Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(204)
(99)
(84)
(83)
(83)
(83)
(79)
(77)
(76)
(76)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
冬将軍の到来で紅葉は“最終章”
at 2017-12-06 22:14
霜月のセレンディピティ
at 2017-11-30 22:39
終盤に近づく紅葉“第三章”
at 2017-11-26 12:35
味覚の秋(寒さは冬のようだけ..
at 2017-11-22 21:01
師走の寒さと紅葉“第ニ章”
at 2017-11-16 16:55
記事ランキング
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:チョコレート ( 24 ) タグの人気記事
happy v-day(チョコレートの日)!
a0147281_15224437.jpg

ことしも「チョコレートの日」が巡ってまいりました。でも最近は、この日のために贈ったり自分で買って食べたりするのは、何もチョコに限らないのだそう。
a0147281_15224650.jpg

a0147281_15224833.jpg

a0147281_15225047.jpg

それでも何かチョコを、と缶が気に入って買ったチョコレートはイタリア製。ヌガー入りプラリネのトリュフ、とはいうもののトリュフの形じゃないのですが…。
a0147281_15225299.jpg

a0147281_1522548.jpg

a0147281_15225619.jpg

ダヴィデ・バルベロは、ピエモンテ州にあるヌガーの老舗のようです。お味? とくに印象には残らなかったものの、口の中ですぐに溶けて甘くまろやかでした。


p.s.
きのう、グラミー賞授賞式の中継を(再放送)で観たのですが、なんか今回は、女性たちの豊満な胸がとりわけ目立ってた気がします。どうしても胸に目がいってしまったのが、お腹に双子のいるビヨンセ。溢れ出る母性に、「観音菩薩」に見えてきました。けど、身重の女性にそんなのダイジョブ?というような凄すぎるダンスの演出には、ハラハラさせられどうし(もちろん素敵だったけど)。

一方、舞いあがりながらビヨンセを賛美するアデールの受賞スピーチには、(またもやハプニングのあった)ジョージ・マイケルのトリビュートのときと同様、すっかりもらい泣き。あの全然気取らない「素」の感じが、米国人にはない英国人アーティストの良さですね~。それにしてもみなさん、どうしてそろって歯が白くて、あんなに歯並びがよいのでしょ? (授賞式ハイライトはこちら


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2017-02-14 15:50 | foodie | Comments(0)
クリスマスの日のケーキづくりとリコレクション
a0147281_23544887.jpg

クリスマスはすでに巷から雲散霧消。買い物に走る車で道路も混み始め、世の中はお正月モードに入っていますが、わが家のクリスマス飾りはそのままです。
a0147281_2355682.jpg

クリスマスの日、わたしはケーキづくりを口実に、久しぶりに自宅で数時間をすごしました。母も、なんとか電子レンジを使えるほどまでに回復しましたので。
a0147281_235527100.jpg

今年焼いたのは、超簡単なチョコレートファッジのケーキです。残りは全部冷凍保存するため飾り立てず、今回は魔法の粉砂糖ではなくココアを降らせただけ。
a0147281_23554951.jpg

ケーキを焼くあいだ、音楽を聴きながらお昼を食べて、ささやかなお祝いムードに酔いしれました。メインはキッシュ(冷凍製。queen alice ってまだあった!)。
a0147281_2356623.jpg

飲み物は、残念ながらシャンパンではありません、シードルの小壜。でも、なによりもお祝い気分を盛り立てたのは、窓からさんさんと降り注ぐ冬の陽ざしでした。
a0147281_23562716.jpg

ほろ酔い加減で、1年を振り返り…。たとえば今年、何十本も(wowowの録画で)観た映画のなかで、いちばん記憶に残ったのは? 溝口健二の『雨月物語』!
a0147281_23571591.jpg

いちばん心を捉えた本はpatti smith の『m train』。いちばん魂に響いたメロディはprince の『when doves cry』。忘れられない瞬間は、友との永遠の別れ。
a0147281_23573528.jpg

2か月あまりずっと母のところで過ごしているため、介護の責任や環境の違いなどから他愛ないことを考える余裕もなく、ひとりきりになれる時間が必要でした。
a0147281_23575577.jpg

泣いても笑っても2016年はあと3日。メディアはどこも今年を総括しています。暗い未来を予感させる事件もありましたが、こんな動画で笑い納めはいかがです?

