Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(196)
(98)
(83)
(83)
(83)
(82)
(79)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
fleur d'été(夏の花)
at 2017-08-13 23:04
nagasaki day 2..
at 2017-08-09 21:14
hiroshima day ..
at 2017-08-06 09:19
爽やかグリーンの紫陽花と焼き菓子
at 2017-07-30 15:07
夏ハーブ
at 2017-07-18 22:42
記事ランキング
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:晩夏 ( 12 ) タグの人気記事
夏の花、秋の花、晩夏の風景
a0147281_16252314.jpg

お隣の公園ではいま、秋の訪れを知らせる花、スウィートオータムクレマティス(仙人草)が花盛りです。歌にもあるように、「小さな秋」を探して長歩きを再開しようと、心身ともにギアを秋モードに変えたというのに、しぶとく居残る夏の蒸し暑さに、毎朝ちょっと腹が立ちます。でも、今朝はかなりいい気分…。
a0147281_16254984.jpg

a0147281_16261047.jpg

そのわけは、錦織圭選手の、全米オープン4回戦の突破でございます。珍しい早起きに(午前2、3時の未明は早起きにならないみたい)老母は驚いておりましたが、朝はたいてい機嫌の悪いわたしが、いつになく優しかったようです(笑)。いつもは目を覆ってる場面が多いのに、今日の試合は安心して観られました。
a0147281_162627100.jpg

a0147281_16264914.jpg

「世界のニシコ~リ」の魅力が堪能できるこんな動画に元気づけられ(細身のショーツのスウェット素材とカッティング、そして色のセンスなど、uniqlo の安っぽさにはやっぱりガッカリしつつも?)、フォアよりもバックハンドで点を稼ぐ世界でも稀有な選手である、という記事を読んで挑んだ試合(tv観戦)でした。
a0147281_16271316.jpg

a0147281_16273565.jpg

a0147281_16275740.jpg

公式サイトの予想では錦織選手勝利とはなっていたものの、なにしろ相手は初戦で61本のエースを打った211センチのカルロヴィッチ選手。ところが下調べをすると、フロリダに住み、twitter での面白いやりとりが人気だそう。あの苦虫をかみつぶしたような顔から想像しにくいけど、ユーモアのセンスが評判なのです。
a0147281_16282547.jpg

a0147281_16284889.jpg

で、カルロヴィッチ選手の顔、どこかで見たことある…と長いこと考えていたのですが、ヒマワリを見てわかりました! そう、ヒマワリで有名なゴッホです(ほら、ね?)。 ただ、素顔はわりとイケメン(ほら?)。37歳でも最近またランキング上昇中ということで、対戦相手が錦織選手でなければ、応援したかった~。

次はマリー選手です。最後まで強気でいくべきではないでしょうか。会場の、もんのすごい雰囲気に呑まれないこと(あそこで「ニッポン、チャチャチャ」はあわないんでない?)。ボールが入らなくても失望を見せないこと。押され気味でも眉を八の字にしないこと。それが鍵? 今度こそアンディに勝つ!と信じましょう。


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-09-06 16:40 | 花 park | Comments(0)
葉月は収穫のとき:うちの山葡萄2016
a0147281_1311453.jpg

猛烈な暑さで、表に出ると頭がクラクラした金曜日。予想どおりに、お盆あたりから色づいてきていた(↓)うちの一才山葡萄を、思い切って収穫しました。
a0147281_1312886.jpg

十年ほどまえに小さな苗木を買って以来、なんとかつづいている、恒例の「わが家で葡萄狩り」です。今年は花をたくさんつけたので、まあまあの豊作。
a0147281_1314146.jpg

八月に入ってから毎日が暑さとの戦い。ジャムづくりの気分ではないものの、早く収穫しなくては、せっかくついた実も木も傷めることになりそうでした。
a0147281_131559.jpg

花のつきがよかったわりには、結実が少なかった気も。でもかえって、例年よりも粒が大きい気がします(とはいえ巨峰と比べればまるで赤ちゃんですが)。
a0147281_132105.jpg

