Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(196)
(97)
(83)
(83)
(82)
(79)
(78)
(77)
(73)
(72)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
夏ハーブ
at 2017-07-18 22:42
今年もまた、サクランボのクラ..
at 2017-07-10 17:12
さよなら初夏の光
at 2017-06-30 21:55
告別式の朝の柏葉紫陽花
at 2017-06-08 17:51
mitsouko
at 2017-05-30 22:32
記事ランキング
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

タグ:自然 ( 72 ) タグの人気記事
鳥と月と雪と
a0147281_22483218.jpg

母の家と自宅の往復でお隣の公園をとおり抜けるとき、冬はとりわけ野鳥に出会うのが愉しみです。背の高い木の下を歩いていると、うえのほうからコツコツコッと不思議な音が聞こえてきて、それがコゲラjapanese pygmy woodpecker のドラミングだとわかったのは、ずいぶんあとでした。美しい小鳥に遭遇したときは、ああカメラを持ってらよかったのに!とかならず後悔するので、最近は、かなりズームできるコンパクトカメラを持ち歩いています。写真が撮れればあとで調べることもでき、名前も少しずつ覚えられるのです。公園は、バーダーにとっては楽園。フォトジェニックな野鳥が現れる場所には、朝から大きなレンズをつけたカメラの列が並んでいて、そのカメラの先に「何がいるんですか?」と訊ねたりします。
a0147281_22485522.jpg

a0147281_22499100.jpg

a0147281_22492639.jpg

ところが先週、昨年のクリスマスに初めて淡いブルーの小鳥(あとでルリビタキred-flanked bluetail だと判明)を見た小道をとおっているとき、いかにも年季の入ったバーダー夫婦から、「オジロビタキred-breasted flycatcher がいるのはここですか?」と訊ねられました。オジロ…ビタキ? 初めて聞く名前…。調べてみると、「ヒタキ」は仲間が多いようです。その翌日、同じ場所でバーダーに交じってオジロビタキを撮影。そしてまたその翌日の人気のない時間帯に、ふいに現れたルリビタキをキャッチ。実をつけた木が茂るこの谷には、カワセミkingfisher が姿を見せ、ほかにも、ずんぐりしたシメhawfinch や愛らしいエナガlong-tailed tit にも会える場所なので、冬の小鳥の胸にも負けず劣らず、ついつい期待で胸が膨らみます。
a0147281_22502231.jpg

a0147281_2249592.jpg

そして土曜日の夜半、降りはじめた雪を撮ろうと、バルコニーに出てカメラを構えたものの、雪の夜景は技が高度すぎました(苦笑)。そのかわり、ときおり雪雲におおわれながら光を放つ、冴え冴えとした月を撮りました。雪と月、う~ん風流。翌朝、目覚めると白銀の世界でした。青空と雪、これもまたなかなか風流です。公園へ野鳥たちを見に行きたくなったものの、母のところには長靴もブーツも置いていないので、行けそうもありません。するとメジロjapanese white-eye が百日紅の木にやってきて、少し間をおき飛び立ったとたん、また雪。それからまたお陽さまがのぞいたかと思えば、雪雲が空をおおって雪が舞い、日曜日はこれの繰り返し。今日、月曜日も、お昼すぎまでは雪が降ったりやんだりのお天気でした。
a0147281_22504437.jpg

a0147281_22594819.jpg

a0147281_2251574.jpg

a0147281_22512065.jpg

a0147281_22513383.jpg

晩秋に戻ってきたオシドリ mandarin duck は、しばらく滞在し、どこかへ飛んでいきました。まえの冬もそうでした。公園の池は、単なる「ストップオーヴァー」になってしまったようです。オシドリは熱烈なファンも少なくなかったので、ほんとうに寂しいかぎり。一方、この冬は、例年よりもオオバンblack coot が増え、お馴染みのシラサギwhite heron は、大中小、そして青と勢ぞろい。今朝、今年出せそうだったある本の翻訳プロジェクトがとん挫した(版権取得で競合する他社に負けた!)という編集者さんからの連絡に、かな~り落ちこみましたが、美しい鳥はたくさんいるように、いい本はほかにもあります。鳥との出会いのように…
a0147281_22515724.jpg

a0147281_22521883.jpg

a0147281_22523949.jpg

a0147281_22525587.jpg

…と、今年も負け惜しみ(笑)。

あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2017-01-16 23:00 | ワイルドライフ | Comments(0)
レンガ色の木立、そして冬到来
a0147281_13502053.jpg

