Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(196)
(97)
(83)
(83)
(82)
(79)
(78)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
夏ハーブ
at 2017-07-18 22:42
今年もまた、サクランボのクラ..
at 2017-07-10 17:12
さよなら初夏の光
at 2017-06-30 21:55
告別式の朝の柏葉紫陽花
at 2017-06-08 17:51
mitsouko
at 2017-05-30 22:32
記事ランキング
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

<   2017年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
春紫 in full bloom

a0147281_13573453.jpg

どこの藤も満開。次々と春の花が開き、季節は移ろっています。なのに、いつになったら花粉のピークは終わるのでしょ? いまもって症状に変化なし…。

a0147281_13573978.jpg
a0147281_13574583.jpg
今月の初旬、スミレやムスカリがあちこちで咲いたころには、終わりはもうじきだ、と信じていたのに、今年は月末になっても終わりを告げてくれません。

a0147281_13574936.jpg
a0147281_13575374.jpg
a0147281_13575807.jpg
公園のチューリップはもう終わりです。クシャミと鼻水に悩まされながら紫の花を追いかけ、春は写真がたまるいっぽうですが、きょう、ようやくアップ。

a0147281_13580107.jpg
a0147281_13580615.jpg
米国ではスーパーブルームが話題になっています。最近の自然現象は、いいのか悪いのか、「スーパー」の大安売りになってます? 素敵な連休を!



あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



[PR]
by serendipity_j | 2017-04-29 14:03 | 四季 | Comments(0)
春風とワンダーラスト

a0147281_13385908.jpg

母の部屋から見える八重桜はすでに満開。うっかりすると藤棚の藤もすぐに満開になりそうな気配です。一方、新たな箇所を圧迫骨折した(と思われる)母は、また歩けなくなったばかりか体調もすぐれず、わたしは窓の外を見ては溜息ばかりついています。母の骨折は、鬼(わたし)のいぬ間に部屋から23歩バルコニーに足を踏み出して、植木鉢に咲いたナツメグゼラニウムの小さな花を摘み、チェストのうえに飾ったときの動きが原因ではないかと推測しています。母の具合をいつも気にかけてくれている母のハトコが、今年はお庭を見ながらのお茶会ができないから、とおすそわけの筍とお庭に咲いた花を届けてくれました。

a0147281_13390426.jpg
a0147281_13390888.jpg
桜、ライラック、勿忘草など、気前よく切り取られた花の束に、たくさんあるんだから、と半分奪いとり、だれもいない自宅に持ち帰って写真を撮りました。

a0147281_13391168.jpg
a0147281_13391499.jpg
a0147281_13391689.jpg
どこか行きたいなあと思ってひさびさに本棚から旅行ガイドを抜き取り、エメラルド色のアドリア海に思いを馳せたものの、すぐにまた母のところへ戻る時間。

a0147281_13391956.jpg
a0147281_13392320.jpg
a0147281_13392709.jpg
どこか遠くへ行きたい、半年も自分のお城で暮らしてない…で、ワンダーラストとホームシックが交ざり合い、この卯月はメランコリーな春風が吹いてます。




あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



[PR]
by serendipity_j | 2017-04-20 14:02 | 花 indoor | Comments(2)
まだまだ桜(goodbye pink sakura road)

a0147281_14220780.jpg

だいぶ暖かくなり、ハーブの水やりも欠かせなくなってきました。母の家から公園を抜けて自宅に戻るとき、素通りできないのが桜。まだまだ咲いてます。

a0147281_14221912.jpg
a0147281_14222229.jpg
a0147281_14222430.jpg
a0147281_14222701.jpg
枝垂れ桜に山桜と、広大な敷地のあちこちで咲く種類の異なる桜を見るために、ついつい遠回りをしてしまい、予定外に時間を費やしてしまうこのごろです。

a0147281_14223055.jpg
a0147281_14223419.jpg
a0147281_14223642.jpg
a0147281_14223951.jpg

