Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(195)
(96)
(83)
(82)
(82)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
告別式の朝の柏葉紫陽花
at 2017-06-08 17:51
mitsouko
at 2017-05-30 22:32
今年も、エルダーフラワーの季節
at 2017-05-16 23:30
若葉のころ
at 2017-05-10 22:35
春紫 in full bloom
at 2017-04-29 14:03
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

<   2012年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ババリア風のクリームゼラチン
a0147281_1728166.jpg

文月は今日で最後。でも、この殺人的な暑さはこれからまだまだつづきます。生きるのが、ほんとうにたいへんと思うこのごろ…(苦笑)。

節電のためにぶ堪えてらしたご近所も、ほうぼうからエアコンの室外機の音が聞こえるようになりました。この暑さ、耐えられませんもん。

とうぜん、食欲も減退です。ケーキを焼く気はしませんけれど、ゼラチンを使った冷たいお菓子などいいかも?と思い、作ったのがこれ。
a0147281_1729503.jpg

bayerische creme バーバリアンクリーム。何それ、でしょ? お馴染みのババロアです。でも、卵もクリームも使わないローファット版。

ブレンダーにマンゴーとヨーグルトを入れて撹拌し、クリーム状にします。それからお砂糖とゼラチンを溶かした牛乳を加えるだけ。
a0147281_1729946.jpg

泡立てた卵白を使ってないので、ババロアとは言えませんが、じつはわたしは(幼いころに食べて以来)ババロアの卵白が苦手。

でもこの作り方なら、あのふわりとした食感が味わえます。しかも低脂肪低カロリー。たくさん食べてしまうので、そうなりませんが…。
a0147281_1728266.jpg

ところで、オリンピック、金メダルが出ましたね! わたしはインターネットのliveサイトで楽しんでいます。昨夜は、柔道の決勝をチェックしながら卓球のスコアもチェック。こわごわとクリックして結果を見て、ひとりで拍手を送っていました。

ガーディアンのスポーツ実況「live blog」はいつも傑作で、よくお腹をかかえて笑ってしまいます。今朝、順位が入れ替わった体操男子の団体決勝、読みました。英国は期待しなかったところでメダルがとれて、銀でも銅でも、嬉しかったよう。

ただし、ウィルとハリーの2人の王子がじっとスコアボードを見つめるなか、日本側の抗議で万一英国がメダルに届かなくなるようなことになってたなら、日本チームは無事に帰ることはできなかっただろう、と面白おかしく書いてありました。

思わぬ力を発揮した選手、いつもの力がなぜか出せなかった選手、それぞれのドラマに、こちらも一喜一憂です。母は、「北島、あかんなあ」といいますが、3度も連続してオリンピックに出られただけでもエライ! あかんどころか、すごいです。

今夜は北島選手、200メートルの予選ですね。またまた、あちらこちらのページを開いて、ドキドキしながらliveチェックです(公式サイト、とっても見やすい)。ドイツは銀1個でスペインはもまだメダルがないのに、日本の選手はよくがんばってます。ありがとう!


*londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中*
あの花柄のローラ・アシュレイが、ふたたび人気を盛り返しているそうなんです。↓click!

d0159066_11254087.jpg

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-07-31 17:48 | クッキング sweet | Comments(2)
鰻と鱧(ウナギ+ハモ)
a0147281_14111132.jpg

昨日の金曜は土用の丑の日。土用って何?丑の日って何よ?とその意味は知らねど、鰻 eel を食べる日であることは知ってます。

というわけで昨日の昼食に、わたしも鰻をいただきました。母が買っておいてくれた冷凍蒲焼きの半分(3分の2?)をうな丼に。
a0147281_1413329.jpg

鰻の稚魚不漁で値段が高騰、と聞くと、ますます食べたくなるのが人情。一応これは国産ですが、この先、どうなるんでしょうか?
a0147281_14132377.jpg

しじみ汁を合わせるのが通だそうですが、お豆腐で。香の物? あ、母にもらうの忘れました。代わりに焼き獅子唐のヴィネグレット和え。
a0147281_14134449.jpg

そして夏の味覚といえば鱧 pike conger。宵山で京都へ行ったとき、香ばしい蒲焼きの匂いが錦市場に充満していて食指が動きましたが…
a0147281_14113690.jpg

