Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(193)
(96)
(82)
(82)
(81)
(78)
(77)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
春風とワンダーラスト
at 2017-04-20 14:02
まだまだ桜(goodbye ..
at 2017-04-15 14:32
春雨と桜
at 2017-04-09 11:23
桜の春
at 2017-04-06 20:08
杏の春
at 2017-03-28 15:36
記事ランキング
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:杏 ( 9 ) タグの人気記事
杏の春

a0147281_15242208.jpg

春と呼ぶには肌寒い日のつづく、弥生最後の週。それでもすっかり日が長くなりました。用事がすんだ昨日の夕方、久しぶりにカメラを持って公園へ…。予想にたがわず、桜は咲いていません。山桜も染井吉野もつぼみは固く、少しふくらんできた先のほうが、わずかにピンク色を帯びてきた程度。桜より早い紅葉スモモも今年はまだ見ごろにはほど遠く、それならば、と向かったのは杏の木が植えられた場所。


杏は咲いていました。でもこちらも三分ほど。桜でもなく梅でもなくやっぱりスモモに似ている花ですが、まっすぐ天に伸びた枝ぶりに特徴があります。まだ手袋をしている手でつかんでいたコンパクトカメラを、花の咲いている枝に向けたところ、鳥の巣が目に入りました。すでに空き家です。どんな鳥が棲んでいたのでしょう? 藁ではなく小枝を使っているので、さほど小さな鳥ではないのかもしれません。

a0147281_15242700.jpg
a0147281_15243097.jpg
a0147281_15243337.jpg
a0147281_15243646.jpg
形は、カラスの巣に似てる? 写真ではわかりにくいのですけど、小ささからいってカラスではないことを信じつつ、立ち去りました(笑)。数年前の春のこと、野鳥の会の方が沼杉に掛けた巣箱を見つめながら、どんな小鳥が棲んでいるのだろ、としばらく待っていたとき、スズメが出てきてがっかりしたことがありました。スズメだって野鳥なのだし、スズメのお家で何が悪い!と思い直しはしたのですけどね。

a0147281_15243906.jpg
a0147281_15244293.jpg
a0147281_15244485.jpg
杏と同じようなピンク色の桜は、河津桜です。お隣の公園ではわりと新顔。今年は開花時期が遅れたのか、細い枝にまだ無数の花をつけていました。

a0147281_15244790.jpg
a0147281_15244917.jpg
新しい柵が落ち着いた竹藪には若い竹の姿。ふと見ると眠たそうな猫がいて、写真を撮るから目を開けてよと言ってもご覧のとおり。猫眠暁を覚えず?




あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2017-03-28 15:36 | 花 park | Comments(0)
仙台麩でつくる真夏のサラダ、パンツァネッラ
a0147281_13442892.jpg

梅雨明けのあと、今日までのところはイイ感じ。つねに北東から涼風が吹き(ときには強すぎることもあるけれど)、夏のイタリアにでもいるみたい!
a0147281_13444516.jpg

梅雨明けまえにも、晴れた日にそう思いました。そこで、イタリアにいる気分でつくったのが、トスカーナ風パンのサラダ。ただし、パンではなく麩で。
a0147281_1345367.jpg

仙台麩(油麩)を見たとき、まるで乾いたバゲットだったので、これでオニオンスープをつくろう、と思いつつ、いつの間にか季節は、冬でなく夏(笑)。
a0147281_13452144.jpg

世の中は「グルテンフリー」がトレンドです。が、グルテンでできている麩は健康的。アレルギーでもない限り、グルテンを目の敵にすることもないと…。
a0147281_13454556.jpg

このところ、どの店へ行っても「アイスバーグ」レタスを大安売りしています。サラダをメインで食べるなら、この好機を逃すわけにはいきません?
a0147281_1346332.jpg

タンパク源はポーチドチキン。キュウリとトマトの定番の夏野菜(赤玉ねぎを入れ忘れた)に、モッツアレラとハーブ、そして最後のアプリコットも。

パンツァネッラはトスカーナからイタリアの各地に広がって、ロマーナだとかシチリアーナだとか、いまではさまざまなヴァージョンがあるのだとか…。
a0147281_14164948.jpg

そうそう、わが家の新顔、茉莉花(アラビアジャスミン)がいま花盛りなのですが、「ジャスミン」は、「神さまからのの贈り物」という意味のペルシャ語に由来するそう。この八重の園芸品種は、偶然にも「granduca di toscana/ grand duke of tuscany トスカーナ大公」という名前。じゃあトスカーナ地方に思いを馳せましょう、というわけで、香りのいい花びら(ジャスミン茶に使用)をオマケに散らしました(はい、この花は食用です)。よい週末を!

