Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(89)
(88)
(86)
(86)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
冬はムール貝
at 2018-12-15 20:32
巴里とFOU FOU
at 2018-12-12 22:34
季節が終わるときのビューティ
at 2018-12-08 21:35
真っ白な蕪のスープ plus..
at 2018-12-04 22:47
紅葉が、美しすぎて…
at 2018-11-29 21:56
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

失敗はトライフルに
a0147281_2238522.jpg

先日作った母の誕生日用のケーキは、じつは一度失敗していました(卵白の加えすぎ)。なにしろ材料を量ったことがないので、とうぜんなのですが。

しぼみがひどくて、バースデーケーキにはなりません。でも、捨ててしまうのはもったいないので、冷凍庫にしまいました。ある計画が、あったのです。
a0147281_22385188.jpg

その、ふつうなら生ごみ入れに直行するしかない、できそこないのスポンジケーキを利用して、トライフルを作りました。英国の伝統的なデザートです。

リキュールをしみこませたスポンジケーキと、ゼラチンと、カスタードと、ホイップクリームと、そしてフルーツを層にした、ボールで作るパフェのようなもの。
a0147281_22391059.jpg

とりわけ好まれるシェリートライフルは、英国人ならよく作りますが、トライフル用の材料が売っているので、全部手作りする人はおそらくいません。

ロンドンのスーパーで、できあいのトライフルをよく買いました。その味を再現したかったのに、あの安っぽさは自家製では、出せませんでした(笑)。
a0147281_22393412.jpg

でも、スポンジケーキに、バナナとカスタードとホイップクリームで、なんちゃってトライフルではなく、記憶しているのに近いトライフルが再現できたようです。

面白いことに、誰でも同じようなことを考えるものなんですね。笑いました。先週のnew york times のお料理サイトでも、失敗スポンジケーキのパフェが登場。
a0147281_22395424.jpg

失敗を楽しむ――そう、山中教授もおっしゃってます。いやほんとうに、決して偉そうにしない山中教授の謙虚さには感動させられます。日本人の鑑です。

研究仲間に感謝し、国に感謝し、もちろん家族に感謝し、スタッフの雇用身分まで気遣い、ほとんど「自分」をもち出さず、それでいて毅然とした態度で…。

ひとつの企業がお金儲け目的で技術を独占してしまわないよう、可能な限り多くの人の役に立つため、京大が特許をとる努力をしていると聞き、また感動。

共同受賞のjohn b gurdon 先生も、英国人独特の上品な学者さんで素敵なんですけども、山中教授の「人を救うための研究」という言葉に、また感動です。

絶えず相手の立場になって気持ちを考えるというのは、易しいようでなかなかできません。日本人の善さだけを凝縮したような山中教授に、敬服しました。

受精卵を使うes細胞の倫理的な問題を解決したのが、ips細胞。ところが、ips細胞で人工生命が創れるかもしれないという、新たな倫理上の問題も…。

ニュース番組でそう話をされたとき、瞳が一瞬、悲しみで曇ったのが印象的でした。まったく利己的なところのない、「平成の野口英世」と呼びたい方です!

(すいません、いまだ興奮冷めやらず、のわたしでした)
本日のプディング: blueberry banana trifle


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
↓click! ドレスのブランドが話題になるキャサリン妃に、ファッション外交の「罠」!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-10-10 23:00 | クッキング sweet | Comments(1)
Commented at 2012-10-12 22:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< ズッカでニョッキ | ページトップ | 月曜日の白 #38 >>