Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(199)
(99)
(84)
(83)
(83)
(82)
(79)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
(雨が降るまでの)素敵な神無月
at 2017-10-16 22:59
去りゆく夏を惜しむときの食卓
at 2017-10-10 22:37
家庭の味とプロの味
at 2017-10-01 23:06
曼殊沙華、またの名をスパイダ..
at 2017-09-26 16:29
秋はここ
at 2017-09-22 20:46
記事ランキング
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:春 ( 83 ) タグの人気記事
八重、緑、枝垂れ、まだまだ桜

a0147281_22200082.jpg

八重桜も咲きました。桜の季節は、そろそろ終わりを迎えます。毎年同じような絵になってしまいますが、見ていただかずにおれないのが、桜でしょうか?

a0147281_22200059.jpg

a0147281_22200037.jpg
a0147281_22200142.jpg
a0147281_22200141.jpg
a0147281_22200159.jpg
a0147281_22200144.jpg

これは大島桜のようですけど…染井吉野よりも、早く咲くはず? お隣の公園では、影になる、ちょっと奥まったところでは、まだこんな桜も咲いています。

a0147281_22200187.jpg

今はすっかり葉桜になった枝垂れ桜と染井吉野の、花盛りだったころの絵も。美しさに、思わず立ち止まって、溜息をつき、見入ってしまうのが桜の花です。

a0147281_22200146.jpg

a0147281_22200125.jpg
a0147281_22240415.jpg
a0147281_22240461.jpg
a0147281_22240420.jpg

そんな思いを素敵に表現してる
dan pearson の記事 に、感動しました(生憎、時間がないので訳せんが)。そして吉野山の桜 を、死ぬまでにはいっぺん見たい!



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



[PR]
by serendipity_j | 2014-04-17 22:29 | 花 park | Comments(0)
春の百紫花繚乱

a0147281_20290701.jpg

どこを見ても、まさに百花繚乱。いっときに咲いた花を眺めるのが、毎日忙しすぎます! しかも今、部屋にも花が――春の優しい紫が、勢ぞろいです。

a0147281_20291365.jpg

先週末、n 夫人のお花畑でいちばんに咲いた、紫花菜と姫金魚草をいただきました。英語名は調べると、chinese violet cress cloven-lip toadflax

a0147281_20291759.jpg

道端に咲いていたスミレと、球根をくれた母に「咲かない!」と文句を言ったら咲いたうちのムスカリも一緒に、ポージーを作って、ちょっと花遊びも。

a0147281_20293198.jpg

でも、花壜に生けたn 夫人のお花の、華やかさにはかないません。先週末からともかく部屋が明るくて、「華やぐ」とはこういうことなのだ、と実感。

a0147281_20293553.jpg

スミレなど、野の花は可憐で、それはそれで好きですけどね。切りたてのお花の瑞々しさは格別です。お花屋さんで買ったものとも、また違います。

a0147281_20294430.jpg

暖かい日がつづいたため、すでに散り始めた桜。今週は見ごろも愉しみましたが、町内会の桜祭りが開催される明日はまた、雨のよう。ほんと殺生な~。


よい週末を!



  にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ



[PR]
by serendipity_j | 2014-04-04 20:37 | 花 indoor | Comments(0)
5月の終りに
a0147281_22393649.jpg

今年は、快適な季節とのお別れが、心の準備をする間もなく訪れました。とはいえ、急ぎすぎた梅雨が、ちょっと迷っているような日がつづいています。
a0147281_22394520.jpg

うっとうしいお天気の水無月になるまえに、さわやかな皐月をすごせたことは、神さまに(というよりお陽さまに?)感謝すべきかもしれません。
a0147281_223954100.jpg

5月の光と風がもたらす喜びは、野の草と空の小鳥を見てもわかります。その光景があまりに美しいので、散歩の途中何度も足をとめた月でした。
a0147281_2240367.jpg

草むらに5月の陽の光があたり、そよ風が葉先をそっと撫でる瞬間を見て、「魔法がかかった」と、去年と同じことを同じ場所で思っていたようです。
a0147281_22401332.jpg

お隣の公園を歩き、愛すべき雑草たちをながめながら、雑草と一緒にそよ風に吹かれているときほど、穏やかな心になれるときはありません。
a0147281_22402014.jpg

野放図でたくましい雑草が、無秩序におおう草むらや原っぱが、鮮やかな花の咲き乱れる花壇とは、またちがった美しさを見せるのが5月なのです。
a0147281_22402777.jpg

オランダ人のpiet oudolf と英国人のdan pearsonは、そんな野性美をこよなく愛するガーデンデザイナー。どれこれも、ほんと、溜息が出ます!


