Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(89)
(88)
(86)
(86)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
冬はムール貝
at 2018-12-15 20:32
巴里とFOU FOU
at 2018-12-12 22:34
季節が終わるときのビューティ
at 2018-12-08 21:35
真っ白な蕪のスープ plus..
at 2018-12-04 22:47
紅葉が、美しすぎて…
at 2018-11-29 21:56
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

モズを探して
a0147281_1250466.jpg

先週、お隣の公園の同じ場所の木の枝に、2日つづけてモズがいました。それからの毎日、雪がちらつく日でも(昨日)、カメラをもってウォーキングに出ています。

一度は、先週見かけた場所のそばの高い木の枝に姿を見せ、あわてて写真を撮ったものの、すでに暗くなりかけていたのと距離があったため、やっぱり失敗。

その後、モズはちっとも姿を見せてくれず、不意に飛び降りたのは、小さなメジロ。甘い柿の実をつつくのに夢中で、かなり近くまで寄ることができました。
a0147281_1251944.jpg

モズ探しをあきらめてウォーキングを再開し、さえずりが聞こえる木のほうに目をやると、ツグミぐらいの大きさの鳥がいました。ツグミの仲間、シロハラです。
a0147281_12513690.jpg

わたしがウォーキング中に音楽を聴かないのは、さえずりを覚えるため。いつの日か、鳥の歌を聞きわけられたら素敵です(いまだに、わかるのは2、3種類だけ)。

また、いつも無意識に、落ちている実や枝を拾ったり鳥を探したりしているので、下や上を忙しく見ながら歩いているようです。今週はヤドリギを見つけました。
a0147281_12515587.jpg

お隣の公園は、「鳥見」にもってこいの場所。バードウォッチャーが大勢集まっているところには、かならず珍しい鳥の姿があります。と思って行ってみると…
a0147281_12521627.jpg

これまで見たこともない鳥が、橋のそばの枝に片足でとまっていました。さっそく、バードウォッチャーのおひとりにうかがうと、「ゴイサギの幼鳥ですよ」。

「まだ子どもなので警戒心がないのでしょう」とのことでした。可愛い、というには体が大きく、眼差しも鋭くはありますが、やっぱりどこかあどけなさも?
a0147281_12523639.jpg

いっぽう、すっかり裸になった木々に、巣を見つけることもあります。たとえばこの巣はどんな鳥のもの? 答えはカラス。それを知ってがっかりでしたが(笑)。
a0147281_12525764.jpg

カラスといえば、公園の向こう側の電線には、何百羽ものカラスが並び、ヒチコックの『鳥』さながらの光景が毎夕展開されます。初めての者には、ホラーです。

現に人間界では、恐ろしい事故やおぞましい事件、思いもよらぬ災害が、毎日起こります。鳥のさえずりに耳を傾けてみてください。心に静寂が訪れますよ。


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
↓click! 猫好きで猫が飼えないロンドナーが集まって、「猫カフェ」をオープン?

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-01-19 13:06 | ワイルドライフ | Comments(6)
Commented by paprica at 2013-01-20 09:10 x
わぁ〜。野生のメジロがこんなに近くで見れるなんて!Serendipityさんの「My garden」、花や草木だけでなく、野鳥も楽しめるのですね。鳥のさえずりを聞き分ける、私もいつかもう少し聞き分けられるようになれるといいなって思います。
サギの子供… こんな顔してるんだぁ。うちの父は、この種類のサギに庭の鯉を数匹食べられたんですよ。そのあたりには普通にいる鳥なのですね。
Commented by s_helga at 2013-01-20 12:28
先日家の近所で強盗事件があって、次の日、子供達を学校に送って行きました。
朝の時間、短い距離だけどゆっくり歩くのなんて久しぶり!学校の周りに植えられている樹にも居ましたよ〜メジロ。
久しぶりにあんなに近くでメジロを見て、田舎育ちの私には珍しくも何ともない光景だったのはもう遠い昔だな〜なんて思って、街の真ん中で見られたら、ちょっと嬉しい良い朝でした。
Commented by junbon33 at 2013-01-23 18:46
serendipity_jさま

メジロもゴイサギもベストショットですね。
凄い。。。

このメジロを見て、以前うちのお店に迷い込んで2日ほどいた鳥が
この子だとわかりました!
それにゴイサギはワシみたいですね。


それより私が感動したのはやどりぎです。
あの公園にはヤドリギがあるのですね。
ますますいかなければ衝動が、、、。

京都に行くときに近くをスルーしています。
行ける距離なのになかなかなんです。
冬の公園も素敵だとserendipityさんの写真で改めて再確認できますね!
Commented by serendipity_j at 2013-01-23 23:07
papricaさま

そうなんですか~お父さま、お気の毒!
このへん、水鳥が多いので、わたしは喜んでいるのですが、
大事な鯉を食べられてしまっては、喜んではいられませんね!

ロンドンには、カナダガンがたくさんいました。
カナダから、渡ってくるんでしょうかねえ?
Commented by serendipity_j at 2013-01-23 23:12
helgaさま

(ご近所で強盗事件? まあ、怖い!)
子どものころって、小鳥がいても、関心なんて、なかったようです。
野鳥をしっかり見るようになったのは、ほんの、最近のことなんですよ。
梅にとまっているメジロを見て、
「ウグイス!」と感激されてる方をよくお見かけします。
何を隠そう、かつては、わたしも、そのひとりでした(苦笑)。
Commented by serendipity_j at 2013-01-23 23:18
ojunさま

そうなんです。
じつはヤドリギをみて、わたしはojunさんのことを考えていました。
クリスマス時期、わたしはロンドンのお花屋さんで買ったことがあります。たしか、moccaのブログでも、ヤドリギのお写真、ありましたよね?
あ、日本でも手に入るんだ、って思いましたが、
それがお隣の公園で見つかったので、感激です!
今日も歩きながら、このヤドリギを見学しました。
でも、公園には、わたしの知るかぎり、ここでしかヤドリギはありません。
このヤドリギ、いったいどこからやってきたんでしょう?
<< ウィンターウォーマー ズ | ページトップ | ピクリング・ウィンター >>