Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(211)
(102)
(91)
(85)
(84)
(84)
(83)
(81)
(80)
(78)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
草苺でコンフィチュール
at 2018-05-20 22:33
黄色のファンタジーと母の日
at 2018-05-13 13:03
立夏の雑草愛
at 2018-05-07 23:24
季節を感じる若ゴボウと鯛
at 2018-05-01 23:44
若葉のころ 2018
at 2018-04-26 22:00
記事ランキング
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

マルメロのプリザーヴ3種
a0147281_23304693.jpg

これこそがマルメロ。「信濃の恵みパケージ」のなかに入っていた果物です。「カリン」とラベルにありましたが、彼の地ではマルメロを花梨と呼ぶそうです。

花梨ではなく、マルメロで作りたかったのが、これでした。でも、かたい花梨とちがって柔らかいため、しばらく迷っているうちに少し傷んでしまいました。
a0147281_2332438.jpg

送っていただいてすぐに作ればよかったものを、仕事があったりして、まごまごしてる間に鮮度が落ち、皮も黒くなりはじめ、むいて使わなければなりません。

で結局、ひとつはブランディーに漬けました。レシピを見ると、たいてい「輪切りに」となっていますが、立派なマルメロなので、それは無理(あとで八角を加えました)。
a0147281_23311849.jpg

そしてもうひとつは、ごくふつうに、ジャム。マルメロは、梨とリンゴの中間のような果実で、柔らかく、種も少なくて、花梨とはほんとに全然ちがいます。

じつは残っていたブランディーが思ったより少なかったので、マルメロが浸かりきらず、浸からなかった分を壜から出して、今度はジェリーにしました。
a0147281_23315042.jpg

煮たマルメロをこして、それにお砂糖を加えて煮詰めれば、透明で、プルンと固まったジェリーのできあがり(もっと皮を使えば、鮮やかな色になったはずですが)。

冷蔵庫の棚は自家製プリザーヴの壜でぎっしり。ジャムもジェリーも、美味しいパンでいただこうっと…。ブランディーができあがるのは1年後。楽しみです!
a0147281_23321442.jpg


本日の3品: quince brandy/quince jam/quince jelly


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
英国には、クリスマスに「クリスマス柄」の派手なセーターを着て(とくに男子)愉しむ習慣があるんです。↓click!

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2012-12-06 23:48 | クッキング preserve | Comments(0)
<< 冬の落しもの | ページトップ | シナノスイートのクランブル >>