海外では、鑑賞用として植えられていることが多いこの「crimson glory vine ヤマブドウ」。もしかすると、実のならない株が海を越えたのかもしれません?
a0147281_1322754.jpg

夏になるとかならず悩まされる葉の病気も、どうにか治療できました。涼しくなれば元気をとり戻し、秋には美しい色彩で愉しませてくれることでしょう。
a0147281_1324130.jpg

これでもか!というほど続いた猛暑は、とりあえず一服? 昨日は思いかけずさわやかな日となり、曇天の今日は、ときどき雨の降る日曜日となりました。

よい日曜日を!


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-08-28 13:13 | 四季 | Comments(0)
旬の桃の冷菓
a0147281_14154586.jpg

何もする気になれないのは、暑さ疲れのせいです…。猛暑の晩夏の救いは、旬の果物。珍しく母がスイカを食べたいというので、スイカばかり買っています。
a0147281_1415592.jpg

でも、うっかりすると終わってしまう桃の旬も逃せません。桃はそのままでいただくのが一番ですが、毎年つくるのがジェリー。今年はザクロのジュースと。
a0147281_14161290.jpg

イメージは、こんなのあんなののナイジェルの美しい桃ジェリーでしたが、生憎、うちのバラは散ったばかりで、エルダーフラワーのシロップもとっくにない…。
a0147281_14162641.jpg

その代わりに、食品キャビネットに長く眠っていたザクロのジュースを使って固めて、食べるまえに、香りのいいアラビアジャスミンの花びらを散らしました。
a0147281_14164211.jpg

小ぶりの桃でつくれば、もう少しましな見栄えになったのではないかと思いますけど、桃は高級化が進んだようで、最近、小さい桃を見かけなくなりました。
a0147281_14165877.jpg

100%ザクロのジュースも、水で薄めたせいか真紅に仕あがらなくて、残念無念。というわけで、不味くはないものの、イメージにはほど遠い仕あがりに~(笑)。


本日の冷菓 : white peach in pomegranate juice gelatin with jasmine petals

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-08-24 14:25 | クッキング sweet | Comments(2)
去りゆく夏を惜しむ週末 2015
a0147281_2140224.jpg

記録的な雨で、大きな被害がでました。鬼怒川温泉は、子どもたちが小さかったころ、亡き元義理の父がよく夏休みに連れていってくださった場所。
a0147281_21402086.jpg

昨夜、母の家で救助の模様を伝えるニュースを観ていて、愛犬と一緒に無事救助されたご夫婦の安堵した顔が、とりわけ深く印象に残りました。
a0147281_21403768.jpg

ここ何年か、「記録的」という言葉をつねに耳にします。最近の天候が世界中で極端な状態になっているのは、温暖化のせいに間違いありません。
a0147281_21405558.jpg

つくづく、人間には(天候はすべての生物に影響しますが)試練が多いなあと思い、その一方で、四季がある喜びを改めてかみしめている週末です。
a0147281_2141136.jpg

もしかすると今年は、このまま涼しくなるのでしょうか? 去りゆく夏を惜しむのも、この週末がチャンス? 毎度のことながら、嬉しいような嬉しくないような。
a0147281_2141302.jpg

母の体調も少し回復し、今週末は自宅に戻ってすごせるので、好きな曲を聴き、好きなものをつくって食べ、自分だけの「夏のお別れ会」をしました。
a0147281_21414875.jpg

つくったのは、真夏に食べ損ねたレモン風味のタリアテッレ。採った種から育てたバジルと、冷凍しておいた空豆と枝豆、御殿場産の鷹の爪も加えて。
a0147281_21435152.jpg

夕暮れどきに、キャンドルを灯したお風呂でスパ気分を味わうのも決まりごとのひとつ。流す音楽はシャーデー。ごめんなさい。数時間の極楽でした。

本日のパスタ: tagliatelle con verdure al limone


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-09-12 21:54 | クッキング savoury | Comments(0)
お陽さま色に染まる晩夏
a0147281_20515098.jpg

