Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(195)
(96)
(83)
(82)
(82)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
今年も、エルダーフラワーの季節
at 2017-05-16 23:30
若葉のころ
at 2017-05-10 22:35
春紫 in full bloom
at 2017-04-29 14:03
春風とワンダーラスト
at 2017-04-20 14:02
まだまだ桜(goodbye ..
at 2017-04-15 14:32
記事ランキング
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:春 ( 83 ) タグの人気記事
ウィステリアとライラック
a0147281_22371667.jpg

藤は5月の花、と思いきや、すでに終わったところも。今年は逃してはなるまい(笑)と、日曜日に慌ててご近所の藤棚へ出向きました。

町内に藤棚はいくつもありあますが、ここのお宅の藤はみごとです。長い花の房で調べてみると、おそらく、九尺藤という種類のよう…。

藪のなかで咲いている藤も見かけます。自生しているのは野生種の山藤らしく、つるの巻き方が藤とは逆の左巻きなのだそうです。
a0147281_22391251.jpg

藤は、日本舞踊を習っていた叔母の「藤娘」姿の写真を子どものころに見た記憶と結びつき、どうも古臭い、という印象がぬぐえませんでした。

ところが、赤レンガの壁や白いスタッコの壁に映えるウィステリア(藤)を見て以来、興味のなかった藤の見方が変わったような気がします。

たしかに、ジヴェルニーのモネの庭園の藤も、捨てがたいですね。でも、シャワー状に咲く平等院の藤棚は、想像しただけで溜息がでそうです。
a0147281_22393140.jpg

お隣の公園にも古木と思わしき藤があります。それがこの春、幹から伸びた1本のつるに葉をつけたのみで、枯れてしました。

老いて傷んだ幹を見て、ここ数年つづく夏の暑さが原因ではないかしら、などと考えながら、こちらには悲しい溜息をつきました。

そして、たいてい藤が見頃を迎えるまえに咲くのが、ライラック。これもまた5月の花という先入観があり、毎年、見頃を逃します。
a0147281_22402022.jpg

この飽きっぽいわたしが、こんなふうに、季節の花を愛でる今の暮らしだけは飽きないので、自分でも不思議です。たとえ毎日が同じでも…。

大型連休も後半に入りました。みなさまは、野に山に海に、あるいは海外に、お出かけのことと存じます。引き続きお楽しみください!
a0147281_22383130.jpg




london docomo で、英国の新聞から話題を拾ったコラムを連載中。
本日のトピックはプロジェクト・バンブルビー。絶滅した蜂を英国の野原に戻そうという活動です。 ↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-05-03 23:05 | 花 park | Comments(4)
空色と水色の花たち
a0147281_1271087.jpg

最高のお天気です。今日から大型連休でしたね。世の中のお休みとまったく関係なく暮らしているので、すっかり忘れていました。

最近は晴れると黄砂で、遠くが見えなくなりますが、昨日ほど生駒の山々がくっきりと迫って見えた日は、この春では初めてです。
a0147281_1274680.jpg

緑を「青」と表現する日本語を心から納得、と思うほど、この時期の新緑におおわれた山々は、ほんとうに青く浮かびあがります。

日没まえにお隣の公園へゆき、小高い丘にのぼってぐるりと周りを見渡し、息を吸いこみました。涙が出るほどの清々しさです。
a0147281_1281545.jpg

さわやかな風、さわやかな緑、さわやかな水色の空。そしてこの、新緑の季節に咲く薄いブルーの花たちの、控えめな美しさ――。

キュウリグサと、花の色が濃いキュウリグサだと思って摘んだワスレナグサ。花壇から種が風で運ばれて、芽を出したのでしょう。
a0147281_128335.jpg

星の形のハナニラに、公園のあちこちで咲くシャガ。正直、シャガはあまり好みではありませんけど、写真うつりがいい花です。

目立たない花の美しさに気づくのも、こんな季節だから。年々暑くなるのが早く、わたしはすでに猛暑に対する心構えを始めました(涙)。
a0147281_1285329.jpg

素晴らしい大型連休をおすごしください。


london docomo で、英国の新聞から話題を拾ったコラムを連載中。
本日のトピックは女王陛下のピクニック。お弁当の担当は、分子調理法で有名な、あのヘストン・ブルメンタール氏です。
詳しくは ↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-04-28 12:15 | 花 indoor | Comments(0)
サクラ降る
a0147281_22155837.jpg

