Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(193)
(96)
(82)
(82)
(81)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
春風とワンダーラスト
at 2017-04-20 14:02
まだまだ桜(goodbye ..
at 2017-04-15 14:32
春雨と桜
at 2017-04-09 11:23
桜の春
at 2017-04-06 20:08
杏の春
at 2017-03-28 15:36
記事ランキング
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:ジャパネスク ( 77 ) タグの人気記事
優しいピンクweeks のはじまり
a0147281_13352366.jpg

ついに、今年もはじまった桜の季節。「ウキウキ」ではないもののどこか「ソワソワ」する季節です。ただし、花冷えが続いていて気持ちも縮こまりがち。

桜の花びらの色は、「優しい」ピンク、という表現が、いちばんしっくりするような気がします。花の世界のどの花よりも、とびきり優しいピンクですからね。
a0147281_1335210.jpg

しばらくはこの優しい色の桜に酔い、風に吹かれて花びらが舞い散るころには、またちがう桜が咲くので、ピンクを追いかけるのに、ものすごく忙しい季節。
a0147281_1335456.jpg

忙しいといえば、わが家のバルコニーでもハーブや植木が新しい葉をつけ、育ちすぎた株は、早いとこ大きな植木鉢へ、植え替えをしなければなりません。
a0147281_1336452.jpg

この春は、スズメたちがミントの新芽をつまみにやってこないと思ったら、いつの間にか葉の裏に、小さなアブラムシがぎっしり…。恐ろしい復活劇です!
a0147281_13362528.jpg

冬のあいだにボリジが葉を落とし、姿を消していたのに…。というわけで、毎日葉の裏に霧吹きで水をかける、水攻め作戦実施中。だいぶ退治できました。

世界中のあちらこちらで自爆テロが起き、たくさんの市民が命を奪われる、ひどい世の中です。ふつうに桜を愛でることのできるありがたさを実感します。


素敵なsakura week を!


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-03-28 13:45 | 花 indoor | Comments(0)
thundering うるう年
a0147281_13342734.jpg

朝から春を告げる雷が轟いた、如月の29日。今年は1日お得な(損な?)うるう年。それにしても、猫の目のごとくクルクルと変わるお天気です。
a0147281_1334535.jpg

昨日はお散歩日和の日曜日でした。この時期、ご近所の庭先でたわわに実る金柑の美しさに、しばらくみとれました(↑は一昨年/↓は昨日の撮影)。
a0147281_13353463.jpg

こちらの(ほぼ)純和風のお宅では枝垂れ梅も見ごろを迎えています。表情が豊かな枝ぶりで、風流でありながら侘び寂びの美をあわせもつ梅の木。
a0147281_13355264.jpg

梅は花だけのソメイヨシノと違い、花よし香りよし実よしの三拍子揃った優れもの。中国的な趣も感じますが、和風の家屋にこそよく映えるのでは?
a0147281_13361855.jpg

アカデミー賞授賞式(現在、ライヴ配信を鑑賞中)の、派手派手のキラキラした華やかさとは、まったく別の華やかさ。日本らしい美にほっとします。
a0147281_13364285.jpg

ここ1年は母の家で週に3本ぐらい映画を観る(wowow)ので、記憶力のほうが追いつかず、どの映画も印象が薄くなる「観すぎ」の弊害も(苦笑)。
a0147281_133710100.jpg

米英ではない外国映画にはいいものが多くあります。最近のハリウッドもので面白いと思うのは、米英の俳優が出身国と逆のアクセントで喋るところ。

アカデミー賞に代表されるように、お祭り騒ぎが世界一得意な米国の大統領候補に、トランプ氏が選ばれるかもしれないという、冗談みたいな話が現実になりそうな米国に、開いた口がふさがりません。共和党は何考えてんのかしらん。けど、銃による悲しい事件が相次いで起こっていても、「銃を持っていたら命を守れた」という論理の国ですからね~、何が起こっても驚くにはあたらないのかも。その米国では政治にも影響力を持つ映画界。さてさて、作品賞のオスカーの行方は?

p.s.
夕食後に録画した映画を観ているとき、母はたいていソファで居眠りしています。たまに、お気に召した映画もあり、ウッディ・アレンの「annie hall」などがそれ。今年のrazzie賞に輝いた「fifity shades of grey」は、母には刺激が強すぎるけどどうせ居眠りするから、と思って観始めたところ、最初から最後までおメメぱっちり(笑)。母にとってはまったく未知の世界でしたので、好奇心が眠気に勝ったようでした(笑)。



あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-02-29 13:44 | 四季 | Comments(0)
カメリア・ジャポニカ
a0147281_15153328.jpg

