Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(211)
(102)
(91)
(85)
(84)
(84)
(84)
(83)
(80)
(79)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
(M6.1 の地震の翌日に焼..
at 2018-06-19 23:29
沙羅双樹の花の色
at 2018-06-15 23:20
梅雨どきの頭、手、足
at 2018-06-09 23:27
甘夏オランジェット
at 2018-06-04 21:50
初夏の京都 二尊院と渡月橋 #2
at 2018-05-30 23:40
記事ランキング
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

(M6.1 の地震の翌日に焼いた)プラムケーキ

a0147281_23044127.jpg

震度6弱を生まれて初めて体験したきのう…。その後もたびたび強い余震もあり、座っていると、部屋が揺れているような錯覚にとらわれます。恐ろしい数十秒でしたが、わが家の被害は、30個あまり飾ってある写真立てのうちの1個だけが落下してガラスが割れただけで、さいわい、地域のインフラも影響を受けませんでした。


被害にあわれた方々に申しわけないと思いつつ、いち早くふつうの生活に戻っています。じつはきのう、階下のS夫人の安否が気になっていたとき、そのお向かいの(レストランをやってらっしゃる)K さんが、独り暮らしの隣人(S 夫人+ わたし)を無事確認のために訪ねてくださり、S 夫人も変わりないと聞きほっとしました。


というわけで、きょうあらためてS 夫人をお訪ねしようとプラムケーキを焼きました。


a0147281_23043635.jpg
a0147281_23042983.jpg

数日まえに摘んできたヤブジラミ。「雄ヤブジラミ」より華やかで、どこか女性的?

a0147281_23042040.jpg
a0147281_23041427.jpg
スモモが出たと思ったらスモモどころか桃も出回っています。これからが忙しい…。

a0147281_23040711.jpg
a0147281_23040017.jpg

本日の焼き菓子 : latorta di prugne soffice ソフトなプラムケーキ


地震大国に暮らしているのだから、被害を最小に抑えるには大地震に対する日ごろの備えが重要だと、つくづく感じました。とはいえ、モノは壊れても失ってもちっとも惜しくないけれど、守るべきは人命。これまでの地震で、ブロック塀が倒れて犠牲になられた方も少なくないのに、ちっとも過去に学んでいなかったことに愕然とします。しかも、子どもたちに安全を提供すべき小学校が、です! 余震にはまだまだ注意をしなければなりませんが、雨で被害が出ませんように…。



きのうもきょうも、いつもどおり公園を歩きました。公園ブログ park diary も更新。

 

あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
# by serendipity_j | 2018-06-19 23:29 | クッキング sweet | Comments(0)
沙羅双樹の花の色

a0147281_22485028.jpg

ことしになって、運動もかねてかなり遠くのスーパーマーケットにかようようになったのですが、各玄関先で咲いているお花がきれいな静かな住宅地を抜けるルートが、最近ようやく定着。水無月に入ってしばらくしてから、いつものようにさまざまなお花に見とれながら歩いていると、一軒の住宅のまさに玄関先で満開を迎えた沙羅樹が目に入り、思わず足がとまりました。

a0147281_22484726.jpg
ある日突然、花が咲いているのが目につくまで、それがいったいなんの木かなど気になったこともなかった木…それが、羽二重のごとく光沢のある真っ白な花を無数につけていたのです。沙羅樹でした。二年まえに旅立った、横浜の友人を思い出します。みずからひとつひとつ選んで色をそろえたという、赤レンガの素敵な自宅が完成したとき、彼女が玄関先に植えた木でした。
a0147281_22484466.jpg
多感なころに、初めて『平家物語』の「祇園精舎」を耳にしたわたしは、祇園精舎が寺院を意味するなどまったく知らないまま(苦笑)、これほど美しい日本語の文章はほかにない!とシビレてしまったことがあり、その、平家物語に登場する沙羅双樹の花(本来の樹は、このナツツバキとは別物だそう)を、彼女の家で初めて見て、その美しさにまたシビレてしまったのでした。
a0147281_22484179.jpg