一重の枝垂れ桜はほとんど終わりですが、黄桜(ウコンなのかギョウコウなのかは不明)のつぼみもふくらみ、代表的な八重のカンザンはまさに今日、開花。

a0147281_14224255.jpg
a0147281_14224694.jpg
a0147281_14224967.jpg
カメラを抱えて風が吹くのを待っているときには散らず、カメラを持っていなかった昨日、一陣の風で舞った花吹雪に感激。記憶だけ、心のなかに留めましょう。

a0147281_14225358.jpg
a0147281_14225609.jpg
a0147281_14225963.jpg
お天気が麗しかった水曜日、「桜の会:平成の通り抜け」によって公園にも植樹された桜道がピンクの花びらに縁取られているのを見て、『オズの魔法使い』のドロシーが赤い靴をはいて、yellow brick road を歩く場面を思い出しました。ファンタジーっぽさが、なんだかそんな感じ?



あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2017-04-15 14:32 | 花 park | Comments(0)
春雨と桜

a0147281_10511968.jpg

満開の桜。そして週末にかけての春雨。お花見に絶好の土曜日の昨日、予報どおり一日中雨が降っていました。予定を組まれていた方は落胆されたことでしょう。

a0147281_10512315.jpg
a0147281_10512603.jpg

このところ老母の回復が順調です。わたしも気持ちにも余裕ができ、また散歩を愉しめるようになりました。というわけで小雨の降る金曜日、桜を愛でに公園へ。

a0147281_10512950.jpg
a0147281_10513226.jpg
じつは、小雨の降る日こそ散歩日和。公園を訪れる人も少なくぐっと静かで、雨に洗われた草花や樹々が鮮明に目に映り、どこもかしこもきれいに見えます。

a0147281_10513696.jpg
a0147281_10514003.jpg
a0147281_10514581.jpg
春雨(小雨なら)と桜も乙なもの。桜のピークがすぎていると花散らしの雨になってしまいますが、まだのぼりつめるまえなので花はしっかりついていました。

a0147281_10514934.jpg
a0147281_10515266.jpg

散り始めはるのはいつごろでしょう。そのときは、薄紅の花びらが雨のように降る、春雨ならぬ「cherry blossom rain(桜雨)」のなかを歩きたいものです。


そうそう、数年前にwiki でソメイヨシノを調べたとき、まことしやかに「韓国済州島」が起源となっていて、最近世間を騒がせている以前の「フェイク記事」(希望的観測で書かれた?)に苦笑しました(大手のオンライン新聞にさえ誤りを発見することもあるし、ネットの記事をすべてうのみにするほど素直な性格ではないことが幸いしてる?)。昨夜、もう一度wiki を見ると、科学的な根拠とともにちゃんと訂正されておりました。遺伝子解析の発達で詳細に調査されるようになり、植物の正体もどんどん科学的にあばかれています。これからも多くの方々の溜飲を下げてゆくことでしょう(笑)。それにしても、こんなふうに息を呑むほど美しい桜。死ぬまでには、吉野のお山に桜を見に行きたいなあ。



あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2017-04-09 11:23 | 花 park | Comments(0)
桜の春

a0147281_19583831.jpg

ようやく咲いた桜の下、待ちかねたように集う人たち。桜が咲かないことには春はやってこないような日本で、今年も薄紅に染まる時間がすぎてゆきます。

a0147281_19584277.jpg
ちょっとした「桜のトンネル」に感激する人たちの声を聞き、顔がほころびました。灰色の空を背景に、たなびく雲のように咲く淡いピンクの桜が好きです。

a0147281_19584518.jpg
a0147281_19584807.jpg
a0147281_19585120.jpg
とはいえ桜の花はやっぱり青い空によく映えます。無数の花びらに陽の光が反射し、いっそう華やか。満開を迎える週末は雨だそう。自然もなんと意地悪な。

a0147281_19585378.jpg
a0147281_19585792.jpg
a0147281_19585964.jpg
a0147281_19590273.jpg
そんな日本の四季の美しさを、言葉でかみしめることの幸福感を味わえたのが、大岡信の「折々のうた」。とりわけ海外に住んでいたときには、毎日ウェブで読むのを楽しみにしていました。またひとり、偉大な芸術家を失いましたが、生涯をとおして紡がれた言葉は永遠に残ります。



あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2017-04-06 20:08 | 花 park | Comments(0)
| ページトップ |