昨日の強い風は、柔らかな若葉、まだ枝にしがみついていた枯れ葉、そして数日は咲き誇っていたはずの花を情け容赦なく吹き飛ばしました。
a0147281_22161561.jpg

ようやく見頃を迎えていた八重桜のカンザンも、例外ではありません。母の住む集合住宅の芝生の植え込みに、無数の花が落ちていました。
a0147281_2216349.jpg

もったいない。顔見知りの方に見つかると母が恥ずかしい思いをするので、離れた場所の樹を選び、袋に詰められるだけ詰めましょう…と。
a0147281_22165349.jpg

夢中で拾っているあいだにも、吹き荒れる風に飛ばされ、音もなく降る花。開くまえのつぼみまであり、咲かずに落ちた花が気の毒になります。
a0147281_221751.jpg

というわけで、袋いっぱいの八重桜を家に持ち帰り、とりあえず飾りました。長くはもたないでしょうけれど、あのまま枯れるよりはましでしょ?
a0147281_22172480.jpg

まだ咲き誇るまえのカンザンなら、塩漬けにするのにちょうどよかったのに、すでにどの花も、ピンクのチュチュのように開いています。

この倍の花がまだ残っているので、何か作れないものかしら、と思いながらいただいたのは、桜色の和菓子。花も団子も、ですからね。
a0147281_22174998.jpg

志村ふくみさんが桜で染めた着物をtvで見ましたが、それはそれは美しいものなのです。でも、わたしが考えるのは食べ物のほう(笑)。

今日は雨でがっかり半分、安堵半分でした。なぜならこの時期、公園へゆくと、つい時間を忘れて歩き回り、仕事が後回しに…。広い公園のあちこちで花が一斉に咲き乱れるので、ほんとうに忙しい季節になりました。短命の花などはうっかりすると、見頃どころか、咲き始めから散るところさえ、すっかり見逃してしまうほど。追い駆けるのもたいへんです。


london docomo で、英国の新聞から話題を拾ったコラムを連載中。
本日のトピックは女王陛下在位60年の記念式典を控えたロイヤルファミリー。最近、イメージ変わりました。王子さまたちはご旅行に格安航空をお使いだとか。↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-04-22 22:46 | 花 indoor | Comments(2)
スミレ月のスミレづくし
a0147281_1131217.jpg

スミレ。4月の花。勝手にそう呼んでいる理由は、毎日のように咲きはじめたスミレを見つけ、花の終わりを見届けるのが4月だから。
a0147281_11313591.jpg

残念ながら、スミレの季節は意外と短いことがわかりました。それでも、種類によって咲く時期が異なるため、長く楽しめます。
a0147281_11314641.jpg

どこででも見られる、小さくて愛らしい紫の花。いわゆる雑草のなかでは、おそらく、可憐さでも美しさでさも、スミレがいちばん? 
a0147281_1132095.jpg

ご近所で、そしてお隣の公園で、スミレが群生する場所をいくつも見つけました。平凡な日常に、文字どおり花を添えてくれています。
a0147281_11321031.jpg




london docomo で、英国の新聞から話題を拾ったコラムを連載中。
本日は、自身を例にした「美しいことのマイナス面」を書いたコラムニストに、反発の嵐が起こったという話。執筆者の写真を見た人たちが、#タグつきでツイート。詳しくは ↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-04-18 11:40 | weed | Comments(2)
京都、高瀬川の桜
a0147281_1312021.jpg

母と、京都へお墓参りに行きました。年に二度、母が重い腰をあげるのは、たいていお彼岸をすぎて、暖かく、あるいは涼しくなってから。

だいぶまえに三条の繁華街から北山杉がそそりたつ高雄へお寺が移転し、遠くなるわ坂道はあるわで、老いた母にはお墓参りも大変です。
a0147281_1314974.jpg

まあ仏さまたちにしてみれば、風光明媚なお山のほうが、いいにちがいありません。ただ、親類のお墓は三条にあるので、やっぱり不便。

母が親類のお墓参りもしたいというので、四条へ戻って、まずは錦市場を歩き、そのあと、ソメイヨシノがつづく高瀬川沿いを歩きました。
a0147281_132795.jpg

葉桜になりつつあるものの、なんとか見頃に間に合ったようです。木屋町の細い通りは花見客でにぎわい、もちろん誰もが写真撮影…。

わたしだけなら、とうぜん、祇園から円山公園、清水寺のほうまで足を延ばしたと思いますが、母には無理。ちょっと残念でした。
a0147281_1322339.jpg

でも、錦のお店で母とひと休みしているときに、祇園では車の暴走事故が起こっていたらしく…。運命とは、こんなものなのですね。

事故に巻き込まれて、亡くなられた方々には言葉もありませんが、無理やり母を連れて、祇園まで行かなくてよかった、と思います。
a0147281_1324818.jpg