ラッフル状に縮れた花びらの縁の裂け具合と、金色の雄しべがひきたつ純白の透明感が、耽美的です。どこか冷たい響きを残す『平家物語』のイメージにぴったりだと感じ、妙に得心した瞬間でした。それからわたしは横浜を離れ、数年の年月が流れてから彼女を自宅に訪ねると、沙羅樹は枯れてしまったそうで、ほかの木が植えられていました。そして、彼女ももういません。

a0147281_22483489.jpg

まさにこの世は諸行無常。海を越えた大国の大統領が(ロシア共謀疑惑で追いつめながらもいまだに逃げ切り)、ずるくても嘘つきでも大統領ならオッケーという例を示しつづけるので、真面目だったはずのこちらの国でも、(多くの疑惑から逃げ延びるつもりの)不誠実で言葉の軽い首相に倣って、堂々と嘘をつく恥ずかしい大人が増えつつあるので、暗澹たる気もちです。

a0147281_22483791.jpg

盛者必衰の理をあらはす。おごれる者も久しからず…に早くなってくれ~


お隣の公園の四季折々を紹介するブログ park diary  も更新中。


あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
# by serendipity_j | 2018-06-15 23:20 | 四季 | Comments(2)
梅雨どきの頭、手、足

a0147281_23104645.jpg
たまにはファッションの話題を――年々、夏の訪れが早くなり、ことしのわたしは、陽射しが強い日には黒のラフィアで編んだつば広ハットをすでに4月にかぶっていました。5月になると、今度はナチュラルカラーのラフィアの中折れハットに変えたかわりに、陽をさえぎるために日傘をプラス。そして6月。梅雨に入って帽子は必要ないのに、かぶってないとなんとなく落ち着きません。というわけで、なるべく目立たない黒の帽子をかぶります。そのかわり、買い出しにいくときは、思い切り派手な夏用トートバッグの出番です。


旅行で訪れたホーチミン市と台北市で買った、いわゆるチープなお買い物バッグは、カラフルさが夏にぴったり。メキシコシティでは買わなかったものの、ロンドンのtopshop で見つけたメッシュ製の「mercado bag」は、ラテンアメリカっぽい色遣いが気に入ってます。

a0147281_23104303.jpg
a0147281_23103980.jpg

キャスケット、アーミーキャップ、バケットハットに、フィドラーズキャップ(『屋根の上のバイオリン弾き』をご想像ください。casquette de marin breton というよりも…)と、ぜんぶ黒。大の帽子好きでもトシがトシですので、帽子が目立たちすぎないように(苦笑)。

a0147281_23103538.jpg
a0147281_23103290.jpg

さて、ビルケンシュトックのホビット族になるまえの足もと――強い雨でないかぎりスニーカーです。新入りはnike tanjun (「単純=シンプル」からきているそう)。さすがに、流行の「アグリー系」はパスです。毎日、少なくとも3キロは歩くので、楽なのがいちばん?

a0147281_23102781.jpg
ひと時代まえとちがい、年寄り(自分をふくめて)のファッションが若々しくなったのは、お値段が手ごろなスポーツウェアのおかげです。スポーティなセンスだと、たとえ派手な色を身に着けていても「若づくり」に見えることなく、イケるんじゃないでしょうか?


全仏オープン、セリーナ・ウィリアムズ選手の黒のキャット(ウーマン)スーツには目が点になったものの、ことしは、気になるファッションは見られません(uniqlo のは、わたし的にはゼロ点)。車いす部門の国枝選手と上地選手が、男女ダブル優勝! ジュニア部門でも日本人選手が頑張ってますが、あしたは女子ダブルスの決勝です。穂積+二宮組を応援します!


お隣の公園ブログ park diary 更新中!



あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
# by serendipity_j | 2018-06-09 23:27 | miscellany | Comments(0)
甘夏オランジェット

a0147281_21133789.jpg
甘夏の旬も、そろそろ終わり? 甘い柑橘類ばかり食べていると、酸っぱい夏ミカンの味がやけに恋しくなるものです。赤道の北や南の産地から運ばれる輸入品のオレンジは一年中出回っているけれど、甘夏が食べられるのは夏のまえまで。市場から姿を消すまえに、ことしもマーマレードをつくりました。そのついでに、少しだけ厚切りにした皮を「オランジェット」に。

a0147281_21133441.jpg
a0147281_21133100.jpg
法事に出席するために娘がきたとき、ちょっとご馳走をつくった最初の晩の食事のあとの、軽いデザートにしようと思ったからです。子どもたちがやってくるときは、滞在中のメニューを考えておきます。毎日だったらやってらんないものの、一緒に食卓を囲む機会は一年のうち数えるほどしかないので、ハリキリます(子どもたちが夫婦でやってくるときはなおさら)。

a0147281_21132882.jpg
a0147281_21132539.jpg
できあいは買わずたいてい手づくりですが、つくれば安あがりという経済的理由にくわえ、たぶん、自分でつくるのが根っから好き、なのかも。家族(や友人)に食べてもらえるのがうれしいのです。でも、ふだんの食事に時間と気持ちの余裕ができたのはほんの最近…。亡母を看ていたとき、毎度毎度の料理に時間も愛情も惜しんでいたことに、いまは後悔の毎日です。

a0147281_21132193.jpg
a0147281_21131266.jpg


本日のプリザーヴ

amanatsu-orangettesaux chocolate noir park diary  ダークチョコレートの甘夏オランジェット




ちょっとお知らせ:

