Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(204)
(99)
(84)
(83)
(83)
(83)
(80)
(77)
(76)
(76)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
"hygge" ティータイム
at 2017-12-12 23:23
冬将軍の到来で紅葉は“最終章”
at 2017-12-06 22:14
霜月のセレンディピティ
at 2017-11-30 22:39
終盤に近づく紅葉“第三章”
at 2017-11-26 12:35
味覚の秋(寒さは冬のようだけ..
at 2017-11-22 21:01
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

<   2016年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧
野趣なハーバルティータイム(+ prince の3ショットのオマケ)
a0147281_19455149.jpg

摘みたてのカキドオシがハーブティーになると知った以上、試さない手はない? この時期を逃すと1年待つことになるため、急いで「秘密の花園」へ。
a0147281_1946948.jpg

ピークは過ぎたものの、薄紫の花はまだ咲いています。小雨がパラパラと降り始めたなか、柔らかい茎を選んで欲張りに摘みました(半分は乾燥用)。
a0147281_19462635.jpg

というわけで、野趣で春らしいティータイム。とっておきのお菓子は、純和風でもなく純洋風でもない、源 吉兆庵の花皐月(母のいただきもの)。
a0147281_19464344.jpg

10分ほど待ち、ほんのり緑色になったカキドオシのお茶は、なかなかいい香りがします。春の若草の香りと、薬草独特のわずかに鼻をつくような香り。
a0147281_19465861.jpg

飲んでみると意外に清涼感があり、生の葉で淹れたミントティーにちょっとだけ似ている感じ。カキドオシとミントは親類ですから、あたりまえ?
a0147281_19471548.jpg

海外のサイトを調べると、フレッシュでもドライでも、ground ivy(カキドオシ)のお茶には蜂蜜がつきもののよう。でも、甘いお菓子には抜きで。
a0147281_19473178.jpg

本日のハーバルティータイム : fresh ground ivy tea + steamed red bean cake ‘hana-satsuki’


いまだに、prince 追悼の「purple rain」をyoutubeで観ています。そういえば、コンサートにも行ったことがあったんだ(武道館だったかな?)、と今ごろ思い出しました。小柄なprince が遠くて、あまりにも小さすぎて、感動がイマイチだったので、すっかり忘れてました(笑)。一方、先日お話ししたprince とプリンス(charles)が会ったパーティでの写真が、最近、あちこちの追悼記事にアップされてます。で、わたしもアップ。当時の奥さんのmayte とlenny kravitz の3ショットです。パーティ会場では、取材クルーのカメラマンも全員タキシード着用というグラマラスさ! プレス写真だけの思い出(証拠?)ではつまらないので、わたしはホテルのアメニティーキットに入っていた使い捨てカメラ(無料だと思ってたのにバカ高い値段がついてた!)をこっそりパーティに持ち込み、セレブをバシャバシャ撮りました(関心はなかったものの、一応、チャールズ皇太子も)。今なら誰もがiphoneで自撮りしたでしょうね。スキャンしたのがどっかにあるはずなんですけど、捜すのが面倒なので、アルバムからベストショットを1枚。今は亡きprince …あああ、「お宝写真」になってしまった。

どうです、カメラ目線でしょ?
a0147281_19485285.jpg

yes, i was there and photographed prince, mayte & lenny kravitz @de beer and versace "diamonds are forever" charity fashion event on 9th june, 1999...my fondest memory


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-04-26 20:20 | weed | Comments(0)
卯月の薄紫(tribute to prince)
a0147281_13544255.jpg

今朝、online ニュースを見て最初に飛び込んだのが、mr. purple rain の訃報でした。先日の「救急搬送」の件は知っていましたけど、突然すぎます。

エキセントリックな風貌に馴染めず、ほんとうに音楽的な才能のある人だと気づいたのは、映画の公開からだいぶたってのことでしたが、大好きでした。

大昔、仕事で出た慈善パーティでは、なんとチャールズ皇太子とプリンスが同席!prince & prince に、セレブ以外の者たち(わたしも)は興奮のるつぼ。

ともかく、薄紫色の「lovesexy」をよく聴いていたあのprince が目のまえに現れ、この世の出来事とは思えないひとときでした(証拠の写真は、あり)。
a0147281_135521100.jpg