帰宅時間も分からず、その晩は食べられないのがわかっていましたので、結局断念。今週、生の鱧を買って、てんぷらにしました。
a0147281_14141516.jpg

ほんと暑い。みなさん、美味しいものでこの猛暑を乗り切りましょう!


p.s.
ロンドン五輪開幕。さすがはダニー・ボイルです。中国のような一糸乱れぬマスゲームは、英国人にはそもそも無理。それぞれのクリエイティヴィティーを活かした(笑)演出でした。それに、問題の多い部分とはいえ、国民医療保険制度(の看護師さんたち)をフィーチャーしたのがエライ(米国への皮肉?)! ともかく、英国の財産(つまり「人」ですね)オンパレードで、子どもたちと若い世代の活躍を強調したのが印象的(少子高齢化の進む日本人として、考えさせられる?)。米国人の目には「エキセントリック」と映ったようですが、まさに英国らしいショーでした。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-07-28 14:37 | クッキング savoury | Comments(4)
日傘、くるくる…
a0147281_18125498.jpg

ついに猛暑の夏、到来です。ついこないだまでは、涼しい風が南の窓から入っていたのに、風がないか、たとえ吹いてもいまでは熱風。

せめて、涼しいイメージをお届けしようと、珍しく午前中にお隣の公園へ足を運びました。お目当ては、先週から開かれている朝顔展。

朝顔ですから、夕方に行っても咲いてないのでは、と。ところが、水色や青の涼しい色の朝顔はどれもしおれていて絵にはなりません。
a0147281_18134116.jpg

かろうじて咲いていたのは、あのオシロイバナで見かける、ごく平凡なピンク。それでも、炎天下で咲いているとは、なんとけなげな…。
a0147281_18135480.jpg

青と白の大輪が唯一開いていたのは、和傘です。薄く雲がかかり、鈍い光と熱を放射している夏空を背景に、いや、なかなか乙な構図。
a0147281_1814816.jpg

いかにも涼しげな演出に、しおれていた青い朝顔への失望も忘れました。あまり実用的ではない和傘も、こういう場所では魅力を発揮。
a0147281_18142520.jpg

で、その傘が灼熱の太陽から守っているのが、白い朝顔。こういうフラットな陽射しでは、あいにく、白がきれいに撮れませんが…。
a0147281_18144569.jpg

朝顔展をあとにし、いつものルートで公園を歩くとき、汗が滝のように吹き出しました。この蒸し暑さ、草木にも堪えます。お隣の公園もごたぶんにもれず、ナラ枯れの被害にあっていて、すっかり枯れてしまったナラの木を何本も見つけました。

しかも今年はケヤキの木まで枯れ始めていて、80%以上のケヤキの葉が枯れています。この秋は黄金色になったケヤキを見ることができないと思うとひどく悲しく、こんなふうに枯れ木を見つけては、暗澹たる気持ちで歩くことの多いこのごろです。


p.s.
シチリアのあの回転ブランコが、音楽に乗って宇宙の旅へ。岡田 徹さんソロアルバム(わたしは「空の名前」が好き」)に登場しました。娘と彼氏くんも参加してます。ぜひ、ご視聴(お買い求めも!)くださいませ。



*londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中*
ジャマイカ選手団の合宿地のバーミンガムでは、ボルト選手に特注ベッドまで用意したという話題です。
↓click!

d0159066_11254087.jpg


なでしこ初戦白星! 安心できるのが女子サッカーですね。体の大きさじゃないんだなあ、とつくづく思います。いつもひやひやドキドキさせられる男子サッカー。でもマンUの香川選手初ゴール、英紙でもニュースに。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-07-26 18:34 | 四季 | Comments(0)
チェリー、アンコール!
a0147281_16285812.jpg

まだ出てる!と感激して買ったのは、アメリカ産ビング種のチェリー。枝を見るとみずみずしい緑とはいいがたく、新鮮ではなさそうですれど。
a0147281_16291671.jpg

手間なし失敗なしのクラフティに、アンコールの声(自分のなかから)。前回は国産、今回はこの濃厚な味のアメリカ産チェリーでつくります。
a0147281_16293299.jpg

そして今度は、粉砂糖の代わりに、ピスタチオを刻んでまぶしました。でも、あのきれいなピスタチオ色ではありません。なぜなのでしょうか?