レンガ色のセーターを見て、すぐに連想したのが落羽松とメタセコイア。師走に入ると、お隣の公園でもこのよく似た針葉樹が燃え始めました。
a0147281_13503621.jpg

アイリッシュセッター(犬)の毛の色というのか、burnt orange というのか、この赤レンガ色と円錐形の姿の美しさには、毎年、ため息が出ます。
a0147281_13505391.jpg

そして毎年、落羽松とメタセコイアを見分ける「目利き」に挑戦。わかった!と思っても結局わからないまま、どちらも裸になってしまうのです。
a0147281_13511036.jpg

でも今年は、数年目にしてようやく違いを見極めることができました。よく見ると、落羽松の葉はやや細長く、メタセコイアは羽根に似ています。
a0147281_1351265.jpg

落羽松は、全体的にこんもりと丸く茂り、一方のメタセコイアは、すっと伸びた円錐形。でもね、これが一概にはあてはまらず、姿形もいろいろ。
a0147281_1351509.jpg

沼杉の別名があるように、本来は水辺で育つ落羽松。でもお隣の公園では落羽松とメタセコイアが混在し、遠目では、ウ~ンやっぱりわからない…。
a0147281_1352960.jpg

レンガ色のそっくりさんは、対生か互生かを見るのが一番確実な見分け方です。近寄ってじっくり葉を観察すれば、この違いは一目瞭然ですから。
a0147281_13522737.jpg

今日は朝から冷たい北風が吹き、冬の到来を感じさせます。多くの樹々の葉が風にさらわれ、裸になることでしょう。まもなく、公園は冬景色です。
a0147281_13524951.jpg


あぶそる~とロンドンもよろしく。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-12-14 13:56 | 四季 | Comments(0)
春めく散歩道で出逢ったのは…
a0147281_21132880.jpg

花粉に悩まされていて、のんびり公園を歩けない今日このごろ。でも、大事なもの見逃してしまう気がし、久々に遠回りルートで自宅に帰りました。

案の定、彼岸桜には遅すぎたことが発覚。アーモンドも紅葉スモモもじき見ごろです。四季桜はまだ咲いています。あら、ここにもメジロの姿あり。
a0147281_2114136.jpg

a0147281_2114268.jpg

a0147281_21144487.jpg

a0147281_2115378.jpg

a0147281_21152249.jpg

タチツボスミレが気になり、紅葉谷へ行くと、あちらこちらでコゲラのドラミングの音。エナガもいます。そして、スミレはやっぱり咲いていました。
a0147281_211540100.jpg

a0147281_21155891.jpg

a0147281_21162313.jpg

a0147281_21163972.jpg

a0147281_211703.jpg

この時期の春らしい花といえば、「国際女性の日」の花、ミモザでしょうか。ちょうどジョウビタキのメスがやってきました。まあ、珍しくオスも!