本日のサラダ : la panzanella con albicocca fresca, glutine di grano fritto ‘sendai-fu’ e mozzarella ‘alla giapponese’

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-07-22 14:14 | クッキング savoury | Comments(0)
杏のカスタード・パフペイストリー
a0147281_1556176.jpg

今年も、長野産の杏を数通りの愉しみ方で堪能。最後のひとつは、きょう、サラダに入れて食べましたが、ワタシ的「目玉」はパフペイストリーでした。
a0147281_15561930.jpg

フランジパーヌの杏タルトづくりで、去年も使った市販の冷凍ペイストリーを今年も使用。今回はカスタードをつくっただけで、超手抜きのお菓子です。
a0147281_15563725.jpg

こういった類の製品は、飽和脂肪酸が気になります。ほんとは手づくりがいいのですけどね、「バター100%」の表示を信じることにしましょう(笑)。
a0147281_15565227.jpg

ふくらみすぎるので、タルトの皮には向かないものの、今回のような「パフ」ペイストリーにはもってこい。というわけで、瞬く間にできあがりました。
a0147281_15578100.jpg

杏と旬が重なるのが、サクランボ。まだ冷蔵庫に入っていたので、結局、いつもの組み合わせに…。そして、ヨーグルトと合わせるのも、例年どおり。
a0147281_15572664.jpg

でも今回は、オーヴンで焼きました。日本の杏は果汁を多く含んでいるので、あまり焼きすぎるとその果汁がほとんど出てしまいます。軽く焼くだけに。
a0147281_15574235.jpg

もちろん、アプリコットジャムもつくりました。いま、去年のものを食べてるところです。来年もまた梅雨の時期に、同じようなことをしてるでしょうか?

本日のお菓子 : apricot + cherry custard puff pastries / roasted apricots with honey yoghurt

p.s.
わたしのwimbledon は終わった終わった、といいながら、結局、決勝戦を最初から終わりまで観てしまい(選挙結果のサイトをときどき見ながら)、「期間限定」のlendle コーチが目をウルウルさせてるところや、murray 選手らしいドライなジョークと男泣きに、よかったね~と思いました。 一方、錦織選手はリオ五輪に出場してくれるらしいとわかり、エライぞ!と思った次第です。けどまあ、すでに開始されていた五輪のプロモーションに絡んでの、スポンサーとの関係もありますしね、いまさら「出ません」は許されないかあ?


ひさびさに更新のあぶそる~とロンドンもよろしく! 英国では、費用が安くあがる夏休みまえの学期中に、子どもを旅行に連れ出す親が増加…。でも、罰金を払わなくてはならないって、知ってました?


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-07-13 16:10 | クッキング sweet | Comments(0)
夏を告げる杏のタルト・フランジパーヌ
a0147281_20571155.jpg

例年どおり、梅雨の時期に手に入った長野産の杏。杏ジャムと生の杏を使った焼き菓子づくりは、もうすっかり恒例となっています。
a0147281_20573365.jpg

昔住んでいたわが家の庭で鈴なりに実をつけた杏に思いを馳せ、「あの杏があったら…」という、いつもの言葉が母の口からもれました。
a0147281_20575329.jpg

さて、貴重な杏で、今年はどんな焼き菓子をつくりましょう…。でも、思いつくのはやっぱり、好物のタルト(パイシートもまだあるし)。
a0147281_20581582.jpg

パティシエがつくったタルトとは雲泥の差ですが、アーモンドの粉とバターと卵とミルクでつくるフランジパーヌと、杏の相性は抜群。
a0147281_20583760.jpg

レシピを調べると、日本で知られる「クレーム・フランジパーヌ」は、本場フランスでは単に「ラ・フランジパーヌ」と呼ばれているみたい。
a0147281_2059096.jpg

