Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(193)
(96)
(82)
(82)
(81)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
春風とワンダーラスト
at 2017-04-20 14:02
まだまだ桜(goodbye ..
at 2017-04-15 14:32
春雨と桜
at 2017-04-09 11:23
桜の春
at 2017-04-06 20:08
杏の春
at 2017-03-28 15:36
記事ランキング
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

花より果実
a0147281_10595021.jpg

花を買う。考えただけで胸が躍りませんか? そしていつも食卓を花で飾る。そう、たった一輪の白いガーベラでも…。それが、なかなか実現できないでいます。先日亡くなってしまった加藤和彦さんが、ずいぶん昔に出版された本に、「もしも全財産が100円しかなかったとしても、僕はカップラーメンなんか買わない。花を一輪買う」とありました。ところがつい、お花を買うつもりのお金が、食べ物に化けてしまいます。
a0147281_1102693.jpg

それでわたしは、もうずいぶんまえに主義を変えました。食卓にはいつも果物を盛ったボールを、に。果物は、花に劣らず眺めて美しく、華やかで、しかも食べられます。花より団子ならぬ、花より果実です。事実、二、三日まえスーパーでザクロが目に入り、迷わず買って帰りました。毎年ご近所のお庭で実るザクロはすでに朽ち果てていますが、これはアメリカからの輸入品。さっそく、洋ナシとチーズとアヴォカドをあわせて、サラダを作りました。
a0147281_1105381.jpg

ザクロの酸味、洋ナシの甘味、そして野菜の苦味との相性も、なかなかのよう。これにあうヴィネグレット(ドレッシング)は、サラダ油とレモン汁、塩とコショウ、そして粒マスタードを混ぜるだけなので簡単にできます。かつて、ささっとヴィネグレットを作ってしてしまうフランス人に驚きましたが、習慣になりさえすれば、面倒でも難しくもありません。また、ザクロは、干しブドウや柑橘類を入れた甘いクスクスにもあいます。
a0147281_1115926.jpg

ルビーのように透きとおったザクロの種は、目を愉しませてくれる食材です。レシピいろいろ調べてみました。結局は、そのまま料理に使うか、つぶしてソースにするか、グレナデンシロップにするか、の三とおり。それならいっそ、プレーンなヨーグルトと一緒に食べるのがザクロの王道? それにしても今年は、果物が安くて美味しいので幸せです。いつもはちょっとお高い洋ナシも。でもこれ、豊作のおかげだけでなくデフレのせい? 
a0147281_1122481.jpg

ともかく、秋からわたしの食卓にたびたび登場しているのが、柿と大根のサラダ。こちらはおしょう油ベースのヴィネグレットで。じつは悔しいことに、自家製よりも味のいい市販品があります(笑)。いっぽう、柿とリンゴと洋ナシとザクロで作った秋フルーツのサラダは、前菜としてそのままでいけます。もの足りないというときはバルサミコ酢をかけたり、蜂蜜かメイプルシロップ、あるいはヨーグルトか生クリームであえるとデザートにも。
a0147281_1124662.jpg

a0147281_1133330.jpg

今年は暖冬と聞き、喜んでいるわたしですが、その温暖化の影響で、近い将来、思うように果物が手に入らなくなるかもしれないというニュースを耳にしました。実をつける時期が変わってきただけでなく、さまざまな変化が現れてきているのだそう。しかも、冬が寒くなければ、春に花をつけなくなるらしく…なら大変、暖かい冬を歓迎していられない! 今、COP15が開催中ですが、地球の将来に、ますます悲観的になる今日このごろです。

ロハスな週末を!

p.s.
クリックひとつ、ふたつ、みっつで今日のハピネスが100, 200, 300倍に!!
you can make my day! thank you ; )

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
# by serendipity_j | 2009-12-11 11:16 | クッキング mixed | Comments(2)
東京〝christmasy〟ミッドタウン
a0147281_12153625.jpg


