Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(201)
(99)
(84)
(83)
(83)
(83)
(79)
(77)
(76)
(75)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
味覚の秋(寒さは冬のようだけ..
at 2017-11-22 21:01
師走の寒さと紅葉“第ニ章”
at 2017-11-16 16:55
霜月のビジュウ
at 2017-11-07 23:31
十三夜と紅葉“第一章”
at 2017-11-01 23:11
秋、すこしずつ
at 2017-10-28 22:55
記事ランキング
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:大阪 ( 13 ) タグの人気記事
雨あがりはクリスマスフルムーン@梅田
a0147281_10494855.jpg

クリスマスマーケットを訪れるまえに、銀行やら(長蛇の列!)無印良品やら(ポイント使わなきゃ!)に行く用事をすませようと思いながら、夕暮れどきにちらりとのぞいたのが、グランフロントのうめきた広場。到着まえには雨が降っていたようで、水滴のついたフェンスや濡れた路面がイルミネーションを反射し、キラキラと輝く「ワンダーランド」が出現していました。足をとめて写真を撮る人も多く、素敵な眺めです。
a0147281_1050983.jpg

溜息をつきながら写真におさめ、大阪駅を立ち去りました。ウィンドウが可愛い阪急百貨店にも寄って戻ると、日はとっぷり暮れていて…。
a0147281_10503226.jpg

漆黒の空を見あげると、お、お、大きくて丸い月! クリスマスの日の満月は、なんと38年ぶりのことだそうですよ。それを見られたなんて。
a0147281_10511298.jpg

a0147281_10513691.jpg

梅田スカイビルでのクリスマスマーケットを一周し、混雑に疲れて、ふたたびグランフロントへ。広場にはスケートリンクができてるんです。
a0147281_10515570.jpg

久しぶりに滑りたいと思ったものの、このリンク、あまりにも小さい? それでも、滑ってる人たちをしばし(羨ましそうに)見学し、駅へ。
a0147281_10521443.jpg

a0147281_1052506.jpg

クリスマスの満月。ほんとうにきれい。わたしは月が自分の守り神だと昔から勝手に決めこんでいるので、何度も見あげながら帰宅しました。
a0147281_1053814.jpg

いつもは、せいぜい地元のモールへ出掛けるくらいでほとんどどこにも行かず、母の家と自宅の往復と公園を歩く以外はひきこもり生活…。それが、クリスマス(&誕生日)のあった今月は、自分でも信じられないほどの行動派に(あくまで自分の基準で)。こんなに生き急いでどうする?という気もしてきました(笑)。いや、でも、歳を取ると時の流れが速いので、お愉しみは先送りにしないほうがいいのかもしれません。

p.s.
ドイツ風クリスマスマーケットのつづきでドイツ語を使ってみましたが、前置詞とか間違ってるかも。ドイツ語は、かじった語学のなかでいちばん難しい…。

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-12-27 11:05 | デイアウト | Comments(2)
クリスマスの日のクリスマスマーケット@梅田
a0147281_12141125.jpg

クリスマスの昨日、わたしは予定どおりお昼からシャンペン(って、ほんとはcava)を開けて食べて、恒例の「ホーム・アローン」のクリスマスをお祝いしました。すると元気が出てきて(笑)、なんと、これまで毎年見逃していたクリスマスマーケットへ、ついに行ってまいりました。夕方からの外出なんて、ほんとうに珍しいこと。北梅田はスカイビルへ向かう人たちで、地下道はものすごい混雑。無理もありません、最終日でしたから。
a0147281_12142616.jpg

a0147281_13185242.jpg

クリスマスの雰囲気は、こういうドイツ風がベスト。規模は小さいながらも、ドイツから運ばれた回転木馬や屋台がずらりと並んでいました。
a0147281_12144431.jpg

ジンジャーブレッドハウス、つまり、グリム童話に出てくるあの「お菓子の家」からは甘い香が漂い、嗅覚のほうもクリスマス気分を堪能。
a0147281_1215183.jpg

a0147281_12151731.jpg

食べものや飲みものを売るストールには、どこも長い列が。ひとりでソーセージをほおばるのもなんだか恥ずかしいし、やむなくあきらめました。
a0147281_12153340.jpg

