Top

セレンディピティ ブログ
by serendipity_j
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
about blog
四季
花 indoor
花 park
weed
ワイルドライフ
クッキング sweet
クッキング preserve
クッキング savoury
クッキング mixed
foodie
インテリア
ファミリー
book
デイアウト
旅行 domestic
旅行 overseas
京都
london
buenos aires
berlin
月曜日の白
miscellany
タグ
(213)
(103)
(91)
(90)
(86)
(84)
(84)
(83)
(80)
(80)
フォロー中のブログ
Happy Days
花と暮らす店 木花 Mocca
石ころコロコロ
ライフログ
最新の記事
文月のドッグデイズ
at 2018-07-19 17:38
レインボウカラーのチャード
at 2018-07-14 23:15
豪雨のあと
at 2018-07-10 16:26
透明で冷たいお菓子の季節
at 2018-07-05 22:02
茉莉花、オレガノ、そして檸檬の木
at 2018-07-01 21:32
記事ランキング
以前の記事
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
ブログジャンル
画像一覧

design by shion

超多彩都市紐育(i ❤ new york for 遊歩)

a0147281_19493675.jpg

ニューヨークで信号を守る人はほぼ皆無、といってもたぶん嘘にはなりません。ロンドンでもjay walker を見るのはふつうのことでしたが、マンハッタンでは、たとえ交差点におまわりさんがいてもとがめられないので、(わたし自身を含み)みんなおかまいなし。そのかわり、ロンドンでは品格を保つために極力控えるクラクションも、ニューヨークのドライヴァーは遠慮なく鳴らします。


滞在中、ほんとうによく歩きました。わたしはスマートフォンを持っていないので、ノートに地図を描いて頭に入れるようにしています。ところが地下鉄の駅から地上に出たときランドマークが見えなかったりして、南北または東西を逆に思いこんでしまうたびに、数ブロック戻ることになりました。で、娘のスマートフォンのアプリが正確だとしたら、歩いていた距離は毎日20km前後!


しかもわたしは、ふつうの人の倍ぐらいの速さで歩くので、旅行まえに足を鍛えておくよう指令を出していた娘は、いやあ、よく頑張りました(笑)。地下鉄もバスもキャブも利用しましたけれど、ニューヨークは歩いてこそ、何か発見できる都市なのです。大好きなcentral park では、初めてのスポットも制覇。広大な公園でのウォーキングを日課にしているせいか、狭く感じましたが…。

a0147281_19493272.jpg
a0147281_19492520.jpg
a0147281_19492293.jpg
a0147281_19491864.jpg
劇場街やtimes square など混雑していて近寄りたくないmidtown も、一応歩きました。憧れのnew york times 本社ビルも、見ておかなければ…。マンハッタンのどこを歩いていても、いつ歩いていても、無意識に目が探してしまうビル、それがempire state chrysler ですね。

a0147281_19491540.jpg
a0147281_19491211.jpg
a0147281_19490919.jpg
a0147281_19490587.jpg
a0147281_19490279.jpg
各地区にアイコン的な建築物がかならずあるのも、マンハッタンを歩く楽しみのひとつ。madison square にはmet life tower がそびえています。grand central terminal は、外観もコンコースもほんとうに優美。どこから見ても、世界に例を見ない高級感を漂わせています。

a0147281_19485626.jpg
a0147281_21324465.jpg

a0147281_19485025.jpg
a0147281_19484673.jpg
a0147281_19484321.jpg
多くの芸術家が住んでいたhotel chelsea をひと目見たいと、chelsea へ。ところがいまだに改築中。そこからhigh line に行きました。ゲーリー設計の奇抜なビルが目に飛びこみます。楽しみにしていたピート・オウドルフのガーデンは、草花が枯れて侘び寂びの境地に。

a0147281_19484097.jpg
a0147281_19483430.jpg
a0147281_19483169.jpg
a0147281_19482761.jpg
a0147281_19482357.jpg
お洒落なお店も気になりますが、明るいうちはなるべくたくさん歩きたかったため、ショッピングは暗くなってから。アウトレットやデパートに行きましたけど、macy’s でセール品を漁る人びとのカオスには目が点に…。わたしはやっぱりbloomingdale’s が好き。


日中ゆっくり見たのはboho 趣味で有名なabc carpet & home だけ。ただし手の届くものはゼロ。anthropologie へ行けば似たようなものが10の少ない値段で買えます。それでも無理ならzara home? あ、でも日本に帰れば100円ショップという手があるんだわ(笑)。

a0147281_19475871.jpg
a0147281_19475547.jpg
a0147281_19474606.jpg

ニューヨークは初めてという娘にとって残念だったのは、アートを鑑賞できた美術館がthe metのみだったこと。まずはカフェで休憩し、広い館内を回っていると、ちょうど話題になっていたあのバルチュスの少女の絵 が目に入りました。昨今の#metooの勢いもあり、窃視症を美化し未成年者に対する性の対象化につながるという理由で展示取り下げを求める署名運動が起こったのです。が、館側は拒否。でも展示室がロープで閉ざされていたのは、被害を危惧したせいでしょうか? そしてthe met では、デイヴィッド・ホックニーの回顧展が開催中でした。思わぬ幸運を拾った気も。


娘がほかの展示室に行っているあいだ、わたしはホックニー の絵のまえに座って、昔ロンドンの王立芸術院で観たホックニー展を振り返っていました。そのとき、ミュージアムショップでお買い物をするホックニーご本人をお見かけし、ホックニー を知らない店番の若い女性が「ミュージアム会員なら1割引きですが…」というと、巨匠はちょっととまどいながら、「ミュージアム会員じゃないけど、芸術院の会員にも値引きはある?」と返事をするところを盗み聞き(笑)。そのあと偶然エレヴェーターでも一緒になり、顔には出さずにひどく感激していたことを、懐かしく思い出しました。

a0147281_19474394.jpg
a0147281_19474084.jpg
ひたすら歩いて、主なクリスマスマーケットと有名なクリスマスツリーも制覇。ただ、折り紙を飾ったツリーを見ようと自然史博物館へ行くと課外授業の小学生であふれていたため、入らずに断念。恐竜ツリーの下では、みんな代わるがわる記念撮影をしていました。

a0147281_19473631.jpg
これでニューヨーク旅行記はおしまい…のつもりで、たくさんあるなかから厳選した場所の写真を怒涛のようにアップしたものの、今回の旅行の「ハイライト」とでもいえるbrooklyn を撮ったった写真が大量に残ってしまいました。次に回して、それで最終回にします!



あぶそる~とロンドンもよろしく。


にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ







a0147281_19471165.jpg
寒さ対策と足が痛くならないスタイル、ということでお洒落とは無縁の「歩く旅」でした~

[PR]
by serendipity_j | 2018-01-14 21:08 | 旅行 overseas | Comments(0)
<< 超多彩都市紐育(i ❤ new... | ページトップ | 超多彩都市紐育(i ❤ new... >>