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
日本でも「夏フェス」の季節。英国でもそうなんです。ところがこの夏フェスの参加者は、舞台の上でも下でも、昔よりだいぶ年齢層があがってきているとか…。
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-05-31 23:15 | weed | Comments(0)
ジギタリスの庭
a0147281_10495195.jpg

ロンドンでは、ガーデニングの祭典、チェルシー・フラワーショーが開かれています。一度も行ったことはないけれど、毎回チェックだけは、欠かしたことがありません。
a0147281_1050199.jpg

今年は、変チクリンな彫刻のオンパレードで、わたし好みのお庭は、あなりない感じです。ところで花の美しさなら、お隣の公園のガーデンだって、決してひけをとりませんよ。
a0147281_10503141.jpg

チューリップの終わったあとに咲き始めた、ジギタリスが見ごろです。ついつい地味な色ばかりにカメラを向けてしまいがちですが、ほら、こんなに色とりどりのジギタリスが…。
a0147281_10504297.jpg

ジギタリスという言葉に出会ったのは、中学か高校の国語の教科書。たしか志賀直哉の『城崎にて』、と思っていたのはどうも勘違いらしく、どの小説だったかはいまだ不明(笑)。
a0147281_1050543.jpg

花学を勉強していたとき、不思議な響きの名前のその花が、フォックスグローヴのことたとわかり、ああ、これが!と、意外なことを発見したような妙な気持ちになりました。
a0147281_1051465.jpg

しかもこのジギタリス、「デジタル digital」の語源と同じだそうです。ガーデナーのあいだでは、ジギタリスとフォックスグローヴの、どちらの名前で呼ばれているのでしょう?
a0147281_10514015.jpg

お隣の公園の花壇はここ数年、趣のあるデザインに変わりました。(日本のオンライン新聞のレイアウト同様に)日本式のスカスカではなく幕の内弁当的な充実。好きです。

p.s.
今日の午後、階下にお住まいのガーデナー、n夫人を初めてお茶にお招きしています。いただいたバラが挿し木でつき、花を咲かせている姿を、まずお見せしなくては…。


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
うって変って、ちょっと暗い話になってしまい、申し訳ありません。本日のテーマは3Dプリンターです。ご存知ですか? パソコンとこの印刷機があれば、何でも立体で出てくるんです。そう、人を殺すためのピストルまで!
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-05-23 11:25 | 花 park | Comments(2)
プロローグの里山の風景
a0147281_1884093.jpg

今朝、起きてまず見えたのは、素晴らしい青空。5月の空というより、10月の空のようでした。でも、それも長つづきせず、お昼すぎには予報どおり雨模様に。

今日は公園へも行けず話題が戻りますが、先日の「ほしだ園地ハイク(写真)記」のプロローグとなったのは、星田駅からの道中で出会ったのどかな風景でした。
a0147281_189131.jpg

可愛らしい平屋が目に入りました。平屋に住んでいたころは、2階建てや集合住宅に憧れ、そんな家に住んでいると、今度は、平屋に住みたくなるもののようです。
a0147281_1891091.jpg

英国では平屋をbungalow と呼ぶのですが、庭に紫陽花の咲き乱れた赤レンガの平屋がふと胸に浮かび、このお家など、まさにバンガローと呼びたくなります。
a0147281_1892187.jpg

一戸建ての家に住むならこんな小さな家がいいと思い、花好きの住人を想像しながら山に向かって進むと、川のそばで咲いているニセアカシアの花を見つけました。
a0147281_1893286.jpg

平凡な木なのに、うちの近所では見かけません。亡くなった兄はニセアカシアアレルギーで、花粉が触れるとじんましんができる体質でしたから、よかったようです。
a0147281_1894496.jpg

モミジの若葉もいぶし銀の和瓦によく映えていました。消えつつあるこの銀色の瓦屋根こそ、日本の、わけても関西で見られる日本家屋の美しさだとわたしは思っています。
a0147281_181021100.jpg

あ、ほしだ園地に入るまえに妙見宮に立ち寄りました。山の頂上にある拝殿にたどりつくまで、ものすごい数の階段。知っていれば、パスしたところでしたが(苦笑)。
a0147281_18103372.jpg

じつは、ほしだ園地に続く山道の標示を見落とし、お散歩中のおじいさんに伺うと、10分ほど一緒に歩いて、わざわざ山道の入口まで連れて行ってくださいました。
a0147281_1811822.jpg

そして帰りの、ほしだ園地から私市駅に出るときも迷い、仕方なく河内磐船駅へ出ようとしたものの道が途中で消え(?)、畑仕事をしているおじいさんに助けられました。
a0147281_18112339.jpg

仕事の手を止め、やっぱり、わかるところまで連れて行っていただいたのです。地元の方がたの情に触れ、それがいい思い出をつくるのですよね。楽しいハイクでした!