この戸棚の色、このデザイン、なぜか懐かしい気がします。そういえば、チロルで買ったこんな絵がついた木製の燭台、いつ失くしたのだろ…。
a0147281_12155320.jpg

ドイツやオーストリアで見る伝統的なクリスマスの飾りは、じつに郷愁的です。ドイツ観光局のおかげで、ひと晩だけその地方を旅行した気分?
a0147281_12161531.jpg

a0147281_12164477.jpg

記念に小さな雪の結晶の飾りをひとつ購入。楽しかったけど、背が低いわたしには人の頭ばかりにならない写真を撮るのは、至難の業でした。
a0147281_1217326.jpg

明日はクリスマスの日の梅田グランフロント周辺の、満月の夜のシティスケープを投稿予定…よい週末を!

あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-12-26 12:26 | デイアウト | Comments(0)
えべっさん、のこり福

a0147281_16133073.jpg

ちょうど一週間まえの今日、祖母を見舞うために東京から娘がやってきていたので、病院へ行ったあと、大阪まで足を延ばしました。

a0147281_16133060.jpg
a0147281_16133066.jpg
どの飲食店のまえにも行列のできていた梅田のグランフロントでは、珍しく小一時間待って、dean & deluca で遅めの(お得な)昼食。

a0147281_16133028.jpg
a0147281_16133001.jpg
そのあと、せっかく大阪へ出たのだからと、あの「えべっさん」とやらを体験しに今宮戎神社へ。いやあ噂どおりのすごい賑いでした。

a0147281_16133081.jpg
a0147281_16133093.jpg
参拝というより、bose のスピーカーから流れる音楽に乗り、身動きとれないほどの人波に押されて、遠くからお賽銭を放り投げただけ。

a0147281_16133045.jpg
ご存知、「商売繁盛笹もってこい!」の福笹は、来年、お返ししにこられるような気がしなかったので、いただかずにとおり抜けました。

a0147281_16133134.jpg
a0147281_16184625.jpg
小宝の吉兆をたくさんつけた福笹も、熊手も福ざるも、売り手もお客さんも、見るものすべてが、大阪っぽくて元気で陽気な印象です。

a0147281_16184695.jpg
そしてあの、「通天閣」を左手に望みながら、夕暮れどきの大阪の街を歩きましたが、雨に降られてしまい、もらった元気はすぐに消滅…。

a0147281_16184517.jpg
火曜日に、祖母の退院を手伝った娘は、東京に戻るなり大阪土産(?)のインフルエンザで発熱。予防注射をしたにもかかわらず!

a0147281_16184548.jpg

a0147281_16184689.jpg
わたしはインフルエンザを免れたものの母の世話がはじまり、忙しくなりました。親孝行するいい機会だと娘にはいわれてます(笑)。


母が早く回復してくれることを願いますが、なにしろ高齢ですからね、焦らない焦らない…と母にも自分にもいいきかせております。


あぶそる~とロンドンもよろしく!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2015-01-18 16:27 | デイアウト | Comments(2)
discover レトロ大阪
a0147281_22264682.jpg

道頓堀のグリコ第六代目看板が、ようやく昨夜、お披露目されましたね。というわけで、わたしも便乗して大阪の話題を披露いたします。
a0147281_22271585.jpg

じつは、引退生活を京都で送るはずの両親が、諸事情で京都がすぐそこという大阪に家を見つけたものの、結局、出かけるのはいつも京都でした。
a0147281_22271625.jpg

わたしも両親同様に、大阪人になったという自覚がないまま、かれこれ10年近くになるので、少しずつ、大阪を発見したいと思ってます。
a0147281_22264739.jpg

夏の光で季節を逆戻りしておりますが、8月の末に珍しく大阪のオフィス街で仕事があり、レトロ建築を見ながら遠回りして帰りました。
a0147281_2227175.jpg