先日の東京トリップのつづきです。結婚式のあと、三日ほど赤坂の友人夫夫(意味わかりますか?)の家に滞在し、月曜の夜はほかの友人たちも集まって、六本木で食事をしました。わいわいがやがやと夜をすごしたのは、ほんとうに久しぶり。その翌日は、ぼんやりながらも東京見物を計画していたというのに、朝からひどい雨。でも、滞在延長の目的は女友だちとのお喋りでしたので、カフェを梯子して一日じゅう話していられる東京ミッドタウンに、貼りついていることにしました。

a0147281_12171869.jpg

a0147281_1216297.jpg

a0147281_12185592.jpg


噂にきく21_21 design sightはあいにく火曜日が休館日で、外から眺めるしかなく、がっかりでした。が、さすがはコンクリートの魔術師。と、わたしが勝手に呼ぶ安藤忠雄のコンクリートの建物は、冷たい雨に濡れそぼちながらも美しさが際立ち、感動的です(トップの写真は、翌朝戻って青空を背景にカシャッ)。そばの生垣に植えられたドウダンツツジと南天の葉と実の紅に、無機質な灰色がいっそう映えていました。

a0147281_12194772.jpg

a0147281_12201149.jpg

a0147281_1221146.jpg


東京ミッドタウンのよさは広々とした空間と隣接する公園の緑、ですね。そして、11月中旬はクリスマス商戦開始時期とあって、どこもかしこも、すでにクリスマスの雰囲気でした。地階のグルメ街に虎屋(toraya english pageが素敵)があり、ちょっとした展示スペースもつくられています。

a0147281_12215394.jpg

a0147281_12222234.jpg

a0147281_12225459.jpg


和菓子は世界に誇る職人芸ですし、虎屋はパリに進出したときから海外でも評判でしたが、海外からの東京進出が、あの、ディーン&デルーカ。いっぽう、お馴染みのMUJIは公園に面しているので、たっぷり自然光が入ります。わたしの地元の店にはない商品もあって、東京に嫉妬しました。

a0147281_12233013.jpg

a0147281_1224281.jpg

a0147281_12294929.jpg


一年ぶりの東京。人いきれに少々疲れてしまったのは事実です。でも、父親と祖母と住んでいた杉並の家を出て、最近は彼氏のところで暮らしている娘と、たっぷり話ができ、その彼氏とも会って三人で食事ができたので、目的はほぼ(武相荘ゆき、またもや果たせず…)、達成でした。

a0147281_12254356.jpg

a0147281_12261335.jpg

a0147281_12301751.jpg

(雨の東京タワーは完璧にポンボケ)

引きつづき、よい週を!


P.S.
クリックひとつ、ふたつ、みっつで今日のハピネスが100, 200, 300倍に!!
you can make my day! thank you ; )

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
# by serendipity_j | 2009-12-08 12:46 | 旅行 domestic | Comments(0)
結婚式
a0147281_115164.jpg


師走の最初の日曜日をいかがおすごしですか? ここ大阪(京都と奈良の境)は、朝から青空が広がっています。空を見ると、三週間まえ、明治神宮での結婚式に参列していた、雲ひとつない素晴らしい秋晴れの日曜日がよみがえります。ところで、英語で、結婚することを「ひもを結ぶ tie the knot」と表現すると知ったとき、ああ、そういうことって普遍的なのね、と感心したものですが、じつは11月15日、その比喩どおりにうちの息子と息子の彼女が、神さまのまえで結ばれました。

a0147281_116314.jpg

a0147281_1164234.jpg


出逢いとは、まさに偶然のなせるわざ。でも、二人は大学時代に出逢い、一緒に住んでからもかれこれ五年経つので、本人たちもまわりの者も、この結婚式にはあまり感激がともなわないのにちがいないと高をくくっていたのです。予測は大はずれ。みな、たびたび涙腺がゆるんでしまうようでした。ささやかな式と披露宴でも、親しい人たちに祝福されて結婚するというのは、とても貴重で素敵なこと。それでも、たいてい花嫁さん側には夢があり、可能なら、それを叶えたいものです。

a0147281_1172939.jpg

a0147281_118278.jpg

a0147281_1185148.jpg


事実、わたし自身、二十歳の夢見る乙女(失笑)のまま横浜の山手教会で式を挙げ、今思うと赤面しますが、当時はきわめてロマンティックな式の実現に悦に入ったものです。ところが今回、神前結婚の儀式の美しさを発見。平安神宮で式を挙げたわたしの両親の時代のように、今また神前結婚に人気があるときき、納得です。明治神宮の厳かさにくわえ、抜けるような青空の下に映える赤い傘――。このわたしも、神聖な気持ちにならなかったはずがありません。日本古来の美意識にあらためて感激しました。