周囲に人がいても平気です。オスは、いつもならすぐに雲隠れするので、ここまで接近できたのは初めて。春の優しい陽差しに誘われたのでしょう。
a0147281_21171980.jpg

a0147281_21174754.jpg

a0147281_2118965.jpg

a0147281_21182867.jpg

a0147281_21184747.jpg

池のほとりに垂れる柳の枝には、若い葉がのぞき…その向こう、水面に見える首の長い生き物は? ネッシーではありません、カイツブリでした(笑)。
a0147281_2119916.jpg

a0147281_21194798.jpg

巨大望遠レンズの背後で何時間も待って、野鳥の「決定的瞬間」をとらえようという方々を毎朝お見掛けします。いつも羨ましそうに横目でカメラを見ながらとおりすぎるのですが、今朝はわたしも、しばらくぶりでたくさんの野鳥に出逢えました。貴重な野鳥が姿を現すときにかぎってカメラを持っていなかったりするので、最近はかならずコンパクトカメラを持ち歩くようにしています。というわけで、最後のモズは10日ほどまえ。オマケです。

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2016-03-16 21:29 | ワイルドライフ | Comments(0)
new year’s eve
a0147281_1037317.jpg

泣いても笑っても2015年は今日が最後。反省すべきは多々あるものの、何事もなく新年を迎えられそうなので、終わりよければすべてよし?
a0147281_10372085.jpg

昨日、いつもと変わりなく歩いた公園では、珍しく芝や枯葉を霜がおおい、池には氷のはったところも…。まさに、マジカルな世界でした。
a0147281_10373653.jpg

そして空を見あげると青く澄み、これ以上ないほど完璧な冬の日…。ついに大晦日となった今日も、最高のお洗濯日和で穏やかな年末です。
a0147281_10375461.jpg

けれどもちろん、あくまで私的な所感でしかありません。平穏とはほど遠い情況におかれている方々も、世の中には大勢いらっしゃるはず。
a0147281_1038880.jpg

とりあえず、life goes on…新年を迎える準備をつづけましょうか。昨日の大掃除で、かなり腰にキテますけど(苦笑)。みなさま、よいお年を!


p.s.
写真は、台湾旅行の帰りに日没時の成田上空で見た月。昨日は美しい夕焼けも見られましたが、新年を迎える今夜、月が見られるでしょうか?


あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-12-31 10:44 | miscellany | Comments(2)
スーパームーン special
a0147281_14491196.jpg

昨夜の月をごらんになられましたか? 幸いお天気に恵まれ、暗くなるにつれて期待が膨らみましたが、スーパームーンの輝き、やすごかった~。
a0147281_14493032.jpg

東の空に月が登るところを見たかったけれど、その時刻は(夕飯の支度やらで)忙しく、外に出て月を探したのは、7時を半分まわったころでした。
a0147281_14494770.jpg

「月を愛でる」というより、まさに「スーパームーンを拝む」という感じ。ふつうの満月よりも大きくて輝いていて、いつもの月じゃありません。
a0147281_1450315.jpg

雲がかかった月も、なかなかドラマティック。月の光で、その雲が赤味を帯びていました。夕方歩いた公園の、池に映った夕焼けの色…。
a0147281_14501917.jpg

そして昨夜は、月が赤茶色に見える皆既月食が重なったため、数十年に一度の「スーパーブラッドムーン」が拝めた、幸運な国もありました。
a0147281_14503463.jpg

ふだんと違う自然現象に、鳥たちも気づくのでしょうか? 何があろうと絶えず泰然自若のアオサギ――このあとあなたも、スーパームーンを見たの?

p.s.
火星には、なんと水があった…。

日曜日に、久々にコラムを更新。トピックは、「キールアーチ」で日本でも知られるようになったセレブ建築家の、ザハ・ハディード。彼女がBBC にブッチギレたわけとは?

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-09-29 15:15 | 四季 | Comments(0)
花鳥風月
a0147281_15402623.jpg

今月5個目の台風は西に進んでいるものの、中秋の名月にあたる日曜日のお天気、かなり気になります。花鳥風月を愛でる秋は、台風の季節ですしね。

自然の美しさを堪能する視覚と、秋の味覚を愉しみ、そして昨日あたりから風に漂う金木犀の香りに、嗅覚もまた、そこはかとない幸福感に満たされています。
a0147281_15405130.jpg