雰囲気は、やはり歴史的建造物の多い、横浜の関内に似てます。でも、築110年ほどになる日本家屋もあり、いかにも船場という通りも。
a0147281_22271743.jpg

淀屋橋から中之島、御堂筋あたりが好きです。時間があったら心斎橋まで歩くのもいいかも(橋下さんには大阪シャンゼリゼ構想があるらし)。
a0147281_22264860.jpg

そこから難波まで頭の中でまだつながってないんですが。道頓堀まで行くと雰囲気ががらりと変わります。南青山の隣りにアメ横がある感じ。
a0147281_22271922.jpg

4、5年前、ikea に行くまえに娘と寄ったh&m のある道頓堀で、グリコの看板を見てひと目で好きになりました。こういう大阪って、cool。
a0147281_22271994.jpg

携帯で撮ったこの写真は、待ち受けにするため縮小してしまって後悔してます(わたしは今でもガラケー)。夜のグリコも、撮りたかったなあ。

a0147281_22265178.jpg

















看板自体は、キッチュな雰囲気が消えて少々残念ですけど、お披露目時の不具合も直ったようで、五代目、道頓堀名物男が帰ってきました!

p.s.
読売新聞のこの動画、なんつうか、観終わって、言葉を失いました(笑)。素人でも、もっと上手に映して編集する時代なのに…。機材とカメラマンの腕はあっても、新聞社の趣味なのでしょうね、こういう作り方が(読売はサイトのデザインも、なんつうか…)。動画を採用し始めたころは、印刷した新聞をただ映し出したのが「動画」となってたので、ま、それよりかは進歩したと言えますわね。

click↓ あぶそる~とロンドンもよろしく


d0159066_21085863.jpg




にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2014-10-24 22:46 | デイアウト | Comments(4)
大阪キタのコイ

a0147281_10403019.jpg

ちょうど一週間まえ、東京から娘が遊びにきたので、今回は珍しく京都方面じゃなしにディスカヴァー大阪の日程を組みました。で、月曜日に行ったのが梅田です。

a0147281_10472737.jpg

大阪駅が新しくなってから、わたしは梅田が気に入っています。里山ランドスケープガーデンのある新梅田シティまで、近く感じるようになりました。

a0147281_10403272.jpg

グランフロントができたからです。散歩の予定が、小雨が降り出したため早々とthe city bakery でお昼(レストランのほうは別の階と知らずにカフェへ)。

a0147281_10403290.jpg

どうせならdean & deluca のキッシュが食べたい気もしたものの、長蛇の列を見て断念。でも、the city bakery のキッシュも、なかなか美味でした。

a0147281_10472756.jpg

食後は、娘がバゲットのクロックムッシュー風を食べているときに、誰かがもっていた袋を目ざとく見つけた店まで、iphone のナヴィを頼りに直行。

a0147281_10403236.jpg

こちらの雑貨店はオープンしたばかりらしく、すごい賑いです。けっこう広いスペースに商品が見やすく並べられていて、混雑してても買いやすい…。

a0147281_10403213.jpg

というわけで、買うつもりなどかったわたしが、zara home と比べてあまりの安さに何点か購入(娘からの母の日プレゼントになりました。やった!)。

a0147281_10403281.jpg

それから(いつものことながら)伊勢丹の食品売り場へ下りてカリフラワーなどを買い(デパ地下のお野菜は新鮮で安い!)、ふたたびぐらんフロントへ。

a0147281_11020989.jpg

今度はdean & deluca でキャロットケーキとタルトをシェアし、アーモンドクロワッサンなども手に入れて、母と娘のosakan holiday は幕を閉じました。

a0147281_10403216.jpg

娘は東京へ戻り、わたしも翻訳プロジェクトに戻っています。世の中は今日から大型連休パート2。楽しい祝日を!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



[PR]
by serendipity_j | 2014-05-03 10:51 | デイアウト | Comments(2)
have a relaxing weekend!
a0147281_18321371.jpg