突然の不幸に見舞われた方もいらしたというのに、昨日の京都は完璧なお花見日和。暑いほどの陽気に包まれ、まさに春爛漫でした。

お花見ができる場所、まだあるかもしれません。どうぞよい週末を!



london docomo で、英国の新聞から話題を拾ったコラムを連載中。
本日のトピックは英国の専業イクメン、カプチーノダディたち。おヒマつぶしにどうぞ。 ↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-04-13 13:10 | 京都 | Comments(6)
月曜日の白 #31
a0147281_2144521.jpg

ソメイヨシノは今日が満開。母のうちからの帰り道、夜桜に感激したばかりです。でも桜より先にお見せせねば、と思ったのがスモモ。

梅よりもあと、そして桜よりも早く咲くスモモ。今年は寒さのために開花が遅れましたけれど、白絹のような花がいま満開。清楚です。
a0147281_21441956.jpg

じつは、私の散歩コースから外れているため、お隣の公園にスモモがこんなにたくさん植えられていたとは、これまで知りませんでした。

紅い葉と薄紅の花、紅い実をつけるベニハスモモとちがい、人工授粉でしか実もならないので、見ていても気づかなかったのでしょう。
a0147281_21443123.jpg

よく似てはいるけれど、梅とも桜ともちがう枝ぶり。純白の花びらの控えめな美しさは、ともすれば見過ごされがちかもしれません。

というわけでこの春は、スモモの白に風情を感じました。いっぽう、本日の特別出演は公園の黒猫。日がな一日、ひなたぼっこです。
a0147281_21445135.jpg



london docomo で、英国の新聞から話題を拾ったコラムを連載中。
本日のトピックは英国現代アートのスーパースター、デミアン・ハースト。彼の作品はアートじゃない!という本が出ました。おヒマつぶしに。
↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-04-09 21:47 | 月曜日の白 | Comments(4)
happy easter!
a0147281_1132333.jpg

春。花々の色も、若葉と若草の色も、きれいです。つい最近までモノトーンに近かった風景が、どこもかしこも、一気に彩られました。

部屋から見える川沿いのソメイヨシノは九分咲き。わたしは朝から、家に居ながらにしてお花見です。短い花の盛りを、早くも惜しみつつ…。
a0147281_11333842.jpg

昨日、朝の10時にブラスバンドの演奏で始まった町内の桜祭りは、地元の音楽家(お琴の演奏やコーラス)も出演し、盛りあがっていました。

ようすを伺いに見物に出かけてみると、4時きっかりに終了したところ。すでにお掃除が始まっていました。模範的なコミュニティでしょう?
a0147281_11335664.jpg

今日はイエス・キリストが復活した日曜日。復活祭の前夜は、湯たんぽを復活させた夜でした(笑)。今朝の最低気温はなんと0.8℃です。

昨日は、あまりの寒さにダウンジャケットを着込んで、お隣の公園を歩きました。それでも、スミレもミモザもレンギョウも咲いていて、春を満喫。
a0147281_1134265.jpg

桜の写真もたくさん撮りましたが、今日は黄色の水仙を。そしてこれから、黄色いレモンのケーキを焼きます。easter sunday ですから。

お花見に、復活祭をお祝いに、みなさまどうぞ、美しい日曜日を!


p.s.
キリスト教国でも、easter のお祝いは各国さまざま。米国はマンハッタンのeaster parade が有名です。いっぽう英国につきものなのが、マジパンで飾りつけたsimnel cake。カードのやりとりも、最近はeカード になりつつあるようですけど、こんなレトロなカード、可愛いです。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-04-08 12:00 | miscellany | Comments(4)
スミレ月のお祝いに
a0147281_14491523.jpg

今日から4月。情緒のある和風月名も、4月を呼ぶ「卯月」だけはどうもしっくりこないので、わたしは勝手にスミレ月と呼ぶことにします。

ところがそのスミレも、「菫」という漢字が、あまり気に入っていません。可憐でいて華やかさのあるスミレに、この漢字は似合わない…。

ともあれ、4月になれば、そこここで咲いているのがスミレの花。来年こそ、と去年からずっと思っていた、スミレの花のケーキを作りました。

なんだか代わり映えしない簡単レイヤーケーキですが、あくまで主役は、お砂糖でかためたスミレの花(たまには少女趣味もエンジョイ)。
a0147281_14495468.jpg