a0147281_1111059.jpg

a0147281_11113860.jpg


そして披露宴しかり。獅子に導かれて新郎新婦が会場に入り、ケーキカッティングはせずに鏡開きのみ。和洋折衷のレトロな建物に似あった、なかなかジャパネスクな演出でした。ともかく、崩壊家族出身の花婿の、その母としまして、お祝いにきてくださった方々の温かい気持ちに感謝するとともに、偶然出逢った二人が一生をつうじて、おたがいを尊重し、いちばんの存在となることを祈っています。なにしろわたしは、わがままがすぎましたから。(波瀾万丈物語は、いつかまたゆっくり…)

a0147281_11122596.jpg

a0147281_1112589.jpg

a0147281_111491.jpg



P.S.
クリックひとつ、ふたつ、みっつで今日のハピネスが100, 200, 300倍に!! you can make my day! thank you ; )

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
# by serendipity_j | 2009-12-06 11:24 | ファミリー | Comments(0)
冬のしつらい
a0147281_13102970.jpg


晩秋から冬へと、季節が移ろっています。それでもまだ今年は、かなり暖かい日々を送っていますが、花壇を見ても野を見ても、花の種類がすっかり少なくなってしまいました。そんなとき、部屋のなかでつぎつぎと可憐な花を咲かせ、気分まで明るくしてくれるゼラニュームは、わたしの冬の部屋には欠かせません。今年は、例年よりも遅い先週末、ようやくバルコニーから部屋に入れました。

そして、ソファで寝転ぶのにブランケットがほしくなる今日このごろです。もうふた昔もまえにスコットランドを旅行したとき、ネス湖のそばの織物工房で買ったブランケットは、サイズが大きくて今でも重宝しています。この、珍しい色合いのタータンチェックにひと目惚れでしたが、毎冬、押入れから引っぱり出すたび、ハイランド線の車窓から見た、ウサギたちの飛び跳ねる広大なヒースを思い出します。

a0147281_13114142.jpg


十年以上まえに作ったキルトも、そろそろ出番です。最近、いい具合に色褪せてきました。パッチワークに使った布には、それぞれが形(ワンピースだったり、カーテンだったり)になっていたときの思い出があります。いっぽう、思い出なら、古い家具にも。籐の座の部分まで完璧な姿を保っていた骨董もののトーネットの椅子は、一度白く塗ったペンキを剥がし、去年、ピスタチオ色に塗り替えました(そのあと、わが娘が籐にみごとな穴をあけてくれましたが…涙)。

a0147281_1312985.jpg


フレンチパインでできたこのタンスには、古い傷がたくさんついています。家具屋さんで見つけたとき、傷ばかりか、器用に木を継ぎ足した修理の跡まであり、陶製の取っ手も不ぞろいで、よけい好きになりました。ロンドンから帰国するとき、置いてこなくてほんとうによかったと思います。新しい家具は風合いや味に欠けるので、このタンスが、白い寝室に温かい雰囲気をもたらしてくれているようです。

a0147281_13125243.jpg


これまで数十回の引越しを繰り返したのち、やっと腰を落ちつけたわが家は、ごらんのように、白が基調でいたってシンプル(どこに住んでもそうですが)。ベッド脇の丸テーブルも、わたし流“冬のしつらい”です。

a0147281_13132014.jpg


愉しい週末を!


P.S.
クリックひとつ、ふたつ、みっつで、今日のハピネスが100、200、300倍に !!
you can make my day, thank you ! ;)

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
# by serendipity_j | 2009-12-04 13:33 | インテリア | Comments(0)
はじめまして...
過去二十年のあいだ海外での生活が長かったのですが、帰国し、母のいる大阪に住みはじめてから、もう5年になりました。独り暮らしを愉しむ母とは“スープがちょっとだけ冷めてしまう”距離をたもち、わたしも、大きな公園のとなりでの独り暮らしを満喫しています。

その公園で、日課のウォーキングのたびに四季折々の草花に見とれ、ハピネス(たとえどんなに小さくても!)を見つけてすごすふだんの暮らし…。窓の外の青空を眺めながら、そんな他愛ない話を徒然につづってゆきたいと思います。まずは心を奪われた公園の紅葉をご紹介。

a0147281_11441925.jpg

a0147281_11475016.jpg

a0147281_11483428.jpg

a0147281_11493290.jpg


どうぞよろしく!


P.S.
クリックひとつ、ふたつ、みっつで、今日のハピネスが100倍に !!
you can make my day! big thanx ; )

人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



[PR]
# by serendipity_j | 2009-12-02 12:01 | 四季 | Comments(0)
| ページトップ |