Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(195)
(96)
(83)
(82)
(82)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
告別式の朝の柏葉紫陽花
at 2017-06-08 17:51
mitsouko
at 2017-05-30 22:32
今年も、エルダーフラワーの季節
at 2017-05-16 23:30
若葉のころ
at 2017-05-10 22:35
春紫 in full bloom
at 2017-04-29 14:03
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

<   2014年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧
カボチャの日のカボチャ
a0147281_23135416.jpg

ハロウィーン、といえばカボチャ。仮装にもtrick or teat にもこの年では縁がないので、今日をカボチャの日と勝手に決めています。

というわけで、ちょっと珍しい「そうめん南瓜」の紹介です。実際目にしたのも、お料理してみたのも、食べたのも初めてでした。
a0147281_23143765.jpg

英語では「spaghetti squash」。レシピサイトではわりよく出てくるので、このカボチャには、ずうっと、興味津々だったのです。

どんな調理法なら美味しくいただけるのか、初めてで味がわからないので、不味かったときでも(?)食べられるグラタンに。
a0147281_23135494.jpg

ほほ~う、こんな味か――淡泊で、あんまりカボチャっぽくはありません。それでパスタのように、ソースで食べるわけです。

欧米では最近「グルテンフリー」流行りで、小麦粉抜きのパスタ料理として、レシピではこのそうめん南瓜が使われています。
a0147281_23143746.jpg

グルテンフリーは、昔は麦アレルギーの人用に用意された料理でしたが、なぜ今はそれが健康食だといわれてるのでしょう…?

とにかく、好奇心は満たされました。正直にいえば、栗カボチャやバターナットスクワッシュのほうが甘くてホクホクしてて好き。
a0147281_23135522.jpg

じつは、神無月の最後の夜に食べたのは、全然ハロウィーンらしくない551の肉まん(豚まんですね、と訂正されました)とギョーザ。

久々に買ったので値上げされたかどうかは不明ながら、肉まんの皮、ちょっと厚くなったみたい(中身減)。円安の余波が、ここにも?
a0147281_23143966.jpg

本日のひと品: spaghetti squash gratin boats
(ベシャメルに小麦粉を使用しているので、グルテンフリーではありません)

よい連休を!

click↓ あぶそる~とロンドンもよろしく

d0159066_21085863.jpg




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2014-10-31 23:22 | クッキング savoury | Comments(0)
食用ホオズキのレモンケーキ
a0147281_13357100.jpg

先日の食用ホオズキで作ったのはこれ。レモン味のスポンジに、レモン味のクリームチーズをフロスティングしたケーキです。
a0147281_13354723.jpg

食用ホオズキを使ったお菓子のレシピをあれこれ比べ、結局、火を加えないで生のままの新鮮さを活かすことにしました。

じつはこれを作るまえ、チョコレートでコーティングしたホオズキ作りを試してみたものの、チョコがはがれてみごとに失敗。
a0147281_1335731.jpg

で、残しておいた大半が、なんの工夫もなしに、ケーキのうえの飾りになった、というわけです(あとはそのままつまみ食い)。

英語の名前がケープグーズベリーとなっているように、グーズベリーほど酸っぱくはないけれど、青い果実の酸っぱさが爽やか。
a0147281_1335846.jpg

十分にきれいだけど、色合いが少々淋しい気がし、コリコリした食感の米国産の種なしグリーングレープを足して…できあがり!
a0147281_13354915.jpg


本日の焼き菓子 : lemon flavoured spaonge cake with lemon cream cheese frosting + fresh cape gooseberries

別人に見えるレネー・ゼルウィガーの「新しい顔」がトピックの、
あぶそる~とロンドンもよろしくclick↓


d0159066_21085863.jpg




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2014-10-28 13:40 | クッキング sweet | Comments(0)
discover レトロ大阪
a0147281_22264682.jpg

道頓堀のグリコ第六代目看板が、ようやく昨夜、お披露目されましたね。というわけで、わたしも便乗して大阪の話題を披露いたします。
a0147281_22271585.jpg

