Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(214)
(103)
(92)
(91)
(87)
(85)
(84)
(83)
(81)
(80)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
(旬が短い)アプリコット、ゴ..
at 2018-08-19 17:02
ワルナスビはワルクナイ?
at 2018-08-15 16:59
白桃と茉莉花
at 2018-08-11 16:48
NAGASAKI DAY
at 2018-08-09 11:02
HIROSHIMA DAY
at 2018-08-06 08:15
記事ランキング
以前の記事
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

マンゴーマンゴー
a0147281_173852.jpg

プラムに桃、巨峰にイチジクと、全国の産地から届いた果物が勢ぞろいする、まさに実りのこの季節。ところが、目移りさせながら思わず手が伸びたのは、輸入物のマンゴーでした。見るからに甘そうな、ほとんど完熟状態。
a0147281_18130.jpg

春に買ったときはうまく熟れてくれず、そのときの失敗をとり戻したいという恨みもありましたけど、トロピカルな果物が恋しくなる夏に食べたい、そんな「欲望」です。残っていたブルーベリーと、とりあえず、アイスクリームで。
a0147281_182971.jpg

キューバでもヴェトナムでもそうでしたが、マンゴーはホテルのビュッフェ式朝食につきもの。キューバではどこへいってもマンゴー林が広がっていて、バレーボールほどもありそうな実が、重たそうにぶらさがっていましたっけ。

そのキューバ旅行では「ハバナで買うよりずうっと安い!」と、通りすがりの村で突然車を止め、大量にマンゴーを買ったツアー・ドライヴァーさん。おすそ分けしてくれた大きなマンゴーを、ホテルの部屋で丸かじりしました。
a0147281_184640.jpg

美味しいマンゴーに難点がふたつ。完熟マンゴーだと上手に切れないこと(chanchanさんはなぜあんなにきれいに切れるの?)。そして(なんとも皮肉な)マンゴー・アレルギー。わたしはマンゴーを食べると唇がかぶれます。
a0147281_19144.jpg

直接唇に触れないでマンゴーを食べるには、スムージーにするのがいちばん。缶詰で作ったときと、味が全然ちがいます! といっても、すでに唇がただれてしまったあとのことなのですが…(涙)。

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2011-08-12 01:25 | foodie | Comments(9)
Commented by netherbury at 2011-08-12 03:51
おお〜、マンゴー大好きの私にはたまらない、、、。
バレーボールマンゴー、いやいや、食べてみたいものです。笑
切るの難しいですよね。
私は皮を剥いてから、縦に実を種の平らな部分から平行に削ぐように2辺を切ってからサイドの残りを削ぎます。
果たして、どの方法が綺麗に切れるのかしら?
でもseren様も綺麗に切れておりますよ!
Commented by y_chanchan at 2011-08-12 07:30
私も今、マンゴーの濃密な香りの中にいます♪
宮古島マンゴー食べ放題なのです。
気分は南国のホテルで頂くビュッフェ式朝食...笑

お好きな果物にも拘らずマンゴーアレルギーなのですね。
どうぞ、細心の注意を払ってお召し上がり下さい。
マンゴーの切り方ですが、字数を越えてしまうのでまた再度コメントします。
Commented by y_chanchan at 2011-08-12 07:36
では、マンゴーの切り方について。
あの写真の場合、まず全ての皮を剥き
枝の付いていた窪みからナイフを入れます(上方中央辺り)。
それからまっすぐにナイフを入れると種に当たります。
その先はお魚をおろすように種に沿ってナイフを滑らせるのです。
二枚そのように切ったら、果肉の平らな方をボードの下にし
今度はケーキの飾り切りに使うリンゴと同じです。
上を少し残し、そこから下の部分をナイフを立ててシャーシャーと。
切ったあと、手で向きを少し変え(果肉を寝かせる感じ)完成です。
一番良いのは、千疋屋さんのような果物屋さんが営むレストランのカウンター席で観察することなんです(笑)。すっごく楽しいですよ♪
マンゴーの種は、窪みを挟んで1センチほどです。
ちょっと注意をしてカットすると、無駄が出ません。
斜め切りの場合は↑皮側をボードに押さえ付けながら
果肉と皮の間にナイフを入れるとうまくいきます。
リンゴや柑橘、何でも皮は下です。
ボン・クラージュ!
Commented by serendipity_j at 2011-08-12 10:04
netherburyさま