クリスマスの日の焼き菓子 : super-simple chocolate fudge cake
(このあと母のところに戻り、イヴの夜につくったタジーンで夕食)


よいお年を!


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-12-29 00:23 | クッキング sweet | Comments(0)
ダークなチョコとブラックチェリー
a0147281_10551892.jpg

先週末、あ、まだあった!とあわてて買ったのは、アメリカ産のブラックチェリー。大粒ゆえに大味ではあるもののけっこう甘い、お馴染みのbing 種です。
a0147281_10553592.jpg

このチェリーは、たとえば、ドイツのお菓子を代表的するケーキ「ブラックフォレスト」のような、ダークチョコレートとの組み合わせで食べるのがベスト。
a0147281_10555490.jpg

しかし、只今ダイエット中のため、なるべくカロリーを抑えなければなりませぬ(苦笑)。そこで、クリームなしの、シンプルなケーキを焼くことにしました。
a0147281_10561148.jpg

いわゆるスポンジケーキの材料、バター、お砂糖、卵、小麦粉、ベーキングパウダー、ココアはいつもどおりで、濃厚な味にするためにチョコレートは多め。
a0147281_105626100.jpg

そして、生地をしっとりさせるために、オーヴンに水をはって焼きあげました。成功です。モルテンやラヴァと呼ばれる半生ほどではないけれど、超しっとり。
a0147281_10564416.jpg

「ブラックフォレスト」はキルシュ漬けのサワーチェリーでつくるので、風味が豊か。で、この簡単ケーキが淡泊になりすぎないようにラムを少々使いました。
a0147281_10565931.jpg

ダークでリッチでスーパーモイストな、チェリー入りチョコレートケーキのできあがり。生のチェリーを食べるのも、たぶん、今年はこれが最後でしょうか?

本日の焼き菓子 : fudgy + dark chocolate cherry cake


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-07-28 11:12 | クッキング sweet | Comments(0)
happy v-day!
a0147281_20481193.jpg

ヴァレンタイン、つまりチョコレートの日、ということで、朝食にカカオ70%の板チョコ(今風に呼ぶならタブレット?)でココアをつくりました。
a0147281_2048333.jpg

せっかくの春の日でしたが、今日は一歩もドアの外へ出ず、cd(未だにこれ)や書類の整理。日曜日をあえてつまらなくすごしてしまった感じです。
a0147281_20485589.jpg

けれど今日の暖かさで、縮こまっていた背中や手足を伸ばせた気がします。とはいえそれも束の間、明日には冬が戻ってくるそうです。ご覚悟を!

このv-day にお見せしたかった究極の「愛のダンス」がこの動画。花婿のハカにこたえる花嫁のハカが凄い。真剣な眼差しに、魂を揺さぶられる~。

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-02-14 20:56 | miscellany | Comments(0)
チョコレート・デカダンスまで7日
a0147281_1027620.jpg

さて、今年もヴァレタイン・デーまであと1週間。なんとなく心が浮き浮きする方も多いのでは? たとえ恋愛とは無縁の方(わたし)でも…。
a0147281_10273327.jpg

チョコレートが嫌い、という方はあまり聞いたことがありませんし、ともかくみんなが、特別なチョコレートを食べようという気にさせられます。
a0147281_10282786.jpg

で、ヴァレンタイン・デーに食べよう!と思っていたチョコレートがありました(過去形)。じつは、待ちきれずに暮れに箱をあけてしまったのです。
a0147281_10284945.jpg

スペイン旅行のお土産にいただいたchocolates sierra nevada のhigos al brandyで、ブランディ風味のプラリネ入り干し無花果を丸ごと包んだチョコ。
a0147281_1029981.jpg