じつは、引退生活を京都で送るはずの両親が、諸事情で京都がすぐそこという大阪に家を見つけたものの、結局、出かけるのはいつも京都でした。
a0147281_22271625.jpg

わたしも両親同様に、大阪人になったという自覚がないまま、かれこれ10年近くになるので、少しずつ、大阪を発見したいと思ってます。
a0147281_22264739.jpg

夏の光で季節を逆戻りしておりますが、8月の末に珍しく大阪のオフィス街で仕事があり、レトロ建築を見ながら遠回りして帰りました。
a0147281_2227175.jpg

雰囲気は、やはり歴史的建造物の多い、横浜の関内に似てます。でも、築110年ほどになる日本家屋もあり、いかにも船場という通りも。
a0147281_22271743.jpg

淀屋橋から中之島、御堂筋あたりが好きです。時間があったら心斎橋まで歩くのもいいかも(橋下さんには大阪シャンゼリゼ構想があるらし)。
a0147281_22264860.jpg

そこから難波まで頭の中でまだつながってないんですが。道頓堀まで行くと雰囲気ががらりと変わります。南青山の隣りにアメ横がある感じ。
a0147281_22271922.jpg

4、5年前、ikea に行くまえに娘と寄ったh&m のある道頓堀で、グリコの看板を見てひと目で好きになりました。こういう大阪って、cool。
a0147281_22271994.jpg

携帯で撮ったこの写真は、待ち受けにするため縮小してしまって後悔してます(わたしは今でもガラケー)。夜のグリコも、撮りたかったなあ。

a0147281_22265178.jpg

















看板自体は、キッチュな雰囲気が消えて少々残念ですけど、お披露目時の不具合も直ったようで、五代目、道頓堀名物男が帰ってきました!

p.s.
読売新聞のこの動画、なんつうか、観終わって、言葉を失いました(笑)。素人でも、もっと上手に映して編集する時代なのに…。機材とカメラマンの腕はあっても、新聞社の趣味なのでしょうね、こういう作り方が(読売はサイトのデザインも、なんつうか…)。動画を採用し始めたころは、印刷した新聞をただ映し出したのが「動画」となってたので、ま、それよりかは進歩したと言えますわね。

click↓ あぶそる~とロンドンもよろしく


d0159066_21085863.jpg




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2014-10-24 22:46 | デイアウト | Comments(4)
とびきり愛らしい食用ホオズキ
a0147281_1281146.jpg

ホオズキには「鬼灯」の漢字を当てるそう。怖いイメージになるものの、いずれにしても、ホオズキはフォトジェニック。
a0147281_1274032.jpg

ケーキにのっかったホオズキを目にして(たしか日本ではなかったけど)、ええ~!食べられるの?と驚いた経験あり。
a0147281_1274082.jpg

その食用ホオズキを、生まれて初めて食べました。1粒めは恐る恐る(笑)、2粒めはぱくり――甘酸っぱくて美味しい!
a0147281_12102046.jpg

一方、観賞用のホオズキは、子どものころに食べてみたい衝動に駆られたことはあるものの、食べたことはありません。
a0147281_1274132.jpg

英語では「中国のランタン」が一般名で、フランスでは「籠に入った愛(amour en cage)」と呼ばれてます。なるほど~。
a0147281_127428.jpg

じつはどちらも、東京の友人が送ってくれました。農家に転身したお兄さんのお手伝いで得た収穫を、このわたしにも。

昨年同様、青森のリンゴに新米に新米の玄米に、わざわざわ買ってくれた珍しい品々。ああ~幸せの秋。そして感謝!

click↓ バナナに潜む恐怖とロンドン市長がトピックのあぶそる~とロンドンもよろしく

d0159066_21085863.jpg





にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-10-22 12:17 | foodie | Comments(2)
今年もまた、一才山葡萄のジャム
a0147281_21402019.jpg