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
いったい何人招くか、費用はどれくらいかかるのか、子どものお誕生日会って、結構、頭が痛いものです。はっきり言って、英国の子どもたちのお誕生日パーティは、ものすごく派手。というわけで、頭を抱えるお母さんを助ける、グッドアイデアとは…
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-05-19 18:27 | デイアウト | Comments(4)
山は呼んでいる(ビギナーのハイク)
a0147281_21443021.jpg

先週の木曜日も、今日のように暑い日でした。でも、行くならこの季節しかないと一大決心し、7年あまり毎日窓から眺めていた山に初めて登りました。
a0147281_21444679.jpg

といっても、たどりつけたのは、生駒山地のほんの一角、ほしだ園地です。それでも、深い谷をわたる吊り橋もあり、山登りの真似ごとが楽しめます。
a0147281_21445875.jpg

わくわくしながら橋に足を踏み出したものの、下を見ることができません。空を眺めながら、あるいはまっすぐまえを向いて、やっとわたりました。
a0147281_2145878.jpg

スキーのリフトは平気なのに、こんな怖がりだったとは…。その吊り橋を見下ろす山頂からは、お隣の公園も、京都タワーも、望むことができました。
a0147281_21452370.jpg

展望スポットへ出る途中、路がふたつに分れ、迷わず「ハード」と書かれた路を選びましたが、急斜面の途中で何度も息切れ。嘘偽りのないハードさです。
a0147281_21453938.jpg

どこを見ても、緑、緑、緑。とりわけシダの葉が好きなわたしは、気がつくと、木立のあいだに生い茂る、シダの葉の写真ばかりを撮っていました。
a0147281_2146527.jpg

岩肌が露わになった絶壁のどこかで、トンビがヒナを育てているそうです。大きな望遠レンズのついたカメラを抱えた、愛鳥家の集団にうかがいました。
a0147281_21462290.jpg

自生している草花や、初めて耳にする小鳥のさえずり、初めて目にする蝶(クロヒカゲ)の姿に、やっぱりお隣の公園とは自然の規模がちがう、と感激。
a0147281_21464399.jpg

ただ、うんざりしたのが、虫です。道中、黒や緑や縦縞や横縞の毛虫が雨のごとく降ってきて(決して誇張ではありません!)、ブヨにもつきまとわれる始末。
a0147281_21465832.jpg

さすがにこれには、きわめて本格的なトレッキング装備(ポールまで!)とウェア姿の、シニア山ガールもシニア山ボーイも、結局、処置なしのようでした。

駅とほしだ園地のあいだの道で、行きも帰りも迷ったため、15キロは歩いたでしょうか。意外にも筋肉痛がなかったのは、ふだん歩いているからですね。

じきに長雨の季節。真夏も、駅から園地までとても歩けません。流行りの科白どおり「いつやるの?いまでしょ」とばかりに、行動して正解でした。次は秋?


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
今回の話題は、世界のレストランランキング「ベスト50」の発表について。はたして、2013年度のトップに輝いたレストランは?
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-05-13 22:02 | デイアウト | Comments(2)
ブルーベルリポート2013
a0147281_232242.jpg

お隣の公園のブルーベルが見ごろになりました。英国では、本格的な春を告げる花。今日のようなひんやりとした日はとくに、英国の春を思い出します。

ブルーベルが一面に咲く林を散歩するときほど、魔法を身近に感じることはありません。あたりが青い魔法にかかっている姿を、目のあたりにできるのです。
a0147281_2325357.jpg

毎年、しつこくおなじことをお話ししてしまいますが、英国では、自生している在来種のブルーベルが消えつつあり、保護を訴える声が年々高まっています。
a0147281_233788.jpg

スペイン生まれのブルーベルが垣根を越え、自然のなかで繁殖するだけでなく、在来種と交雑し、ハイブリッドがどんどん増えているそうなので、厄介です。
a0147281_2332939.jpg

スパニッシュ・ブルーベルもほんとうに可愛いのですが、イングリッシュの可憐さを知ってしまうと、やっぱりどうも、しとやかなほうをひいきしがち…。

お隣の公園に咲いているのはとうぜんスパニッシュ。花壇を抜け出したスペイン生まれのお転婆さんが、思わぬところで咲いているのを、よく見かけます。
a0147281_2335219.jpg

英国の春を思い出しつつも、皐月は大好き。日本にいてよかったと思うこのごろです。大型連休後半、お天気にも恵まれそうです。よいlong weekend を!


