Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(204)
(99)
(84)
(83)
(83)
(83)
(80)
(77)
(76)
(76)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
"hygge" ティータイム
at 2017-12-12 23:23
冬将軍の到来で紅葉は“最終章”
at 2017-12-06 22:14
霜月のセレンディピティ
at 2017-11-30 22:39
終盤に近づく紅葉“第三章”
at 2017-11-26 12:35
味覚の秋(寒さは冬のようだけ..
at 2017-11-22 21:01
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:イタリア ( 40 ) タグの人気記事
『ヴェネツィアのチャイナローズ』 on sale
a0147281_22172519.jpg

今月25日の発売予定だった本『ヴェネツィアのチャイナローズ』が、すでに週末、書店に並びました(薔薇の季節に間にあってよかった~)。

送られてきた本を手にし、原書房と担当していただいた編集者さまに感謝。なにしろ一冊の本を出すためには、さまざまな苦労があるのです。
a0147281_2217525.jpg

が、本の出版は、自分のためではなく多くの方々に読んでいただくのが目的。拙い翻訳ですが、日本語版で楽しんでいただきたいと思います。

この本には、薔薇を育てるヒントのみならず、歴史、文学、美術、科学などの、五感を刺激してくれる面白いお話がたくさん盛りこまれています。
a0147281_2218184.jpg

本を読み終わったあと、薔薇を見る目が少なからず変わりますよ~。実際わたしは、開眼したというのか、まだまだ無知なりにも変わりました。

本に登場するヘルガ・ブリシェさんの言葉のように、いまでは「眺める人のペースで美しさを発見させてくれるような」、奥ゆかしい薔薇が好き。
a0147281_22185888.jpg

たとえば、難波茨みたいな? イタリア在住のブリシェさんが集めたチャイナローズの咲く薔薇園が、なんと千葉にありました(いつか訪れたい)。

ナポレオン時代の薔薇の話では、著者の先祖(貴族!)ルチアが主人公ですが、薔薇の現在の話の主人公は、エレオノーラ・ガルラントさんです。
a0147281_22194378.jpg

じつは、本とは関係なく、妻の薔薇園造りを黙々と手伝うご主人との愛情物語は、dvd でも発売されています(youtubeでも短い動画あり)。

200年ほどまえ、パリからヴェネツィアに運ばれたチャイナローズが、時をへて野生化し、いまも咲き乱れているなんて、興味深いと思いませんか?
a0147281_2220158.jpg

とくに薔薇好きではなかった著者のアンドレア・ディ・ロビラントさんが、薔薇の謎解きにすっかり熱中してしまったのも、無理からぬこと。

そんな冒険譚を、ぜひ読んでいただきたい一心で訳しました(あいにくカラーで刷れなかったnina fugaによる挿画に、ルドゥーテの絵はこちらで)。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

先週、アンドレアさんから届いたのは…
[PR]
by serendipity_j | 2015-05-24 22:57 | book | Comments(4)
『ヴェネツィアのチャイナローズ』(予告編)
a0147281_1452852.jpg

今年もn 夫人から、切りたてのモモイロタンポポとコリアンダーをいただきました。ところが今年は、いつもとちがう花になっていたのです。
a0147281_14522889.jpg

なんと、モモイロタンポポとボリジには「シロバナ」が、そしてコリアンダーにはピンクの花が交ざって咲いたんだそうです。どちらも去年の種から。
a0147281_14524475.jpg

不思議でしょう? 土が酸性かアルカリ性かで花の色が変わるとはいえ、とくに土の成分を変えたというわけでもなく、原因は不明だとか。
a0147281_145328.jpg

真逆な突然変異が同時に二件も起るなんて、ほんとうに不思議。植物は、ほんとうに謎だらけです。だから、人びとを夢中にさせるんですね。
a0147281_14532634.jpg

そんなことの起るn 夫人のお花畑で咲いた花を生けると、ピンク、白、グリーンの優しい色合いから、『chasing the rose』の表紙が浮かびました。
a0147281_14535282.jpg

ヴェネツィアの貴族を先祖にもつandrea di robilant の、薔薇の謎を追う冒険譚(本)は、ヴェネツィア出身のnina fuga が描いたイラストも素敵。
a0147281_1454114.jpg

日本語版の『ヴェネツィアのチャイナローズ』は、残念ながらイラストは白黒です。カラーで刷ることは叶いませんでした(こちらでご覧ください)。
a0147281_14563511.jpg

価格を抑えるためなのです。でも、たとえ白黒でも、イラストが醸し出す本の雰囲気は変わりません(表紙のほうはがらりと変わっておりますが)。
a0147281_14543039.jpg

そうそう、前回ご紹介した難波茨は、n 夫人が公園に寄付されたんです。薔薇好きのn 夫人に、本を読んでいただけるのを楽しみにしています。

この本を読んだあとは、薔薇にかぎらず、ますます花が好きになりますよ!