さて、新緑に華やかさを添える薄紫の花が野に咲いています。スミレはこれでもう終わり。でも、この春の発見がカキドオシ(glechoma hederacea)です。
a0147281_13554352.jpg

お隣の公園で群生している場所に初めて気づきました。ある朝、片手で持てるだけ摘み…愛らしいマツバウンラン(nuttallanthus canadensis)もついでに。
a0147281_1356382.jpg

ところでカキドオシは、野に育つ薬草のひとつでした。ヨーロッパではサラダにもするようですが、そのままか乾燥させてハーブティーとしても飲めるそう。
a0147281_13563080.jpg

今は亡きprince を見たパーティも春でしたので、藤やライラックの咲く春は、やっぱり薄紫のイメージ。想い出に浸りながら、それを飲んでみましょう。

そしてオマケは、どこを見ても道端でたくましく繁殖している、ナガミヒナゲシです。雑草となってミニチュア化してますが、それがまた可愛く見えたりも?
a0147281_13565920.jpg

というわけで、これも、つい、摘まずにはおれない野の花のひとつ。もっとも、薄紙のような花びらは、家に着くころには落ちているのがふつうです(苦笑)。
a0147281_13573886.jpg

今日はラジオからprince の曲が流れてくるので、すっかり、purple rain の「あの日」にかえっています。が、被災地に雨が降らないことを祈るばかり。

よい週末を!

happy 90th b-day エリザベス女王あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-04-22 14:23 | 花 indoor | Comments(0)
老松の夏柑糖
a0147281_2263684.jpg

兄の七回忌の法要があり、久々に京都で親類が集まりました。それに出席できなかった母のハトコが、先日母を訪ねてくれたときの手土産がこれ。
a0147281_227677.jpg

たまに登場するハトコのお兄さんで、兄とわたしが生まれた東山三条にある、いわゆる町屋に住んでいます。亡き兄にとっては兄貴的存在でした。
a0147281_2273531.jpg

いつも京都の美味しいものを(奥さんが持たせて)お土産にくださるので、わたしはつい期待してしまうのですけど、この「夏柑糖」には、大感激。
a0147281_2275640.jpg

なにしろ京都の老舗のお菓子には、こだわりと、美意識と、技術があるでしょう? でも、かなり高級品なので、自分用にはなかなか買わないし…。
a0147281_2285061.jpg

というわけで、いただいてすごく嬉しい、けれど食べてしまうのがもったいないほど美しい、「山人艸果」というネーミングも素敵な老松の夏柑糖。
a0147281_2291229.jpg

わたしは切らずにスプーンを入れて、豪快に、贅沢に、いただきました。一度に食べられない母は小分けにして…。切った断面がとてもきれいです。
a0147281_2293864.jpg

それにしても見事な夏ミカンの皮。捨てるのが惜しく、マーマレードをつくりました。レモン果汁を加え、あとは空になった夏柑糖の皮とお砂糖だけ。
a0147281_2210532.jpg

昨日の法要に、そのハトコの奥さんのためにひと壜持参。美味しいものをいただいてお返しがこれでは、ほんとうにつまらないものですが、だわね~。
a0147281_22102352.jpg

ご近所にも夏ミカンがたわわに実るお宅が数軒あります。レモンと違って、わりとありふれた光景です。その夏ミカンのゆくえ、妙に気になってます(笑)。
a0147281_22104139.jpg



大きな被害をもたらし、そして現在も続く熊本と大分の地震。ニュースを聞くたびに、辛くなります。せめて、早く揺れが止まってほしい…。大地震が、いつどこで起こってもおかしくない国に住んでいるのです。つくづく、日本に原発は無理、と思いました。


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-04-17 22:21 | foodie | Comments(0)
春の優しいピンク(最終編)
a0147281_22391916.jpg

季節は移ろい、春爛漫。優しいピンクを追いかけて、ソワソワからウキウキへ。けれど今は、ちょっと待ってくださ~い!とフウフウいっている感じ。
a0147281_22393855.jpg

