Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(89)
(88)
(86)
(86)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
冬はムール貝
at 2018-12-15 20:32
巴里とFOU FOU
at 2018-12-12 22:34
季節が終わるときのビューティ
at 2018-12-08 21:35
真っ白な蕪のスープ plus..
at 2018-12-04 22:47
紅葉が、美しすぎて…
at 2018-11-29 21:56
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

水無月のモーヴ
a0147281_18361591.jpg

わたしが部屋に飾っておきたいのは、季節を問わず白い花。でも、なぜか惹かれるのが、モーヴ色の花なのです。じつは野草のなかで「青」とされる花は、ほとんどが、このモーヴ色なのだとか。そもそも、ゼニアオイの花の色なのだそうですが(日本語と英語のwikiのモーヴ、なぜこうも色がちがうの?)、わたしがいちばんに思い浮かべるのは、マツムシソウ

そのマツムシソウ(写真top)を、春先に買いました。あら、初秋に咲くのではなかったかしら? と調べてみると、たしかに初秋の花。園芸種のマツムシソウは、本来の季節に半年も先駆けて、春からずっと咲いています。この花が昔から好きなわけは、モーヴ色のフリルのような花びらと、ピンクッション・フラワーpincushion flower という英語の語感。針山のようでしょう?

いっぽう、野原で摘んだキキョウソウは、スミレ色、と呼ぶのが、いちばん近い色のようです。花の色を別の花の名前で呼ぶのは、その花にちょっと失礼な気もします。今が見ごろの公園の花菖蒲ですが、別の花の名前を加えたネーミングが多くて――なかなか興味深し。ハナショウブへのわたしの興味はいまいちながら、日本の伝統色の名前は、どれも趣があります。
a0147281_18364071.jpg

a0147281_18365841.jpg

モーヴ系の色の花では、ヴェロニカも好み。タッジー・マッジー tussie mussie(花束)を作るときなど、野の雰囲気が出て、よろしいようで…。先日公園で、ヴェロニカに似た花を見つけました。カワジシャという名前の野草で、学名を見るとveronicaの文字。なあんだ、親類なら似ててもおかしくない。よく見るとオオイヌノフグリにも似ていて――みんな従姉妹でした。
a0147281_18371916.jpg

a0147281_18374336.jpg

それにしても、ヴェロニカ属の仲間の多さに驚きます。野には紫系統の小さな花が、じつに多いといということですね。ところが、カメラは紫が苦手です。露出によっては紫が青に写ってしまうカワジシャの花弁(写真bottom)は、実際はもっとモーヴに近い色。自然が織りなす色彩の妙というのは、肉眼で見た美しさがいちばん。というわけですか。

素敵な週末を!

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2010-06-11 18:50 | weed | Comments(0)
<< ボヘミアの森、ボヘミアンな集い | ページトップ | マルベリーのヴィクトリア・スポンジ >>