Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(89)
(88)
(86)
(86)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
冬はムール貝
at 2018-12-15 20:32
巴里とFOU FOU
at 2018-12-12 22:34
季節が終わるときのビューティ
at 2018-12-08 21:35
真っ白な蕪のスープ plus..
at 2018-12-04 22:47
紅葉が、美しすぎて…
at 2018-11-29 21:56
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

文士厨房に入る
a0147281_15104474.jpg

哀しいできごとのあとには、嬉しいできごとあり。それが人生…。事実、とても喜ばしいことに、去年の暮れから翻訳に入り、先月やっと校了したわたしの翻訳本『文士厨房に入る』がようやく出ました。面倒な作業に手を抜くことなく仕上げてくださった、みすず書房のO氏には、ほんとうに感謝してます。最後まで熱意が冷めなかったのは、おそらくO氏も大の料理好きだから?

著者のジュリアン・バーンズjulian barnesは、お料理が趣味という英国の作家。お会いしたことはありませんが、今では古い友人のような親しみを感じます。融通が利かないうえにうじうじした典型的なイギリス人紳士(『ブリジット・ジョーンズの日記』のダーシーと『ノッティングヒル』のヒュー・グラントをご想像ください)が、料理本のレシピにどう悪戦苦闘したかのエッセイです。
a0147281_15112352.jpg

原書『the pedant in the kitchen』で味のあるイラストを描いているジョー・バージャー joe bergerに、ジャケットの絵を(O氏が)依頼。オリーヴグーンとティール(青緑色)のこの色使い、どっかで見たぞ、と思ったら、母の日のプレゼントに息子のお嫁ちゃんからもらったマーガレット・ハウエルmargaret howell布巾tea towelと、偶然同じでした。気になる表紙の色は、原書同様、黄に赤の文字(写真top)。
a0147281_15115647.jpg

世の中に、お料理を愉しむ男性が、ひとりでも増えることを願っています。

なにはともあれ、life goes on。

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2010-05-21 15:24 | book | Comments(0)
<< ブルーベル・レポート(bela... | ページトップ | adieu >>