ま、いっか。と思いながら、ちょっとだけ残しておいたチェリーでカクテルづくり。ともかく、冷たい飲みものばかりに、ついつい手が伸びます。
a0147281_16295212.jpg

今日のベースはラム。日中ですので、とうぜんラムは少なめです。黒に近いチェリーの赤とミントの葉の鮮やかな緑に、しばし見とれました。
a0147281_1630631.jpg

氷が溶けないうちに、桜の花のシロップを加えたローズティーを注いで…。「バラ科」のカクテルできあがりです。紅茶とラム、合いますよ。
a0147281_16301875.jpg



p.s.
女子ソフトボール世界選手権でニッポン女子、優勝! あの感動から4年。「なでしこ」の陰に隠れてしまって、しかもオリンピックの種目から消えただけに、メディアの扱いがあまりに小さく、気の毒になりました。


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中。
今回のトピックは英国の医療問題。おヒマつぶしにどうぞ。
↓click!

d0159066_11254087.jpg

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-07-24 16:50 | クッキング sweet | Comments(0)
いま花盛り、ブッドレイアとアーティチョーク
a0147281_21395662.jpg

天気予報が曇りマークでも、晴れていることがよくあります。梅雨あけ後最初の日曜日の、今日がそう。得した気分になりました。

といってわたしは何をするでもありませんが、夏休みに入って最初の日曜日、地元のたちの子どもたちを思えば喜ばしい誤報です。

お隣の公園のバーベキュー広場には、大勢の家族連れがやってきたようです。そういう家族行事とは無縁のわたしは? 歩くのみ(笑)。

それでも、大阪府民の税金で運営されているこの公園には、四季折々の「my お気に入りスポット」があって、最大限に楽しんでます。

この時期のお気に入りは、公園に昔からある花壇。わたしにとって夏を象徴する花のひとつ、紫色のブッドレイアが咲くあたりです。
a0147281_21422979.jpg

和名はフジウツギ。中国や日本原産の種類もありますが、おそらくもっともポピュラーな種類なら、buddleja davidii でしょうか。

英国ではsummer lilac やbutterfly bushと呼ばれ、すっかり雑草化しているロンドンでは、市街地のほうぼうでたくましく咲いています。
a0147281_2142979.jpg

ロンドン留学時代、夏休みにプロジェクト仲間を訪ねたとき、メキシコ出身の彼がこの花を食卓のに飾っていたのが、夏の記憶となりました。

ブッドレイアが咲き乱れる彼の庭は自然のままでしたけれど、フラットのたつbonnington square は住民園芸家によるガーデンが有名。
a0147281_21414589.jpg

公園のこの一画が気に入っているのは、日本式にスカスカではなく、草花がぎっしり植わっている英国の花壇を思い出すからかもしれません。

そして、季節毎に花の苗が植え替えられる花壇の奥にあまり見かけない花も咲いています。分かります? アザミの仲間、アーティチョークです。
a0147281_21401881.jpg

この美しい花が咲くまえのつぼみはわたしの大好物で、バターソースに浸して食べると絶品なのに、あいにく、日本では手に入りません。
a0147281_21403351.jpg

朝鮮アザミの和名がついているものの、アジアでの栽培地は中国のみのよう。花を観賞できるだけでも、ラッキーと思うべきでしょうか。
a0147281_21404780.jpg

公園の花壇はボランティアの方々によって造られています。ほんとうに感謝。そこで思うのですけど、頭の黒いネズミがやってきて、梅や柿が枝から消えるまえに、あるいは落ちて腐って土にかえるまえに、公園の手入れをしてくださるボランティアのみなさんで収穫して分ければいいのに…。公園は府の財産でその管理もお役所仕事、勝手にそうするわけにはいかないのでしょうねえ。

夏らしい日曜日の宵と、明日からのよい週を!