雲の広がった今朝、自宅への道を遠回りし、公園の南側を歩きました。猛烈な暑さにめげ、長いあいだ足が向かなかったので、ほんと久しぶり。
a0147281_2052758.jpg

ガーデニング・クラブの副会長をしていらっしゃるn 氏(n 夫人のご主人)に、お会いしました。いつもきれいにしていただき、申しわけなさと感謝…。
a0147281_20525163.jpg

お陽さまは見えないとはいえ、汗が噴き出す蒸し暑さの中での作業です。花壇の手入れをしに、ボランティアのお仲間と久々に集まられたそう。
a0147281_2053969.jpg

いつもの花壇ではすでにオミナエシが咲き、赤トンボも飛んでいて、秋の気配も感じます。そういえば、お盆のまえの週から秋の虫も鳴き始めました。
a0147281_20532937.jpg

見ごろのすぎた「ヒマワリ畑」の写真を撮っているとき、昨夜、母と観たホラー映画の『the awakening』が、どういうわけか頭から離れませんでした。
a0147281_20534671.jpg

あの『the shining』や『the others』に似た怖さです。それで昨夜は、怖い夢まで見ました。でも、遺体で見つかった少女の事件が気になってるからかも。
a0147281_20542946.jpg

最近は簡単に人が殺される事件がひんぱんに起き、とりわけ、10代のまだ幼さの残る少年や少女たちが命を奪われたというニュースには胸が痛みます。
a0147281_20544717.jpg

実のなる花でいえば、まだほんのつぼみなのに…。そんなことを、公園の中の野菜畑に咲くカボチャやゴーヤやキュウリの花を見て、ふと思いました。
a0147281_20551293.jpg

他方、公園ではこの夏も、枯れたコナラや松の大木が目立ちました。人でいえば「中堅」といった立派な木々が、恐ろしいほど着実に枯れてゆきます。
a0147281_20553062.jpg

桃の木もスモモの木も梅の木も、暑さや病気のせいで葉の色が悪く、この夏は草木が充分な栄養をたくわえることができているのかどうか、心配です。
a0147281_20555192.jpg

強い陽に照らされ、雨が降るたびに勢いを増すのは、雑草たち。駐車場脇の空き地のマツヨイグサも次々とお陽さま色の花を咲かせ、なんとたくましい!
a0147281_2056543.jpg

英語名の「evening primrose」で呼ぶと、ちょっと違った印象。元々は外来の園芸種だったと、初めて知りましたが、こんなに強いから、雑草になったわけか。


p.s.
やり切れない気持ちになる10代の殺人事件が多発する一方で、最近の10代のスポーツ選手の活躍に目を見張ります。わたしがいつも応援している錦織選手も、注目したのは10代のとき。というわけで、先週の日曜日も、ロジャーズ・カップの準決勝戦を、atp サイトのlive score でチェックしながらブログを書いておりました。刻々と変化するスコアとデータをながめ、マリーと戦う姿を想像し、一喜一憂しながら。

ところが、2セット目はベーグル(0点)で敗退。錦織選手のこんな戦い方はありえないので、身体的な異変だと確信したら、やっぱりそうでしたね。見てなくても、ファン歴の長いわたしには、わかるんです(笑)。もし母の家のtv であの試合を見ていたら、「戦意喪失」みたいな見当ちがいの実況に、きっと憤慨してたはず。だからtv は嫌い(笑)。「錦織圭の状態が見えてない解説するなら放送もやめてくれ」って、まったく同感!


あぶそる~とロンドンもよろしく! トピックは、今、大騒ぎの「パクリ」。英国の有名アーティストの作品そっくりの彫刻が、中国に登場。偶然似ただけ? それともパクられた? 