お隣の公園は、わたしの生活になくてはならないものですが、母亡きあと、独り暮らしの自分にとって、公園を歩いて草花を愛でたり野鳥の歌を聞くことが、以前にもまして大切なルーティンになっていることに気づきました。公園についての話題がますます増えそうですので、思い切って新しいブログをはじめました。公園の四季折々を日誌のようにつづる park diaryよろしかったらお訪ねください。



よい週を!



あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
# by serendipity_j | 2018-06-04 21:50 | クッキング preserve | Comments(0)
初夏の京都 二尊院と渡月橋 #2

a0147281_23290229.jpg

初夏というより夏のような陽射しがあふれる嵯峨野で、ホットスポットの竹林から少し離れると、静かでのどかな風景が広がっていました。細い路を歩いていると、脇のうっそうとした茂みの奥から突然聞こえる鹿威しの音。目指すのは、小倉山の麓にたたずむ二尊院です。JR「そうだ 京都、行こう」のキャンペーン用ポスターにもなった、紅葉が人気のお寺ですので、絶対に青もみじも美しいはず…。

a0147281_23285828.jpg
a0147281_23285561.jpg
a0147281_23285208.jpg

子どものころから聞いていた二尊院の名前は、どのお寺よりも早く覚えました。というのも、祖母(といっても母が二歳のときに他界)の従妹が嫁いだお寺だからです。また別の祖母の従妹が嫁いだ奈良の橘寺(天台宗つながり?)とこの二尊院は、ある意味で特別なお寺でした(母の親代わりだった、また別の従妹の葬儀で集まったとき、一族のお寺とは宗派が違うのでお経がバラバラだったのが印象的)。

a0147281_23284800.jpg
a0147281_23284557.jpg
a0147281_23284203.jpg

というわけで、母方の一族のなかでとりわけ有名で、名前だけはよく聞いていた二尊院へは、いつか母と一緒に訪れたいと思いつつ、結局その機会を逃してしまったものの、娘と訪れることができて、なんだかすっきりした気分(笑)。ま、そんなこととは関係なく、広い境内を歩くときの厳かな雰囲気や歴史あるお寺の持つ貫禄のようなものに、すぐに魅せられました。が、なにより人が少なくてよかった。

a0147281_23283837.jpg
a0147281_23283599.jpg
a0147281_23283293.jpg

帰りは渡月橋をわたり、カフェで小休止して阪急の駅へ。阪急沿線の桂に住んでいた小学生時代、桂川を日常的に眺め、桂から電車ですぐの嵐山へは隣町感覚で級友たちと来たことも。以前google map で調べたとき、住んでいた川島有栖川町も、よく庭で遊んだカトリック教会やかよっていた小学校はまだありましたが、乗り換えるときに桂駅周辺を見渡してみると、昔の面影はほとんどありませんでした。

a0147281_23282889.jpg
a0147281_23282591.jpg
a0147281_23282002.jpg

終点の河原町で降り、京都デイアウトの仕上げに鴨川沿いを歩く定番コースをたどりました。三条から出発して三条へ戻り、すごろくゲームの振出しに戻った感じ。桂川もそうでしたが、鴨川はいつ見てもゴミなど見当たらず、京都の川のきれいさは驚きです。昔のよさは失われたかもしれないとはいえ、川沿いにずらりと並ぶ料理店は、代替わりかオーナーが変わったりして、納涼床も洗練化が進んでいます。

a0147281_23281684.jpg
a0147281_23281327.jpg
a0147281_23280871.jpg


あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
# by serendipity_j | 2018-05-30 23:40 | 京都 | Comments(0)
初夏の京都 嵐山あたり #1

a0147281_23292257.jpg

五月晴れの火曜日、久しぶりの京都でした。とはいえ、先週の土曜日は亡き母の一周忌で京都にあるお寺へ出向いたばかりですが、観光したのはほんとうに久しぶり。法要に出るために滞在していた娘が「竹林の小径を歩きたい」というので、お天気のいい日を選んで、いざ、嵐山へ…。


