Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(89)
(88)
(86)
(86)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
冬はムール貝
at 2018-12-15 20:32
巴里とFOU FOU
at 2018-12-12 22:34
季節が終わるときのビューティ
at 2018-12-08 21:35
真っ白な蕪のスープ plus..
at 2018-12-04 22:47
紅葉が、美しすぎて…
at 2018-11-29 21:56
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

暑い日の甘くて熱いお茶
a0147281_8485616.jpg

今週も、お茶文化についての翻訳作業がつづきます。紅茶がなくては何事も進まない英国のお茶のお話です。いっぽう、大陸(ヨーロッパ)の人びとは、ティーバッグのハーブティーをよく利用していたのを思い出します。とくに風邪気味のとき飲むのは、熱いペパーミントティー。でも、モロッコへ旅行したとき、生の葉のミントティーを飲んで以来、my夏の飲み物になりました。

このお茶の〝正しい〟入れ方、じつは千差万別。それでも共通しているのは、スペアミントと中国産のガンパウダー茶(緑茶の一種の珠茶)を使い、お茶に泡が出るように高いところから注ぐこと。北アフリカ系の住民が多く住む地域なら、材料を手に入れるのはお安い御用。けれどここはロンドンではありませんから、ミントを育てて、茶葉は日本の緑茶で代用しましょう。
a0147281_8493791.jpg

モロッコで飲んだミントティーも、さまざまでした。高級ホテルのものと、地元の人たちのいきつけのようなカフェが出すものとは、かなりちがいます。後者の場合は、ミントがほとんどで、ガンパウダー茶の味はどこに? といった感じ。わたしはそちらの庶民の味が気に入り、ほんの少し緑茶を使うか、カモミールティーのようにハーブのみで、まったく入れないか。のどちらか。

ティーグラス(といいますが、ふつうのグラスでも)にミントの葉を入れ(泡は無理に出さずに)、ふつうにお茶を入れ、茶葉を引きあげて沸騰させたお茶か、あるいは熱湯を注ぐだけ。スペアミントがベスト。でも、ミントならなんでも大丈夫。熱湯でミントの葉はすぐに茶色くなり、「二分以内に引きあげる」そうですが、モロッコの人たちは、気にせずにそのままで飲んでいました。
a0147281_850057.jpg

モロッコではたいてい、たっぷりのお砂糖で味がついています。そのうえ、大きなお砂糖の袋が添えられて出てきます。最初は甘いお茶に馴染めなかったものの、生のミントに甘味はとてもよく合います。モロッコの味を再現するには、絶対にお砂糖入りで。これに、輪をかけて甘いバクラヴァ(アーモンドやピスタチオの粉をフィロで包んだお菓子)があれば、いうことなし。です。

ま、手に入るお菓子でがまん。ところでオランダ戦、負けとはいえ悪くなかったですよね。だからこそ惜しい! そういえばモロッコへいったのは、ワールドカップ2002が日本と韓国で開催される前年。物売りのお兄さんたちは、わたしが日本人だとわかると、「ナカタ、ヨコハマ」と知ってる日本語を駆使して、争うように話しかけてきましたっけ。サッカーこそ世界の共通語?
a0147281_8502983.jpg

p.s.
米国で宮里藍もやってくれました。nipponの女の子が世界ランキング1位にのぼりつめました! 話戻ってワールドカップ。世界のオンライン新聞記事の読み比べをしてみると、どこだったかの新聞は、日本対オランダ戦について、「gkはどこかできいたような言い訳をし、ボールのせいにしたが、敗因は彼のミス」と一刀両断。外国メディアは、(自国の選手にも)なかなか手厳しいようで。

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2010-06-21 09:10 | クッキング sweet | Comments(2)
Commented by おじゅん at 2010-06-21 22:51 x
serendipity_iさま

おいしそう!!
なるほど、お湯もいいけど緑茶でいれてもいいのですね。

ミントティの入っているグリーンのグラスがとてもかわいいです。

アムステルダムの薬局はなんてオシャレなのでしょう!!
素敵すぎます!
Commented by serendipity_j at 2010-06-23 11:09
おじゅんさま

お料理にもお茶の道にも、流儀なし、決まりなし、
あくまで自己流、がわたしの流儀です。
ので、「極めたい」ときには、ほかの方をご参考に!

ティーグラスは、ロンドンとパリで買いました。
モロッコへいったとき、
あちこちの都市のスークにいきましたが、
ぜ~んぶ、made in koreaだったので、買いませんでした。
結局、ロンドンで買ったのも、そうだったんですけどね。
ま、可愛いなら、なにもモロッコ製でなくても、いっか!
てな感じですね。
肝心なのは、雰囲気、雰囲気!!
<< アリウム | ページトップ | アムステルダム! >>