オオサブという日がつづいています。それでも今朝、公園を通りながら裸の枝の先に新芽が膨らんでいるのを見て、春は近い!と改めて思いました。

公園にはたくさんの椿が植えられているので、寒い時期に花を長く愉しめます。ただ、ともすると見ごろを逃してしまうのが、この薄紅色の八重の椿。
a0147281_15155572.jpg

a0147281_15163478.jpg

a0147281_15165162.jpg

中旬ごろに咲き始めたのを見て、数日後に写真を撮りにいくと、すでに多くの花に茶色のシミが…。一方、獅子咲きの椿はかなりもちがよいようです。
a0147281_1517753.jpg

a0147281_1517239.jpg

a0147281_15174149.jpg

椿には思い出があります。小倉に住んでいたときの通学路には、毎冬、絞りの椿が重なるように落ち、通るたびに茶の部分が増えて朽ちていきました。

椿を見るたびにその記憶がよみがえり、通学路をgoogle で調べてみたら、だいぶ変わっていたものの、通っていた「三郎丸小学校」は、まだあります!
a0147281_1518662.jpg

a0147281_151826100.jpg

a0147281_15184585.jpg

ところで、わたしの好みは白の一重。フォトジェニックな乙女椿もそろそろ咲きますが、一輪挿しの一重の藪椿ほど、和の美を感じるものはありません。

よい週末を!


あぶそる~とロンドンも、どうぞよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-02-26 15:31 | 花 park | Comments(2)
くりきんとん
a0147281_11231524.jpg

雪がちらついた翌日の今日は大寒。峰を白くおおわれたお山が遠くに見えます。それでもお洗濯ものを干しているときに、陽差しの強さに驚きました。これからしばらくはいちばん寒い時期がつづくはずですが、いずれにしても春が訪れることだけは間違いありません。今年もすでに20日が過ぎ去り、新しい年の新鮮な気持ちも、山の彼方の空遠く…。

先週、母の家の棚に置かれたままになっている栗の甘露煮の壜をふと見て、大晦日に作るつもりで作れなかった「きんとん」を、ようやくつくりました。
a0147281_11243326.jpg

といっても、例のごとく、本格的なものではなく、裏ごしもせず着色もせず艶も出さず、せいぜい、お菓子がわりの「栗入りサツマイモのマッシュ」…。
a0147281_11245128.jpg

「金団」と書くと今年初めて知った「きんとん」に欠かせない栗の甘露煮は、金のごとく年々値上がりし、ふんだんに使いたいところを小壜でがまんです。
a0147281_1125775.jpg

ただのサツマイモのマッシュならメイプルシロップでも蜂蜜でもいいんですけど、くりきんとん(風)にするには、このシロップでないと味が出ませんもんね。
a0147281_11252397.jpg

本日のひと皿 : 栗金団 mashed sweet potatoes with sweetened chestnuts

暖冬かと思われた北半球は一転し、日本だけでなく各国で雪を降らせているようです。一方、真夏のオーストラリアで開幕した全豪オープン(テニス)から、目が離せません! あ、選手の活躍だけでなくファッションも、です。テニス解説者がフィーチャーした錦織選手の陣営は、この全豪から全員がuniqlo を着せられて登場(もちろん、広告料が出てるはず)。yonex 提供のヴァヴリンカ選手の「炎」色、これもまたすごい、楽しませてくれます。けど、わたし的トップは、やっぱりnike のフェデラー選手かな~。そんなつまらないことを言っているあいだに、日本の新星、大坂なおみ選手が2回戦でバトル中。優勢です! なんと初出場で3回戦進出!!!


あぶそる~とロンドンもどうぞよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-01-21 11:45 | クッキング sweet | Comments(0)
京都のお正月風景2016
a0147281_14461825.jpg

昨日、地元モールのセールで欲しいモノがまったく見つからず、不完全燃焼感を募らせたわたしは、そうだ京都行こう!とばかりにお正月の京都へ。
a0147281_14503741.jpg

お正月の京都らしさが見られる場所といえば、花見小路の裏あたり。しめ縄や根引き松を飾った格子戸が並び、凛とした佇まいが見られる一画です。
a0147281_15165347.jpg

ところがところが、6年前には味わえた、あのピリッとした雰囲気がほとんど消え失せ、3年前に感じた落ち着きのなさがいっそう増幅していました。
a0147281_15185750.jpg

とにかく、人人人。自分のことはさておき、ですが、表通りばかりか裏通りにも国内外から押し寄せる観光客に、絵で示したマナーのルールがこれ。
a0147281_14514190.jpg

