Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(196)
(98)
(83)
(83)
(83)
(82)
(79)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
fleur d'été(夏の花)
at 2017-08-13 23:04
nagasaki day 2..
at 2017-08-09 21:14
hiroshima day ..
at 2017-08-06 09:19
爽やかグリーンの紫陽花と焼き菓子
at 2017-07-30 15:07
夏ハーブ
at 2017-07-18 22:42
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:チェリー ( 17 ) タグの人気記事
今年もまた、サクランボのクラフティ

a0147281_17015669.jpg
可愛らしい日本産のサクランボと大味な米国産のチェリーを見て、サクランボのクラフティをつくらずに夏はこない、と思い(正直、蒸し暑い日本の夏はきてくれなくてもいいんですけども)、両方買いました。梅雨らしく鈍よりしてはいるものの、幸い日中にはまだ雨が(ほとんど)降らず、このまま晴れるのかそれとも雨が降り出すのかどちらにも転ぶような空を見つめながら、お昼寝したくなる気分に抗ってクラフティをつくりました。

a0147281_17020068.jpg

今年も、(まったくかわり映えしない)さくらんぼのクラフティのできあがり。ひと切れお皿にのせ、久しぶりに写真も撮ったので、さあ、いつものように母に届けよう…と思った瞬間、その母がもういないことを思い出すのと同時に涙が溢れ出ました。母の死はとっくに受け入れていたわたしですが、理性ではなく感情に支配された自分がいて、ああ、お母さんを失う寂しさとはこういうことなのね、とはじめて実感した次第です。

お皿やカメラをテキパキと片づけている自分と、母はもういないという事実に今更ながらショックを受けている自分の、二人のわたし…。そんな奇妙な感覚にとらわれましたが、感情をコントロールできず、片づけ終わったあとでさめざめと泣きました。その後、気分をとり直し、クラフティをお皿に入れて階下の夫人のところへ…。昨年、未亡人になられてからお話をするようになり、家庭菜園で採れるお野菜を最近よくいただきます。

a0147281_17021117.jpg
ここひと月は午前中に母の住まいへ行き、大型断捨離と遺品の整理をして、IKEAのブルーバッグのなかにまだ使える生活用品や思い出の品々を詰めて帰宅、という毎日。粛々と進めているつもりでも記憶がよみがえると胸がいっぱいになり、午後は何もしたくなくなります。それでも、母のものが増えつつあるわが家の小型断捨離も並行して進めなければならず、どちらの家も梅雨が明けるまでにスッキリ、が(あくまで)理想です。


本日の焼き菓子 : clafoutis auxcerises



なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

[PR]
by serendipity_j | 2017-07-10 17:12 | クッキング sweet | Comments(0)
ダークなチョコとブラックチェリー
a0147281_10551892.jpg

先週末、あ、まだあった!とあわてて買ったのは、アメリカ産のブラックチェリー。大粒ゆえに大味ではあるもののけっこう甘い、お馴染みのbing 種です。
a0147281_10553592.jpg

このチェリーは、たとえば、ドイツのお菓子を代表的するケーキ「ブラックフォレスト」のような、ダークチョコレートとの組み合わせで食べるのがベスト。
a0147281_10555490.jpg

しかし、只今ダイエット中のため、なるべくカロリーを抑えなければなりませぬ(苦笑)。そこで、クリームなしの、シンプルなケーキを焼くことにしました。
a0147281_10561148.jpg

いわゆるスポンジケーキの材料、バター、お砂糖、卵、小麦粉、ベーキングパウダー、ココアはいつもどおりで、濃厚な味にするためにチョコレートは多め。
a0147281_105626100.jpg

そして、生地をしっとりさせるために、オーヴンに水をはって焼きあげました。成功です。モルテンやラヴァと呼ばれる半生ほどではないけれど、超しっとり。
a0147281_10564416.jpg

「ブラックフォレスト」はキルシュ漬けのサワーチェリーでつくるので、風味が豊か。で、この簡単ケーキが淡泊になりすぎないようにラムを少々使いました。
a0147281_10565931.jpg

ダークでリッチでスーパーモイストな、チェリー入りチョコレートケーキのできあがり。生のチェリーを食べるのも、たぶん、今年はこれが最後でしょうか?