で、残るは聴覚。ツクツクホーシは一昨日に聞いたのが最後かも。かたや、秋の虫は宴もたけなわ。もっとも、どこか物悲しい音色を暗闇に響かせています。

一年をとおし、野鳥のさえずりを耳にする毎日に満足。とはいうものの、かつては、なきゃ生きてゆけない!と思っていた音楽からは、遠ざかっている感じです。
a0147281_15411277.jpg

先日、wowow で映画『the devil’s violinist 』を観て、久々にヴァイオリンを聴きたくなりました。なにしろ、主演俳優が自分で弾いていてる映画なので、素晴らしい!

david garrett は、パガニーニに弾きこなす、イケメンヴァイオリニストなんです。そんなヴァイオリンのコンサートにも足を運んでいた昔を、懐かしく思いました。
a0147281_15414544.jpg

とはいえ、わたしはクラシック音楽「通」ではなく、まったくの聴き流し派。数字を覚えられないので、「交響楽第〇番第〇楽章」とサッと言える人が羨ましい。

まずはクラシック音楽専門のラジオを聴き、そして図書館でcd を借りてきたり、コンサートも無料かお手頃だったりで、身近になったのは、ロンドンに住んでから。
a0147281_15421046.jpg

あのころは、友人がカセットテープに落として送ってくれたラヴェルのピアノとジャクリーヌ・デュ・プレのチェロを、飽きもせず、毎日のように聴いてましたっけ…。

いまは、わざわざ生の演奏を聴きに出かける機会も、情熱も、ほとんどありませんが、youtube という便利なメディアで、プチ疑似体験をすることができます!
a0147281_15423144.jpg

たとえば、コンサートに行ったことのある五嶋みどりと、弟の五嶋龍による、ラヴェルの『ツィガーヌ』の聴き比べなども(さらにパッショネイトなのはこの演奏)。

パッショネイトな演奏と言えば、アンネ・ゾフィー・ムター(天才少女も、もう50代です!)による、ヴィヴァルディの『四季』のレッスン風景が、ものすごく感動的。
a0147281_15425897.jpg

わたしがクラシック音楽を聴くのは、たいてい朝。曇り空を見ながらコーヒーを飲んでいるとき、ラジオからマーラー(『ベニスに死す』)が流れて、涙することも。

毎日、何かしら音楽は聞いてはいますが、クラシック音楽にかぎらず、音楽が生活になくてはならないものにはなっていないこのごろなので、少々淋しい気がします。

その一方、(これもまたwowowで観た)『jersey boys 』の最後の曲は、観終わったあとも翌日も、旋律が頭から離れなくなる、困った映画音楽の典型(笑)。

この「can’t take my eyes off you」を、じつに気の利いたフラッシュ・モブで恋人に捧げる動画を、youtube で見つけました。2人はいま、どうしているのでしょ?

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-09-25 16:30 | ワイルドライフ | Comments(0)
葉月の青
a0147281_13102114.jpg

今年の暑さは去年よりもマシ。と、自分に暗示をかけて乗り切ろうとした夏ですが、所詮、無理な話。猛烈な熱波を連れて、襲いかかってきます。
a0147281_13103799.jpg

葉月は一年でいちばん緑の濃い月。空の青さもいちばん濃いはずなのに、猛暑の今日も、光化学スモッグによる鈍色で、ただただ眩しいだけ。
a0147281_13105399.jpg

昨年のちょうどいまごろ撮った空(&朝顔)のように、どんなに暑くても澄みわたった青空が広がっていれば、夏も好きになれるかもしれないのに。
a0147281_131111100.jpg

幸運にも昨夜は晴れ、やや黄色がかった「ブルームーン」が見られました。が、あんな熱帯夜では、風流なお月見を愉しむ気にはなれませんね。
a0147281_13112882.jpg

今朝、公園を歩いたとき、花壇の花はすでに疲れ気味で、雑草の勢力に押され、ジャングル化が進んでいました。青々と茂り、まさに葉月の姿? 

dog days を乗り切らねば…

あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-08-01 13:19 | 四季 | Comments(0)
五月に去った水鳥たち
a0147281_17123722.jpg

