人気ブログランキング |
Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(221)
(110)
(103)
(95)
(94)
(93)
(92)
(90)
(90)
(88)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
ヤブカンゾウとアスパラガスを..
at 2019-07-22 18:07
御堂筋散策(フィーチャー編)
at 2019-07-18 18:23
杏の焼き菓子(ドイツ風)
at 2019-07-13 16:13
夏野菜礼賛
at 2019-07-08 23:47
紫陽花の青、柑橘の黄
at 2019-07-04 23:45
記事ランキング
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

ニョッキ ディ ズッカ
a0147281_1217837.jpg

神無月最後の日。そう、ハロウィーンです。幼い子どもがいなくなってしまってからは、まったく関係なし――そもそも、ここはアメリカではなく、日本です。英国ですら、ハロウィーンは、商業主義と結びついてアメリカから輸入された習慣で、とってつけたような感じは、否めません(でした。知るかぎり)。ところが毎年ハロウィーンが近づくたび、ついついカボチャに目がいきます。

しかも、ニュージーランドやトンガなどの外国産ではない、日本のカボチャがそろそろ終わりに近づくのがこの時期です。せっかくですから、カボチャ料理を。と、思い立って作ったのが、ニョッキ・ディ・ズッカ。かねがね、ニョッキに挑戦したいと思っていたところなので、カボチャで実現させました。レシピをざっとチェックし、材料と手順を頭に入れたあとは、あくまで自己流で…。
a0147281_1212955.jpg

コツは、カボチャは茹でずにロースト(水分が多いからでしょう)。オリーヴ油で炒めて柔らかくれば、ずっと早くて簡単です。茹でたジャガイモと一緒に、フォークでマッシュ(ポテトライサーがないので、疲れました)。ナツメグも加えてください。つなぎは卵と小麦粉。
a0147281_12123245.jpg

もともとカボチャは水分を含んでいるため、卵は全卵ではなく、黄身だけを使うべきでした。ソーセージ状にして包丁でカットするには、かなりの量の小麦粉を必要とします。粉っぽさを減らすべく、ドウの半分は、繭の形に小さく丸めました(冷凍庫で保存)。
a0147281_12125490.jpg

要するに、カボチャのすいとんイタリア風。ですね? イタリアでは、セージバターで食べるようです。で、今回は定番で。来月、娘がやってくるときは、クリームで味付けしてみましょう。それにしても、ああ、このセージの香り! 食欲をそそります。buon appetito。
a0147281_1213173.jpg

p.s.
童心にかえっての遊びなら、ハロウィーンを生み出したアメリカ人にはかないません。オレンジ色に染まるマンハッタンのようすは、こちら

p.p.s.
オレンジといえば、最近、日本の柿の人気も上昇中のようです。甘い柿は、アメリカ人の舌には、トマトとナツメを足したみたいな味、だそうで。

↓you can make my day ;) thank you!

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
by serendipity_j | 2010-10-31 12:25 | クッキング savoury | Comments(7)
Commented by y_chanchan at 2010-10-31 15:24
セージバターで頂くニョッキ!
とっても美味しそうです。
セージは飾って眺めて食べちゃう!という万能ハーブですよね。
葉の形や質感が大好きです。

ニョッキな気分になってきました♪
私も作りまーす。
ハロウィーン指数は低いのですが、かぼちゃ料理はしっかり頂きますよー
Commented by serendipity_j at 2010-11-01 14:22
chanchanさま

(京都、から?)お帰りなさいまし。

セージバター、ほんとうに香りが、素晴らしいんです。
カボチャのニョッキでしたら、絶対おススメです。
初めて挑戦のニョッキでしたが、なんとかなるもんですね。
ただ、ヘトヘトになり、当分は、作りたくない、と(笑)。
ま、その必要もありません。
冷凍庫にたくさん保存しましたから。

そちらも、北海道のカボチャでお料理されるようですね~?
楽しみにしてます!
Commented by paprica at 2010-11-01 23:20 x
うぅ〜ん...(←うなり声)
たまらん、おいしそー!にょっきにょっき!ながらく口にしてません。全開食べたのが、ジャガイモオンリーのニョッキで、すんごくお腹にもたれ、しばらく食べたくないと...でも、このカボチャのニョッキ in セージバター。カボチャの甘みとセージと本物のバターの風合いを、口の中で想像するだけでうっとりします。色も秋らしくってきれい。 うーん。こっちのカボチャだと...失敗するかな...
Commented by mizue at 2010-11-02 07:14 x
私もこの時期(食べる)カボチャに目が行くヒトです。なのに、この時期は飾りカボチャばかりで残念なのでした。やっとハロウィン終わってくれた、と思うところです。

ローカルの友人はあまりハロウィンが好きでない人が多いです。「アメリカのものだから . . .」まだ、そんな理由みたいですよ、変わっていませんね。
Commented by serendipity_j at 2010-11-03 12:13
papricaさま

お腹にもたれるって感じ、わかりますわかります!
あんまりたくさん、いただけるものではないですよね。
でも、わたしの場合は、病みつきになってしまいました。

最近、海外のレシピサイトでもkuri~だのkabochaだのって、
日本のカボチャは大流行です。
もしかするとカナダでも、売ってるかもしれませんよ。
でも、本来はイタリアのお料理だもの、
どんなのでも大丈夫なはず?

chanchanさんのレシピのサツマイモ料理の結果が、
まだ、尾を引いてます?
早いとこ、忘れちゃいましょう!(笑)

Commented by serendipity_j at 2010-11-03 12:18
みずえさま

ロンドンの人々は、未だにそうなんですかあ…。
まあ、ハロウィーンは、
やっぱりアメリカンな雰囲気でないと、
どこか恥ずかしさが残ってしまって、楽しめない気も…。

やっぱり英国人にとっての、この季節の風物詩は、
guy fawkes nightでしょうね~。
娘の学校の花火大会で飲んだmulled wineが恋しいです!
Commented by paprica at 2010-11-08 22:41 x
serendipity_j さま
この記事を見てから、カボチャのニョッキをどうしても食べたくて。
作ってみました! ハハハ...大変だった。見ている分には簡単そうだったのに、実際に作ってみるととんでもない!
でも、良い練習になりました。インスピレーション、毎度ありがとうございます!
<< 霜月の彩 | ページトップ | チョコレート廿世紀 >>