やっぱりマンゴー好き?
先日のタイ旅行では、存分に召し上がりましたか?
マンゴーの切り方は、思いのほか難しいと思われてるのは…
よかった、わたしだけではなかったのだあ。
chanchanさんの素晴らしい解説を↓
ぜひ、ご一緒に、参考にさせていただきましょう!
Commented by lunaya at 2011-08-12 10:10 x
seren さま

私も今朝、マンゴーを頂きました。
台湾産のアップルマンゴーで、お値段を考えても
ごくごく普及品レベルだと思うのですが、実も
たっぷりで本当に「夏」を満喫…♡
アレルギーだなんてお気の毒です…。

そして思いがけず、こちらでchanchanさんの
レクチャーを受けられるなんて、何てラッキー!
「はい!わかりました!」と真剣な面持ちで
読ませて頂きました! serenさん、chanchanさん
ありがとうございます~♪
Commented by serendipity_j at 2011-08-12 10:10
chanchanさま

千疋屋さんで観察? なるほどねえ!
まな板の上のマンゴーを前にしたchanchanさんの、
お魚をおろすような、そんな手さばきを、
想像してしまいますが(笑)、
ふむふむ、なるほど…。
わかりやすい解説に感激。
ありがとうございます!
いっそ、u-tubeでアップしていただけると、
もっとありがたい(笑)!
Commented by serendipity_j at 2011-08-12 10:19
lunayaさま

おお、マンゴーファンがここにもっ!
そうですね、台湾でもマンゴーを召し上がれますね。
南の国へ旅行へいったとき、朝食でマンゴーが、
ふんだんに(欲張りに)食べられるのが嬉しいです。

chanchanさんの解説、とっても助かりますよ~。
でも、わたしにはマンゴーをさばく(?)のに、肝心の、
「落ち着き」と「辛抱」が、欠けているかもしれません。
Commented by junbon33 at 2011-08-12 22:34
serendipity_jさま

こんばんは。
マンゴー、、、、、。
私も実はアレルギーです。
serendipityさんもなんてびっくりです。

マンゴーが美味しいのはとっても良く知っています。
なぜなら普通に食べていたから。
香港に旅行に行った際かき氷やらジュースやらそのままももちろん
食べに食べました。
幸せいっぱいでしたが、その後家でマンゴーをジュースにして
飲んだ際、のどがかゆくなりその夜胃痛と嘔吐に見舞われ
眠れぬ日を。
当たりが悪かったのかと思っていたのですが
2回目旅館で出されたマンゴーを食べて同じく胃痛、嘔吐下痢。
なのでその後は注意するように。

3度目機内で夜にだされたジュース。
一口飲んでまたしても喉がかゆい。
もしや、、と確認するとミックスジュースだけど
マンゴーは入っていると。

これは間違いないでしょ!!
それからマンゴーは食べれなくなっちゃいました。
体質って変わるのですね。
最近牡蠣も同じ現象になってきました。
大好きなのに食べられないなんて辛すぎますね。

長々と失礼いたしました。
そして途中のがもし送信されていたら削除して下さいませ。
Commented by serendipity_j at 2011-08-15 11:53
おじゅんさま

(ご丁寧に長文を、ありがとうございます!)
おお、そこにも?
ああ、やっぱり…マンゴー・アレルギーですかあ。
おたがい、辛いですね。
症状が出たのは10年前で、いつも恐る恐る、食べています。
好物なので、ついつい手が出る…。
わたしは缶詰のものは大丈夫なので、
おそらく、生のトロピカルフルーツ特有の、
「酵素」のせいかな、と…。
唇のただれは、ようやく回復して来ました。
余談ながら、不思議なことにこれと同じ症状が、
chanelの口紅をつけたときにも出ましたので、
以来、絶対にchanelの口紅は買いません。
口紅はchanelでなくても全然困りませんが、
マンゴーに代わるもの、この世になし!
困った困った(苦笑)。
<< 月曜日の白 #16 | ページトップ | 11時2分 >>