五月も今日で最後。水無月には、お隣の公園の池に水鳥の影が消えます。オシドリの姿も、先週、雨に日に見た二羽が最後でした。
a0147281_17125676.jpg

公園でいちばんの人気者だったオシドリのほとんどは、北上したどこかの避暑地(?)で、すでに子育ての真最中なのかもしれません。
a0147281_17134998.jpg

なにしろフォトジェニックな水鳥です。でも、今だ!というときにカメラをもってない!というのがつね。ところが、三月にチャンス到来。
a0147281_1713209.jpg

これほど近づいて(といってもズーム使用)撮れたのは、はじめて…。好物のドングリを食べている姿まで写っていて、満足です。
a0147281_1714136.jpg

越冬のために、毎年、池のおなじ場所にやってくるので、気が早いことに、寒くなった公園でオシドリを待ちわびる自分を想像します。
a0147281_17144346.jpg

ところで、野鳥愛好家の方々が集まっているときは、かならず珍しい鳥がそばにいます。先日も、数人が一か所を見上げたまま待機姿勢。
a0147281_17145912.jpg

「なにがいるんですか?」と小声で訊ねると、「サンコウチョウですよ」。姿はないものの、たしかに木立のなかから美しい鳴き声が…。

サンコウチョウ、サンコウチョウと、その名前を忘れないようにつぶやきながら帰宅。そして調べてみると、楽園にいるような鳥でした!


なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-05-31 17:25 | ワイルドライフ | Comments(0)
風薫る、夏の陽射しの五月
a0147281_2038445.jpg

気温はぐんぐん上昇し、30度を超えました。立夏のまえにすでに夏です。ここ数年、連休のはじめはいつも上天気だったような気が…。

独りでいるのが好きな母とわたしですから、月曜まで別々にすごします。で、おとなりの公園をのんびり散歩(写真の整理はこれから)。

一方、独りがわたしや母ほど得意じゃない娘と、ほしだ園地へ行ったのはちょうど1年前。明日は名古屋でliveだそうで、今年はきません。
a0147281_20383895.jpg

a0147281_20385633.jpg

a0147281_20391575.jpg

a0147281_20393473.jpg

a0147281_2040848.jpg

a0147281_20403761.jpg

a0147281_2040544.jpg

a0147281_20411070.jpg

a0147281_20413094.jpg

a0147281_20414771.jpg

一足飛びで夏がやってきてしまって、どこを見ても、五月に見るべき花がすでに終わってしまってる感じです。今年は、春が短すぎる~。

ひきつづき、よい連休を!

あぶそる~とロンドンもよろしく!

[PR]
by serendipity_j | 2015-05-02 20:50 | デイアウト | Comments(0)
さよなら卯月の散歩道
a0147281_2256464.jpg

桜、桜、桜で明け、桜の花を探した卯月。いや、まだ探しています。まだ散っていない桜を見つけてにっこりしています。急に初夏がきてしった月末ですが、中盤は結構寒く、とにかく雨の多い卯月でした。
a0147281_22565649.jpg

a0147281_22571548.jpg

a0147281_22573298.jpg

a0147281_22575076.jpg

a0147281_22581075.jpg

a0147281_22582891.jpg

a0147281_22584733.jpg

a0147281_2259482.jpg

a0147281_22592929.jpg

a0147281_22594837.jpg

a0147281_2301039.jpg

a0147281_2302943.jpg

a0147281_2304574.jpg

a0147281_23124.jpg

a0147281_2312433.jpg

再校のしめきりを間近に控え、じつは、こんなことをしていられないのですけど、頭が煮詰まってしまって…パソコンでbarcelona open のlive スコアなどを見ながら(モチ勝利)、完全に仕事を投げだしています。

よい週末を!

なかなか更新できずにいますが、ほかのコラムは新情報続々登場!
あぶそる~とロンドンもよろしく!


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2015-04-25 23:06 | 四季 | Comments(0)
| ページトップ |