もうひとつはfererro rocher の軽いチョコ。これ、英国ではものすごいポピュラーで、安からず高からずのお手頃価格ゆえ、手土産に重宝しました。
a0147281_10293564.jpg

これは最近どこでも買えるのに、ハート形ケース入りというだけで、わざわざ台北旅行で購入。ヴァレンタインに母に贈る予定が狂ってしまった(笑)。

ヴァレンタイン・デーに贈る(食べる?)とびきりデカダンなチョコレートは、英国でも日本でもメディアがこぞって特集。写真を見るだけでも幸せな気分?


なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-02-07 10:38 | foodie | Comments(0)
フライングタイガーとシルバーベル
a0147281_13404479.jpg

先日、地元のショッピングモールへ行ったときに、flying tiger で衝動買いしてしまったのが、トルコ色のティーポットとジャグ。スタイルでいえば、北欧風モダンなデザインはわが家には合わないものの、「やっぱり違う~」とたとえあとで思っても、後悔するほどのプライスではなく、迷わず購入。食器をよく割るわたしには、願ってもない価格帯です。

一方、ここ数年の食品傾向で気づいたことがあります。いえ、そんな重要なことではないんですが、冷凍グリーンピースがすっかり消えたことと(食べたがる人がいない?)、年を越しても洋梨が出回っていること。後者に関しては嬉しいかぎりで、これで旬は終わり?と思いながらまだ出ていて、先週買ったのは「シルバーベル」という種類でした。
a0147281_1341660.jpg

年始に少々忙しかった仕事も一段落しているので、お菓子づくりをボチボチ再開。そこで、シルバーベルを使ってチョコレートケーキを焼きました。
a0147281_13412596.jpg

日本の梨と違い、洋梨は火をとおすと甘さが増します。それでいて自然な甘さの果汁を閉じこめるので、エレガントな焼き菓子づくりには理想的。
a0147281_13423884.jpg

そして洋梨とチョコレートの相性は抜群なので、これ以上エレガントな焼き菓子はほかにないかも? とはいえ、ご覧のように見た目は素朴です。
a0147281_13415832.jpg

アーモンドの粉を加えるとさらに芳ばしくなりますが、今回は買い置きがないので小麦粉のみ。ただし(ますます高価になった)無塩バターを使用。
a0147281_1343129.jpg

わが家のミニチュアローズ、「グリーンアイス」のつぼみが開き、シルバーベルのチョコレートケーキで、エレガントなお茶の時間をたのしみました。
a0147281_1345579.jpg

本日の焼き菓子 : chocolate pear cake


じつは、もっとしっとりと仕上げる予定でしたが、うっかり焦がしてしまいました。ネットのlive中継で、全豪オープンの「nole(ジョコヴィッチ) vs シモン」戦に見入ってしまっていたせいです。あれほど凡ミスの多いnole を見たのは初めて。で、こりゃチャンスかも!と思って母とtv で観戦した「錦織 vs nole」は、ちょっと、見るに忍びなかった~。

トップ選手の八百長疑惑がくすぶっているテニス界でも、気持ちがあれほど正直に顔に出る錦織選手には、マフィアも八百長を持ちかけることはしないでしょう(笑)。今日はちょっと弱気だなあ、とすぐにわかります。ネックは、強気で挑めないところ? 修造さんじゃありませんが、「もっと自信を持つのだ、圭!」と叫びたくなりました。

四大大会優勝を目指す錦織選手には、試合を最後までポーカーフェースでとおす、ラオニッチ選手のメンタルの強さが必要だなあ。ともかくミスが多くて、あの負け方はふがいなかった。と思っていたところ、昨夜、準決勝の「フライングタイガー(nole) vs シルバーベル(フェデラー)」戦を観て、考えが変わりました。錦織選手ごめんなさい! 