本日の焼き菓子 : fudgy + dark chocolate cherry cake


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-07-28 11:12 | クッキング sweet | Comments(0)
杏のカスタード・パフペイストリー
a0147281_1556176.jpg

今年も、長野産の杏を数通りの愉しみ方で堪能。最後のひとつは、きょう、サラダに入れて食べましたが、ワタシ的「目玉」はパフペイストリーでした。
a0147281_15561930.jpg

フランジパーヌの杏タルトづくりで、去年も使った市販の冷凍ペイストリーを今年も使用。今回はカスタードをつくっただけで、超手抜きのお菓子です。
a0147281_15563725.jpg

こういった類の製品は、飽和脂肪酸が気になります。ほんとは手づくりがいいのですけどね、「バター100%」の表示を信じることにしましょう(笑)。
a0147281_15565227.jpg

ふくらみすぎるので、タルトの皮には向かないものの、今回のような「パフ」ペイストリーにはもってこい。というわけで、瞬く間にできあがりました。
a0147281_15578100.jpg

杏と旬が重なるのが、サクランボ。まだ冷蔵庫に入っていたので、結局、いつもの組み合わせに…。そして、ヨーグルトと合わせるのも、例年どおり。
a0147281_15572664.jpg

でも今回は、オーヴンで焼きました。日本の杏は果汁を多く含んでいるので、あまり焼きすぎるとその果汁がほとんど出てしまいます。軽く焼くだけに。
a0147281_15574235.jpg

もちろん、アプリコットジャムもつくりました。いま、去年のものを食べてるところです。来年もまた梅雨の時期に、同じようなことをしてるでしょうか?

本日のお菓子 : apricot + cherry custard puff pastries / roasted apricots with honey yoghurt

p.s.
わたしのwimbledon は終わった終わった、といいながら、結局、決勝戦を最初から終わりまで観てしまい(選挙結果のサイトをときどき見ながら)、「期間限定」のlendle コーチが目をウルウルさせてるところや、murray 選手らしいドライなジョークと男泣きに、よかったね~と思いました。 一方、錦織選手はリオ五輪に出場してくれるらしいとわかり、エライぞ!と思った次第です。けどまあ、すでに開始されていた五輪のプロモーションに絡んでの、スポンサーとの関係もありますしね、いまさら「出ません」は許されないかあ?


ひさびさに更新のあぶそる~とロンドンもよろしく! 英国では、費用が安くあがる夏休みまえの学期中に、子どもを旅行に連れ出す親が増加…。でも、罰金を払わなくてはならないって、知ってました?


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-07-13 16:10 | クッキング sweet | Comments(0)
サクランボなしには始まらない、夏
a0147281_14283839.jpg

外は今、土砂降り。昨日の午後はさわやかに晴れて、夏らしい気分になれました。でも夏は、これを食べなければ始まりません。そう、サクランボです。
a0147281_15441791.jpg

そして、夏を迎えるさいの決まりごとになったのが、サクランボのクラフティ。夏らしい日になった昨日のティータイムにつくり、「儀式」をしました。
a0147281_15444196.jpg

クラフィティはよくつくるのに、毎回ウェブでレシピを探すことになります。david levovitz が貼った動画のフランス人シェフの、キルシュの量には驚き!
a0147281_15445876.jpg

小麦粉だけでなくアーモンド粉を入れると美味しくなるのは、当然ですよね? けど今回はいつもどおりに小麦粉だけにし、キルシュを自家製桜桃酒で代用。
a0147281_15451943.jpg

というわけで、夏至をすぎたので公式に、サクランボを食べてワタシ的にも、ついに夏が始まりました。とはいえ、季節は梅雨の真っ最中(雨脚は遠のいたよう)。
a0147281_15453641.jpg

そうそう、パソコンにclassic fm のアプリをインストールしたら、dj は昔のままで英国のニュースもリアルタイムで入るので、ちょっとロンドンに戻った気分…。
a0147281_15455537.jpg

本日のプディング : clafoutis aux cerises japonaises

その英国で、昨日行われた国民投票の結果は現在、eu 離脱派が優勢! う~ん、なんか複雑…。スコットランド独立を問う投票があったときも、そして米国の大統領候補を決める予備選挙でも、支持率が拮抗して世論を二分、という現象がつづいています。な、なんででしょう?