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中。
今回はデビューして半世紀のザ・ローリング・ストーンズの話題です。
おヒマつぶしにどうぞ。↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-07-22 22:02 | 四季 | Comments(6)
グラニータ・トリコローレ
a0147281_17103317.jpg

春からせっせと作って楽しんだシロップやジャムの壜で、冷蔵庫の上段が埋まってしまってます。眺めてないで、せっせと消費せねば…。

と、くれば、グラニータほど、このシロップが活躍できる機会はほかにないかもしれません。さっそく、3色のグラニータを作りました。

先月の下旬、まだ咲いているハニーサックルを見つけて思わず小躍りし、ほんの少しですが、シロップを作っておいて正解です。
a0147281_17104756.jpg

シチリアでは、朝ご飯にグラニータとブリオッシュを食べるそう(あのデベソ型のブリオッシュ、なぜか最近、売ってないんです)。
a0147281_1711397.jpg

桑の実のジャムを作ったとき、ついでに作っておいた桑の実シロップも、出番です。いちばんきれいな色に仕上がりました。
a0147281_17112040.jpg

桜の花びらのシロップは、ピンク色のグラニータができます。春にも何度か作りました。3種類そろうと、なかなか豪華に見えます?
a0147281_17304212.jpg

本格的な夏。イコール、うんざりする暑さ。体を冷やすのに手っとり早いのが冷たいもの。というわけで、グラニータの季節です。

そういえば、苺とヴァニラとチョコ風味のneapolitan ice cream も、最近見かけなくなりました。3色で、贅沢な味だったのに…。

食べ物にも流行があって、子どものころの好物が、消えていたりします。いっぽう、おそらく4歳くらいのときに、ご近所へ回覧板を届けにゆくと、「まあ、お利口さんね」といって、手作りのアイスクリームを出してくださり、お玄関で座っていただいた、あの味の記憶は消えないようです。

たぶん、「うちでも作って~」とダダをこねたはずですが、母には聞き入れてもらえませんでした。数年前、ニューヨークの友人を訪ねたとき、憧れのアイスクリームメーカーで作った抹茶アイスをご馳走になりました。が、電動式はけっこうな音。バスルームに入れて動かしてました。



p.s.
オリンピックに出場する選手たち、キャンプ地へ向けて出発したようですが、男子選手はビジネスクラスなのに、女子選手はエコノミーって、ご存知でした? だいぶまえに母から聞いたときは、嘘でしょ、と思ったのですが、ほんとでした(英国人もびっくりしたらしく、さっそく記事に)。

いくら女子は体が小さいとはいえ、ビジネスクラスとは疲れ方が全然ちがう。長時間のフライトなんだから、コンディションも悪くなります! なでしこたちが強化試合で完敗したのはそのせい(と思いたくなる)。ほかで予算を削っても全員ビジネスにするべきと思わなかったのでしょうか? 

それでいて、競技に出るわけではないオリンピック委員会の役員たちがビジネスクラスって、どういうこと? と、雨でムシムシする金曜日に、怒りのserendipity でした(苦笑)。みなさん、よい週末を!


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中。
おヒマつぶしにどうぞ。↓click!

d0159066_11254087.jpg

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-07-20 17:30 | クッキング sweet | Comments(0)
宵山
a0147281_15461199.jpg

梅雨あけとともに、絢爛豪華な山や鉾が京都の街を巡行した今年の祇園祭。お祭りはまだまだつづくのですが、いちばんの山場は終了。

わたしは京都で生まれたものの、じつは祇園祭を一度も観たことがありませんでした。極度にお祭り嫌いの母に育てられたせいです。

もっとも、東山に住んでいたのはほんの数年。どっちみち、山鉾巡行は祝日でも夏休み中でもないので、子どもは観にゆけません。

そして、人出が多い場所を敬遠する母は、どんなお祭りもパス。これまで母と行ったお祭りの記憶は、皆無といってもいいようです。

(博多に住んでいたときは、博多どんたくの花電車を家のそばで観たくらい。小倉に引っ越して、祇園太鼓に連れていってくれたのは父)

