1143615.jpg



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2011-12-25 11:31 | インテリア | Comments(6)
クリスマスの食卓
a0147281_1173014.jpg

水色の空に白い雲のたなびく、とても穏やかな冬の朝です。覚悟していたクリスマス寒波の冷え込みも、今朝はまあ想定内で、ほっとしています。
a0147281_1175739.jpg

今週は忙しかったので、あっという間のクリスマス・イヴとなりました。欧米とちがい、日本ではおそらく今夜が、お祝いの夜でしょうか? 

お料理を仕出しした昨夜の母とのお祝いに、兄嫁と甥も参加し、にぎやかなchristmas eve eve (この表現、ネイティヴ英語人も使用!)でした。
a0147281_119146.jpg

でもわたしは、文字どおりの a merry little christmas を、クリスマスの日に独りで愉しみます。今年の食卓のうえの飾りつけも、即席で完了。
a0147281_1191580.jpg

キリスト教徒でもなく、もういい歳ですし、クリスマスはあまり関係ないのですが、暮らしにメリハリをつける意味で、大事な行事かもしれません。

朝からヴィヴァルディをかけ、現在、数年ぶりで聴くチャイコフスキー(『くりみ割り人形』が入ってます)プレイ中。みなさまも素敵なクリスマス・イヴを!


london docomo のサイトで、海外の新聞ネタ・コラムを書いています。
本日はbbcのドキュメンタリー、北極の白熊さんの映像がインチキか? という話題。おヒマつぶしに ↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2011-12-24 11:30 | インテリア | Comments(0)
冬至のカボチャ
a0147281_13572669.jpg

今日は冬至。夜のもっとも長い日。日本ではユズ湯に入ってカボチャを食べる日なので、クリスマス準備もあるのに、なかなか忙しいことです。
a0147281_13574749.jpg

北欧のブログにはjul(英語でyultide)という言葉が目立ちます。クリスマスの意味だと思っていたら、もともとは冬至祭のことなのだそう。
a0147281_1358824.jpg

それぞれの国にそれぞれの習慣があっても、冬至に、なにか特別なことをするのは万国共通。寒さに負けるな!と願う気持ちは一緒です。
a0147281_13583664.jpg

今夜はカボチャとアンチョビ入りのパスタを食べる予定ですが、カボチャのジェラートをいただいたときの写真がありましたので、代わりに…。

明日は母と一緒のクリスマスを、ひと足先にお祝いします。仕出しのお料理準備中ですので、本日はこのへんで。よい冬至を!

p.s.
特殊なカメラで撮影された、小人の国のウィンターワンダーランドのビデオ。音楽もよし。スキーにいった気分になりますよ。

london docomo のサイトで、海外の新聞ネタ・コラムを書いてます。
本日の話題はロンドン消防隊からのお願い。おヒマつぶしにどうぞ。
↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2011-12-22 14:10 | foodie | Comments(2)
クリスマスのグリーン
a0147281_23133632.jpg

いくつになっても、クリスマスの飾りつけは浮き浮きするものです。ただし、子どものころのように毎年同じ飾りを出すことは、もうしません。

その年その年で、気のむくまま、あるいはチャンスに恵まれるまま、クリスマスの飾りを考えることにしましたが、今年の幸運が、これです。
a0147281_2314866.jpg

2週間ほどまえ、公園へ散歩に出るときに、住んでいる集合住宅の敷地内の植木を、植木屋さんが剪定し終わったところに出会いました。

「全部もってっていいよ」といわれて、欲張りをしていただいてきたこの枝。落ちていた枝のほんの一部ですが、それでもかなりあります。
a0147281_2314418.jpg

イメージがなかなかわかず、ずっと緑のままでしたけど、先週、青と黄色の店(はい、ikeaです)へゆき、ごらんのとおりの飾りつけとなりました。

このジンジャー風味のビスケット、食べても美味しいのですが、部屋中がとてもいい香りに…。針葉樹の香りといい、ひとり悦に入ってます。
a0147281_23145669.jpg

クリスマス寒波がやってくるそう。あんまり嬉しくないニュースですね。

london docomo のサイトで、海外の新聞ネタ・コラムを書いてます。
本日のテーマはミシュラン3星料理店fat duck。おヒマつぶしにどうぞ。
↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2011-12-20 23:24 | インテリア | Comments(0)
クリスマスのリース
a0147281_1148038.jpg

うちの山葡萄の蔓を切りとったときから、イメージを描いていた今年のリースです。螺旋状にくるくると巻いた蔓もそのままにして、輪にします。

散歩のついで集めた、小さな実をつけたサオトメバナ(へクソカズラは、あまりに可哀相な名前)やマメアサガオの蔓を、それに巻きつけただけ。
a0147281_1148257.jpg