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-08-19 21:37 | 花 park | Comments(0)
晩夏から初秋かけてのエメラルド色

a0147281_17292795.jpg

大気が不安定だった週のあとの、申し分ない地中海晴れ(勝手に呼んでる)の週末。

a0147281_17292792.jpg
災害のために今どこかで辛い思いをしていらっしゃる方には、申しわけない気持ち。

a0147281_17292789.jpg
この季節はあちこちの木々で実が色づき始めるので、公園を歩くのが楽しみです。

a0147281_17292780.jpg
初めて見つけた栗の木のはじけたイガを見ると、どれも見事に「モヌケのイガ」。

a0147281_17292731.jpg
どこのどなたか存じませんが、どんな技をお使いかとり出すところを見てみたい。

a0147281_17292711.jpg
エメラルド色をしている柿や花梨の実も、月は日に日に色づいていきます。

a0147281_17292743.jpg
どういった風の吹き回しか、オリーヴの木がほんの数個だけ実をつけていました。

a0147281_17292716.jpg
手入れのされないパーゴラの葡萄は、毎年この時期になるとほとんどが無残な状態。


病気といえば、今年は梅とスモモの葉が病気ですっかり黄色に変色してしまいました。「ナラ枯れ」はお隣の公園でも深刻です。直径が80センチはありそうなナラの老木も、とうとう枯れてしまいました。晩夏から初秋にかけては、うれしくなったり哀しくなったり、とりわけ発見の多いウォーキングです。


よい連休を!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-09-13 18:02 | 花 park | Comments(2)
今夜はハーヴェスト・スーパームーン

a0147281_18272069.jpg

ツクツクホーシが鳴き夕焼け小焼けの赤トンボが飛んでいて、夏と秋が仲良く共存。

a0147281_18272071.jpg
昨夜の中秋の名月は幸運なことに空が澄みわたり、お月見なさった方も多いのでは?

a0147281_18272061.jpg
そして今晩、今年3度目で特別な「ハーヴェスト・スーパームーン」が見られます。

a0147281_18272019.jpg
大きさは先月の月が最大だそうですが(ひと晩まえ↑)、今晩がラストチャンス!


ところで、全米オープンの決勝はやっぱりどうしても観たくて、5時に起きて母のところへ行き、生中継を観ました。が、劣勢になっていると直視できず、錦織選手の敗戦は可哀そうでとても見られそうもないので、途中で帰ってきました。準決勝でもすごいことじゃありませんか。おかげでわたしも、早朝の公園を散歩できました(朝の5時台のほうが、夕方の5時台よりも歩いてる人が多い!)。全国の早起き応援団のみなさま、ごくろうさまでした。



にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-09-09 18:34 | 四季 | Comments(4)
さよなら、フリーダの夏色

a0147281_21321403.jpg

葉月最後の日曜日。そして葉月最後の今日。まあまあのお天気でした。いよいよ夏が去ってゆくので、嬉しいような惜しいような気持ちです。

a0147281_21321432.jpg
今日でないと、一生お見せできない気がし、わたしにしては珍しく鮮やかな、花らしい色のジニアで、葉月最後のページを飾ることにしました。

a0147281_21321446.jpg
原色の花は、子どものころから苦手です。小さかったとき、母が庭に植えていたダリアを、好きになれませんでした。ところが、どうでしょう。

a0147281_21321435.jpg
好みって、変わるもんですね。母もわたしも庭をもたない今、クレヨン色のカラフルなダリアやジニアを、部屋に飾ってみたいとさえ思います。

a0147281_21321434.jpg
フリーダ・カーロが頭に飾った花を連想し、大昔のメキシコ旅行を想い出す花。ただし、訪れたのは雨季に入った8月で、肌寒かった記憶が…。