地元の方々は引っ越されたのか避難されているのか、以前のようなお正月らしさが薄れました。一方、タワシのお化け発見。「杉玉」と呼ぶそうです。
a0147281_1452362.jpg

a0147281_14522756.jpg

目がゆくところがどうしても毎回同じなので、写真も代わり映えしませんが、この「餅花」もお正月らしくて、シャッターを押さずにはおれない素材。
a0147281_14524468.jpg

a0147281_1453167.jpg

a0147281_14531810.jpg

祇園に出る前に、最近、若冲をフィーチャーした錦へ。こちらも、買い物客が減っているせいか(どれもお高いし?)、観光客向けの店が増殖中です。
a0147281_1453376.jpg

a0147281_14535475.jpg

a0147281_14541396.jpg

いつも楽しみにしているお正月のウィンドウディスプレイで、今回、目を引いたのは、古木の梅と椿のこの生け花。紅白の水引がダイナミックでした。
a0147281_14542879.jpg

a0147281_14544369.jpg

盛り塩の白が清々しい石畳を歩き、京都コスプレの「きれいどこ」を見送り、東山を仰ぎながら八坂神社に足を向けたのは、陽がかなり傾いてから…。
a0147281_14545776.jpg

a0147281_14551397.jpg

a0147281_14552651.jpg

この日、恒例「かるた始め式」があった(とあとで知った)八坂神社は、相変わらずの賑いでした。どの枯れ枝を見ても、おみくじの白い花が満開!
a0147281_14554154.jpg

a0147281_1455578.jpg

a0147281_14561360.jpg

a0147281_14563686.jpg

a0147281_14565225.jpg

人波をかきわけ、陽の落ちたころ駅に到着。京都はいいな…。ただ、観光業の繁盛が京都を変えるさまを目の当たりにし、複雑な心境で家路につきました。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-01-04 15:19 | 京都 | Comments(0)
紅葉狩り(後編)
a0147281_1048467.jpg

今週は、申し分のない(晩)秋晴れがつづき、ああ生きていてよかった!とあたりまえでささやかなことを、大げさに実感じました。
a0147281_1049353.jpg

a0147281_10492075.jpg

年に数日しかなさそうな、とびきりの上天気を、わたしは太陽マーク5個で日記につけています。今週は、まさにそれが3日も連続!
a0147281_10494343.jpg

そんな朝、いつもより人出が多かったお隣の公園の紅葉は、消え入るまえに最後の炎をあげているかのごとく、赤々と燃えていました。
a0147281_1050078.jpg

a0147281_10501591.jpg

魔法の時間、とでもいうのでしょうか? 青空の下で愛でる春の桜と秋の紅葉は、ほんとうに、この世のものとは思えないほどの美しさ。
a0147281_10503168.jpg

a0147281_10504538.jpg

それにしても、北京の大気汚染には言葉もありません。一方、世の中はクリスマスモード。ラジオからはクリスマスソングが流れています。

なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-12-10 10:53 | 四季 | Comments(0)
紅葉狩り2015
a0147281_836238.jpg

今年もついに、その季節。その季節が来ると、この1年も終わりに近づくので、心待ちにしながらどこかで引き延ばしていたいのが、まさに今。
a0147281_8363942.jpg

それにしても、お隣の公園をとおるたび、モミジの美しさに目を奪われます。とっくに散った木もあるものの、全体的には、だいぶ遅れての紅葉。
a0147281_8365742.jpg

日によってお天気がちがうのはもちろんのこと、朝、昼、夕方と目にする時間がちがえば光の射し方もちがい、さまざまな表情を見せてくれます。
a0147281_8371718.jpg

自分に課したノルマ分の仕事がかなり遅れてるうえに母の世話もあり、なかなか時間をとれないので、今年は紅葉をゆっくり愛でてはいられせん。
a0147281_8373114.jpg

というわけで、母の家から自宅に戻る時間を利用し、お隣の公園での、超特急の紅葉狩りとなっています。紅葉谷まで少し遠回りしながら…。
a0147281_838090.jpg

昨日の朝、雨のそぼ降る公園で、心が洗われるような鮮やかな紅葉を目にしましたが、カメラをもっていなかったので、悔しい思いをしました。
a0147281_8381744.jpg

ま、決定的瞬間をカメラばかりに頼らず心に残すことも、大切ですよね? 昨日のあの光景が今年の紅葉狩り「no.1」、と勝手にランキング(笑)。
a0147281_8383337.jpg