もう運命が決まってしまっている来週の英国では、ウィンブルドンの本戦が始まります。eu 離脱でもウィンブルドンに影響はないはずですが、雨がね~、心配。

雨にたたられた全仏オープンでしたが、ビデオがよくできてるので、これを見ながら、今度こそ!と日本人選手たちの活躍に、期待をふくらませましょう。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-06-24 14:55 | クッキング sweet | Comments(0)
サクランボの焼き菓子2種
a0147281_21434363.jpg

旬が短いサクランボを、母のために用意する朝食のフルーツヨーグルトに入れたところ、「皮むかな食べられへんわ」と母。え!サクランボの皮を!
a0147281_214463.jpg

高齢者の食事係は日々、ショックを受けながら苦労を強いられてます(笑)が、わざわざ皮をむいて食べてもらうよりは、最初からお菓子に…。
a0147281_21443093.jpg

というわけで、恒例のサクランボのクラフティをつくりました。今年は、小麦粉を極端なほど少ししか使わないレイモン・ブランのレシピで。
a0147281_21444973.jpg

母は問題なくたいらげられましたので、2度目のサクランボは、ココア味の生地に、短時間リキュールに漬けたサクランボを入れて、ケーキに…。
a0147281_2145856.jpg

これ、過去に試したことがあるような気がします。そこでブログのカテゴリーをみてみると、アメリカ産のダークチェリーでつくっていました。
a0147281_21452827.jpg

というわけで、いわゆる「サクランボ」でつくるのは初めてです。それに今回はチョコではなくココアで味つけしてます。毎回、テストです(笑)。
a0147281_21455519.jpg

サクランボは、今年はこれで、まあ満足…。文月は台風のような雨風の幕開けでしたが、目移りする旬の果物が、目まぐるしくお目見えする月です。
a0147281_21461963.jpg

ところで、ウィンブルドンの実況ラジオを聞きながらこれを書いていたら、錦織圭が今日の試合を棄権したとのニュースが入り、my heart sunk…。
a0147281_21464939.jpg

芝の手応えをつかんでいただけに残念。でも、怪我も心配だったし、ラジオの解説者の言葉どおり、今後トップにのぼりつめるには賢明な判断です。

明朝は、なでしこvs ライオネス(イングランド女子のニックネーム)の準決勝。わたしもどきどきしながら、live score を見つめているはず…。

なでしこガンバレ!


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-07-01 21:57 | クッキング sweet | Comments(1)
今年も、サクランボのクラフティ

a0147281_10182070.jpg

先月末から、果物好きには忙しい季節が訪れています。お酒に漬ける梅に始まって、杏、サクランボ、プラム、桃と、「核果」が次々にお目見え。

a0147281_10182026.jpg
とってもうれしい季節ではありますが、ひと粒いくら?と考えたくなるような日本のサクランボは、お値段が張るぶん、味わっていただかないと。

a0147281_10182089.jpg
というわけで、先月、出たばかりのサクランボでクラフティを作りましたが、残ったサクランボではちょっと足りないので、杏とプラムも足して。

a0147281_10182041.jpg
焼き立ては、端っこのほうがヨークシャープディングのようにふくらんでいたんですけどね、冷めたとたんに、すっかり縮んでしまいました。

a0147281_10182058.jpg
まだまだサクランボは出回っているし、アメリカのチェリーも出ているし、もう一度作ってもいいかなとは思いつつ、心はすでにプラムや桃に…。

a0147281_10182080.jpg
じつはこれから、全部食べずにとっておいたプラムでケーキを焼く予定です。アップサイドダウンにするかオープンフェイスにするか思案中。


本日の焼き菓子: clafoutis aux fruits à noyau


よい週末を!(あ、すっかり忘れている粉砂糖を買いにいかねば…)


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-07-12 10:26 | クッキング sweet | Comments(2)
サクランボのクラフティ、チョコ味
a0147281_11164374.jpg

本格的な夏。当分ベイキングも夏休み、と思っていたところへ、先週、母が従弟(といってもわたしに近い世代)にサクランボのお土産をいただきました。
a0147281_11172527.jpg

翌日、パックに入った山形産のサクランボは、そのままわたしのバッグへ。せっかくですから、何か作りましょうと…。そこで、クラフティにしました。
a0147281_11173464.jpg

毎年同じではあまり能がないので、初めてチョコレート味に挑戦。スフレ同様、フワ~と膨れて、時間が経つとしぼむのは、わたしだけではないようです。
a0147281_11174276.jpg

というわけで、レシピを使った憧れのkate によれば(オリジナルはjulia child)、温かいうちに召しあがれ、と。でも、母に出前ではそうはいかない…。
a0147281_11174997.jpg

冷めてから(写真を撮って)毒見(?)をして、母のところへ運びました。仕上がりはサクランボの紅色が消えてしまったものの、冷やして食べてもbon でした。
a0147281_1118479.jpg

本日の焼き菓子: clafoutis aux cerises chocolate

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-07-22 11:22 | クッキング sweet | Comments(1)
サクランボでチーズケーキ
a0147281_1193625.jpg

梅雨といえば、サクランボの収穫期です。アメリカ産のビングチェリーとちがって、ほんとうに(高価で!)可愛らしい日本のサクランボたち。
a0147281_1194423.jpg