スポーツの秋がひと足先にきていて、結果のチェックに、なかなか忙しい毎日です。来月の8日は早くも十五夜なんですけど、長月のお天気、予報をみるかぎりはちょっと期待薄ですかね~。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-08-31 21:38 | 花 park | Comments(0)
夏野菜、ほんものの色艶

a0147281_12565704.jpg
野菜好きにとっては、豊富な供給を楽しめるはずの夏。でも、夏が終わりそうな今、考えてみると、今年は葉月に入ってからは雨ばかり。

a0147281_12565764.jpg
産地の日照不足、気になりますが、先日届いた御殿場産のお野菜は(お嫁ちゃんのご実家より)、色艶がみごとで、毎度のことながら感激。

a0147281_12565839.jpg
もちろん味もちがいます。「かあさん、食べた? 売ってるのと全然ちがうでしょ」が口癖の息子は、義理のお父さんのお野菜が何より好物。

a0147281_12565806.jpg
生のチリ(鷹の爪)もいただきました。これなしには暮らせないニンニクも、ほらこんなに。中国産を避けると高級食材なので、感激です。

a0147281_12565883.jpg
眺めているだけでも嬉しくなる瑞々しいお野菜をまえに、どんなお料理に挑戦しようかと、ワクワクしながら、つくったのは結局、いつもの…。

a0147281_12565895.jpg
本日のひと鉢:provençal summer vegetable stew (ratatouille)


p.s.

セレブたちのあいだの「アイスバケット・チャレンジ」の輪は、どこまで?というより、いつまで広がるのだろう?と思うこのごろ。飽きっぽいオーディエンスも、いつまで見学につき合うのでしょう。氷水をかぶる姿を見せないことには、チャレンジする意味がないと、思わざるをえませんもんね。じつはセレブでなくとも、かぶってます。事実、スコットランドの友人は、最近、fb にその写真をアップしました。そしてガーディアン紙が紹介した米国のカメラマン、anthony carabajjal さんのチャレンジは、スペシャル。


この陽気な慈善運動に賛同し、氷水をかぶる馬鹿騒ぎをしたあと、26歳の彼は、おばあちゃんが、そしてお母さんが、als 患者であることを話し、それからご本人も今年1月に発症したと、カメラのまえにいるわたしたちに告げます。als の症状は、画期的な治療法が発明されないかぎり、時とともにかならず悪化し、ゆくゆくは自分の力では動けず、喋れず、呼吸もできなくなる…そのとてつもない恐怖を語る姿に、胸が張り裂けそうでした。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-08-28 13:13 | クッキング savoury | Comments(0)
夏が去るまでに

a0147281_11024394.jpg

朝からセミの合唱を聞く、あいかわらずの日々。でも、葉月も3分の2 がすぎ、そろそろ秋のことを考えてもいいころ? 夜はコオロギも鳴いています。

a0147281_11024335.jpg
それでもヒマワリを咲いているのを見ると、おそらくだれもが、子ども時代にすごした夏を、懐かしく思い出さずにはいられないかもしれません。

a0147281_11024321.jpg
夏休みも、じきに終わりますね。大人には夏休みの宿題がないのでほっとしますが、夏にするつもりでいた計画は、いまだ手つかずのまま…。

a0147281_11024324.jpg
今日も氷水でもかぶりたいような蒸し暑さです。一方、どんどん広がる ice bucket challenge の輪。あんな方やこんな 方々がかぶるのを見て、納涼!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


p.s.

本の宣伝は、このブログではくどくどとしたくないなあと思いつつ、『使用人が見た英国の二〇世紀』を出していただいた出版社のためには、訳者だってどんどん宣伝しなくては、という気も。それに、多くの方に読んでいただきたいのが、心からの願い。オンライン書店のランキングも、やっぱり気になります。じつは、日曜日の日本経済新聞の書評で、本を紹介していただきました。それでランキングがあがってたのかあ(日曜日はamazon:イギリス・アイルランド史で1位! 紀伊国屋書店:イギリス史で昨日は2位)と納得。ありがたいことです。オンライン日経の書評にはアクセスできないので(有料?)、いつも気の利く編集者さまが、きれいにスキャンして送ってくれました。



よろしければ、こちらを…
[PR]
by serendipity_j | 2014-08-20 11:20 | 花 park | Comments(2)
| ページトップ |