Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(195)
(96)
(83)
(82)
(82)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
告別式の朝の柏葉紫陽花
at 2017-06-08 17:51
mitsouko
at 2017-05-30 22:32
今年も、エルダーフラワーの季節
at 2017-05-16 23:30
若葉のころ
at 2017-05-10 22:35
春紫 in full bloom
at 2017-04-29 14:03
記事ランキング
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

<   2016年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧
紅葉スモモ(チェリープラム)で、ジャム
a0147281_17351487.jpg

朝は青空ものぞいていたのに、お昼から降り出した雨…。止みそうもありませんが、雨があがったときは、いつも真っ先にお隣の公園へ歩きにいきます。
a0147281_1735398.jpg

先日、雨あがりに訪れた公園で、久々に花木園の横の小路をとおって帰ろうとしていたら、ボトン!という鈍い音とともに、紅葉スモモの実が落ちてきました。
a0147281_17355760.jpg

花木園の紅葉スモモは毎年たくさん実をつけるものの、全部固いうちに落ちるので、「飾り」用に数個拾うだけです。ところが、落ちていたのは完熟スモモ!
a0147281_1736196.jpg

それもあたり一面に…。ただし、どれも熟しすぎていて、つぶれているのがほとんどです。それでもよく選んで、小さなバッグがいっぱいになるまで拾いました。
a0147281_17363679.jpg

考えてみると、公園の紅葉スモモが成る季節は、もう10回以上も巡ってきましたが、こんなことは初めて…。嬉しくなって、ジャムづくりにとりかかりました。
a0147281_17365284.jpg

とはいえ、つぶれた部分などをとりのぞかなければならないし、ここのところジャムづくりがつづいていたので、少々、面倒な気もしたのですけどね(苦笑)。
a0147281_17371893.jpg

そんな億劫な気持ちを克服した甲斐があり、素晴らしくきれいなルビー色の、チェリープラムジャムの完成です。お味のほうも、酸味と甘みのバランスが絶妙。
a0147281_17374094.jpg

市販のペクチンを使わないで固めのテクスチャーにするには、種をいくつか一緒に煮るのがこつ。長期保存のためにお砂糖はしっかり入れて、煮沸消毒もします。

本日のプリザーヴ : foraged cherry plum (purple-leaf plum) jam


p.s.
どうも今年は、ショッキングなニュースが多すぎます。日曜日の朝、衝撃を受けたのはこれ。わたしの大好きなビル・カーニングハム(彼はこう発音)が、亡くなれてしまった…。new york times でon the street を観る愉しみが、なくなりました。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-29 17:58 | クッキング preserve | Comments(0)
サクランボなしには始まらない、夏
a0147281_14283839.jpg

外は今、土砂降り。昨日の午後はさわやかに晴れて、夏らしい気分になれました。でも夏は、これを食べなければ始まりません。そう、サクランボです。
a0147281_15441791.jpg

そして、夏を迎えるさいの決まりごとになったのが、サクランボのクラフティ。夏らしい日になった昨日のティータイムにつくり、「儀式」をしました。
a0147281_15444196.jpg

クラフィティはよくつくるのに、毎回ウェブでレシピを探すことになります。david levovitz が貼った動画のフランス人シェフの、キルシュの量には驚き!
a0147281_15445876.jpg

小麦粉だけでなくアーモンド粉を入れると美味しくなるのは、当然ですよね? けど今回はいつもどおりに小麦粉だけにし、キルシュを自家製桜桃酒で代用。
a0147281_15451943.jpg

というわけで、夏至をすぎたので公式に、サクランボを食べてワタシ的にも、ついに夏が始まりました。とはいえ、季節は梅雨の真っ最中(雨脚は遠のいたよう)。
a0147281_15453641.jpg

そうそう、パソコンにclassic fm のアプリをインストールしたら、dj は昔のままで英国のニュースもリアルタイムで入るので、ちょっとロンドンに戻った気分…。
a0147281_15455537.jpg

本日のプディング : clafoutis aux cerises japonaises

その英国で、昨日行われた国民投票の結果は現在、eu 離脱派が優勢! う~ん、なんか複雑…。スコットランド独立を問う投票があったときも、そして米国の大統領候補を決める予備選挙でも、支持率が拮抗して世論を二分、という現象がつづいています。な、なんででしょう?

