Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(193)
(96)
(82)
(82)
(81)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
春風とワンダーラスト
at 2017-04-20 14:02
まだまだ桜(goodbye ..
at 2017-04-15 14:32
春雨と桜
at 2017-04-09 11:23
桜の春
at 2017-04-06 20:08
杏の春
at 2017-03-28 15:36
記事ランキング
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

<   2015年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
紫陽花月
a0147281_12571645.jpg

これまでのところは、やや雨の少ない今年の梅雨。住んでいる地方にかぎってのことですが、たいてい夜中に雨が降り朝にはあがります。
a0147281_12573643.jpg

a0147281_1257585.jpg

そして今年は、紫陽花の当たり年。わが家の白い紫陽花もたくさん花をつけました(残念ながら緑に変わるまでに、無数の茶色い染みが…)
a0147281_12581659.jpg

a0147281_12583734.jpg

お隣の公園の紫陽花は、ここ数年でいちばんの美しさ。雨と日光の量がちょうどいいのか、今年は、色の鮮やかさがきわだっているようです。
a0147281_12585951.jpg

a0147281_12591785.jpg

モップヘッドやレースキャップのピンクに紫にブルー。どれも花が大きく、どれもはっきりと色の変化を見せて、長い見ごろを保っています。
a0147281_12593489.jpg

a0147281_12595287.jpg

色の変わらないオークリーフだけは、すでに瑞々しさを失っていますが…(白がきれいだったときに、写すチャンスを逃してしまいました)。
a0147281_130375.jpg

a0147281_1301964.jpg

公園ではほうぼうで紫陽花が見られるものの、数種類の紫陽花を集めて植えた場所では、今年はとりわけ目の覚めるようなブルーがみごとです。
a0147281_1305839.jpg

a0147281_1311970.jpg

どちらかというとわたしは、整然と並んだ紫陽花よりも、木立のあいだや水辺でたくましく咲く、野性味を感じさせる紫陽花を見るのが好き。
a0147281_1313823.jpg

a0147281_1315483.jpg

そしてなかでも「ヤマアジサイ」が好き、と最近わかったわたしですが、それにしても紫陽花は、品種改良によって無数の品種が生まれています。
a0147281_1321336.jpg

a0147281_1323499.jpg

紫陽花月の水無月も、あと5日。あの(酷な)夏がやってくるまで、気持ちと体の調子を整えるいい時期です(ちょっとのんびりしすぎたか?)。


なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-06-25 13:06 | 花 park | Comments(0)
月曜日の白 #48 (white hydrangea)
a0147281_13551640.jpg

インターネットのおかげで、ほんとうに長いあいだ音信不通になっていた旧い友人や知人の消息を、見つけられることがたまにあります。

ふと思い出した人の名前をパソコンのキーで叩いて、google にエンターすればいいだけ…。そしてある日、旧友の予期せぬ事実を知るのです。
a0147281_1403867.jpg

子どもたちが小さいかった横浜在住時代、息子同士がおなじ幼稚園で、おなじ集合住宅に住んでいたタッコさん。2年前に亡くなっていました。

文化出版で雑誌の編集者をしていた彼女とは、おなじ世界が分りあえ、年と母親業では彼女が先輩でしたが、下の娘をおなじ年に産みました。
a0147281_141583.jpg

いつしかわたしも彼女のサークルに仲間入りし、楽しい日々をすごしました。子どもが幼いころのママ友とは、とりわけ親密になるようです。

おたがい、専業主婦のままで一生を送るつもりはなく、育児と家事に追われながらも、社会復帰の道をいろいろ考えていたような気がします。
a0147281_1412945.jpg

いつか復帰したいと言っていた仕事関連か、もしくは著名な医学博士のお父さまの関係で、ウェブに名前が出てくるかもしれないと思ったのです。

収穫のないまま数ページ進めると、(当時、ある月刊誌の編集長を務めていた)ご主人の、妻の永眠を知らせるツイートが、google に現れました。
a0147281_1415944.jpg

闘病をへてのことだったようです。横浜の息子夫婦の家に滞在したさいは、集合住宅の玄関で名前を確認し、いつか訪ねようと思っていたのに…。

息子にメールを送ると、ちょうどその日は根岸森林公園へ行き、道の向かいのかつてのわが家を見あげながら、僕の原風景はここだ、と思ったそう。
a0147281_1422171.jpg

娘の出産で入院中は、「僕の分のお弁当をつくってくれたの、覚えてるよ」との返信に、ああ、タッコさんにはそんなこともしてもらったのか、と感無量。

いつになくしんみりした、息子のメールでした。それにしても、彼女にかぎらず友人にはずいぶん助けられました。女友だちは掛け替えのない存在です。
a0147281_1424024.jpg

また横浜に滞在することがあっても、あの元気なタッコさんに会いにゆくことができません。3人の子どもたちは、どんな大人になったのかしら?