仕上げは魔法の粉ではなく杏ジャム。杏を頬ばりながら、いよいよ夏がやってくるんだと実感。で、でき? 絶品にはほど遠し(苦笑)。

本日のプリザーヴと焼き菓子 : confiture d’apricot/ tarte aux abricots et à la frangipane

なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-07-08 21:06 | クッキング sweet | Comments(2)
季節の杏、フランジパンのタルト

a0147281_21095331.jpg
文月になってようやく杏が手に入りました。毎年、杏を買ってくれる母との話題は、昔住んでいた家の庭に、腐るほどなった杏のこと。

a0147281_21095353.jpg
杏が家でなるありがたみが、まったくわかっていませんでした、あのころは。ともかく今日、貴重な杏を使って、タルトをつくりました。

a0147281_21095310.jpg
この日のために(なぜか恵比寿のデパートで)購入しておいたアーモンドプードル。今回は、杏との相性が抜群のフランジパンで焼きます。

a0147281_21095386.jpg
でも、クラストは冷凍のパイシートで手抜き。本格的なお菓子づくりは一生できないかも。早く食べたい気持ちには勝てません(と言い訳)。

a0147281_21095361.jpg
魔法の粉のごとく、ふりかけるだけで瞬時に見映えがよくなる粉砂糖を、うっかり切らしたままでした。で、自家製の杏ジャムでグレイズ。


ミテクレは悪くても風味は格別。オヤジヤジに集団的自衛権に錦織選手敗退と、心が晴れないニュースが続くときは、好物を食べるにかぎります。


本日の焼き菓子: tarte aux abricots et à la frangipane


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ


[PR]
by serendipity_j | 2014-07-02 21:12 | クッキング sweet | Comments(0)
杏の種で作る好香杏仁豆腐
a0147281_10311252.jpg

ちょっと、間があいてしまいました。のらりくらり癖を返上し、片づけなければ、と思っていたことに専念。それが長引いているうちに、今日からもう葉月です。

朝から灰色の空が広がり、セミ時雨が止んだと思ったら、案の定、雨。そんな、心も沈む葉月の暗~い幕開けに、白く輝く杏仁豆腐はいかかでしょうか?
a0147281_10312138.jpg

お菓子を作ったり冷凍したりしたときの杏の種を、とっておいたのがこれです(↑)。この杏仁で、杏仁豆腐を作るとどうなるか、試してみるのが目的でした。

とはいうものの、ぜんぜん実行できず、かなりの時間が経っていたので心配ではありましたが、長時間水につけると、ちゃんとそれらしくなりました。
a0147281_10313148.jpg

半信半疑でブレンダーに入れて撹拌しているうちに、ちゃんと牛乳のように。そしてブレンダーのふたをとったとたん、気絶しそうなほど芳しい香りが…。

あいにく缶入りコンデンスミルクが見つからなかったため、牛乳にし、お砂糖、ゼラチン、寒天も加え、いい香りの杏仁豆腐のできあがりました(実験無事終了)!
a0147281_10313990.jpg

本日のプディング: 正宗杏仁豆腐(authentic apricot kernel tofu)


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-08-01 10:46 | クッキング sweet | Comments(6)
杏 & kuchen
a0147281_22272984.jpg

先週、長野の杏が手に入りました(母経由)。今年は、粒が大きくて立派ではあるものの、ほんのり赤く色づいた杏はひとつもなくて、ちょっと残念。
a0147281_2227378.jpg

デリケートな杏を陽にあてて、無傷の実に何か起こるといけないので、そのまま食べることにしました。そして例年のごとく、杏を使って焼き菓子にも。
a0147281_22274760.jpg

生のフルーツを使うときは、ドイツの「クーヘン」風に焼きます。今回、いつもと違う点は、仕上げに粉砂糖ではなく、グラニュー糖をふりかけたことだけ。
a0147281_22275362.jpg

じつはこれを焼くまえに、先日のプラム・アップサイドダウンケーキの「リベンジ」をしようと挑戦…が、思いどおりに仕上がりませんでした(↓左下)。
a0147281_22284038.jpg

毎日暑くて、焼き菓子作りはとうぶん休業かもしれません。「作りたい」欲以前の「食べたい」欲が、だいぶ減退しております。残りの杏は冷凍しました。

本日の焼き菓子2種: einfacher aprikosenkuchen/umgedrehter aprikosenkuchen


londondocomoのポータルサイトもラストウィークです。仕事を引退したら海外へ『移住したいと思う英国人は3人に1人。で、その移住先でもっとも人気のある国は、どこだと思います?