師走に入り、時の流れがますます速くなったような…。昨夜、大阪本社の忘年会への出席で息子がやってきました。去年のことが昨日のようです。


なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-12-04 08:41 | 四季 | Comments(0)
春の京都、桜と緑と
a0147281_05441.jpg

昨日、半年以上ぶりで行った京都。行ったからには、見ずには帰れないのが東山(お山のほう)と鴨川です。見るだけで、ほっとするから。
a0147281_061915.jpg

a0147281_07981.jpg

染井吉野は終わっていますが、枝垂れ桜と八重桜はまだまだ見ごろ。鴨川の水の色によく似あっていて、いかにも春らしい景色でした。
a0147281_081237.jpg

a0147281_083261.jpg

気持ちよく水面でゆらめく光に誘われて、川沿いに腰をおろし、流れる水を見つめ、そして流れにたゆたう鴨をぼんやり眺めました。
a0147281_073139.jpg

a0147281_013627.jpg

それにしても鴨川は、驚くほどきれいな水です。子どものころ、これほどきれいだった記憶がないので、市民の努力の賜物なのでしょう。
a0147281_085318.jpg

a0147281_091051.jpg

八重桜が満開で、春爛漫といった景色に、お決まりの場所にしか行かなくても、やっぱり春の京都はいいわあ、と久々の解放感を満喫。
a0147281_093343.jpg

a0147281_095210.jpg

京都といえばお寺です。この日の目的は、じつは数年ぶりのお墓参り。路線バスで竜安寺、仁和寺をとおりすぎ、ようやく到着。遠いなあ。

よい週末を!

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-04-18 00:17 | 京都 | Comments(2)
sakura week の終わりに
a0147281_14585318.jpg

どこの天気予報を見ても、翌日から傘マークが並んだ木曜日。お花見も今日が最後!とばかりに、あわてて繰りだされた方も多かったのでは?
a0147281_14592070.jpg

母が「はとこ」に「夜桜を見たい」と、珍しくわがままを言っていたので、木曜日の夜、地元にある夜桜の名所へ連れていっていただきました。
a0147281_14593967.jpg

今晩が最後のチャンス、との思いはみなさんおなじだったようで、パノラマの夜景と桜が楽しめる目的地付近は、ちょっとした交通渋滞でした。
a0147281_1501331.jpg

夜桜も見たし、桜は見納め、と昨日、お隣の公園で今年最後の桜を撮りながら、菜種梅雨への心構えをしたものの、今日はまだまだお花見日和。
a0147281_1503776.jpg

というわけで、見納めをして桜に別れを告げた手前、ちょっと拍子抜けしております。雨の予報がはずれたのは、嬉しいことではありますけど。
a0147281_1505671.jpg

今日は町内会恒例の「桜祭り」が開催されているので、雨でなくて、ほんとよかったんです。桜は葉が出はじめていても、まだ咲いていますし…。
a0147281_1512658.jpg

そしてわたしも例年どおりに、桜の写真を撮りました。桜の花を求めて公園をぐるりと歩き、カメラを向けるのは、結局、毎年おなじ桜の木です。
a0147281_1514930.jpg

今週はずっとカメラを持ち歩き、晴れた日、曇った日、朝、夕方と、さまざまな桜の表情をとらえてみましたが、う~ん、ど~も(夜桜は全滅)。
a0147281_152935.jpg

目には美しく映っているのになんで~?と思いつつ、アップしております。ブログは日記がわりでもありますからね。今年の桜の記憶として…。
a0147281_1522685.jpg

素敵なsakura weekend を!


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-04-04 15:06 | 花 park | Comments(2)
washoku

a0147281_17260469.jpg

若いころに買った末広の物相型です。度重なる引っ越しで、クッキー型はほとんど失くしたものの、これだけはなぜか残りました。

a0147281_17260408.jpg
木製ではなく、フランス料理で使うクルセルみたいなステンレス製。じつをいうと、これを使ったことは数えるほどしかありません。

a0147281_17260402.jpg
昨年のお正月に「もっと和食を増やそう!」と決心した一年をふり返ってみると、う~ん、そうは問屋が卸さなかったことがわかります。

a0147281_17260558.jpg
ここのとこ母のために夕飯をつくるため、和食が圧倒しています。柚子は欧米でひっぱりだこだし、「umami」で知られる世界の和食。

a0147281_17260534.jpg
アルデンテに茹でたパスタを食べたり、のんびりお菓子を焼く時間がほしいなあ、とも思うけど、食生活を変えるいい機会なのかも?

a0147281_17260572.jpg

なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場! あぶそる~とロンドンよろしく!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2015-01-26 17:37 | クッキング savoury | Comments(0)
| ページトップ |