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-05-13 15:07 | 花 indoor | Comments(0)
この週末はパスタ日和

a0147281_21460723.jpg

週末、夏が戻ってきます。とはいっても、日本特有のムシムシした夏日(か、真夏日になるかも?)ではなく、まるでシチリアにいるような夏。

a0147281_21460773.jpg
苦手な夏を乗り越えたら、ごほうびの週末がめぐってくるのです。パスタと白ワインがもっともよく似合う週末を、一年待ちわびました(笑)。

a0147281_21460702.jpg
というわけで、明日とあさってはパスタを食べます。今日、京都のデパ地下でエンダイブ(苦味が好き)を買ったので、山盛りサラダも作る予定。

a0147281_21460728.jpg
レモンとニンニクのさっぱりパスタもいいし、ナスとトマトにベシャメルを重ねてオーヴンで焼いても…。イタリアのチーズじゃないのが残念ですが。


素敵な週末を! あぶそる~とロンドンもよろしく。


本日のパスタ : penne al forno alla siciliana 


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ 



[PR]
by serendipity_j | 2014-09-26 21:59 | クッキング savoury | Comments(2)
置き土産、淡路島のバーニャカウダ

a0147281_16475398.jpg

ときどき仕事をもらっているロンドンのクライアントが、先日、大阪に出張していて、新たな仕事の打ち合わせに行ったさいの、「置き土産」がこれです。

a0147281_16475306.jpg
淡路島の農援隊がつくったバーニャカウダ。バジルとオリーブ油とニンニクとイワシの、すべて国産の材料でできたソースで、イタリアのお料理だそう。

a0147281_16475379.jpg
なぜ「置き土産」かというと、そのクライアントさんがお土産にいただいたものの、重くて(箱入り2壜)ロンドンへもって帰れないため、置いていったから。

a0147281_16475314.jpg
ただし、淡路島のバジルを使った何かということ以外、中身についてはよく分っていらっしゃらなかったため、「ケーキみたいですよ」とわたされました。

a0147281_16475378.jpg
重いケーキだなあ、と思いつつ、帰宅して箱を開けると…まったく違ったわけです。イタリア料理好きなのに、わたしにとって初めてのバーニャカウダ。

a0147281_16475383.jpg
生野菜のディップというよりフォンデュのようにして食べる、ピエモンテ地方の冬の名物料理だそうですが、食べる予定のなかった日に開けてしまって…。


料理はいつも「オーセンティック」を心掛けるのに、ドイツ風ソーセージにキャベツにヒヨコ豆に、なんだかケッタイな、国籍不明の食べ方になりました。


でも、バジルの甘味とアンチョヴィの臭味(?)が利いてて、なかなか美味しかったです! 重くて得した置き土産でした(もうひと壜、とってあります)。


本日のひと皿: il bagna càuda dall’isola awaji con ceri, salsicciae verdure


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-07-17 17:04 | foodie | Comments(0)
アンジェレ
a0147281_10303068.jpg

小さくてスマートなトマト、アンジェレ。去年初めて口にして以来、気に入ってる食材のひとつです。生でも、軽く火をとおしても、いけますよ。
a0147281_10303768.jpg

うま味成分をもつトマトは、それだけでもいい味を出してくれるので、ソースにしてよし、具にしてよし、いうまでもなく、パスタとの相性が抜群です。
a0147281_10304474.jpg

気候や嗜好のせいなのか、ソースにもってこいのロマや、肉厚のビーフトマトは見かけませんが、日本でも最近、トマトの種類がだいぶ増えました。
a0147281_10305144.jpg

小さなトマトは、冷製パスタに合わせるのが定番のよう。でも、このアンジェレは焼いてもくずれないので、具とソースのダブルトマトでいただけます。
a0147281_103058100.jpg

