Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(217)
(103)
(92)
(91)
(89)
(86)
(86)
(85)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
晩秋は、コローの樹とコンスタ..
at 2018-11-16 22:01
京都のおうどん(& 親子どん)
at 2018-11-12 23:24
秋色に染まりはじめた京都、祇..
at 2018-11-08 21:43
秋色に染まりはじめた京都、祇..
at 2018-11-04 22:19
タンポポのサラダ(いまが旬)
at 2018-11-02 22:18
記事ランキング
以前の記事
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

春の旅、アンダルシア
a0147281_8511249.jpg

季節が巡るたび、その時期にいった旅行を思い出します。アンダルシア地方の四都市を回ったのは、ちょうど復活祭のまえの週。ロンドンからジェット機でマラガへ飛び、マラガから電車でグラナダへ。グラナダからふたたび電車に乗ってロンダへ。ロンダからカディスまではバス旅行。正直、連日のハモン(ハム)には飽きましたが、風光明媚なスペインを堪能しました。

夕闇迫るグラナダで、目を惹いたバルの壁の絵タイル。グラナダの見所は、なんとってもアルハンブラ宮殿でしょう。建築と装飾の美しさに息を呑みながら、中庭を歩いてヘラネリーフェ離宮へ。朝の8時にしか見学の予約がとれなかったことが幸いし、静かな朝の散歩に、心が洗われる思いでした。
a0147281_8513630.jpg

a0147281_8515485.jpg

a0147281_8521980.jpg

ここはヘラネリーフェ離宮の庭園。アルハンブラ宮殿からつづいています。
a0147281_8533738.jpg

予備知識のなかったロンダ。最初の感激はヌエボ橋のかかる渓谷。絶景でした。田舎の雰囲気も味わえて、のんびり過ごすにはもってこいの町。そして夏の陽気のカディスには、数時間バスに揺られて到着。貿易港として長い歴史をもつカディスは、船乗りを誘惑するようにバルが軒を連ねています。
a0147281_8542326.jpg

a0147281_8544072.jpg

a0147281_855179.jpg

カディスの海岸沿いの道で、ひとりの男性が歩きながら突然カンテを唄い出し――生きたフラメンコ魂に接した思いが。kkkと同じ装束の人々が練り歩くセマナ・サンタ(受難週)の行列も見学しましたが、何年経っても目に焼きついているのは、渚でぴたりと静止した、この〝アンダルシアの犬〟。
a0147281_8552030.jpg

早くも弥生最後の日。昨日は冬のように寒くとも、いいお天気でした。でも、晴れの日がなかなかつづきませんね。

p.s.
きてくださって、ありがとうございます。
クリック、クリックも、どうもありがとうございます!
you can make my day ;) thank you!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


[PR]
by serendipity_j | 2010-03-31 09:30 | 旅行 overseas | Comments(2)
Commented by mizue at 2010-04-06 05:10 x
むかーし、スペインのサンティアゴ・ディ・コンポステーラでkkkと同じ装束の人達に出くわし、1人で怖くなったことを思い出してしまいました。そのときは単に怖い衣装を来た人達とか思ったのですけどね。
同じ旅で、アンダルシア、グラナダ周辺を私もバスで移動、タルコフスキーの舞台となった教会を一目見ようと訪ねたのは、恐ろしくも20年前だったのでした。
Commented by serendipity_j at 2010-04-07 12:17
mizueさま

お返事、遅くなりました。失礼!
アンダルシアへのご旅行は、やっぱりholy weekでしたか :)
(え、20年前? ほんと?)
おお、タルコフスキーのファンですね! 
わたしは、『ノスタルジア』が大好きです。
退屈なストーリーと、美しい映像が、すごく印象的。
途中で、どうしてもまぶたが落ちてきてしまうんですけどね(苦笑)。
ブ二ュエルの『アンダルシアの犬』はご覧になられましたか?
もっと退屈で、すごくいいです(笑)!
<< 春色 powder-pink | ページトップ | 春色 easter yellow >>