Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(211)
(102)
(91)
(85)
(84)
(84)
(83)
(81)
(80)
(78)
フォロー中のブログ
イギリスからヒトリゴト
Botanic Jour...
Happy Days
身の丈プライスインテリあん。
日々是手帖
倫敦のハムステッド・ヒースから
花屋の嫁 ~手仕事ある暮らし~
Harvest Moon
laboratorio ...
花と暮らす店 木花 Mocca
LA PURAROMA ...
石ころコロコロ
SPICE-Kiss
Kuechennachr...
on the Table
ライフログ
最新の記事
草苺でコンフィチュール
at 2018-05-20 22:33
黄色のファンタジーと母の日
at 2018-05-13 13:03
立夏の雑草愛
at 2018-05-07 23:24
季節を感じる若ゴボウと鯛
at 2018-05-01 23:44
若葉のころ 2018
at 2018-04-26 22:00
記事ランキング
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

プリザーヴィング金曜日
a0147281_1647524.jpg

キュウリと新タマネギを漬けて今日でちょうど2週間。ピクルスの完成です。キュウリがなにより大好物の、娘からのリクエストでした。
a0147281_16353178.jpg

先月の中旬ごろから、ようやく羽根のようなフェンネルの葉が伸びてきたので、大型連休に娘がやってくるタイミングで、もたせようと…。
a0147281_16354943.jpg

作り方は簡単でも、キュウリの水分が抜けるのを待たなければなりません。漬けこんだあとは、甘いお酢と香辛料の香りが部屋に充満しました。
a0147281_1636680.jpg

その1週間まえは、今年3度目の苺のプリザーヴ作りでした。丸い小粒が手に入らなかったため(写真では小さく見えますが)、2つにカット。
a0147281_16362780.jpg

2パック使って、できたのは2と3分の1壜だけ。でも、苺シロップのおまけが1壜できました。長期保存できるよう、脱気殺菌してあります。
a0147281_16364721.jpg

この2種類を、息子夫婦には宅配便で送り、娘夫婦には帰りにもたせました。ところが東京に戻った翌日、開けて食べたそうです。殺菌処理は不要でした。
a0147281_163784.jpg

窓から見える山に、いつか登ろうと思っていたわたし。「いつやるの?いまでしょ」とばかりに、とうとう昨日、初トレッキング! (只今写真を整理中)


londondocomoのポータルサイトで外信コラムを連載中
お金に縁がないせいか、お札に印刷された肖像がいったい誰だったのか、ほとんど答えられません…。いっぽう英国では、5ポンド紙幣にウィンストン・チャーチルが登場することになりそうです。これくらいキャラが強いと、絶対に覚えられそう!
click here

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
[PR]
by serendipity_j | 2013-05-10 16:50 | クッキング preserve | Comments(2)
Commented by lunaya at 2013-05-10 20:37 x
seren さま

いつものことながら、serenさんの腕前のせいか
お写真の写り具合のせいか、プリザーブドされた
キュウリやイチゴから、色彩は勿論のこと、
香りや酸味、ほのかな甘さまで、鮮やかなメッセージが
放たれている気がしました。
お子さん方もさぞ喜ばれたことでしょうね!

「いつやるの?今でしょ」、そんな棚上げしている
課題が、暮らしの中にはなんと多いことでしょう~。
ひとつでも実践されたserenさん、エラい!!
Commented by serendipity_j at 2013-05-13 23:50
lunayaさま

娘は今回、力持ちのダンナさまと一緒にやってきたので、
重い荷物でも考えずに、もたせることができました。
ただ、プリザーヴは、
苺ひとパックで、ほぼひと壜したできないし、
キュウリのピクルスも高いものではないので、
はたして、送料をかけて送っただけの価値があったのかどうか…。

p.s.
ねえねえ、lunayaさま、わたしは流行に疎いので、
コメント受付お休みの、あの、今風にいえば…という意味がわからず、
ずっとず~っと、気になっています。
これも、調べるなら「いまでしょ!」なんだとは思うのですけどね(苦笑)。
<< 山は呼んでいる(ビギナーのハイク) | ページトップ | 5月の空の色の花 >>