click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-07-10 22:42 | クッキング sweet | Comments(0)
アプリコットボナンザ!
a0147281_1152594.jpg

先週の金曜日、雨が小降りになったとき、焼きたてのパイを母に届けに行きました。帰るころには雨が止んでいたので、帰り道は最短ルートではなく久々に公園を遠回り。

公園の路を歩いていると、前方に目を疑う光景が…。杏の木の下が、一面オレンジ色です。強い雨や風のせいで、熟した実がいっぺんに落ちてしまっていたのでした。
a0147281_11521444.jpg

スロットマシーンのジャックポットを当てた気分(笑)! わたしはそのとき、(まるで最初から知っていたかのように)うまい具合にバスケットを提げていたのです。

去年も何度か、落ちたばかりの杏を2、3個拾ったのですけど、ジャムやお菓子にする杏は、毎年母が注文するものをもらうので、ちょっとだけ愉しむ程度でした。
a0147281_11522272.jpg

とりあえず、傷んでなさそうなものだけを拾って、帰宅してからすぐに、泥だらけの杏をきれいに洗いました。それから、(ほくそ笑みながら)ジャムを煮るはずでした。

その後、蟻と格闘すること数時間。ひとつずつ杏の皮をむいてふたつに割り、種の裏側に隠れている数十匹もの蟻を、ひたすら退治しなければならなかったのです。
a0147281_1152335.jpg

抵抗する蟻に数か所噛まれましたが、蟻には申し訳ないことをしました。けど、まだ泥に埋まっているほとんどの杏は、おそらく拾う人もなく、蟻たちのものです!

その晩、蟻の夢でうなされました。でも、奮闘したかいあり、カルダモンで風味づけした杏ジャムが2壜(&少々)完成。土曜日、ライ麦のパンを買いに行き、おやつに。

本日のプリザーヴ:aprikosenmarmelade mit kardamon aromatisierte


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
皮革製品の英国のブランド、mulberry (桑の実の意味)。わたしは、the ginza で地味に置き始めた大昔(笑)からファンなのですが、今のようにインターナショナルな高級ブランドになったのは、デザイナー、エマ・ヒルの貢献があったから。ところが、同ブランドのフランス人のceo とケンカして、辞めてしまうことに!
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-06-24 12:27 | クッキング preserve | Comments(0)
うれしさの保存
a0147281_21155255.jpg

10年以上も昔に買って、いい色になったジーンズ。気に入っているブルーがこれ以上褪めても困るので、ときどきしかはかないことにしています。

で、久しぶりにはいてみると、どうもすんなり腰まであがりません。ん? そうそう、洗い立てのジーンズって、少しきつくなってるもんですよね…。
a0147281_2117950.jpg

でも、力いっぱい引っ張っても、なかなかあがってこないのはなぜ? ああ! 暑くて全身汗をかいてるので、肌にくっついてしまうからです。

それでも、どうもいつもと感じが違うようなのです。この暑さ、体だって膨張してるのよ! などと、非科学的かもしれないことまで考えました。
a0147281_21172722.jpg

たとえその全部が事実だったとしても、そして認めたくはないけれど、やっぱり太ったのです(涙)。いつもなら、夏になれば少しはやせるのに…。

どうやら、この夏(まだ終わってないようですが)、やせるどころか太ったのは、せっせと作っては食べている、ジャムのせいに違いありません。
a0147281_21174630.jpg

思えば、柑橘類の出番が終わってからも、今度は杏や梅、桑の実にチェリー、そしてプラムに葡萄と、ジャム作りに没頭。よく、飽きもせずに…。

というわけで、このまま「馬肥ゆる秋」になってしまうのは恐ろしいことです。といいながらも、旬の果物を使ったジャム作りはまだまだつづきます。
a0147281_2116762.jpg

本日のプリザーヴ3種: apricot jam/ cherry jam/ume jam


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
↓click! 日本ではイクメンやイクジイが話題になってますが、英国では「マニー」登場。

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-09-18 21:38 | クッキング preserve | Comments(2)
| ページトップ |