だってあのフェデラー選手ですら、nole から1ゲームしかとれないセットもあったんです。闘志を燃やしながらもつねに冷静なフェデラー選手ですらミスを多発し、ほぼ完敗。会場の大半がフェデラー選手に味方するなか、nole は強かった! 母をいやおうなく観戦につきあわせてしまいましたけど、わたしが両方を応援するので、母の頭は大混乱(笑)。

テニス中継となると、チャンネルをにぎってしまう娘につきあわなければならず、母には申しわけない気持ちです。でも、シーズンは始まったばかり…。そうそう、国枝選手の1回戦敗退は、かなりショックでした~。でも、好い週末を!


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-01-29 14:03 | クッキング sweet | Comments(2)
サクランボの焼き菓子2種
a0147281_21434363.jpg

旬が短いサクランボを、母のために用意する朝食のフルーツヨーグルトに入れたところ、「皮むかな食べられへんわ」と母。え!サクランボの皮を!
a0147281_214463.jpg

高齢者の食事係は日々、ショックを受けながら苦労を強いられてます(笑)が、わざわざ皮をむいて食べてもらうよりは、最初からお菓子に…。
a0147281_21443093.jpg

というわけで、恒例のサクランボのクラフティをつくりました。今年は、小麦粉を極端なほど少ししか使わないレイモン・ブランのレシピで。
a0147281_21444973.jpg

母は問題なくたいらげられましたので、2度目のサクランボは、ココア味の生地に、短時間リキュールに漬けたサクランボを入れて、ケーキに…。
a0147281_2145856.jpg

これ、過去に試したことがあるような気がします。そこでブログのカテゴリーをみてみると、アメリカ産のダークチェリーでつくっていました。
a0147281_21452827.jpg

というわけで、いわゆる「サクランボ」でつくるのは初めてです。それに今回はチョコではなくココアで味つけしてます。毎回、テストです(笑)。
a0147281_21455519.jpg

サクランボは、今年はこれで、まあ満足…。文月は台風のような雨風の幕開けでしたが、目移りする旬の果物が、目まぐるしくお目見えする月です。
a0147281_21461963.jpg

ところで、ウィンブルドンの実況ラジオを聞きながらこれを書いていたら、錦織圭が今日の試合を棄権したとのニュースが入り、my heart sunk…。
a0147281_21464939.jpg

芝の手応えをつかんでいただけに残念。でも、怪我も心配だったし、ラジオの解説者の言葉どおり、今後トップにのぼりつめるには賢明な判断です。

明朝は、なでしこvs ライオネス(イングランド女子のニックネーム)の準決勝。わたしもどきどきしながら、live score を見つめているはず…。

なでしこガンバレ!


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-07-01 21:57 | クッキング sweet | Comments(1)
ひと粒のハピネス
a0147281_12184342.jpg

晴れていて、静かで、日曜日らしい日曜日の朝。ラジオから流れてくるのは、ジャクリーヌ・デュプレのチェロ――なにもかもが穏やかです。

つねに不安感があるとはいえ、この平和が、世界のあちこちで起こっている自然災害や紛争に苦しむ人びとに対して、申しわけなくなります。
a0147281_1219575.jpg

すべてに責任を負うことなく感じていられる幸福とは、ほんの短い時間だけ、味わうものかもしれません? そしてさらに短い至福感がチョコ。

先週の母の日に娘から届いたチョコは、まさにそんな感じです。自分では買いそうもない高級チョコが、口の中で溶けるときのラグジュアリー!
a0147281_12203474.jpg

それは一瞬で消えますけど、母になれたことの幸運は、一生ものです。一方、娘としてのわたしが、今年の母の日に母にしたことはほとんどなし。

久々に(年末にタルトタタンを焼いて病院に届けて以来!)お菓子を焼き、バルコニーで満開を迎えたグリーンアイスを添えて、ごまかしました。
a0147281_12194076.jpg

自分が「親の介護」をする番になったことに戸惑いながらも、じつは、母に元気を出してもらうために、退院後は月例記念日を母と祝っています。

というのも、年をとると子どもっぽくなる部分があり、お祝いには食の細い母が食べたいと思うものを準備。先月はウナギで今月はステーキでした。
a0147281_1221770.jpg

ところが、肉好きじゃないわたしは焼き方が下手。どんな焼き方でもお醤油と粒マスタードで食べていましたが、このレシピでついに眼からウロコ!