何を聞いても何を見ても、母に結びつく日々はいまだ変わりません。嵯峨野高校第1期生(嵯峨野高等女学校)の母。1年目は「府イチ」の仮校舎ですごし、校舎が完成してからは、三条東山から嵯峨野に行くのに、毎日、嵐電に乗り継いで通っていたという話をよく聞きました。なら、ぜひ嵐電で。


嵐電デビューを果たし、目指した竹林は、まるで原宿の竹下通りか台北の九份を彷彿とさせるほどの賑わいです。お隣の公園で竹林を見慣れているし、こういう混雑状態では風情も何も…。ただし人力車をご利用になれば、羨望の眼差しを浴びながら、静かなoff limit エリアもお楽しみいただけます。

a0147281_23292054.jpg
a0147281_23291733.jpg

そのまえに野宮神社に立ち寄りました。黒木鳥居をくぐり、良縁、子宝、学問の祈念に訪れる人でいっぱいですが、どれもすでに縁遠いため素通りすると、竹のほこら(?)に祀ってある不思議なものに惹かれました(あとで検索したものの、何かは不明)。白福稲荷のお狐さんたち、可愛いです。

a0147281_23291418.jpg
a0147281_23291155.jpg
a0147281_23290839.jpg
a0147281_23290621.jpg

李朝の青磁を飾った李朝カフェに、芭蕉も滞在したという落柿舎(オチガキシャ、と読んでしまいましたが)を通りすぎ、ぶらぶらと歩いていたら、予定になかった清凉寺が目のまえに…。仁王門で睨みつけている褐色の金剛力士像は、阿形も吽形も眼ヂカラが凄い! いや、もの凄く気に入りました。

a0147281_23290243.jpg
a0147281_23285840.jpg
a0147281_23285509.jpg

嵯峨野に向かうまえに、レトロありトレンディありの三条会商店街へ行きました。母とわたしのルーツ、三条神宮道の三条は、はるか大宮までつづいているんですね。でここのお目当ては碓屋の「う飯重」。母の法事でたん熊の鯛と鱧に舌鼓を打ちましたけど、碓屋では鱧の唐揚げと茄子の煮物に感激。負けてない!

a0147281_23285357.jpg
a0147281_23285028.jpg
a0147281_23284731.jpg




きょうは、母の命日。1年あっという間でした。母の住まいのバルコニーから引きとってきた花が咲きました。

a0147281_23284261.jpg



母に(無理ヤリ気味ながら)所縁のある京都嵯峨野、写真が多すぎて一度でまとめられなかったため、「青もみじ」は続編へ…。
[PR]
# by serendipity_j | 2018-05-25 23:33 | 京都 | Comments(0)
草苺でコンフィチュール

a0147281_22185732.jpg

山のふもとの草原のごとく雑草が青々と茂った公園では、連日、草刈り作業が進められています。とはいえ広大な敷地ですから、まだまだ手つかずのままの草むらがあちこちに残っています。で、この春はラッキーなことに、春先に白い花を咲かせているのを見ていた草苺が今月になっても刈り取られず、赤い実をつけているところを数か所目撃。可愛いので写真に収めようと思って、そっと摘んで持ち帰りました。

a0147281_22185476.jpg
a0147281_22184884.jpg

それから数日後、なんと、毎日歩いているルートで今度は草苺の「ボナンザ」発見。草がぼうぼうと生えた茂みのなかから、もっと丸々としてもっと大粒の赤い実が、葉陰からのぞいていたのです。よく見るとひとつやふたつではありません! 虫や棘に刺されながらも夢中で草苺狩り(探し?)をして、まとまった量が収穫できてようやく自宅のある方角に足を向けたときは、あたりはすでに薄暗くなっていました。

a0147281_22184125.jpg
a0147281_22183704.jpg

帰宅して実をかじってみたところ、酸味も甘味もほとんどなく、どこか青リンゴのような味がします。レモン果汁を多めに入れて、コンフィチュールがなんとかひと壜できたものの、仕上がりがイマイチ。翌日、市販のペクチンを加えてつくりなおしました。テマもヒマもかけたかいあって、「初めての味」が完成。いつもより早く咲いたわが家のエルダーフラワーとともに、早くも初夏の訪れを感じとったところです。

a0147281_22183409.jpg

本日のプリザーヴ : confiture de buisson sauvage framboise 草苺のコンフィチュール



階下のS夫人から、家庭菜園で収穫されたばかりの苺をいただきました。香りが違います! そういえばこのごろ、市場に出回る苺のシーズンが長くなった感じ? (英国のように)苺が初夏の味になるのは大歓迎。


あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
[PR]
# by serendipity_j | 2018-05-20 22:33 | クッキング preserve | Comments(0)
| ページトップ |