本日のパスタ : penne al sugo di pomodoro con pomodorini

お正月あたりからすでにふくらみ始めたものの、ここのところの寒さをじっとこらえていたお隣の公園の梅の花。昨日の陽気で、開きました。よい週末を!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2014-01-25 10:45 | クッキング savoury | Comments(2)
コーヒー珈琲カフェ
a0147281_2236987.jpg

長月は、夏気分のまま、終わりそうです。日中、30℃を超えても日蔭は涼しく、4時をすぎれば気温もぐっと下がるので、こういう夏ならずっと続いても大歓迎。

というわけで、コーヒーゼリーばかり作って食べています。ヴェトナムのコーヒー風に甘い練乳をかけて食べたところ、口当たりがよく、困ったことに病みつきです。
a0147281_22361710.jpg

横浜に住んでいたときは、元町に行くたびに、デイリー・クイーンでコーヒーゼリーを食べてました(そのdairy queen は、2000年に日本から撤退したそうな)。

コーヒーゼリーは日本独特のものと思っていたら、米女性誌マッコール は、カスタードソースをかけて食べるcoffee jelly のレシピを、1973年に掲載してたようです。
a0147281_22362795.jpg

コーヒーにこだわりをもつ国、イタリアでも、ゼラチンで固めたコーヒーはあるみたいですが、イタリアでコーヒーを使ったお菓子といえば、affogato al caffè 。

つまり、「コーヒーで溺れさせた(アフォガート)アイスクリーム」です。美味しいと噂で聞いた明治グランの、ミルク+生キャラメル味で試してみることにしました。
a0147281_22364981.jpg

英国でよく買った(特売の)carte d’or も、affogato al caramello 味でした。邪道かもしれない、と思ったものの、キャラメル味のコーヒーがあるならオッケーかも?

そこでまず、濃いコーヒーを淹れて、スクープしたアイスクリームをグラスに落し、とりあえず、半分だけコーヒー攻めにしたところで、どれどれ、ちょっとお味見…。
a0147281_2237426.jpg

アイスクリーム自体の味は、個人的な好みでいえば、ハーゲンダッツの勝ち、かな~。いや、わたしのコーヒーの淹れ方が、いけなかったのかもしれません。

やっぱりエスプレッソでなくてはね。そういえば昔、お土産にあげたエスプレッソ・メーカーを失くした息子は、もらったことさえ記憶にないらしく…。あれ返せ!
a0147281_22372687.jpg

本日の冷菓 : gelatin di caffè alla vietnamita/ affogato al caffè con caramello


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-09-25 22:51 | クッキング sweet | Comments(0)
秋茄子とアンチョヴィのパスタ
a0147281_16155051.jpg

蒸し暑い土曜日。活発に動き回る元気を失くしています。朝からずっと座ったままで、jaxa の特設サイトで、イプシロンの打ち上げをlive中継で見てました。

すると、どこからともなくニンニクを炒めた匂いが…。トマトソースのようです。というわけで、わたしも晩ご飯はパスタにして、ちょっと元気を盛りかえすことにします。
a0147281_16155880.jpg

ところで、湿度が低く、地中海的な夏のお天気だった先週の日曜日は、シチリアの9月に思いを馳せながら、油漬けアンチョヴィとトマトでパスタを作りました。

塩辛いアンチョヴィがいい味を出してくれますが、「嫁に食わすな」とたとえられる秋茄子もプラス。シンプルで簡単なのに、味と風味のバランスが絶妙のソースです。
a0147281_1616664.jpg

そういえば、横浜の息子夫婦のところにお邪魔したとき、お嫁ちゃんが作ってくれたのも、アンチョヴィとトマトのコンキリエ。あれも、とてもいいお味でした。

わたしはトルティリオーニで作るのが好きです。昔、ジョルジオ・ロカテッリの料理番組で覚えましたが、チェリートマトを使うグウィネスのレシピもオシャレかも。
a0147281_16161953.jpg

本日のパスタ : tortiglioni con pomodorini, acciughe e melanzane

台風が接近中ですが、よい連休を!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-09-14 16:36 | クッキング savoury | Comments(2)
レモン風味のペンネ・フレッデ
a0147281_157222.jpg

年がら年中パスタを食べていて、やっぱり夏を乗り切るのはパスタ、と思いはしても、さすがにこの蒸し暑さでは、そのパスタすら作る気がしないことも。

いつも簡単なものしか作らないのに、それに輪をかけて、いかに簡単にすませるかということばかり考えがち…。そこで、冷たい手抜きパスタの出番です。
a0147281_1571832.jpg