もう運命が決まってしまっている来週の英国では、ウィンブルドンの本戦が始まります。eu 離脱でもウィンブルドンに影響はないはずですが、雨がね~、心配。

雨にたたられた全仏オープンでしたが、ビデオがよくできてるので、これを見ながら、今度こそ!と日本人選手たちの活躍に、期待をふくらませましょう。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-24 14:55 | クッキング sweet | Comments(0)
霖雨、でもないけれど…
a0147281_16305654.jpg

月曜日の夏至の日に満月が重なり、「ストロベリームーン」が見られる!と期待したものの、あいにくの曇り空でした。日本は梅雨ですから、仕方ない…。

苺が旬の6月の満月につけられた名前だそうですが、夏至の夜の「苺月」ならさらにロマンティック。が、いずれにしても、日本では苺の季節も終わってます。

というわけで、ないものねだりをせず、日本ならではの梅雨らしい景色に目を向けましょう(笑)。たとえば、雨に濡れながらも甘い香りを放つクチナシなど。
a0147281_16313161.jpg

a0147281_1631556.jpg

a0147281_16321145.jpg

梅雨の合間の晴れた日のみ、咲く昼顔。梅雨明けとともに繁茂する雑草の勢力争いが始まり、昼顔は目立たなくなります。そう思うと、この平凡さが愛おしい?
a0147281_16322956.jpg

ほとんど花の咲き切った花菖蒲園は、あと数日で閉園です。いつでも行ける距離にあるという油断から、また、ライトアップの期間に行き損ねました。来年こそ!
a0147281_1632516.jpg

a0147281_1633155.jpg

a0147281_16333562.jpg

a0147281_16335182.jpg

紫陽花とならび、梅雨につきものの露草。この園芸品種は「紫御殿」という名前がつけられています。英名の「purple heart」とは、印象がだいぶ異なりますね。
a0147281_16341112.jpg

happy rainy day!


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-22 16:46 | 花 park | Comments(0)
水無月のフォレジャー
a0147281_22344411.jpg

本格的な雨は木曜日のみ…。今日は気温が30℃を超えたものの、なかなかさわやかな真夏日。最近の梅雨は、毎日シトシト降るパターンではありません。

おかげで花や草は、病気にもならずによく育っています。そして果実が熟すころ。母のところから帰宅する途中の公園で、今年も熟した梅を拾いました。
a0147281_22354394.jpg

毎朝歩く道に落ちている梅は、1つだったり2つだったり、小粒で4、5個だったり…。とりあえず持ち帰って皮をむき、お砂糖をかけて、冷凍しています。
a0147281_2236436.jpg

わが家のバルコニーでも、病気を克服したミントとタイムが元気をとりもどしていて、越冬したフェンネルやパセリは種をつけ、苺も色づき始めました。
a0147281_22362467.jpg

早く花が咲いた山葡萄は、やっぱり早く実を結び、すでに膨らみ始めています。年々早くなっているので、この分だと、収穫はお盆のあたりでしょうか。
a0147281_2236456.jpg

母が育てている葉っぱ(先日サラダにした)は、ラディッシュと判明。細長いfrench breakfast という種類なのか、単なる発育不全なのかは、依然不明。
a0147281_2237520.jpg

こうして、自然の恵みをforaging(フォレジング)する季節の到来を歓迎したいと思いますが、今月は山菜採りで相次いで熊に襲われ、犠牲者まで出ていて…。
a0147281_22372481.jpg

山林どころか市街地にまで熊が出没するようです。これは人間が、昔から山にいたforager(フォレジャー) の分まで、横取りした結果なのかもしれませんね。

最近、どこの国を見ても、(政治家を筆頭に)心の狭い人間が増えている感じがします。それがエスカレートした殺人事件まで起こり、ますます暗い世の中です。


p.s.
日本のオンライン新聞の中では「朝日新聞デジタル」が、いちばん写真がよくてデザインもよいと思いますけど、なんといっても、時事以外の記事がいつも充実してます。イチローさんの特集ページなんか、すんごくシャレてた!