母の血をひくわたしも、人の多い場所が苦手な大人になってしまいました。夏祭りと聞いても、心が躍るでもなく、血が騒ぐでもなく…。

しかし、せっかく日本の三大祭りのひとつがすぐに観にいける距離に住んでいるのに、これではいけない!と、意を決して宵山へ…。

それでも、いきなり山鉾巡行の人ごみと京都の暑さの二重苦では、初心者には過酷すぎます(笑)、まずは、涼しい夜のお祭りで足慣らし。

たしかにすごい人出でしたけど、山や鉾や浴衣姿の人たちを見物しながら、情緒たっぷりの宵山を、ぞんぶんに愉しんで帰りました。

*****

函谷鉾のお囃子の音が闇に響く時間から薄暮まで、遡ります。
a0147281_15464563.jpg

山や鉾を飾るのは、物語性のあるきらびやかな綴れ織り。
a0147281_1547625.jpg

雅な京の街のなかにも、あちらこちらにミニマルな意匠。
a0147281_15472550.jpg

夜の帳が落ちた通りから、コンコンチキチンと鉦の音が。
a0147281_15475825.jpg

四条通を上ったり下りたり。鉾の背景は、東も西も山と空。
a0147281_15482367.jpg

町屋のまえに行列あり。なんで並んでるんの?と初心者の声。
a0147281_15484721.jpg

そろいの浴衣で並んだ月鉾の囃子方。感傷的な音色です。
a0147281_1549958.jpg

東山を背に長刀鉾の姿をカシャリ? 脚立なしでは土台無理(涙)。
a0147281_15492615.jpg

やっぱり一番人気は長刀鉾。鉾車の大きさに圧倒されます。
a0147281_15494765.jpg

銅掛に下げた紐の先は鈴? 引っぱられるたびシャランシャラン。
a0147281_1550536.jpg

*****

昨日、報告がてら母を訪ねたところ、「暑いのに、行ったん?」と母。「なんか、京都は見せるのが目的のお祭りばかりね」とわたし。

いなせな男衆が「ワッショイワッショイ」とお神輿をかつぐのとちがい、お囃子の音で優雅に踊りながら、町内のお宝を見せて回るだけ…。

これが京都なのです。何十年も京都に住んでいたときも祇園祭を観たのは数えるほど、という母と、「京都人は見栄っ張り」と笑いました。

でも、人生、メリハリが大事ですよ、お母さん! (ここだけの話)。




londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中。
おヒマつぶしにどうぞ。↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-07-18 16:16 | 京都 | Comments(0)
梅雨あけ
a0147281_14383332.jpg

昨日の空を見て、梅雨があけた!と思ったのは、わたしだけではなかったはずです。あの空が「夏空」でなかったら、いったい何…?

そして今朝の空…。それでも午前中、ラジオは「梅雨明けはまだ来週」などと伝えていて、お昼にやっと「梅雨あけしたもよう」と。

梅雨があけたぞ!と空が「宣言」してくれるわけではありませんから、気象庁が判断に時間がかかるのはあたりまえかもしれませんね。

というわけで、今日ももんもんもくもくの入道雲がたくさん見える関西では、梅雨あけいたしました。あとは、暑い夏を乗り切るだけです。

昨夜、わたしは、祇園祭の「宵山」へいってまいりました。京都で生まれながら、じつは初体験。のちほど、たっぷりお伝えいたします!



londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中。
おヒマつぶしにどうぞ。↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-07-17 14:49 | miscellany | Comments(0)
ジャムつきトーストとリーフティ
a0147281_0484048.jpg

ついに、苦手な季節の到来。朝から汗が噴き出した晴れの日曜日、雨が降ってジメジメと蒸し暑いよりましとはいえ、体も頭も動きが鈍ります。

これからの季節は、鉢植えのハーブも苦手です。日照りや水やり、病気や害虫に注意し、毎朝こまめにチェックをしなければなりません。

いっぽう、金曜日に母からおすそわけしてもらった梅ジャムのことをすっかり忘れていて、味見をするため、二度目の朝食となりました。
a0147281_049454.jpg

葉の茂りすぎたセージとタイム、今年初めて花を咲かせたミントにスカイブルーのボッグセージをバルコニーから摘んで飾り、休日気分を演出。
a0147281_0491815.jpg

わたしは、お里帰りのmadam v からロンドン土産のティーバッグを毎年いただく幸せ者なのですが、たまには、リーフティーを入れましょう…。
a0147281_0494127.jpg