つまり、火をなるべく使わないパスタのサラダです。ペンネ以外のお好みの材料を、刻んであえるだけ。ただし、ズッキーニはオリーヴ油で炒めました。

ズッキーニは、生でも食べられるものの、苦味があってパサパサしているので、わたしは火をとおして食べるほうが好き。甘味が出てしっとりしますから。
a0147281_1572943.jpg

この夏は、冷たいパスタをよく作っています。たまには、マヨネーズであえたりもしますが、たいていは、たっぷりのオリーヴ油にレモンと塩で味をつけただけ。

今回は、スモークサーモンに赤タマネギ、キュウリ、ケイパー、黄色いズッキーニ、そしてわが家で採れたバジルとフェンネルで、さっぱり感を加味。
a0147281_1574011.jpg

バジルはいま、白い花をつけています。フェンネルも次々に花が咲き、種ができているので、どちらもそろそろ終わりです(地下の株は、食べるべき?)。

レンジのまえに立ちたくないこともある、食欲減退の季節。調理が簡単であることは重要ですよね―una ricetta estiva facile e veloce da preparare!
a0147281_1575186.jpg

本日のパスタ: insalata di pasta con zucchine gialle, salmone affumicato ed erbe aromatiche


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-08-05 15:24 | クッキング savoury | Comments(4)
紫バジリコの自家製ペスト
a0147281_1035931.jpg

寝苦しい夜でした。ついに、苦手な季節の到来で、今からげんなりします。ポジティーヴォに考えれば、白ワインとパスタの美味しい季節到来?
a0147281_10351718.jpg

先日n夫人に、といってもモモイロタンポポをいただいたときなのでだいぶまえになりますが、新鮮なバジリコをいただき、ペストを作りました。
a0147281_10352591.jpg

めったに手に入らない紫バジリコですので、紫色のペストが出来るのではないかとかなり期待して作ったところ、あらら、結果はごらんのとおり…。
a0147281_10353344.jpg

う~ん、なぜ? ジェイミーだって「紫で作ったらきれいかも」と考えたようですけど、ウェブ画像で見るかぎり、ほとんど誰も成功していません。
a0147281_10354292.jpg

冷蔵庫で保存しておいたそのペストで、シンプルなパスタを作りました。鮮やかな紫にはならなかったけれど、やっぱり自家製ペストは香りが違います!

本日のパスタ: rigatoni al pesto di basilico viola con zucchine e funghetti


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
今回は、陳列ケースのなかに入っている古代エジプトの銅像が、勝手に動く!という、マンチェスター博物館で起こる怖~い話。ファラオの呪いではないかと噂になってるそうです。
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-07-06 10:55 | クッキング preserve | Comments(0)
空豆のクロスティー二
a0147281_171693.jpg

暖かくなるまえの3月に、すでに地元のお店の棚に顔を見せていた空豆。ハウスものにちがいないので、そのときは、一度伸ばした手をひっこめました。
a0147281_1712080.jpg

空豆をのせたトーストを食べるのが、ここ数年、「my little 春の行事」になっています。というわけで、間違いなく春になったことですし、個人的に空豆解禁。
a0147281_1714372.jpg

いっぽう、わが家のハーブも新芽が出ました。春まえに鉢を大きくしたものもあります。毎年植え替えがたいへんで、成長するのは嬉しいような嬉しくないような…。
a0147281_1715892.jpg

でも、食べるために育てているので、少しぐらいの労力に不平をいうのは罰あたりかもしれません。それに野菜にくらべたら、ハーブなどはるかに手間いらず?
a0147281_1721416.jpg

だいぶ茂ってきたミントやロケットの葉っぱを添え、レモン果汁とオリーヴ油をかけて、旬の空豆を今年も美味しくいただきました。わたしの春の味覚です。

本日のひと皿 : crostini con fave e le erbe


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
ここのとこ、ちょっと静かな北朝鮮です。じつは、「孤立した国」というイメージとは裏腹に、162もの国々と国交を樹立しているのですから、驚きました。そして、なんと英国も、国交のある国のひとつ。ところが、在英北朝鮮大使館が、なんとなんと、日本人学校のあるアクトンにあると知り(ほとんどの大使館があるのは市の中心街なので)、もっと驚きました。なんとも不可解な行動をとる、在英北朝鮮大使館の話題を…。
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-04-24 17:20 | クッキング savoury | Comments(0)
| ページトップ |