ほんのひとにぎりでは、口に入ればものの数分もしないうちに消えてしまいますので、幸福を持続させるために、わたしはいつもお菓子にします。
a0147281_1195382.jpg

サクランボ=クラフティ、となってしまうところを、今年はチーズケーキにしました。砕いたクラッカーのクラストに、ゼラチンを使った焼かないタイプ。
a0147281_1110051.jpg

サクランボの下にはユスラウメのジャムを塗り、上から苺のシロップをドリズルします。小さなひと切れがまだ冷蔵庫に…わたし流、幸福の持続法です。
a0147281_11101399.jpg


本日のお菓子: no-bake cherry cheesecake with strawberry drizzle

londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
日本の「なんでも抗菌」のように、英国の消費者の好みは「なんでもオーガニック」です。食べる物だけでなく、一時はバスタオルからシャンプーまでオーガニックが好まれました。ところが、景気後退の影響で、年々減少傾向にあるようですよ。
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

そしてほら、こんなに可愛いサクランボも…
[PR]
by serendipity_j | 2013-06-28 11:38 | クッキング sweet | Comments(0)
うれしさの保存
a0147281_21155255.jpg

10年以上も昔に買って、いい色になったジーンズ。気に入っているブルーがこれ以上褪めても困るので、ときどきしかはかないことにしています。

で、久しぶりにはいてみると、どうもすんなり腰まであがりません。ん? そうそう、洗い立てのジーンズって、少しきつくなってるもんですよね…。
a0147281_2117950.jpg

でも、力いっぱい引っ張っても、なかなかあがってこないのはなぜ? ああ! 暑くて全身汗をかいてるので、肌にくっついてしまうからです。

それでも、どうもいつもと感じが違うようなのです。この暑さ、体だって膨張してるのよ! などと、非科学的かもしれないことまで考えました。
a0147281_21172722.jpg

たとえその全部が事実だったとしても、そして認めたくはないけれど、やっぱり太ったのです(涙)。いつもなら、夏になれば少しはやせるのに…。

どうやら、この夏(まだ終わってないようですが)、やせるどころか太ったのは、せっせと作っては食べている、ジャムのせいに違いありません。
a0147281_21174630.jpg

思えば、柑橘類の出番が終わってからも、今度は杏や梅、桑の実にチェリー、そしてプラムに葡萄と、ジャム作りに没頭。よく、飽きもせずに…。

というわけで、このまま「馬肥ゆる秋」になってしまうのは恐ろしいことです。といいながらも、旬の果物を使ったジャム作りはまだまだつづきます。
a0147281_2116762.jpg

本日のプリザーヴ3種: apricot jam/ cherry jam/ume jam


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
↓click! 日本ではイクメンやイクジイが話題になってますが、英国では「マニー」登場。

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-09-18 21:38 | クッキング preserve | Comments(2)
チェリー、アンコール!
a0147281_16285812.jpg

まだ出てる!と感激して買ったのは、アメリカ産ビング種のチェリー。枝を見るとみずみずしい緑とはいいがたく、新鮮ではなさそうですれど。
a0147281_16291671.jpg

手間なし失敗なしのクラフティに、アンコールの声(自分のなかから)。前回は国産、今回はこの濃厚な味のアメリカ産チェリーでつくります。
a0147281_16293299.jpg

そして今度は、粉砂糖の代わりに、ピスタチオを刻んでまぶしました。でも、あのきれいなピスタチオ色ではありません。なぜなのでしょうか?

ま、いっか。と思いながら、ちょっとだけ残しておいたチェリーでカクテルづくり。ともかく、冷たい飲みものばかりに、ついつい手が伸びます。
a0147281_16295212.jpg

今日のベースはラム。日中ですので、とうぜんラムは少なめです。黒に近いチェリーの赤とミントの葉の鮮やかな緑に、しばし見とれました。
a0147281_1630631.jpg

氷が溶けないうちに、桜の花のシロップを加えたローズティーを注いで…。「バラ科」のカクテルできあがりです。紅茶とラム、合いますよ。
a0147281_16301875.jpg



p.s.
女子ソフトボール世界選手権でニッポン女子、優勝! あの感動から4年。「なでしこ」の陰に隠れてしまって、しかもオリンピックの種目から消えただけに、メディアの扱いがあまりに小さく、気の毒になりました。


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中。
今回のトピックは英国の医療問題。おヒマつぶしにどうぞ。
↓click!

d0159066_11254087.jpg

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-07-24 16:50 | クッキング sweet | Comments(0)
| ページトップ |