八重桜もついに満開です。母は今年も、隣町に住むハトコのお嫁さんから、お庭で咲く見事な八重桜を何本かいただきました(写真は去年のもの↑)。
a0147281_22395664.jpg

お隣の公園には、種類のちがう八重桜がほうぼうに植えられているものの、広大な敷地なので、とても全部は、その見ごろを追えそうもありません。
a0147281_224014100.jpg

話はちょっと古くなりますが、去年は母のハトコのお宅でリンゴの花のお花見をしました。英国のお庭ではふつうに見かけるのに、日本では珍しい…。
a0147281_22403724.jpg

とても懐かしくなりました。そしてこのリンゴ、なんと食べ終わったリンゴの種を植えたのが、年を経て、花を咲かせて実がなるまで育ったのだそう。
a0147281_22405542.jpg

そうそう、バラ科の花ではありませんが、優しい春のピンクをおまけにひとつ。誰が撮っても美しい写真が撮れる、フォトジェニックな乙女椿です。
a0147281_22411353.jpg

ほぼ隔週で登場してきた春の優しいピンクの季節 も、じきに去ってゆきます。本格的な新緑のシーズン到来。(気が早いですけど)よい週末を!


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-04-13 22:50 | 花 indoor | Comments(2)
パスタ・プリマヴェーラ(plusウニ)
a0147281_15362732.jpg

まさに、完璧な花散らしの雨でした。まだ枝についている桜の花は、わずか2割ほど。まあ、遅かれ早かれ、八重桜と里桜の季節を迎えますが…。
a0147281_15364387.jpg

先週の土曜日は完璧なお花見日和でしたが、母は公園まで歩けなくなりましたし、歩けても行きたがる人ではないので、残念ながら、今年もパス。
a0147281_15365713.jpg

そのかわり、家から外の桜を眺めながら、「春のパスタ」でひとりお花見を決めこみました。カナダ生まれのこのお料理は、要するに春野菜のパスタ。
a0147281_1537129.jpg

とはいうものの、空豆は、年末に買って冷凍しておいたもの。春っぽい感じに仕上がったのは、越冬したフェンネルが咲かせた、小さな花のおかげ。
a0147281_1537245.jpg

せっかくのお花見ですからね、贅沢感を味わうために、とっておきウニも、冷凍室から出して加えました(半分だけ卵黄を合わせてからめます)。
a0147281_15373899.jpg

ウニをからめるまえに、レモンをギュッと絞って…。どちらかというと、緑のお野菜が中心の、いかにも春らしいタリアテッレでした(母には内緒 笑)。

本日のパスタ : tagliatelle alla primavera con riccio di mare e fiori di finocchio

よい週末を!  あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-04-08 15:45 | クッキング savoury | Comments(2)
桜、満開の散歩道
a0147281_1233983.jpg

どこを見渡しても花盛りです。桜の見ごろを逃すまいとソワソワしたあと、ふだんどおりの生活ではあるものの、ウキウキ気分で桜色に染まった週末。
a0147281_12333012.jpg

a0147281_12334898.jpg

a0147281_1234683.jpg

a0147281_12342914.jpg

土曜日、お花見でにぎわう公園を歩いていると、幼い男の子が桜を見ながら、「満開ですね」。そのどこか大人びた口調に、思わずにっこりしました。
a0147281_12345919.jpg

a0147281_12351676.jpg

お隣の公園では、染井吉野のほか、大島桜、紅枝垂れ、山桜などがピークを迎え、あとは花吹雪となって散るだけ。でも、それもまた風情があります。
a0147281_12353693.jpg

a0147281_12355374.jpg

a0147281_12361419.jpg

染井吉野よりもさらに優しい印象の山桜は、淡いピンクの花びらと褐色がかった若い葉の、色のコントラストが絶妙です。友禅染に、ありそうな色と柄?
a0147281_12363352.jpg

a0147281_1237063.jpg

町内会では、桜祭りが開かれていました。「南京玉簾」のパフォーマンスに足を止め、久々に見るジャパネスクな着物に見とれて(演技より?)…カシャ。


お、花曇りながら陽がさしてきました。よい週を!


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-04-04 12:41 | 花 park | Comments(0)
| ページトップ |