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-18 23:07 | 四季 | Comments(0)
雨の合間の太陽色
a0147281_21464338.jpg

今朝、母と朝食をとりながら観た国際ニュースで、オーランドであった乱射事件の犯人が、じつはゲイだったことが判明したようで、かなり驚きでした。
a0147281_2147287.jpg

午後には都知事辞任。やっと、でしたね。そして今、live score で錦織vs マイヤー戦をチェック…と思ったら、なんと、初戦で痛めた脇腹のケガで棄権
a0147281_21471652.jpg

米国の乱射事件は、銃が簡単に買えることが問題なのに、事件後に銃を買う人が増えたという話や、大統領選の共和党候補者の単細胞ぶりは絶望的です。
a0147281_21473168.jpg

そう、あの「フェイクタン」の厚顔で話す「自分だけよけりゃいい」的な言葉を、支持者は面白がってるのではなく、本心で賛同してるんでしょうか~?
a0147281_21474584.jpg

それにしても、リオで旗をもらいたいからまだ辞めない!ってダダをこねる大人にもびっくりしましたが、そもそも政治家は、大なり小なり嘘つきですよ。
a0147281_2148135.jpg

そんな人たちに動かされているこんな世界が、いやになります。それで最近のわたしは、スポーツや、花や野鳥ばかり、見ていたいのかもしれません(笑)。
a0147281_21481524.jpg

すでに暑さ疲れの感があるお隣の公園の花壇では、紫陽花やクチナシやザクロなど、水無月につきものの花のほかにも、太陽色の花々が目立っています。
a0147281_21483175.jpg

苦手な季節がスタートしたせいか、身体も心もすぐにくたびれて、激動する世の中についてゆけてないみたい…。今日は錦織選手棄権で、よかったのかも?


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-15 22:08 | 花 park | Comments(0)
玄米とスパイス、モロッコ風化学反応
a0147281_14223947.jpg

昨年末発表された新しい4つの元素のうち、日本の研究チームが発見した「113番元素」が「nihonium (nh)」と命名されました。パチパチパチ! 化学にはまったく疎く、元素記号とも縁のない暮らしながら、とってもうれしいです。でも、美味しくできたお料理も、あれは化学反応ですよね? 食事は、食材の組み合わせやお料理の食べ合わせの相性の良し悪しで、ウマいマズいが決まります。

たとえば、玄米ご飯に何を合わせるか? そんなことを考えてみるのが楽しい…。そこで、モロッコ風のシチュー(タジン)を合わせることにしました。
a0147281_14225550.jpg

玄米の食感はどこかキノアに似たところもあり、ニュートラルな味なので、スパイスをたくさん使ったタジンと合わせたら、イケるのではないかと。
a0147281_14231164.jpg

というわけで、ソースパンで炊いた玄米ご飯に、ヒヨコ豆、カボチャ、ニンジン、ズッキーニ、鶏肉でつくったモロッコ風シチューをかけてみました。
a0147281_14232376.jpg

クミンにシナモン、チリなどのスパイスと、刻んだショウガもたっぷり。そのピリッとした辛さに、カボチャとニンジン、そしてレーズンの甘味が融合。
a0147281_14233853.jpg

この味は、まさに化学反応の結果? スパイスを効かせたモロッコ料理は、寒い冬には身体が温まりますし、蒸し暑い時期にはスカッとし、お勧めです。 
a0147281_14235432.jpg


本日のひと皿 : moroccan style spicy stew with steamed brown rice


そうそう、もちろんニホニウム以外の新しい元素の名前も、発表されました:
115番元素「moscovium(mc)」
117番元素「tennessine(ts)」
118番元素「oganneson(og)」


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-09 14:34 | クッキング savoury | Comments(0)
月曜日の白 #50(初夏の雪)
a0147281_1024515.jpg

今朝は晴れていますが、近畿は土曜日に梅雨入りしました。昨日、そうとは知らず「梅雨のまえの雨」があがった朝だと思い、散歩を愉しんだわたしです。

まだ少しだけ雨粒が落ちる曇天の下の公園には、花菖蒲園を訪れる多くの人の姿が…。けれどわたしが目ざした場所は、白い下野(シモツケ)の咲く場所。
a0147281_1026344.jpg

十数年公園に通っていて、先週初めて気づきました。ピンクと白の吹雪のような花をつける園芸品種で、海外では「shirobana」として売られているようです。
a0147281_10254689.jpg

初めてといえば、こちらのメラレウカも「認識」したのは先週のこと。ミモザをはじめ、お隣の公園のあちこちで育つ、オーストラリア原産の樹々のひとつ。
a0147281_10262522.jpg