ちょうど1週間まえの梅北。art osaka 2013 の帰りに寄った大阪駅の新エリアです。人工のカスケードではあるものの、水が落ちる姿や音に、涼しさを感じます。
a0147281_18322220.jpg

グランフロントには新しいお店がたくさん入ってます。でも、あまり人影が…。それに疲れたのでお店巡りはやめて1階へ。お目当てはsatc に登場するthe city bakery。
a0147281_2219086.jpg

そういえば、マンハッタンの本家では、嫌な思いをしたのでした。とはいえ、たまにはアメリカンな味も…。と思ったらすごい人気で、長~い行列ができていました。
a0147281_1832378.jpg

dean & deluca もありました。こちらもまあまあの混み具合。外出すると必ずパンを買って帰るわたしは、結局ここでもなく、いつものところで買いましたが…。
a0147281_18324450.jpg

帰宅のラッシュアワーが始まり、仕事帰りの人たちでにぎわってきました。そのわりに、ビルのなかの静けさが気になります。みなさん、どこへ消えたのでしょう?
a0147281_18325124.jpg

空が茜色に染まるころ、広場からの景色は最高です。でも、ひとりでいると、ちょっと淋しい気がしてきます。空とビルと人を眺めて、そそくさと立ち去りました。
a0147281_1833284.jpg

…という感じで、先週まではさわやかな夏をすごしていたのですが、今週に入ってからの蒸し暑さにグッタリです。どうぞみなさま、週末はゆっくり休養を!
a0147281_18331073.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

いつものところで買ったいつものパン?
[PR]
by serendipity_j | 2013-07-26 18:48 | デイアウト | Comments(0)
art osaka 2013
a0147281_2233850.jpg

出不精を改善すべく、お出かけ日和の昨日、数か月ぶりで梅田へ。目的は、ホテル・グランヴィアで開催されるアートフェアのプレヴューでした。
a0147281_22335198.jpg

goldsmiths 大学院時代のマレーシア人の友人bad の友人で、ギャラリストのantoine さんからご招待。久しぶりのアート鑑賞、や、わくわくしました!
a0147281_2234264.jpg

好きな作品で写真が撮れたものを、少しだけご紹介します。まずは(↑)池田慎『interval』。かぎ針網のビニール線でつながれたトランジスタラジオ。
a0147281_22381022.jpg

こちらも(↑↓)同じギャラリーの出展作。「mitsouko」でご存知ゲランの香水ラベルを貼った壜のインスタレーションは、碓井ゆい『empty names』。
a0147281_22454315.jpg

mitsouko(母がもっているのを奪ってきたばかり!)に、映画の『sayuri』にも通じる西洋人の勝手な幻想+従軍慰安婦の源氏名を結びつけた作品。
a0147281_22421474.jpg

ホテルの部屋を、ギャラリーのブース代わりにするというアイデアがすごい! で、バスルームにも作品。井上廣子『オットー・ワグナー精神病院』。
a0147281_15342979.jpg

わたしもいつも窓が気になるのですけど、精神病院や強制収容所などで窓の内側と外側を捉えたシリーズには、ライトボックスを使用したもの以外にプリントも。
a0147281_1534422.jpg

とても狭いシングルルームでの展示なので、じっくり作品を観賞することができないのがちょっと残念。ま、アートフェアは観賞より商売が目的です(笑)。
a0147281_15344959.jpg

ところが、観賞目的のミニ展も。世界で最も知られている日本の前衛アート集団、といっても過言ではない「具体」。芦屋生まれだとは知りませんでした。
a0147281_15345671.jpg

ホテルの部屋という制約が多いなか、展示に苦心のあとが見られます。でも、思いかけず白いベッドが効果的な作品も。今井祝雄『トルソm』ほか。
a0147281_1535335.jpg

観賞者で混雑してくると長居はできません。が、このツインルームは眺めがいいので、ついつい窓の外に目が…。あ、川が見えました! 淀川、でしょうか? 
a0147281_15351945.jpg

frieze」(アートフェア)などと比べると、なんと可愛らしい規模。残念ながら日本のアート市場が、こんな規模なのかも。ホテルの部屋を利用するとは、考えましたね~。
a0147281_15354764.jpg