わたしたちが住んでいた集合住宅の敷地に咲いていた紫陽花を、ふと思い出しました。水無月は、亡き人を偲ぶにはふさわしいような気がします。

夏至の日の今日、久しぶりの「月曜日の白」は亡くなった旧友を想うわが家の紫陽花。本格的な夏はまだまだこれからだというのに、明日からは日が短くなるわけです。よい週を!

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-06-22 14:10 | 月曜日の白 | Comments(0)
梅雨どきの梅ラム
a0147281_16584980.jpg

ここ何日かは、梅雨らしいお天気です。梅雨になると、気になる(木に成る!)のが梅。丸くて青い梅を見ると、どうしても、梅酒をつくりたくなります。
a0147281_1659941.jpg

ホワイトリカーで漬けたりブランデーで漬けたり、これまで何度かつくってみて、やっぱりわたしは梅酒が得意ではない、とわかったというのに!です。
a0147281_16592952.jpg

好きになれなかったのは、梅を漬けるお酒のせいかもしれない、と思い、去年、ホワイトラムで漬けてみました。それがちょうど飲みごろのはず…。
a0147281_16595342.jpg

というわけで、一年たって琥珀色に染まった梅ラムを試飲。香りはやっぱり梅酒の香りですね(笑)。どれを使って漬けても、あまり変わりはありません。
a0147281_1701310.jpg

ロックで試して…ちょっと濃いのでソーダで割って…ちょうどいいみたい。けれどやっぱり、この味よりも、壜のなかの梅の変化を見るのが好きなのかも。
a0147281_1705694.jpg

梅を漬けるこの時期は、とにかく忙しくなります。なにが忙しいかというと、梅や桜桃しかり、杏にプラムに桃と、ストーンフルーツの旬が目白押しだから。
a0147281_1703424.jpg

早生の栽培が盛んなため、最近は夏の果物が一時に出回り、いつなにを買えば失敗がなくいちばん美味しく食べられるか?と悩み多き時期なのです。

(今朝、温室栽培の新物のミカンがチラシに載っていました。梅雨にミカン? 輸入物ならまだしもね~。果物の流通は、もっと季節感を尊重してほしいな)

どうぞよい週末を!

先日、東京オフ会も開催された、あぶそる~とロンドンもよろしく!
(どの焼き菓子も、食べたかった~!!)

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-06-19 17:15 | クッキング preserve | Comments(2)
初夏の小さな赤い果実たち
a0147281_20273042.jpg

旬がなくなりつつある果物でも、旬以外にはお目にかかることのない桜桃。今年も佐藤錦が出回りました。そして、果物の宝石にふさわしいお値段で(笑)。
a0147281_20275620.jpg

じつは、お隣の公園では5月に桜桃が実ります。「もいではいけません」という注意書きを、無視せずにはおれない、「大きくなった男子」をよくみかけます。
a0147281_20281981.jpg

注意書きのない場所もあるものの、どうせ手が届かないし、と思っていたら、パパパッと木に登ってもぎとる「高齢女子」の姿に、言葉を失うことも(笑)。
a0147281_20285323.jpg

かくいうわたしも、小雨の降るある朝、「もち帰ることはできません」との注意書きに反し、泥と草のあいだに落ちている桜桃を、パパパッと拾いました。
a0147281_20291394.jpg

わたしも同罪です。が、落ちて腐ってゆくだけの果実を、活かすために拾うことを、神さまはきっと許してくださるはず、などと考えるのは都合よすぎ?
a0147281_20294418.jpg

ともかく、泥だらけの桜桃はよく洗い、リキュールに浸したスポンジケーキでトライフルもどきにして美味しくいただきましたし、桑の実は今年もジャムに。
a0147281_2031043.jpg

そうそう、今年はじめて、近所の土手で木苺を発見。ためらった末、摘んで帰って調べると、モミジイチゴという種類。日本にも木苺が自生していたなんて!
a0147281_203135100.jpg

でも、たとえだれも見向きもしない落ちている実でも、自生している木の実でも、果実をとるときは雑草を摘むのとちがって、罪の意識がともなうものです。
a0147281_20315565.jpg

山へ山菜を採りに、森へベリーを摘みに、な~んていう野趣な愉しみ方がわたしの夢なのですが、その山や森のオーナーの許可がいる?と考えると興醒め。
a0147281_20321151.jpg

そこいくと、わが家の四季なり苺や野苺は、すべてわたしのもの(笑)。水やりぐらいで手をあまりかけていないので、年々、収穫量が減ってはいますが…。
a0147281_20323034.jpg

苺の鉢の痩せた土を、全とっかえしなきゃ、と思いつつ、もう何年もやりすごしている一方で、先月、木苺の鉢を買いました。来年は実がなるでしょうか?