なかなか登場させられなかった、美味しい「秋紫」――うちの一才山葡萄で、今年もジャムを作りました。
a0147281_2139436.jpg

冬につるを大胆に切りすぎてしまったため、春になっても夏になってもつるがまったく伸びず、心配でした。
a0147281_21465618.jpg

でも、ちゃんと実をつけて、ジャムをひと壜、無事に作ることができました。いつ見ても、きれいな紫色です。
a0147281_21421833.jpg

じつは、収穫したのは真夏。一斉に熟したので少しずつ冷凍保存することなく、今年はいっぺんに葡萄狩り。
a0147281_21394550.jpg

ジャムは惜しみながら食べていたものの、トーストが美味しくなる季節に、壜はすでに空。秋の先取りでした。
a0147281_21394528.jpg

しばらく秋晴れがつづくそうですよ。よい週末を!

click↓ あぶそる~とロンドンもよろしく

d0159066_21085863.jpg




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2014-10-17 21:48 | クッキング preserve | Comments(0)
秋紫
a0147281_21455057.jpg

台風vongfongが接近していた昨日、早めにお隣の公園へ歩きに行くと、なんと、「台風により本日は公園を利用できません」の貼り紙が。
a0147281_214675.jpg

こんなことは初めて!――でも、ジョガーの姿がちらりほらりと見えたので、いけないとは知りつつ、小回りに歩いてきてしまいました。
a0147281_21455010.jpg

すっかりスーパー台風の通り道になってしまった日本列島。今週は、穏やかな秋の日々を、わたしたちに戻してくれるのでしょうか?
a0147281_21455170.jpg

公園では、夏の終わりにコムラサキの実が色づき始め、そのころヤブランも花を咲かせて、秋はとりわけ紫が目につくようになります。
a0147281_21455117.jpg

シオンは終わってしまいましたが、サルビアやジニアの仲間など、まだまだ紫色の花はあちこちで見られ、そばを通るのが楽しみです。
a0147281_21455218.jpg

メキシカンセージやラベンダーセージは、秋の公園の定番。加えて今年は、ダンギクが登場しました。花壇に優しい紫を添えています。


click↓ あぶそる~とロンドンもよろしく


d0159066_21085863.jpg




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



[PR]
by serendipity_j | 2014-10-14 21:52 | 花 park | Comments(0)
栗の和菓子と抹茶(in my way of tea)
a0147281_19591398.jpg

月に柿に栗。秋は好きなものが多くて忙しい季節です。神無月に入ったとき、何かお祝いをと思い、生まれて初めてお茶を点てました。
a0147281_1959195.jpg

卵白を泡立てるのは得意なんですけどね、お抹茶は未訓練。まずはこれを見て「m」と「の」を頭に入れ、儀式なし様式無視の点茶、開始。
a0147281_19591326.jpg

抹茶用のお茶碗ではないので、なかなかきれいな泡が立ちません。クリーミーとはいいがたいものの、ま、初心者はこんなもんです?
a0147281_19591494.jpg

でもいい香り~。そこで、母が買っておいてくれた栗の和菓子を。ほんとうは、お茶のまえにいただいてしまうものだそうですが(笑)。
a0147281_19591447.jpg

今年もやってきました、栗の季節。栗のお菓子が和も洋も出揃ってます。これほど栗を消費する国は、日本をおいてほかにないのでは?
a0147281_19591554.jpg


p.s.
雑誌ダ・ヴィンチ11月号の「絶対読んで得する14冊 by 7人のブックウォッチャー」で、西田藍さんから『使用人が見た英国の二〇世紀』が★★★★★をいただきました。藍さん、ありがとうございます!――久々の宣伝でございました。


click↓ あぶそる~とロンドンもよろしく


d0159066_21085863.jpg




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



[PR]
by serendipity_j | 2014-10-10 20:11 | foodie | Comments(0)
ブラッドムーン・ライジング

a0147281_23452116.jpg

皆既月食、ごらんになられましたか? わたしは幸運にも完璧な姿を眺めることができました。

a0147281_23452179.jpg
昨夜の月(top↑)もほんとうにきれいでしたが、今夜の月は、また格別。東の空に昇ったときは、レモン色。

a0147281_23452169.jpg
月が地球の影に入り始めると、冷たい銀色に。そしてだんだんその影の部分が、赤銅色に染まっていきました。

a0147281_23452180.jpg
この珍しい月は、「天体観測」というより「観賞」したいと思い、お隣の公園のいちばん高いところへ行くと…

a0147281_23452130.jpg
カップル、友人同士、愛犬連れ、お孫さんの付き添いのジイジとバアバ、などなど、お月見のお仲間がたくさん。
a0147281_00213214.jpg
公園に通ってかれこれ十年なるというのに、夜の公園はこれで2度目。「ブラッドムーン」のお月見、風流でした!