スミレの花は、卵白でコーティングしてから、ふるったグラニュー糖をまぶしました(もっときめの細かいお砂糖だったらよかったのに…)。
a0147281_14494034.jpg

クリームは、果実100%のブルーベリージャムを加えて、ほんのり紫に染めました(あれれ、もうちょっと濃いスミレ色になるか、と…)。
a0147281_14501088.jpg

さっきから言い訳ばかりしてますけど、スミレ月の始まりのお祝いです。お天気は冬に逆戻りでも、スミレの花が咲き始めましたから。
a0147281_14514178.jpg




london docomo で、英国の新聞から話題を拾ったコラムを連載中。
本日はのトピックは80の手習い、ソーシャルネットワーキング。 おヒマつぶしにどうぞ。 ↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-04-01 15:21 | クッキング sweet | Comments(1)
早春のサンクチュアリ
a0147281_1623094.jpg

気温が上昇した今日、ようやく、本格的な春の訪れを感じています。飛散する花粉による、目鼻喉のうっとうしさと同時ではありますが(涙)。

お隣の公園も、鈍く乱反射した春の光に包まれています。わけても、水辺の鳥のサンクチュアリは、すっかり春らしい景色になりました。
a0147281_163977.jpg

ランドスケープ・ガーデンの人工の川ですので、さらさらとは流れません。でも、最近よく小川に姿を見せるようになったのが、コガモの群れ。
a0147281_1632337.jpg

雄の羽の深い青緑が、きれいです。この色、衣類にもよく用いられ、teal といいます。コガモは英語でteal。コガモの色だ!と今ごろ納得。
a0147281_1633710.jpg

そのそばに生えた背の高い葦の茂みに、シジュウカラがやってきました。公園のなかで、ここだけは、枯れても刈らずに残されています。
a0147281_164384.jpg

すると、すぐにスズメが意地悪をして、追い出しました。じつは、警戒心の強いスズメです。こんなにそばで撮影できるとは、おお、珍しい…。
a0147281_1641932.jpg

そして公園の池は、かなり大きな規模の、鳥のサンクチュアリ。立ち入り禁止区域の入り江では、さまざまな水鳥の群が、巣作りをしています。
a0147281_1643330.jpg

決して人まえに現れない、オシドリも。鴨のなかで食用にならなかったのは、このmandarin duck だけだそうです。まずいのでしょうか?
a0147281_1644645.jpg

そしてこの、ちょっと恐ろしそうな光景は、カワウです。わたしのカメラではこれが最接近。けど、近くで見てもあまり可愛くありません。
a0147281_16528.jpg

マガモ、カルガモ、コガモ。コサギ、チュウサギ、ダイサギ、アオサギ。またまた早口言葉みたいになりましたので、このへんで。よい週末を!



london docomo で、英国の新聞から話題を拾ったコラムを連載中。
本日のトピックはエリザベス女王即位60周年記念式典の詳細です。おヒマつぶしにどうぞ。 ↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-03-30 16:21 | ワイルドライフ | Comments(0)
緑の日
a0147281_13462215.jpg

「みどりの日」ではありません。それは5月4日です。今日、3月17日は、わたしが個人的にそう呼んでいる、聖パトリックの祝日です。

アイルランドの守護聖人、聖パトリックの命日を記念し、世界各国でアイルランド系の人たち(でなくても)が緑色を身に着けるので、緑の日。
a0147281_13472247.jpg

長年お隣の英国に住んでいたときもいまも、アイルランドは未知の国。それでも、ニューヨークで見物した陽気なパレードが印象的でした。
a0147281_13473942.jpg

というわけで、st. patrick’s day と旅行の思い出が結びつき、わたしにとっては、どちらかというとマンハッタンが懐かしくなる日に。
a0147281_13475051.jpg

ふだんはお祭りの人ごみが苦手なわたしも、あのパレードは楽しみました。冷たい風のなかにも春の兆しを感じた日。またゆきたい…。

彼岸の入りの今日、雨はあがったものの、すこし肌寒い週末です。



london docomo で、英国の新聞から話題を拾ったコラムを連載中。
本日のトピックはモデルのヒップサイズ。おヒマつぶしにどうぞ。
↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-03-17 14:06 | miscellany | Comments(2)
| ページトップ |