枝先に真っ白な雪が積もり、その重みでうなだれたように咲く花は、遠くからでも目立ちます。あとで調べて、「snow in summer」という名前だと知り、納得。
a0147281_10265124.jpg

a0147281_10272149.jpg

そして最後に足を向けたのは、柏葉紫陽花の咲く花壇。どこの柏葉紫陽花を見ても、今年は例年より開花が早く、大輪で、花のつきがよい気がします。
a0147281_10275121.jpg

たぶんこれ、「snowflake」ではないかと…。いつもより大きな雪片で、白さがいっそうまぶしく、目立ちます。今年はどうも、柏葉紫陽花の当たり年のよう。
a0147281_10282697.jpg

a0147281_10284294.jpg

a0147281_1029198.jpg

というわけで、六月最初の日曜日の朝、雨に濡れた公園では、雪の花々がところどころで清々しさを演出していました。でも、梅雨はまだはじまったばかり…。

全仏オープンの車椅子テニスは、シングルスでは優勝が叶わなかったものの、ダブルスでは国枝選手組も上地選手組も男女そろって優勝! 凄いです。そして男子決勝戦ではジョコヴィッチ選手が優勝し、ついに(やっと?)生涯グランドスラムを達成。いや、nole djokerは強すぎますよ。しかもフランス語もペラペラで(モナコ住まいだから、まあ当然?)。いつものごとく、すかした感じがまったくないマリー選手のスピーチも、わたしはとても好きでした。

数年前のnew york times では、トップ選手たちが子どものころにどんなコートで練習に励んだか、特集を組んだことがありました。これを見ると、手に入れた栄光が、決して簡単なものではなかったことがよく理解できます。さあ、いよいよ季節は芝! テニスの話ですけど。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-06 10:42 | 月曜日の白 | Comments(0)
薔薇月
a0147281_144936100.jpg

今朝、母と朝食をとりながら観ていたテレビニュースに、流れた速報…。北海道で行方不明になっていた大和クンが無事で、ほんとうによかったです! 夜半過ぎに観た最後のニュースで、まだ見つからないことを確認し、ほとんど希望を失いかけていたので、これほどのgood ニュースはほかに考えられません。歳をとると、子どもの命にかかわるニュースがとりわけ気になり、悲しい事件には胸が痛くなりますが、軽い「おしおき」のつもりだったお父さんのお気持ち(安堵、後悔、そして、穴があったら入りたい恥ずかしさ?)も、よ~く分かります。とにかくよかった。「大和クン保護」のニュースは、世界中のメディアが速報として伝えてました。

さて、ほぼsuper mars(翌日でしたので)が見られた今週もさわやかなお天気で、英国の初夏を思い出しています。薔薇が咲き乱れる英国の六月を…。
a0147281_14542667.jpg

日本では、薔薇月は五月。わが家のグリーンアイスも咲き切り、ピークは終わってしまいました。ところが、白のミニ薔薇がまたつぼみをつけたのです。
a0147281_14544538.jpg

この薔薇、これまで何度も病気に襲われて枯れそうになりながら、そのたびに復活。春になって最初につけた大きなつぼみは、開くと淡いピンクでした。
a0147281_1455294.jpg

露店で買ったときは白いミニ薔薇でしたが、いつごろからか、まるで紅白の花をつける「花桃の木」のように、白とピンクの花を咲かせるようになりました。
a0147281_14552230.jpg

今年は、ミニ薔薇にしては大きな花を咲かせて、そのピンクがまた愛らしかったので、たまたまあったピンクのお菓子と記念撮影(なんかこれ、デジャヴー)。
a0147281_14554074.jpg

あらま、数年前にも同じような写真を撮ってました(苦笑)。繭形のプチ最中は、先月、娘がやってきたときの東京土産でしたけど、前回の入手先は?…不明。
a0147281_14555545.jpg

熱い陽差しと冷たくて強い風の吹く、こんなお天気の六月は、ロンドンで過ごした初夏の記憶がよみがえり、ここあそこの薔薇園に思いを馳せています。

欧州各地では豪雨の被害が出ていて、パリではセーヌ川も氾濫しているとか。全仏オープンも、雨に泣かされてます(とくに錦織選手?)。欧州になかでも、雨がちっとも珍しくない国、英国…。だからこそ晴れた日がよけいに美しいのですけど、ウィンブルドン(全英オープン)には雨がつきものなので心配…。あ、でも、センターコートには屋根がついたのだった(ホ)。

よい週末を!


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-03 15:16 | 花 indoor | Comments(0)
| ページトップ |