お、vipデーにはなくてはならないシャンペーンタイム! しっかりいただいてきました(笑)。昔はよく展覧会のオープニングで、こんな「社交」をしたものです。
a0147281_15355547.jpg

最後になってしまいました。今、クアラルンプールの大学でアートを教えているbad の友人、fumon(福満)ギャラリーのantoine。と、美人さんのアシスタント。
a0147281_1536445.jpg

そのbad とはもう10年会ってません。最近再婚したという(離婚したのも知らなかった!)ゴシップをantoine さんから入手。おたがい、いろいろあるものです。

merci antoine (et bad)! bon week-end!!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-07-20 16:25 | デイアウト | Comments(0)
プロローグの里山の風景
a0147281_1884093.jpg

今朝、起きてまず見えたのは、素晴らしい青空。5月の空というより、10月の空のようでした。でも、それも長つづきせず、お昼すぎには予報どおり雨模様に。

今日は公園へも行けず話題が戻りますが、先日の「ほしだ園地ハイク(写真)記」のプロローグとなったのは、星田駅からの道中で出会ったのどかな風景でした。
a0147281_189131.jpg

可愛らしい平屋が目に入りました。平屋に住んでいたころは、2階建てや集合住宅に憧れ、そんな家に住んでいると、今度は、平屋に住みたくなるもののようです。
a0147281_1891091.jpg

英国では平屋をbungalow と呼ぶのですが、庭に紫陽花の咲き乱れた赤レンガの平屋がふと胸に浮かび、このお家など、まさにバンガローと呼びたくなります。
a0147281_1892187.jpg

一戸建ての家に住むならこんな小さな家がいいと思い、花好きの住人を想像しながら山に向かって進むと、川のそばで咲いているニセアカシアの花を見つけました。
a0147281_1893286.jpg

平凡な木なのに、うちの近所では見かけません。亡くなった兄はニセアカシアアレルギーで、花粉が触れるとじんましんができる体質でしたから、よかったようです。
a0147281_1894496.jpg

モミジの若葉もいぶし銀の和瓦によく映えていました。消えつつあるこの銀色の瓦屋根こそ、日本の、わけても関西で見られる日本家屋の美しさだとわたしは思っています。
a0147281_181021100.jpg

あ、ほしだ園地に入るまえに妙見宮に立ち寄りました。山の頂上にある拝殿にたどりつくまで、ものすごい数の階段。知っていれば、パスしたところでしたが(苦笑)。
a0147281_18103372.jpg

じつは、ほしだ園地に続く山道の標示を見落とし、お散歩中のおじいさんに伺うと、10分ほど一緒に歩いて、わざわざ山道の入口まで連れて行ってくださいました。
a0147281_1811822.jpg

そして帰りの、ほしだ園地から私市駅に出るときも迷い、仕方なく河内磐船駅へ出ようとしたものの道が途中で消え(?)、畑仕事をしているおじいさんに助けられました。
a0147281_18112339.jpg

仕事の手を止め、やっぱり、わかるところまで連れて行っていただいたのです。地元の方がたの情に触れ、それがいい思い出をつくるのですよね。楽しいハイクでした!


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
いったい何人招くか、費用はどれくらいかかるのか、子どものお誕生日会って、結構、頭が痛いものです。はっきり言って、英国の子どもたちのお誕生日パーティは、ものすごく派手。というわけで、頭を抱えるお母さんを助ける、グッドアイデアとは…
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-05-19 18:27 | デイアウト | Comments(4)
山は呼んでいる(ビギナーのハイク)
a0147281_21443021.jpg

先週の木曜日も、今日のように暑い日でした。でも、行くならこの季節しかないと一大決心し、7年あまり毎日窓から眺めていた山に初めて登りました。
a0147281_21444679.jpg

といっても、たどりつけたのは、生駒山地のほんの一角、ほしだ園地です。それでも、深い谷をわたる吊り橋もあり、山登りの真似ごとが楽しめます。
a0147281_21445875.jpg

