Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(89)
(88)
(86)
(86)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
冬はムール貝
at 2018-12-15 20:32
巴里とFOU FOU
at 2018-12-12 22:34
季節が終わるときのビューティ
at 2018-12-08 21:35
真っ白な蕪のスープ plus..
at 2018-12-04 22:47
紅葉が、美しすぎて…
at 2018-11-29 21:56
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

キャンディード&シュガード金柑
a0147281_2252494.jpg

今週末は、またもや寒さの底になりそうです。遠くのお山の頂には白いものが見えます。それでも今日は、冬の陽が眩しいほどの光を放っていました。

そんな、お陽さま色の丸い実をたわわつけた夏蜜柑の木を、最近、あちらこちらのお庭でお見かけします。緑の葉と黄色い実のコントラストが、きれいです。
a0147281_2254677.jpg

お陽さまみたいな柑橘類のうちでいちばん小さな種類、金柑を買いました。子どものころ食べて苦かった、という記憶からずっと敬遠していた果実です。

予想に反し、けっこう甘いのでびっくり。でも、そのままで食べるのは数粒だけにして、あとはお砂糖で煮て「キャンディード金柑」を作りました。
a0147281_226730.jpg

砂糖煮か砂糖漬けというより、もっとキャンディーに近い感じです。輪切りにしても可愛いけれど、まあるく作れるのは小さな金柑ならでは。で、丸ごと!

種が3つ入っています。とるのを忘れたわけではありません。なるべく丸い仕上がりにしたかったのと、「種も食べられる」とレシピにあったからです。
a0147281_2262669.jpg

ところがあいにく、金柑は茹でるとどれも風船のようにパンクし、少々いびつな丸にはなってしまいました。が、この明るい琥珀色の仕上がりには満足。

キャンディード金柑は、チョコレートやチーズと合せるといいようですし、ケーキの飾りにも。もちろんこれだけで食べても、ちょっとしたデザートになります。
a0147281_2265753.jpg

皮も果肉も透明で、クリスタル状になった金柑。さらにお砂糖をまぶしたら、上品な和菓子みたいになりました。しかも、さまざまな効能があるんですよ!

エキゾティックなフルーツとして海外でも人気の金柑は、19世紀、英国人のrobert fortune が初めて欧州にもち帰り、学名fortunella がつけられたそうです。
a0147281_2271535.jpg


p.s.
アルジェリア人質事件、発生から固唾を呑んで見守ってきましたが(guardian紙電子版ではlive で情報を入手できました)、ほんとうに残念で、辛い事件でした。死は、思いがけないときに、病気、事故、災害などで、親しい人を容赦なくあの世へ連れていってしまいます。けれど、この世でありえないほどの恐怖のなかで亡くなられた方々を思うと、いいようのない怒りがこみあげてきます。こんな方法でのジハードで、理想のイスラーム世界が築けるわけがないとわかるのは、とても簡単なことなのに…。洗脳された者が罪のない命を奪い、みずからも死んでゆくだけ。いつまでつづくのでしょう? 


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
↓click! 本日のトピックは、「ブラックスワン: リージェントパークの悲劇」です。

d0159066_11254087.jpg


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-01-25 22:25 | クッキング preserve | Comments(2)
Commented by lunaya at 2013-01-26 10:52 x
seren さま

子供の頃、口にした金柑があまりに不味かった
と言うトラウマで、今も松花堂などに入って
いても決して食さない金柑…。
serenさんのこのステキな記事を見ても、
「え~、ホンマにそうなん?」、と珍しく(?)
大阪弁でツッコミを入れてしまいました!(笑)

そろそろハッサク、ポン柑、三宝柑、と柑橘の
種類が広がる嬉しいシーズンです♪
Commented by serendipity_j at 2013-01-27 23:25
lunayaさま

でしょう?
わたしも、苦いという記憶しかありませんでした。
たぶん、最近の金柑は、
品種改良もされて、甘くなったんではないかしら?
嘘やおもわはったら、一度食べてみなはれ~って?(笑)

店頭にはすでに、高級な、デコポンもでておりました!
<< ポントチョウ | ページトップ | お茶の時間 >>