Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(218)
(104)
(92)
(91)
(89)
(88)
(86)
(86)
(84)
(83)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
冬はムール貝
at 2018-12-15 20:32
巴里とFOU FOU
at 2018-12-12 22:34
季節が終わるときのビューティ
at 2018-12-08 21:35
真っ白な蕪のスープ plus..
at 2018-12-04 22:47
紅葉が、美しすぎて…
at 2018-11-29 21:56
記事ランキング
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

春の苺コンフィチュール
a0147281_237469.jpg

苺の季節は、どんどん早くなってきています。去年、そうだ苺でジャムを作ろう!と思い立ったときには、すでに店頭から姿を消していました。

昨春は、露地ものの、小粒で甘い苺をジャムにするつもりでいてタイミングを逃したので、とりあえず、ハウス栽培の中くらいの大きさの苺で作りました。
a0147281_2381032.jpg

自家製のジャムなら、王道はなんといっても苺、ですよね? これまで、さまざまなジャムを作ってきたにもかかわらず、じつは、苺で作るのは初めて。

昔、母がよく作っていた苺ジャムはお砂糖が少なくて、ヘルシーではあるものの物足りなかったことを思い出し、ともかく、しっかりと煮るつもりでした。
a0147281_2385070.jpg

ただし、ナイジェル・スレーター同様に、ペクチンで固めたジャムはわたしも苦手。成功か失敗かを決めるのは、お砂糖の分量にちがいありません。

などと言いながら、結局、作り方は例のごとくいい加減(笑)。粒の食感を残したかったため、つぶさず、レモン果汁を少々加えて根気よく煮詰めました。
a0147281_2391531.jpg

仕上がりはまあまあ。でも、パックひとつ使ってできたのは、ようやくひと壜分。bonne maman のコンフィチュールを買ったほうが安あがりです。

だったら、美味しくなくてはね? 学校給食の安いマーガリンと一緒につけた、あのペクチンたっぷりのジャムみたいな味なら、悲しくなりますよ。
a0147281_2395059.jpg

というわけでさっそく味見――おお、これぞconfiture de fraises。大成功ではありませんでしたけども。それより何より、部屋中が苺のアロマに包まれました!


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
今回の話題は、英国人になる米国人急増。その理由とは? click here


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-03-17 23:25 | クッキング preserve | Comments(0)
<< 梅の花の匂いグラス | ページトップ | パパ・フランシスコの国 >>