かなり小さいころに食べたトーストと紅茶の、あの朝食の味と香りを鮮明に思い出します。甘い紅茶にトーストを浸して食べるのが好物でした。

いまは紅茶にお砂糖は入れませんし、トーストを紅茶に浸したりもしませんけれど、ジャムつきトーストと紅茶のシンプルな朝食は永遠にベスト。

ふだん、朝食はコーヒーなので、わざわざリーフの紅茶を入れたというだけで、ちょっととくべつな朝食に。ま、これは2度目の朝食でしたから。

a0147281_0501241.jpg

ところで、母がお友だちからいただいたこの手作りジャムは、青梅のジャムで緑色。きれいに透きとおっていて、お味もほどよい酸っぱさです。

朝食ブログも結構あります(お気に入りはこれ)。わたしは毎日飽きずに同じような朝食を食べながら、2012年も後半が半月すぎました。

p.s.
巴里祭に観たのは、『deux ou trois choses que je sais d'elle 彼女について私が知っている二、三の事柄』。まえから観たいと思っていたゴダールの代表的な作品です。登場するのは、パリに娼婦に裸に煙草。でも、会話の内容が深遠すぎて、何度も居眠り…(苦笑)。

連休最後の月曜日、楽しんで!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-07-16 01:23 | foodie | Comments(2)
巴里祭
a0147281_0172973.jpg

今日はバスティーユ・デー。フランスの建国記念日です。この日にこじつけて、世界中の食品業界がフランスの名産品を売りこむ日。

2、3日まえに観た『une femme est une femme』に「巴里祭」の文字があったので、わたしは古いパリの映画を堪能する日にします。
a0147281_0184536.jpg

古いフランス映画が好きになったのは、ある月刊誌で情報欄を担当していた18歳のころ。フィルムセンターから届く上映表がきっかけでした。

というわけで、年季が入っておりますが、大昔に観た映画を歳をとって観なおす、というのもいいもんです。とくに、ゴダールの作品などは。
a0147281_019422.jpg

先月、母に録画を頼んでいたゴダールの映画は、まだ観たことのなかったものや、観ていても記憶がないものばかりで、わくわくします。

今週になってようやく観はじめたところですが、ハリウッド映画とちがい、何ひとつ見逃さずに観るぞ、という覚悟をしなければなりません。
a0147281_0193460.jpg

ゴダールの映画には、著名人がたびたびカメオ出演(わかるのは有名女優ぐらい)し、会話にも、ほかの映画の話がよく出てきます。

この映画では、突然、ザジ(『zazie dans le métro 地下鉄のザジ』)が登場。いっぽう、哲学的な話を織りこむのも、ゴダール作品の特徴。
a0147281_0195111.jpg

いかにも、というフランス文化の雰囲気が随所に漂うこの映画、やや薄汚れた灰色のパリの街が、どこよりも華やかに見えるから不思議です。

当時のパリの色彩が、当時のテクニカラーで表現されていて、映画で使われる大道具に小道具、そしてファッションも、見逃せません!
a0147281_0203632.jpg

初めて訪れたときのパリの印象はこの映画のとおりでした。そして、どんなにパリが変わってしまっても、わたしのパリは永遠にこのまま…。

ところで、フランス建国記念日を意味する「巴里祭」は、ルネ・クレールの30年代の映画『quatorze juillet 』(いい映画です)の邦題から。
a0147281_0201215.jpg

この呼び名は、映画関係者とシャンソン愛好家たちのあいだで使われ、それから日本中に広まったそうですけど、昔の人は洒落てましたね。

dvd に落としたゴダール映画数本。everyman cinema のゴダール3本立て、なんていうのを思い出します。さて巴里祭の今日はどれに…。
a0147281_0214634.jpg

などとのんきなことをいっておりますが、多くの犠牲者が出た九州の豪雨は痛ましいかぎりで、大津のいじめ問題にも心が痛みます。内藤大助さんのこの励まし文、たくさんの子に読んでほしいです。なにはともあれ、連休の第1日目。楽しんでください!



英国発 london docomo のポータルサイトで外信コラムを連載中。
おヒマつぶしにどうぞ。↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-07-14 01:16 | miscellany | Comments(0)
| ページトップ |