わくわくしながら橋に足を踏み出したものの、下を見ることができません。空を眺めながら、あるいはまっすぐまえを向いて、やっとわたりました。
a0147281_2145878.jpg

スキーのリフトは平気なのに、こんな怖がりだったとは…。その吊り橋を見下ろす山頂からは、お隣の公園も、京都タワーも、望むことができました。
a0147281_21452370.jpg

展望スポットへ出る途中、路がふたつに分れ、迷わず「ハード」と書かれた路を選びましたが、急斜面の途中で何度も息切れ。嘘偽りのないハードさです。
a0147281_21453938.jpg

どこを見ても、緑、緑、緑。とりわけシダの葉が好きなわたしは、気がつくと、木立のあいだに生い茂る、シダの葉の写真ばかりを撮っていました。
a0147281_2146527.jpg

岩肌が露わになった絶壁のどこかで、トンビがヒナを育てているそうです。大きな望遠レンズのついたカメラを抱えた、愛鳥家の集団にうかがいました。
a0147281_21462290.jpg

自生している草花や、初めて耳にする小鳥のさえずり、初めて目にする蝶(クロヒカゲ)の姿に、やっぱりお隣の公園とは自然の規模がちがう、と感激。
a0147281_21464399.jpg

ただ、うんざりしたのが、虫です。道中、黒や緑や縦縞や横縞の毛虫が雨のごとく降ってきて(決して誇張ではありません!)、ブヨにもつきまとわれる始末。
a0147281_21465832.jpg

さすがにこれには、きわめて本格的なトレッキング装備(ポールまで!)とウェア姿の、シニア山ガールもシニア山ボーイも、結局、処置なしのようでした。

駅とほしだ園地のあいだの道で、行きも帰りも迷ったため、15キロは歩いたでしょうか。意外にも筋肉痛がなかったのは、ふだん歩いているからですね。

じきに長雨の季節。真夏も、駅から園地までとても歩けません。流行りの科白どおり「いつやるの?いまでしょ」とばかりに、行動して正解でした。次は秋?


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
今回の話題は、世界のレストランランキング「ベスト50」の発表について。はたして、2013年度のトップに輝いたレストランは?
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-05-13 22:02 | デイアウト | Comments(2)
ニューフロント、osaka のキタ
a0147281_1881969.jpg

連休の前半、お出かけ日和になりました。大阪駅などは、混雑が予想されます。
a0147281_1883693.jpg

数年前に駅がすっかり新しくなり、おのぼりさんのわたしでも迷わなくなりました。
a0147281_1893321.jpg

大阪人になって早8年になろうというのに、中心街に出ることはあまりありません。
a0147281_1895548.jpg

「キタ」と「ミナミ」がどこなのか、最近やっとわかるようになったところです。
a0147281_1810225.jpg

そのキタに、新高層ビルが完成。殺風景だった再開発地域がどんどん変わります。
a0147281_18104049.jpg

「グランフロント」という、仏語と英語をつなげた日本独特の国際的なネーミング!
a0147281_18161436.jpg

何はともあれ、これまでぽつんと立っていたスカイビルにお仲間ができた感じです。
a0147281_18105997.jpg

たぶんzara home 以外縁がなさそうですが、建築物として見学したいと思います。
a0147281_18111594.jpg

忘れてました。バスのかなから大阪湾を見て思い出しました。大阪は港町でしたね。
a0147281_18113453.jpg

お隣の府立公園だけで満足してないで、今年は、大阪の見どころを発見したいです!
a0147281_18121469.jpg

ところで、撮影したのはまだ桜の咲くころ。大阪駅から行った先はお決まりの…
a0147281_1836668.jpg



londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
今回は、英国での粉ミルクの買占めについて。その行先はほかでもない、中国です。食の安全が、いちばん気になるのが赤ちゃんです(それにしても、あの「中国製ギョーザ事件」って、いったいどうなった?)。 
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-04-28 18:39 | デイアウト | Comments(6)
| ページトップ |