蔓の曲線を活かしたこのリース、色も素材も、クリスマスらしくないといえば、らしくはありません。しかも、リボンもつけず、すぎるほどシンプル。

フローリスト修業時代には、材料も道具も身近だったので、ちゃんとしたものを作りました。でも、昔も今も、野趣なクリスマスリースが好みです。
a0147281_11484694.jpg

豪華なリースを作るにしても、自然の素材がいちばんですが、こんなふうに、枯れた雑草を使ったリースが、わたしにはなにより美しく見えます。

リースはいつも、冬のあいだじゅう部屋に飾っておくので、クリスマスのリースというよりは、〝冬のリース〟と呼んだほうがいいかもしれませんね。
a0147281_1149333.jpg

実感はないものの、クリスマスまで、ちょうど1週間。すっかり冬らしくなり、この週末、関西はかなり冷え込んでいます。お風邪など召しませぬよう!

london docomo のサイトで、海外の新聞ネタ・コラムを書いてます。
本日のテーマは英国のクリスマツツリー、今年の傾向は? おヒマつぶしにどうぞ。 ↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2011-12-18 12:00 | インテリア | Comments(11)
ショコラ、ショコラーデ、チョッコラータ、チョコレート
a0147281_1351796.jpg

チョコ好きには、少々危険な季節到来。とりわけ、気が緩むクリスマスの誘惑が待っています。特別な日なんだから、と際限なく手が伸びます。
a0147281_1354949.jpg

チョコを目のまえにすると、これが最後、といいながら止められなくなるのに、チョコのケーキにすれば、ひと切れ食べれば、まあ満足。そこで…
a0147281_1353139.jpg

月曜日、難波に出たついでに、黄色の文字の入った青いバスに乗り、青と黄色の建物へ。カカオ70% の板チョコが、とてもお安く買えるんです。
a0147281_13513921.jpg

これで、クリスマスのケーキは準備万端。でも、あと10日も待てません。昨日、息子が出張でやってきたこともあり、練習に(笑)焼くことにしました。
a0147281_13533686.jpg

ひと口にチョコレートケーキといっても、レシピは星の数ほどあるようで、ほんとうに迷います。で、今回選んだのは、卵白を泡立てた、軽いタイプ。

横着をして紙をケーキ型に切らなかったため、側面に亀裂が入り、醜い姿になりましたが、どうせわたし以外に食べるのは息子と母。ダイジョ~ブ。

london docomo のサイトで、海外の新聞ネタ・コラムを書いてます。
本日のテーマはパンダが街にやってきた! おヒマつぶしにどうぞ。 ↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

ドルチェ以外の夕食は…
[PR]
by serendipity_j | 2011-12-16 14:15 | クッキング sweet | Comments(0)
冬色ガーデン
a0147281_22283057.jpg

銀杏が金色に輝くいっぽう、裸木も目立ちはじめ、まだ晩秋なのか、もう冬なのか、その両方のような季節をすごすうち、冬はやってきます。
a0147281_22291612.jpg

お隣の公園の花壇では、すっかり色の抜けたヤロウやルドベキアが風に揺れ、モノトーンな色調で、「侘・寂」の世界を創っています。
a0147281_22293863.jpg

自然そのものの、控えめな美しさが表れるのが、枯れた草や花。毎年この冬色のガーデンを楽しみにしているのは、わたしだけでしょうか?

先週の土曜日、夜半近くに見た、影のある赤銅色の月。皆既月食は、ごらんになられましたか? たとえようのない、神秘的な美しさでした。

月といえば、昨夜、月光下騎士団の最後(ほんとかな?)のコンサートがなんばhatchであり、満員の会場で、熱い観衆のなかに埋没するように(背が低いせいで)、ロックな宵をすごさせていただきました。17、8歳のころから知ってるメンバーです。

あれからみな、それぞれが紆余曲折の人生を歩み…。光陰矢の如し、ですね。うちの母は今、毎晩ベッドの中で、『6つの来し方行く末』を聴いて眠るそうです(森山良子さんヴァージョンで)。森山良子さんではないけれど、夜聴くと、泣けますよ~。

london docomo のサイトで、海外の新聞ネタ・コラムを書いてます。
本日のテーマは英国のクリスマス・バレエの定番『くるみ割り人形』。おヒマつぶしにどうぞ。 ↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2011-12-14 22:51 | 花 park | Comments(0)
| ページトップ |