あ、話がそれました。先週の退院4か月目のお祝いのデザートが、娘にもらったチョコでした。それまでお預けにしていたんです。親孝行でしょ?


なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-05-17 12:27 | foodie | Comments(0)
チョコいろいろ
a0147281_1251986.jpg

チョコ好きです。とくに高級品でなくても、わたしはいつも満足。たしかにこんな、小さなショコラトリーの手作りチョコをいただいたときは、感激しますが。
a0147281_1252882.jpg

ドイツに行けばどこでも売っているオランジェットは、なかなか手に入りません。その代り、母とわたしがよく買うのが、チョコで包んだリンゴ(今回はホワイト)。
a0147281_125386.jpg

東京に行ったときに、母に買ったお土産がこれ。軽めのチョコ菓子ですが、資生堂パーラーは包装のデザインが好き。東京らしくて、洗練されています。
a0147281_1254912.jpg

こちらは、母がもらった孫(うちの息子)夫婦からのプレゼント(のおすそ分け)。薄くて、歯ごたえが若干もの足りないものの、濃厚な味のダークチョコでした。
a0147281_126181.jpg

今年も、「チョコレートの日」が近づきつつあります。最近、義理チョコという言葉はあまり聞きませんが、ホワイトデーの「倍返し」は、復活かもしれません?

上村愛子選手、メダルにあと一歩で届かず、ほんとうに残念でした。でも、じゅうぶんに誇らしく、素晴らしい!!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2014-02-09 12:12 | foodie | Comments(2)
ラ・シャルロット・リュス
a0147281_14435670.jpg

スーパー台風usagi (ウサギ)が、現在、香港に接近中だそうです。かたや日本は、列島を台風が通過した先週とは大違いで、全国的にニッポン晴れ。
a0147281_1444212.jpg

前回の連休は、風の音にびくびくし、雷が怖くて眠れなかったという母も、この週末は楽しい行事がいくつか続いて、連休らしい過ごし方ができるようです。
a0147281_14441095.jpg

さて、19日の母のお誕生日に作ったケーキが、これ。地元の輸入食料品店でレディーフィンガーを見つけたとき、今年はシャルロット!と決めていました。
a0147281_14442140.jpg

わたしのイメージでは、シャルロット=洋梨を飾ったヴァニラ風味のバヴァロアですが、母の好みのチョコ味にし、まだ季節ではない洋梨の代わりは黄金桃で。
a0147281_1444289.jpg

英国で生まれたシャーロットは、煮たリンゴを古くなったパンのトーストで囲った、田舎風のお菓子だったようです。フランス人の手にかかるとお洒落になるもんですね。

母にしては珍しく4分の1切れを平らげ、好評でした。プレゼントを届けてくれた兄嫁とわたしが4分の1ずつを食べ、残りの4分の1切れは、もちろんわたしの分(↑)。

本日のお菓子 : charlotte russe au chocolate et pêche jaune

p.s.
映画館からはすっかり遠ざかっていますが、母に頼んで、wowowで放映する映画のなかから観たい映画を録画してもらっているので、年に120本以上を観ています。ときには外れもあるものの、昨夜観た『le havre (ル・アーヴルの靴磨き)』は、やっぱりいい~。ちょうど録画中に通過した台風の影響で、画像に乱れが多かったとはいえ、アキ・カウリスマキには期待を裏切られたことがありません!

数日前にオンラインで観たジュード・ロウ主演の短編映画『connection 』は、なんとなく傾向が似てました(ご覧になりたい方はこちら)。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-09-21 15:09 | クッキング sweet | Comments(2)
| ページトップ |