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
こちらも、ブルーベルの話題です。日本の「フジバカマ」はだいぶ回復してきたようですが、お花が悪いわけではないけれど、このイングリッシュ・ブルーベルが絶滅してしまう恐れもあるんです。ぜひ、読んでみてくださいね。 
click here!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-05-02 23:18 | 花 park | Comments(0)
藤棚の影で
a0147281_21414686.jpg

桜吹雪が去ったあとは、藤の雨です。先週、母を訪ねる途中、脇に藪のある坂道をのぼっていると、文字どおり藤色の大粒の雨にあいました。
a0147281_2142334.jpg

驚いて見上げると、かなり高いところの電線から藤色の房が垂れ下がっていました。すっかり大きくなった藤の蔓が、そこまで伸びていたんですね。
a0147281_22143521.jpg

そんな、自生している(もしかすると、昔、誰かが植えたもの?)藤もそうですが、ご近所にあるほうぼうの藤棚でも、藤の花が咲き誇るように咲いています。
a0147281_23164629.jpg

晴れた日には、藤棚に浮かぶ藤色の雲が影を作り、その下に置かれたベンチでかならず見かけるのは、気持ちよさそうにまどろむ野良猫たちの姿。
a0147281_2143149.jpg

薄紫の花がすっかり落ちると、あの蒸し暑さがじわじわと忍び寄るのだわ…といまから夏に向けて、気の早い心構えをしつつあるわたしです(笑)。
a0147281_21441690.jpg

連休前半、さわやかな季節をお楽しみください!


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
白いスタッコの壁や赤いレンガの壁に、薄紫の藤が似合うロンドンですが、今回は、優雅な気分になれるアフタヌーンティーの、とっておき「ロンドンお茶何処」をご紹介します!
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-04-26 21:56 | 花 park | Comments(2)
月曜日の白 #42
a0147281_12203489.jpg

まるで争うように、あちらでもこちらでも春の花々が咲くので、哀しいかな、ちょうど見ごろというときに、全然追いつくことができていません。

知らぬ間に咲いていて、うっかり見逃すことも多いので、まるで花との競争…。お隣の公園の花壇のチューリップも、そろそろ終わりを迎えます。
a0147281_12535198.jpg

昨年、とても気に入っていた黒いチューリップの写真をアップしそこねました。というわけで本日の白は、土曜日の午前中に撮ったチューリップです。

変わり種のタイプは大きく分けて、リリー咲き、フリンジ咲き、マルチ咲き、パロット咲き、八重咲き、でしょうか(業者の呼び方は違うかもしれません)。
a0147281_12211634.jpg

お気に入りのチューリップは、もちろん白。白に淡い緑が入ったパロット。そうでなければ、細く尖った白を20本ぐらい、ドサッと生けるのが好き(夢?)。

赤と黄の色の組み合わせが苦手で、お花畑的な、色とりどりのチューリップが植えられた花壇には、あまり興味がないというへそ曲がりなのです。
a0147281_12212485.jpg

そういえば、ツツジの季節。じつはこのツツジというのも、昔から苦手。一面に咲いているのを見て一度もきれいだと思わなかった、生意気な子どもでした。

いっぽう、子どものころには関心のなかった桜草に、最近は在来種があることを知り、その可憐さに惹かれています。今年もお隣の公園では、展覧会開催中。
a0147281_12221236.jpg

春の陽気になれた身に週末の寒さはこたえました。よい週を!

londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
金運と星座の関係は? 今回は、星座別に見た富豪ランキング。英国での話ですが…。
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ

やっぱり白ばかりじゃ寂しい?
[PR]
by serendipity_j | 2013-04-22 12:43 | 四季 | Comments(2)
若葉のころ
a0147281_9495186.jpg

強い陽射し。冷たい風。まるで「英国の夏」(?)を思わせるような春の週末です。どこもかしこも柔らかな若葉でおおわれる、新緑の季節がやってきました。
a0147281_1095526.jpg

お隣の公園のメタセコイヤも背高ノッポのポプラも、あっという間に緑色。ここ数年ナラ枯れが発生しているナラの木も、新しい葉を出し、ほっとしています。
a0147281_950323.jpg

草木が芽吹く勢いは、まるで目で見えるのではないかと思うほど。毎日同じ道を歩いていても、1日おくと、あたりの景色ががらりと変わるのがこの季節です。
a0147281_10101224.jpg

この数週間に、小さな群れを作って、少しずつ飛び立っていったらしいオシドリたちは、お留守番の2羽を残し(目撃!)、とうとう池からいなくなりました。
a0147281_951627.jpg

今日も生駒の山やまが青く見えます。ブルーベルも咲き始めました。世界のあちこちで起こっている事件を思うと、申しわけなくなるほど平和な春の週末です。

よい週末を!

londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
今回は久々にアートの話題です。あのデミアン・ハーストを、ご存知ですか? 
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-04-20 09:58 | 四季 | Comments(2)
| ページトップ |