なでしこjapan、決勝進出が決まりました! スポーツの応援が、ますます忙しくなる季節です。でも、競技ファッションが華やかなのは、やっぱりテニス。車椅子の部では国枝選手が2冠に輝いた全仏オープンは、各選手のウェアを見るのがじつに楽しかった! ウェアは白一色と決められているウィンブルドンもまもなく開幕ですが、今回は全仏のウェアに対するメディアの反応(+個人的見解)について書いてます。

あぶそる~とロンドンをよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-06-13 21:11 | クッキング sweet | Comments(0)
6月の(理想の)庭
a0147281_23255097.jpg

昨日の夕方、爽やかな風が吹くお隣の公園を歩きながら、幸せ~という言葉以外思いつきませんでした。というか、なんだかもうけた気が…。
a0147281_23261431.jpg

a0147281_23263351.jpg

a0147281_2326562.jpg

a0147281_23271699.jpg

a0147281_23273591.jpg

梅雨のはずがカラリと晴れあがり、公園の花壇はどこを見てもすでに夏の花が満開。それでいて、夏の暑さに疲れるまえなので瑞々しいまま。
a0147281_2329254.jpg

a0147281_23292287.jpg

a0147281_23294167.jpg

a0147281_2330148.jpg

a0147281_23302072.jpg

木々の緑は、若葉色からもっとも濃くなる真夏の緑の中間、といったところで、ほんとうに目に心地好く、青い空にとてもよく映えています。
a0147281_23304364.jpg

a0147281_2331616.jpg

a0147281_2331492.jpg

a0147281_23321244.jpg

a0147281_23323440.jpg

朝まで強い雨が降ったせいで空気が澄み、空を見ているとまるで秋のようでした。そして帰宅したころには、思ったとおりのきれいな夕焼け…。
a0147281_23325479.jpg

今日はロンドンから一時帰国中のあぶそる~とロンドン編集長と1年ぶりで会い、梅田でランチ(ロンドン土産は後日、見せびらかさせてくださいね)。

昨日に引き続き湿度がそれほどなく、まあまあのお天気でした。明日からはまた梅雨空が戻るようです。梅雨にあの猛暑に…覚悟しなくては。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-06-07 23:36 | 花 park | Comments(2)
空豆のタルティーヌ
a0147281_2133615.jpg

恒例の空豆on toast――呼び名は、クロスティー二であれブルスケッタであれタルティーヌであれ、これを食べなければ、夏はやってきません!
a0147281_2135870.jpg

とはいうものの、空豆の早生は3月末に出回りますから、毎年、食べるのは夏になるずっとまえの春。ともかく、今年は、空豆を食べそびれてました。
a0147281_2141736.jpg

2週間ほどまえ、和歌山から軽トラックでやってくる露店をのぞくと空豆が…。でも、サヤにいつものツヤ(↑のような)がない、どうしたもんか…。
a0147281_2145790.jpg

迷った末に買って帰り、すぐにサヤをむいてみると、ちゃんと太って新鮮な豆が入っていました。で、さっそく、空豆を茹でて軽くつぶしてパンに。
a0147281_2151786.jpg

イタリアではこれにペコリーノなんですけどね、もちろんないので代わりに生ハムをプラス。越冬して花が咲いたコリアンダーものせました。

本日のひと品 : taritines de jambon et fèves à la coriandre


というわけで、(なにしろ食べられないものが多い)母の食事係になってから、お料理への挑戦意欲は低迷期なのですが、今年も美味しく空豆を食べられたので、これで夏を迎えられる!と思った矢先の暑さでした。が、夏になるまえにやっぱりあったのが、そうです、梅雨。今日、近畿地方は、ウェルカムじゃない梅雨に入ったもようです。それを聞いただけで、気持ちが雨空のごとく暗くなりました。それでなくても、お昼にティーポットをまたわってしまい(この1年で3つめ)、心はズ~ンと重く…。

ところで、昨夜は、せっかく母の家で、錦織選手の出る全仏準々決勝をlive で見られたというのに、ああ、負ける!と思うと怖くて怖くて、いつもとは別人のみたいな放心状態のようなプレイを、とても見ていられず、深い落胆とともに、(ちょうど試合が中断する直前の)第2セットでテレビをスイッチoff ――(昨年の全米決勝とまったくおなじ感じ)。自分の(自分でも意外!)小心ぶりには、ほんと、驚きます。それでも、わたしが寝ている間にパリで奇跡が起こったことを願いながら、今朝、自宅に戻ってインターネットで結果を見ると、あのあと、アクシデントによる中断があって、それから不死鳥のように甦って2セット取っていたんです! 面白い試合を見逃した自分は、大バカモノでした。結局は負けてしまったんですけどね、決して、あのままの負け方ではなかったんですよ。どんな試合運びだったのかと、あれこれネットサーフィン…。動画で、試合後のコートでのツォンガ選手の奇妙な動きを観て、うれしさで頭がおかしくなっちゃったの?と思ったら、じつは、ひどく感動的な行為だったんですね~、roland je’ t(最後の仕上げに、自分が横になってつくった人文字!) aime なんて…。笑顔からこぼれた白い歯が、印象的でした。洒落てるう!! でも、決勝はまだだぞ~。


なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-06-03 21:21 | クッキング savoury | Comments(0)
| ページトップ |