clickあぶそる~とロンドンよろしく

d0159066_21085863.jpg






にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-10-09 00:06 | 四季 | Comments(6)
京都四條南座

a0147281_21384746.jpg
先月の末、母を連れて歌舞伎を観に行ってきました。母にとってはウン十年ぶりの南座。わたしは初めて。海老蔵さんが来るなら観たいと…。

a0147281_21384747.jpg
南座は、待ち合わせ場所に使ったり、祇園に出るたび、前は通るんですけどね。なかに入ったことがなかったので、建物自体を見るのも楽しみ。

a0147281_21384734.jpg
照明器具や御影石の壁の、レトロな和洋折衷が京都らしくて素敵(とはいえ建替え前の銀座歌舞伎座の「東京らしさ」は、もうあまり記憶になし)。

a0147281_21384749.jpg
市川海老蔵演じる『壽(ことほいで)三升景清』。いやあ、荒事の十八番を堪能いたしました。そして津軽三味線の悲しい音色、酔いしれましたね~。

a0147281_21384766.jpg
前日、億劫になった母が「行く自信ない」などと言い出し、「途中で出てもいいから」となんとか説き伏せたものの、当日の朝までドタキャンを危惧。

a0147281_21384740.jpg
無事に行けてよかったです、久しぶりに外出した母も楽しめてたようだし。千秋楽とあって、役者の方々も最後の挨拶はほっとされてた感じでした。

a0147281_21384771.jpg

そうそう、前回の記事でパスタ三昧が計画倒れになった、その肝心の理由を書き忘れてました! 計画通りにできなかったのは、お昼に飲んだワインのおかげでまったりしすぎ(つまり、ほろ酔い状態)、夕飯を作れなくなったからでした
。結局、前夜のパスタとツナステーキの残り物ですませる破目に(トホホ)。


click↓英国カー事情がトピックのあぶそる~とロンドンよろしく

d0159066_21085863.jpg




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



[PR]
by serendipity_j | 2014-10-06 21:51 | 京都 | Comments(0)
日曜日のピクニック(at home)

a0147281_22440729.jpg
先週末はやっぱりパスタ日和で、予告したとおりイタリアンな土曜日をすごし、日曜日も続けてパスタ三昧、のつもりでしたが計画倒れに…。

a0147281_22440725.jpg
日曜日はお隣の公園でピクニックをするつもりで、ヴェトナム風のサンドウィッチを作り、さて、飲み物はどうしよう?と迷った段階で中止。

a0147281_22440771.jpg
どうしても、冷えた白ワインを飲みたかったので、家で食べることにしました。赤い顔を大勢の人に、お見せするわけにはいきませんから。

a0147281_22440793.jpg
そこで、バルコニーにテーブルを出そうとしてみたものの、陽射しが強すぎてこれも断念。結局、窓を開け放してアフレスコ気分を半分だけ演出

a0147281_22440719.jpg
最近は、ワインといえばスクリューキャップばかりでしたので、久々にいい音をさせて栓を抜くと、甘酸っぱい芳しい香りが。これでなくちゃ!

a0147281_22440864.jpg
オーセンティックな「バンミー」を作ろうと張り切って計画していましたが、あいにく京都のデパ地下には、コリアンダーがありませんでした。


いずれにしても、ニンジンのピクルスの代わりに、キュウリのピクルスと生のニンジンをたっぷりはさんだ、「な~んちゃってバンミー」です。


でも、バゲットにニンジンがこんない合うとは意外!


本日のサンドウィッチ: baguette sandwich (fillings: good-quality ham, red onion,carrot, pickled cucumber, three kinds of salad green)


↓あぶそる~とロンドンもよろしく!

d0159066_21085863.jpg




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-10-02 22:49 | クッキング savoury | Comments(2)
| ページトップ |